ヨガでよく聞くワードに、

「チャクラ」というのがあります。

 

 

慣れていない人にとっては、

怪しい言葉に思えるかもしれません。

 

 

ですが、

「チャクラ」とは何なのでしょうか?

 

チャクラはサンスクリット語で、

「光の環」を意味します。

 

 

それは、

エネルギーの出入り口の事です。

 

ここから宇宙に充満するエネルギーである、

「プラーナ」を身体に取り入れるのです。

 

 

怪しく聞こえるかもしれませんが、

サンスクリット語なので少し我慢して聞いて下さい。

 

チャクラは、

「ナディ」という「エネルギーの通路」によって、

繋がっています。

 

 

この通路により、

全身にエネルギーが分配されて、

生命活動が営まれるのです。

 

 

もし、

このチャクラやナディの働きが悪くなると、

生命エネルギーが減少し、人は病気になってしまいます。

 

 

調子が悪い人は、

チャクラやナディが上手く機能していないのでしょう。

 

 

ヨガではポーズや呼吸、

瞑想によりチャクラを活性化させ、

ナディの流れをよくすることで病気を治し、

健康を取り戻せると考えているのです。

 

 

 

神秘的な話に聞こえるかもしれませんが、

近年ヨガは医学的な効果があると様々な研究で認められているのも事実です。

 

 

昔の人の知恵が、

現代の科学によって証明されつつあるのです。

 

 

 

体には7つのチャクラがあると考えらえています。

 

 

「第1のチャクラ」は生殖器と肛門の間にあり、

生命力や情熱に関係していると言います。

 

 

「第2のチャクラ」は、

丹田(へそのしたのあたり)にあり、

情緒のバランス・物欲・性に関係していると言います。

 

 

「第3のチャクラ」はみぞおちとへその間にあり、

自身・不安・個性・理性に関係しています。

 

「第4のチャクラ」は

両胸の間にあると言われています。

 

希望・信頼・喜怒哀楽といった感情に、

関係していると言われています。

 

「第5のチャクラ」は喉仏の下にあります。

 

「第6のチャクラ」は眉間の少し上、

「第7のチャクラ」は百会(頭の頂点)にあると言われています。

 

 

 

チャクラについて追及していくと、

中々難しいです。

 

ヨガをカジュアルに日常に取り入れたいと考える人にとっては、

「エネルギーの出入り口」があるんだな。」と認識しておく程度で、

丁度いいかもしれません。