仮想通貨銘柄比較

【2018年版】仮想通貨今後伸びしろがあるおすすめ銘柄


今では1000種類以上を超える仮想通貨の種類。

 

これから仮想通貨をしようと考えている方や、

仮想通貨初心者の方、長年仮想通貨をしている方でも

今後どの通貨が伸びるのか気になりますし、様々な方法で

分析をしているでしょう。

 

今回は僕が2018年伸びるであろうと

予想するおすすめの銘柄をそれぞれ紹介していきます。

 

仮想通貨の選び方

 

仮想通貨はまだまだ発展途上ですし、

誰にもその答えはわかりません。

 

なのでお勧めの銘柄も人によっては

判断基準が違いますし、考え方も全く違います。

 

今回仮想通貨を選んだ基準として

まとめてみました。

 

今後伸びしろがある銘柄を選んだ判断基準

・ロードマップをしっかりと実行している

・企業が注目をしていて出資をしている

・競合に負けない強さがある

・長期的にも右肩上がりで上がっていくポテンシャルがある

 

という所を注目して選びました。

 

では早速見ていきましょう。

 

仮想通貨今後伸びしろがあるおすすめ銘柄【2018年】

 

1位:イーサリアム(ETH)

 

 

第1位はアルトコインの王様と呼ばれている

イーサリアム(ETH)です。

 

イーサリアムにはスマートコントラクトといい、

「契約の自動化」が企業にも世界的にも注目されています。

 

またイーサリアムは分散型プラットフォームであり、

第3者を必要とせずにスムーズに送金ができるので、

スマートコントラクトと送金スピードで今現在でも

様々な企業がサービスを開発している段階です。

 

イーサリアムをお勧めする理由

・数多くのアプリが開発されている

・EEA(イーサリアム企業連合)に大企業が参加している

・コインのポテンシャルが優秀

数多くのアプリが開発されている

 

イーサリアムで開発されているアプリがすでに

世界で1000個以上存在しており、サービスが実用化されれば

されるほどイーサリアムの取引高は高くなり、

価格も上昇していきます。

 

EEA(イーサリアム企業連合)に大企業が参加している

 

 

世界の大企業、新興企業、学者や技術ベンダーがEEAに加盟しており、

日本でも有名な企業がイーサリアムを支えています。

 

日本でEEAに加盟している企業

・トヨタ

・三菱UFJ銀行

・マスターカード

・マイクロソフト

・KDDI

・NTTデータ

・アクセンチュア

・デロイト

 

これらの企業がこぞってイーサリアムをプラットフォームにした

サービスを開発しており実用化すればイーサリアムを使った

サービスが一般化することになります。

コインのポテンシャルが優秀

 

イーサリアムにはビットコインにはない、

スマートコントラクトが使われており、今度のアップデートで

プルーフオブステークが導入されます。

 

スマートコントラクトとは

 

 

スマートコントラクトをわかりやすく言うと、

契約の自動化です。

 

この契約とは書面上のみの内容ではなくて、

取引行動全般のことを指しており、

契約行動をすべて自動化して実行するのが

スマートコントラクトであり、これがあることによって

データの改ざんを防ぐことができます。

 

プルーフオブステークとは

 

 

今までビットコインなどのブロックチェーンの

コンセンサスアルゴリズムはプルーフ・オブ・ワークが

使われていました。

 

ですがブロックチェーンのトランザクション増加が起こり、

送金詰まりなど様々な問題が2017年に発生しました。

 

そこでイーサリアムに導入されるようになったのが、

プルーフ・オブ・ステークです。

 

プルーフ・オブ・ステークとは、

分散型のブロックチェーンであり、消費電力が少なく、

スケーラビリティが改善できるので送金スピードがスムーズに

なると言われています。

 

2位:リップル(XRP)

 

 

2位はリップルです。

 

リップルは手数料を安く、送金スピードを速く、

簡単な国際送金を可能にする送金システムを目指しています。

 

リップルのおすすめする理由

・Googleが出資している

・世界中の金融機関がリップルと提携している

・ブリッジ通貨を目指している

 

Googleが出資している

 

リップルはGoogleが出資しており、

今後期待できる銘柄です。

世界中の金融機関がリップルと提携している

 

 

また世界中の企業とリップルが提携しており、

実用化に向けて着々と準備を進めています。

ブリッジ通貨を目指している

 

 

リップルはブリッジ通貨を目指しており、

ブリッジ通貨を使えばドルや円、ユーロなどを資金移動させる場合、

一回リップルに換えてから送金する通貨がブリッジ通貨です。

 

今はテスト段階ですが、今後リップルがブリッジ通貨として、

世界中で使われるようになれば購入して保有しておく必要がありますし、

大企業が出資や提携している通貨なので今後期待できる通貨がリップルです。

 

3位:ネム(XEM)

 

 

ネム(NEM)はイーサリアムより規模が小さいですが、

プライベートブロックチェーン「mijin」の実用化や、

トランザクションが高速というメリットがあります。

 

まだまだ取引高が低いのにも関わらず、

これほどの人気があり、取引高世界一のBinanceに

上場したら価格が一気に跳ね上がる可能性が大です。

 

ネム(NEM)のおすすめポイント

・日本の市場で決済サービスやアプリなどで実用化されている

・トランザクションが高速化(さらに高速化予定)

・カタパルト実装予定

・プライベートブロックチェーン「mijin」の実用化

 

というおすすめポイントがあります。

日本の市場で決済サービスやアプリなどで実用化されている

 

ネム(NEM)で支払うフリマアプリのネムチェや、

XEMReceiverなどネム(NEM)での決済サービスが日本で

着々と進んでおり、ネム(NEM)で決済できる店舗が

日本で普及しています。

 

今後店舗が拡大し、認知されることによって、

さらにネム(NEM)の価格が上昇していくでしょう。

トランザクションが高速化(さらに高速化予定)

 

ネムをお勧めする理由として

トランザクションが高速で取引スピードが

圧倒的に早いことです。

 

なので送金詰まりもなく、スムーズに海外送金やウォレット、他取引所への

送金を可能にします。

カタパルト実装予定

 

 

ネムは2018年に「カタパルト」というアップデートが控えており、

このカタパルトが実装されれば処理速度がさらに高速化されます。

 

具体的には1秒当たりのトランザクションが4000件まで

向上し、リップルよりも処理速度が圧倒的に高速になります。

 

そうすればさらにネムの価値は上昇していきます。

プライベートブロックチェーン「mijin」の実用化

 

 

プライベートブロックチェーンである「mijin」は自社内や

パートナー間で利用可能な環境を構築することができ、

高セキュリティで高パフォーマンス、大幅なコスト削減を

可能にするのが「mijin」です。

 

これは国内、海外企業や自治体も注目しており、

実証実験が行われています。

 

4位:ビットコインキャッシュ(BCH)

 

 

ビットコインキャッシュはビットコインのスケーラビリティ問題を

解決するためにセグウィットに反対するビットコインのマイニング大手企業によって、

分裂して生まれた通貨であり、安い手数料で安定した送金をすることが

可能にする通貨です。

 

なのでビットコインキャッシュこそ本物の

ビットコインと言われています。

 

ビットコインキャッシュをおすすめする理由

・ビットコインの送金詰まりや手数料の高騰を解決

・ビットコインの手数料の高騰問題を解決

 

があります。

 

ビットコインの送金詰まりを解決

 

ビットコインは送金遅延や手数料の高騰などの問題が発生しており、

それを解決するためにビットコインキャッシュが注目されています。

 

5位:オミセゴー(omisego)

 

 

5位はオミセゴー(omisego)です。

 

あまり聞きなれない方もいるかもしれませんが、

オミセゴー(omisego)は誰でも素早く送金と決済をすることができる

プラットフォームであり、今ではタイで浸透していっており、

オミセゴー(omisego)を使った決済サービスが増えているのが

事実です。

 

オミセゴー(omisego)をお勧めする理由

・国や国境に関係なく法定通貨と仮想通貨(omisego)を自由に使える決済サービス

・ウォレットの開発が企業、個人に関係なくできる

・SBIや三井住友から出資を受けている

 

などの理由があります。

 

国や国境に関係なく法定通貨と仮想通貨(omisego)を
自由に使える決済サービス

 

オミセゴー(omisego)には企業から企業、個人から企業、

企業から個人、個人から個人の送金や決済をするサービスを提供しています。

 

企業や個人にとらわれることなく、

送金することができて決済することができるサービスであり、

海外でも注目されている仮想通貨です。

 

ウォレットの開発が企業、個人に関係なくできる

 

またウォレットの開発が企業や個人に関係なくすることができて、

オミセゴー(omisego)を所持しているだけで配当金をもらうことができます。

 

これは株の利回り、銀行の金利と同じような門の出、

オミセゴー(omisego)のウォレットの中で所有するだけで、

持っている金額に応じで配当サービスを受けることができます。

 

 

SBIや三井住友から出資を受けている

 

またオミセゴー(omisego)はSBIや三井住友など

日本の大手企業から出資を受けており期待されている

仮想通貨でもあるのです。

 

6位:ネオ(NEO)

 

 

6位は中国版イーサリアムと言われているネオ(NEO)です。

 

ネオ(NEO)をお勧めする理由

・デジタルアイデンティが組み込まれている

・数多くのアプリが開発されている

 

 

デジタルアイデンティが組み込まれている

 

ネオ(NEO)の特徴としてデジタルアイデンティティ(インターネット上での身分証明)が

組み込まれており、企業や政府にとって安心して好かれる通貨がネオ(NEO)です。

 

数多くのアプリが開発されている

 

ネオ(NEO)もイーサリアムと同様に

数多くのアプリが開発されています。

 

今後このアプリが実用化されればされるほど

ネオ(NEO)の価格も上昇していくでしょう。

 

仮想通貨投資で失敗しない銘柄の選び方

 

 

仮想通貨はすでに1000種類以上を超えており、

その中で確実に価格が上昇する銘柄を選ぶためには、

情報収集力と分析力が必要不可欠になってきます。

 

失敗しない銘柄の選ぶ方をまとめたので

参考にしてみてください。

 

失敗しない銘柄の選び方

・時価総額が高い通貨を中心に選ぶ

・将来性があり、大手企業が出資している通貨を選ぶ

・支払いシステム、送金スピードなどしっかりとした実用性がある

・ユーザーが多く、コミュニティや企業に支えられている通貨を選ぶ

 

というのを意識して選べば、リスク少なく

仮想通貨で資産を増やしていくことができます。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

タグ一覧

bitFlyerのメリット bitFlyerの口コミ bitFlyer評価 DMM Bitcoin 評判 DMM Bitcoinのデメリット DMM Bitcoinのメリット DMM Bitcoinの口コミ GMOコイン Zaifのデメリット Zaifのメリット Zaifの口コミ Zaifの評判 アルトコインが安く買えるビットバンク イーサリアのチャート イーサリアムお得取引所 イーサリアムのチャートから今後を分析 イーサリアムの今後 イーサリアム安く買える取引所 イーサリアム手数料が安い イーサリアム手数料安く買うならここ ビットコインFX ビットバンクとビットバンクトレードの違い ビットバンクの口コミ ビットバンクの評判 ビットバンクトレードの口コミ ビットバンクトレードの評判 ビットバンク株式会社 リップルおすすめ取引所 リップルお得に購入する方法 リップル安いビットバンク リップル手数料安い取引所 仮想通貨いくらから 仮想通貨の今後 仮想通貨を購入するタイミング 仮想通貨を購入する判断材料 仮想通貨今後おすすめ銘柄 仮想通貨初心者いくらから 仮想通貨初心者が登録する取引所 仮想通貨初心者必見 仮想通貨取引所 仮想通貨取引所Zaif 仮想通貨取引所のビットバンクの評価 仮想通貨取引所のビットバンクトレードは 仮想通貨取引所を初心者 仮想通貨取引所を初心者がおすすめ
PAGE TOP