Uncategorized

エイダコインとは?特徴やビットコインとの違い、エイダコインの今後を解説


数千種類ある仮想通貨の中で

エイダコインと呼ばれる仮想通貨があることをご存知でしょうか?

 

エイダコインはこれまで詐欺コインと言われてきましたが、

様々な取引所に上場して価格を大きく上昇させました。

 

今では仮想通貨の時価総額トップ10の中に入っており、

着実に認知が広まっているエイダコインの開発目的や

使い道、特徴や今後について紹介していきます。

 

エイダコインとは

エイダコインの略称はADAであり、

2017年の1月にプレセールが終了し、2017年の10月2日に

エイダコインの売買が開始されました。

 

エイダコインはCardano(カルダノ)という

オープンソースの分散型プラットフォーム上で使われる通貨であり、

開発当初はオンラインカジノ用の仮想通貨として開発が進められていました。

 

エイダコインの開発目的

エイダコインはCardano(カルダノ)と呼ばれる、

汎用的なブロックチェーンプラットフォームでプラットフォーム内の

独自通貨がエイダコインです。

 

CardanoはDaapsの開発や支払など様々な用途で期待されており、

Cardanoの用途をまとめてみました。

 

Cardanoの用途

・オンラインゲームの構築

・支払い手段

・DAppsの開発

・独自トークンの発行

がCardanoの用途となっています。

 

オンラインゲームの構築

 

Cardanoは元々オンラインゲーム、オンラインカジノのために

作られたプラットフォームとして開発されました。

 

支払い手段

 

エイダコインは支払い手段としても利用されており、

今後エイダコインに対応してデビットカードが発行されます。

 

DAppsの開発

 

スマートコントラクトを実装しているので、

Dappsの開発をエイダコインでもすることが可能です。

 

独自トークンの発行

 

ユーザーは独自のトークンを発行することが出来ます。

 

またCardanoは再度チェーンや量子コンピューター耐性など、

様々な機能を実装することで拡張性の高いプラットフォームの

安全性を実現しています。

 

ではそんなエイダコインの特徴とは一体何なのでしょうか?

 

エイダコインの特徴

エイダコインの特徴をそれぞれ紹介していきます。

 

エイダコインの特徴

・賭け事特有の不正を防ぐことが出来る

・スマートコントラクト

・仮想通貨でも影響力のある人が開発に参加

・Proof of Stake

となっています。

 

それでは1つずつ紹介していきます。

 

賭け事特有の不正を防ぐことが出来る

 

エイダコインが作られた目的は元々ブロックチェーンを用いた

不正の出来ないオンラインカジノを目指して開発されました。

 

そのカジノなどの賭け事の特注の不正を防ぐために作られたのがエイダコインです。

 

カジノやギャンブルのリスクとしてついて回るのが胴元の不正です。

 

ですが現状はこの不正を利用することは難しく、

今はユーザーがこの不正を承知で賭け事を行っているのが現状です。

 

ですがCardanoはスマートコントラクト利用して

全く不正のない、不正することが事実上不可能なオンラインカジノの

プラットフォームを築くことを目的としています。

 

スマートコントラクト

先ほども紹介しましたがオンラインカジノを防ぐために

エイダコインはスマートコントラクトを利用しています。

 

このスマートコントラクトを用いて、

運営者の不正や個人情報の保護などが期待されています。

 

オンラインカジノの産業はこれから伸びると言われており、

そのオンラインカジノの基礎として今後カルダノが

出てくるかもしれません。

 

仮想通貨でも影響力のある人が開発に参加

 

またエイダコインは仮想通貨でとても影響力がある

人物が開発にかかわっておるので出来たばかりの

仮想通貨にも関わらず一気に価格を上昇しています。

 

その開発にかかわった有名人はイーサリアムの開発にかかわった、

チャールズ・ホスキンソンです。

 

チャールズ・ホスキンソン氏はFintech業界を変えると

謳われている天才数学者であり、ビル・ゲイツが絶賛するほど

数学の才能と実力がある人物です。

 

彼が開発の中枢メンバーにいることから、

エイダコインはプレセールの段階で大きな人気を呼んで、

プレセールから大きな注目を集めていました。

 

Proof of Stake

エイダコインのコンセンサスアルゴリズムは

PoS(Proof of Stake)方式を導入しています。

 

PoS(Proof of Stake)は資産を保有による証明という意味で

CPUの処理能力に関係なく「そのコインを保有している量」に応じて

発言権が付与される仕組みとなっています。

 

これによってCPUに膨大な計算をしなくて済むので、電気代が安くなります。

 

また51%攻撃のリスクが低いという特性があり、

不正取引を減らすことが出来ます。

 

エイダコインとビットコインの違いは

開発目的など様々なものがるのでしょうが、

具体的に何が違うのかまとめてみました。

 

エイダコインとビットコインの違い

 

まずエイダコインとビットコインの違いは、

ビットコインは決済サービスの効率化を目的として

作られた通貨ですがエイダコインはオンラインカジノの

不正取引をなくすために作られた仮想通貨です。

 

処理速度の違い

 

まずエイダコインとビットコインの違いは処理速度です。

 

ビットコインは1秒間に7回しか取引が出来なく、

1回の取引で10分以上かかってしまうケースもあります。

 

ですがエイダコインは1秒間に数千回の取引を可能としており、

数分で取引を完了することが出来ます。

 

エイダコインはオンラインカジノの市場を定着するのが目的

 

エイダコインが作られた理由としては、

エイダコインを用いた不正利用できないオンラインカジノを作ったり、

エイダコインしか購入できない有料ポイントのあるゲームが開発されたりと

エイダコインで目指しているのはオンラインカジノの市場です。

 

なのでビットコインや他の暗号通貨では出来ない

オンラインカジノのユーザー層へエイダコインの定着を

高い可能性で実現しようとしているのです。

 

仮想通貨エイダコインが詐欺コインだと言われた理由

 

ただしエイダコインを調べていると

詐欺と言われる情報が沢山でてきます。

 

その理由をこれから解説していきます。

 

エイダコインが詐欺と言われる理由

・仮想通貨=怪しいの時期にICOをしたから

・仮想通貨の誇大広告

・プレセール公開の遅れ

などが原因です。

 

仮想通貨=怪しいの時期にICOをしたから

 

エイダコインのICOが行われた時期が

2015年でまっだ仮想通貨に対する認知度が低いときに

ICO(資金調達)が行われました。

 

仮想通貨の誇大広告

 

またその時に行ったのがアフィリエイトや広告代理店を使た

誇大広告のマーケティングであり、広く認知するために行ったのですが、

多くの人が胡散臭いと思われる結果となりました。

 

プレセール公開の遅れ

 

また公開予定の時期から半年以上遅れてしまい、

サービスの実態がわからない状態からエイダコインは詐欺と広まっていきました。

 

ですが2018年に入ってエイダコインは詐欺という噂はなくなり、

今もなお開発が活発に進められている状態です。

 

ではそんなエイダコインのロードマップを紹介していきます。

 

エイダコインのロードマップを公開

エイダコインのロードマップのフェーズは

5段階に分かれています。

 

エイダコインの5段階のフェーズ

1.Byron(バイロン)

2.Shelley(シェリー)

3.Goguen(コーグエン)

4.Basho

5.Voltaire

 

ではそれぞれの開発フェーズに対して

どのような仕様変更やアップデートがあるのでしょうか?

 

Byron(バイロン)

 

Byron(バイロン)は開発初期に行われたアップデートであり、

公式ウォレットやCardanoの調査を行い、機能の拡張性や改善が

行われたのではないのでしょうか?

 

Shelley(シェリー)

 

Shelley(シェリー)は非中央集権化を推進するために

行われたアップデートであり、具体的に紹介します。

 

Shelley(シェリー)のアップデート

・ウロボロスの拡張

・投票機能の実装

・ペーパーウォレットの開発

・量子コンピューター耐性の実現

などがあります

 

Goguen(コーグエン)

 

Goguen(コーグエン)で実装された内容をまとめてみました。

 

Goguen(コーグエン)のアップデート内容

・サイドチェーンの実装

・スマートコントラクトの実装

サイドチェーンとは

サイドチェーンとはCardanoのブロックチェーンを

メインチェーンとしたときにメインチェーンと接続された

別のブロックチェーンのことです。

 

サイドチェーンを実装することによって、

Cardanoの使いやすさが向上すると考えられています。

 

Basho

 

BashoはCardanoのパフォーマンスや

システムの安全性の向上を目指すために行われたアップデートです。

 

Voltaire

 

Voltaireは財務モデルを導入して、

Cardanoの拡張性や保証性の向上を目的として行われました。

 

そんなエイダコインの将来性は一体どうなのでしょうか?

 

エイダコインの将来性

エイダコインは2018年の4月にバイナンスと

中国取引所のHuobiに上場して価格が一気に上昇しました。

 

これによってエイダコインの流通量が増えて、

さらに今後価格が上昇していくかもしれません。

 

ではエイダコインはどこで購入することが出来るのでしょうか?

 

エイダコインの購入方法

 

エイダコインは今現在も国以内の取引所では

扱いがされておらず、海外取引所にビットコインや

イーサリアム、リップルなど送金する必要があります。

 

エイダコインを海外取引所で扱っているのは

Bittrex、UPBIT、Binanceです。

 

ADA(エイダコイン)の購入方法

ステップ1.

日本取引所に口座を開設し、

ビットコイン、やイーサリアム、リップルなどの取り扱い通貨を購入する

 

ステップ2.

ADA(エイダコイン)を取り扱っている海外取引所の

口座を開設して国内取引所から購入した通貨を送金する

 

ステップ3.

送金したビットコイン、イーサリアム、リップルなどで

ADA(エイダコイン)を購入する。

 

ADA(エイダコイン)を取り扱っている海外取引所

 

ADA(エイダコイン)を取り扱っている海外取引所は

BinanceとUPBIT、Bittrexです。

Bittrex

Bittrexは約200種類の仮想通貨を取り扱っており、

世界最大級の仮想通貨取引所です。

 

ここではADA(エイダコイン)の取引が

60%ほど行われており、ADA(エイダコイン)を

売買したいのであればBittrexのアカウントを

解説しておきましょう。

Binance(バイナンス)

Binanceは中国の大手取引所であり、

取り扱い通貨は100種類以上あります。

 

最も取引量が高く、活発に取引をされているので、

ADA(エイダコイン)を買いたい方はこちらがお勧めです。

UPBIT

UPBITはカカオトークを運営しているカカオ社が

グループ会社のDunamuに出資を行って運営しています。

 

現在の取り扱い通貨は124の種類があり、

取引量も多く、流動性が高いのが特徴です。

 

まとめ

 

これまでエイダコインの特徴や将来性、

なぜ詐欺と呼ばれているかなど色々とお伝えしてきました。

 

ただここで言えるのはエイダコインは

詐欺でもなんでもなく仮想通貨でも有名人が開発に

参加して2018年の今でも開発に力を入れている本物の銘柄です。

 

今後オンラインカジノの市場に出てきて、

価格が伸びてくる可能性は十分に考えられるので、

今のうちに購入しておくのもありなのかもしれません。

関連記事

  1. 仮想通貨TRIG(トリガー)の今後と将来性は?

  2. 仮想通貨のモネロとは?特徴や将来性を解説

  3. 仮想通貨リップル(XRP)2018年はどこまで上がる?2018年のリッ…

  4. 仮想通貨ウェーブス(Waves)とは?特徴や将来性を徹底解説

  5. ハードウォレットで仮想通貨を管理する!レジャーナノ(Ledger Na…

  6. 仮想通貨TRON(トロン)の将来性は!?2017年に暴騰した理由と今後…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

タグ一覧

bitFlyerのメリット bitFlyerの口コミ bitFlyer評価 DMM Bitcoin 評判 DMM Bitcoinのデメリット DMM Bitcoinのメリット DMM Bitcoinの口コミ GMOコイン Zaifのデメリット Zaifのメリット Zaifの口コミ Zaifの評判 アルトコインが安く買えるビットバンク イーサリアのチャート イーサリアムお得取引所 イーサリアムのチャートから今後を分析 イーサリアムの今後 イーサリアム安く買える取引所 イーサリアム手数料が安い イーサリアム手数料安く買うならここ ビットコインFX ビットバンクとビットバンクトレードの違い ビットバンクの口コミ ビットバンクの評判 ビットバンクトレードの口コミ ビットバンクトレードの評判 ビットバンク株式会社 リップルおすすめ取引所 リップルお得に購入する方法 リップル安いビットバンク リップル手数料安い取引所 仮想通貨いくらから 仮想通貨の今後 仮想通貨を購入するタイミング 仮想通貨を購入する判断材料 仮想通貨今後おすすめ銘柄 仮想通貨初心者いくらから 仮想通貨初心者が登録する取引所 仮想通貨初心者必見 仮想通貨取引所 仮想通貨取引所Zaif 仮想通貨取引所のビットバンクの評価 仮想通貨取引所のビットバンクトレードは 仮想通貨取引所を初心者 仮想通貨取引所を初心者がおすすめ
PAGE TOP