仮想通貨取引所

bitFlyerの評判を徹底調査!口コミなどもまとめてみた


国内の仮想通貨取引所の中でダントツで1位なのが

bitFlyer(ビットフライヤー)です。

 

bitFlyer(ビットフライヤー)はなぜここまで

人気があるのか、評判の良い秘密や口コミについて

調べてみました。

 

目次

bitFlyer(ビットフライヤー)とは?

 

bitFlyer(ビットフライヤー)の会社情報

会社名株式会社bitFlyer
資本金41億238万円
代表取締役加納裕三
設立年月日2014年1月9日

となっています。

 

bitFlyer(ビットフライヤー)は取引料やユーザー数、

資本金は国内最大級であり、2017年4月にはビックカメラに

ビットフライヤーの決済システムを導入するなど

国内最大の人気を誇っている国内仮想通貨取引所になります。

 

ではなぜbitFlyer(ビットフライヤー)はここまで

多くの方から人気があるのでしょうか?

 

bitFlyer(ビットフライヤー)が人気の理由

 

bitFlyer(ビットフライヤー)がここまで人気の理由は、

・大手が出資していて信頼が強い

・キャンペーンが豊富

・決算手段としても期待

という理由があります。

 

1つずつ見ていきます。

 

大手が出資していて信頼が強い

 

まずbitFlyer(ビットフライヤー)が大人気の理由は、

超一流企業がbitFlyer(ビットフライヤー)に出資をしている所です。

 

例えばGMO、三井住友海上キャピタル、リクルート、三菱USJキャピタル、

みずほファイナンシャルグループなど超一流企業が出資しているのです。

 

超一流企業が出資しているという事は、

信頼できるという事でもあり、今後期待出来る仮想通貨取引所の

1つであるということです。

 

キャンペーンが豊富にある

 

bitFlyer(ビットフライヤー)の特徴として、

キャンペーンが数ヶ月に1回のペースで行っており、

登録したらビットコインキャッシュバックや

ビットコインプレゼントなど様々なキャンペーンを実施しています。

 

決算手段としても期待

 

 

2017年の7月からビックカメラの全店舗で

ビットフライヤーのアプリである

「bitFlyerウォレット」で決済ができるようになっています。

 

このように大手が今後決済手段として

仮想通貨を決済サービスに取り入れていくことによって、

近い将来、仮想通貨が当たり前に流通していく

世の中になっていきます。

 

ではbitFlyer(ビットフライヤー)のメリットとは

いったい何なのでしょうか?

 

bitFlyer(ビットフライヤー)のメリット

 

 

bitFlyer(ビットフライヤー)を使うメリット

・取引量、ユーザー数、資本金で国内1位だから安心

・ビットフライヤーを使ったビットコイン決済の店が急増中

・使いやすくて投資初心者でも参入しやすい

・セキュリティ面も安心

・出金被害の補償サービス

というのがあります。

では1つずつ見ていきましょう。

 

取引量、ユーザー数、資本金で国内1位だから安心

 

bitFlyer(ビットフライヤー)のメリットは先ほども話した通り、

大手企業に出資を受けており資本金が圧倒的に高いこともあり、

安心感があります。

 

そのために多くのユーザー数や取引量も国内で

ダントツ1位となっています。

 

ビットフライヤーは2017年の時に

仮想通貨市場を開拓した取引所として間違いないでしょう。

 

ビットフライヤーを使ったビットコイン決済の店が急増中

 

 

またbitFlyer(ビットフライヤー)はビックカメラでの

支払いなど実用化にも真っ先に取り組んであり、

bitFlyer(ビットフライヤー)ウォレットで決済できる

店舗やサービスが増えていっています。

 

使いやすくて投資初心者でも参入しやすい

 

 

僕も初めて使ったのがbitFlyer(ビットフライヤー)でしたが、

bitFlyer(ビットフライヤー)は仮想通貨初心者の方でも

使いやすくて簡単に仮想通貨取引をすることが出来ます。

 

セキュリティ面も安心

 

bitFlyer(ビットフライヤー)はセキュリティ対策でも

信頼できる取引所として有名です。

 

仮想通貨送付時のセキュリティレベルを上げるために、

単体ではなくいくつかの署名(パスワード)を組み合わせた

アドレスを使用することをマルチシグというのですが、

その導入をいち早く開始したのがbitFlyer(ビットフライヤー)であり、

個人情報の流出を防ぐために大手金融機関よりも強度の高い

暗号技術を使っているのも特徴です。

 

またbitFlyer(ビットフライヤー)は80%以上の仮想通貨を

インターネットから隔離された「コールドウォレット」で管理しており、

24時間監視システムで強固に守られているので

安心して取引所を使うことが出来るのですね。

 

またもしbitFlyer(ビットフライヤー)が

サイバー攻撃にあった時の為の出金保障サービスもついています。

 

出金被害の補償サービス

 

bitFlyer(ビットフライヤー)には

出金被害の保障サービスというものがついています。

 

これはもし万が一自分のお金がハッキング等によって、

不正出金された場合でもそのお金の補償を受けれますよ。

 

というものです。

 

これはbitFlyer(ビットフライヤー)が国内の大手損害保険会社と

契約しており、顧客資産の安全を担保しているからなんですね。

 

ただしbitFlyer(ビットフライヤー)に登録しているだけでは、

この盗難補償サービスを受けることはできません。

 

出金被害の補償サービスを受けれる条件を

まとめてみました。

 

出金被害の補償サービスを受けれる条件

・メールアドレスやパスワードが盗まれ、

不正な日本円が出金される事故に限る

・ユーザーのアカウントクラスがウォレットクラスから

トレードクラスにグレードアップしている必要がある。

・マイページのセキュリティ設定画面で二段階認証設定が

完了している

・2017年6月1日0時~2018年6月1日16時までの期間の間のみ有効

・不正出金の届け出を受理して14日までが補償の対象期間になる

・2週間以内に警察とbitFlyer(ビットフライヤー)に届出を出して

初めて受理される

 

などが条件となっています。

 

では逆にbitFlyer(ビットフライヤー)のデメリットとは

いったい何なのでしょうか?

 

bitFlyer(ビットフライヤー)のデメリット

 

bitFlyer(ビットフライヤー)は大手企業から莫大な

出資を受けており、セキュリティ面も強く、

資本金も他の国内取引所とは比べものにならないほど

持っているのですがbitFlyer(ビットフライヤー)の

デメリットとはいったい何なのでしょうか?

 

bitFlyer(ビットフライヤー)のデメリットをそれぞれ

考えてみました。

 

bitFlyer(ビットフライヤー)のデメリット

・手数料が高い

・取り扱い通貨が少ない

・アプリのチャートが使いにくい

 

などがあげられます。

 

手数料が高い

 

bitFlyer(ビットフライヤー)の「手数料は高い」と

言われています。

 

この理由としてはbitFlyer(ビットフライヤー)が

ビットコインでしか取引所しか扱っていない所にあります。

 

bitFlyer(ビットフライヤー)でアルトコインを買う場合は、

販売元から直接購入しなければいけません。

 

なのでbitFlyer(ビットフライヤー)にその分手数料を

払わなければいけないんですね。

 

手数料を安くして買うためには、

取引所と言われるところから「板」を利用して

コインを売りたいユーザーから買わなければいけません。

 

 

簡単に言えば「この値段で売りたい(買いたい)」という

注文が並んでいる上の図が「板取引」になります。

 

これは販売元に手数料を支払うのではなく、

オークション形式の購入となるので、

手数料を安く購入することが出来るんですね。

ビットコイン取引所

 

ビットコイン販売所

 

それぞれ取引所と販売所をご覧になれば分かると思いますが、

BTCが約1万円ほど取引所の方が安くなっています。

 

なのでなるべく安くコインを購入したい場合は、

取引所から購入するようにしましょう。

 

取り扱い通貨が少ない

 

bitFlyer(ビットフライヤー)の方針でしっかりとサービスが

実用性があって今後拡大していくという確信がないと

bitFlyer(ビットフライヤー)では通貨をあつかわないとしています。

 

なのでまだまだbitFlyer(ビットフライヤー)は

通貨の種類が少ないのが現状ですが、

逆を言えばbitFlyer(ビットフライヤー)に並んでいる通貨は

確実に今後伸びていくという裏付けですので、

安心して購入することが出来ます。

 

アプリのチャートが使いにくい

 

コインチェックがネムを流出する前までは

コインチェックの方がアプリに定評があり、

コインチェックの方が人気でした。

 

それほどアプリが使いやすかったんですね。

 

ですが今はコインチェックに預けるのは

リスクがあるためあまりお勧めできません。

 

なのでビットフライヤーのアプリを使うしかないのですが、

チャートが簡易すぎたり、取引所での売買が出来ないために

まだまだ改善の余地がありそうですね。

 

bitFlyer(ビットフライヤー)のトップ画面

bitFlyer(ビットフライヤー)のウィジェット画面

 

となります。

 

チャートと変動値がそれぞれ別で見ないといけないので

コインチェックなどのアプリよりも多少使いにくいのが

ビットフライヤーのデメリットです。

 

bitFlyer(ビットフライヤー)の扱っている通貨は?

 

bitFlyer(ビットフライヤー)で扱う通貨は

今後確実に伸びていくことがほぼ確実なかたい通貨でしか、

扱わないというのが方針です。

 

なのでまだまだ通貨の種類が少ないというのが

現状なんですね。

 

bitFlyer(ビットフライヤー)が扱っている通貨一覧

bitFlyer(ビットフライヤー)が扱っている通貨一覧

種類単位取引所販売所
  ビットコインBTC
 イーサリアムETH×
 イーサリアムクラシックETC×
 ライトコインLTC×
 ビットコインキャッシュBCH×
 モナコインMONA×
 リスクLSK×

 

となっています。

 

コインチェックや海外の仮想通貨取引所と比べると

かなり通貨や銘柄を絞っており、人気の銘柄を押さえているという

印象ですよね。

 

ではbitFlyer(ビットフライヤー)の口コミは

どういったものが多いのでしょうか?

 

bitFlyer(ビットフライヤー)の口コミは?

 

bitFlyer(ビットフライヤー)を使っている人の声を聞くと

賛否両論がありますが総合的に見てもbitFlyer(ビットフライヤー)は

お勧めできそうな取引所の1つです。

 

bitFlyer(ビットフライヤー)の良い評判や口コミ

 

まずはbitFlyer(ビットフライヤー)の良い口コミから

見ていきましょう。

総合的におすすめなのがビットフライヤー

 

会社側が仮想通貨送金時にしっかりとチェックしている

では悪い口コミもみてみましょう。

 

bitFlyer(ビットフライヤー)の悪い口コミ

 

実際に大手企業が出資していて資本金も莫大にあり、

安心感のあるbitFlyer(ビットフライヤー)ですが

どのような所が悪いとされているのでしょうか?

ロスカットの反応が悪い

サーバーが安定していない

などもあります。

 

bitFlyer(ビットフライヤー)がお勧めな人は?

 

bitFlyer(ビットフライヤー)での投資が向いている人を

まとめてみました。

 

bitFlyer(ビットフライヤー)での投資が向いている人

・とにかくすぐに仮想通貨投資を始めたい人

・伸びしろが分からない銘柄よりも安心感のある銘柄を購入したい人

・セキュリティ面が高くて安心して仮想通貨売買を行いたい人

 

がbitFlyer(ビットフライヤー)をお勧めな人です。

 

bitFlyer(ビットフライヤー)が何よりも人気なのは、

大手損害保険会社と提携して被害の補償体制が

しっかりとしているのでとても安心感があります。

 

セキュリティの高さだけではなくて

もし被害にあったことも考えている点が

高く評価されています。

 

ではそんな中でbitFlyer(ビットフライヤー)で投資するのに向いていない人は

どういった人なのでしょうか?

 

bitFlyer(ビットフライヤー)に向いていない人は?

 

bitFlyer(ビットフライヤー)の投資が向いていない人を

まとめてみました。

 

bitFlyer(ビットフライヤー)での投資に向いていない人

・マイナーなアルトコインの投資をしたい方

・英語での投資を問題なく出来て専門的な情報があり

マイナーコインで確実に稼げると知っている方

 

などがあります。

 

海外取引所ではマイナーコインが沢山取引されており、

国内取引所よりも手数料が全体的に安くなっているのが

特徴です。

 

なので英語を読むのに負担が無くて、

海外取引所を使ったトレードが問題なくできる

中上級者であれば海外取引所の方でトレードして

大きな利益を狙うにはお勧めです。

 

bitFlyer(ビットフライヤー)の口座開設手順は?

 

それでは簡易になってしまいますが、

bitFlyer(ビットフライヤー)の口座開設手順を紹介していきます。

 

bitFlyer(ビットフライヤー)の口座開設手順

 

1bitFlyer(ビットフライヤー)の公式サイトにアクセス

 

まずはbitFlyer(ビットフライヤー)の公式サイトからメールアドレスを

入力してメールを届くのを待ちます。

 

アカウントを作成

 

登録したメールアドレスにキーワードと初回パスワードが

届くのでメール内のURLをクリックして「アカウント作成」ボタンを

クリックします。

 

 

同意項目のチェック

 

同意項目が表示されるので内容を確認して、

大丈夫であれば「よろしければ同意」にチェックを入れて、

「ビットフライヤーを始める」ボタンをクリックします。

 

 

SMSのコードを入力

 

アカウント情報から携帯電話の番号を入力して、

SMSに送られてくるコードを入力します。

 

番銀行口座の番号

 

銀行口座登録画面に必要事項を全て記入します。

 

また銀行認証をするために入出金をクリックして、

振込先口座情報に日本円を入金します。

 

個人情報の入力

 

ご本人情報登録で必要事項を入力します。

 

アップロード

 

本人写真と本人確認書類の裏表の写真をアップロードします。

 

 

ハガキを受け取る

 

後日ハガキが登録住所に送られてきますので、

それを受け取って口座開設は完了となります。

 

1.bitFlyer(ビットフライヤー)の評判まとめ

 

bitFlyer(ビットフライヤー)を支えているのは

大手企業であり何と言っても安心感を重視しており、

キャンペーンも多いのがbitFlyer(ビットフライヤー)の特徴です。

 

なので僕自身としては、今後さらに成長する可能性を秘めている

仮想通貨取引所の1つなのでbitFlyer(ビットフライヤー)は投資初心者でも

そうでない方も必ず口座開設はしておきましょう。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

タグ一覧

bitFlyerのメリット bitFlyerの口コミ bitFlyer評価 DMM Bitcoin 評判 DMM Bitcoinのデメリット DMM Bitcoinのメリット DMM Bitcoinの口コミ GMOコイン Zaifのデメリット Zaifのメリット Zaifの口コミ Zaifの評判 アルトコインが安く買えるビットバンク イーサリアのチャート イーサリアムお得取引所 イーサリアムのチャートから今後を分析 イーサリアムの今後 イーサリアム安く買える取引所 イーサリアム手数料が安い イーサリアム手数料安く買うならここ ビットコインFX ビットバンクとビットバンクトレードの違い ビットバンクの口コミ ビットバンクの評判 ビットバンクトレードの口コミ ビットバンクトレードの評判 ビットバンク株式会社 リップルおすすめ取引所 リップルお得に購入する方法 リップル安いビットバンク リップル手数料安い取引所 仮想通貨いくらから 仮想通貨の今後 仮想通貨を購入するタイミング 仮想通貨を購入する判断材料 仮想通貨今後おすすめ銘柄 仮想通貨初心者いくらから 仮想通貨初心者が登録する取引所 仮想通貨初心者必見 仮想通貨取引所 仮想通貨取引所Zaif 仮想通貨取引所のビットバンクの評価 仮想通貨取引所のビットバンクトレードは 仮想通貨取引所を初心者 仮想通貨取引所を初心者がおすすめ
PAGE TOP