Uncategorized

取引所のBinanceにあるバイナンスコインの特徴や仕組み、購入方法


バイナンスコイン(BNB)というのをご存知ですか?

 

バイナンスコイン(BNB)は取引所であるバイナンス(BINANCE)が独自で発行するトークンであり、

バイナンスコインで他の仮想通貨を購入すれば手数料安く購入することが出来ます。

 

では他にバイナンスコイン(BNB)の特徴や今後の将来性はどうなのでしょうか?

 

今回はバイナンスコイン(BNB)について紹介していきます。

 

バイナンスコイン(BNB)とは

 

バイナンスコイン(BNB)は海外の取引所であるバイナンスが発行するトークンです。

 

バイナンスは現在でも世界で最も注目されている取引所の1つであり、

2017年の7月に営業を始めたのにも関わらず、ユーザー数は既に1000万人近くいる人気の海外取引所です。

 

バイナンスコイン(BNB)は発行上限枚数が2億枚でその1億枚が売りに出され、

残りのバイナンスコイン(BNB)は40%が開発チーム、10%が初期の投資に分配されました。

 

バイナンスコイン(BNB)の特徴

 

ではバイナンスコイン(BNB)の特徴とはいったい何なのでしょうか?

 

バイナンスコイン(BNB)の特徴としては

・取引手数料が割引

・ERC20トークン

・四半期ごとに価値が上がる

・ユーザーが投票できてICOに使用できる

などの特徴があります。

 

取引手数料が割引

 

多くの人がバイナンスコイン(BNB)を利用する目的としては、

取引手数料が割引されるからでしょう。

 

バイナンスの取引手数料は元々0.1%となっていますが、

バイナンスコイン(BNB)を基軸通貨として利用し、

イーサリアムやリップルなどの他の通貨を購入すると、

手数料が0.05%で購入できます。

 

なのでバイナンスコイン(BNB)は頻繁にトレードする人にとっては、

嬉しい特典となります。

 

ERC20トークン

 

バイナンスコイン(BNB)は実はERC20トークンの1つであり、

ERC20 とはイーサリアム上で使われている規格の事です。

 

ERC20トークンであるメリットとして

・様々なトークンの交換が簡単に出来る

・スマートコントラクトを実装できる

 

などのメリットがあります。

 

それでは1つずつ分かりやすく説明していきます。

 

様々なトークンの交換が簡単に出来る

仮想通貨を保管するにウォレットが必須となってきます。

 

本来ではそれぞれの通貨の特徴が大きく変わってくるために、

コインに合わせて異なるウォレットを用意する必要があります。

 

ですがERC20を規格に作られたトークンは簡単に取引することが出来ます。

 

スマートコントラクトを実装できる

ERC20はイーサリアム上で作られたトークンであり、

スマートコントラクトを今後実装する可能性が非常に高いです。

 

スマートコントラクトを使えば中央管理者や大手取引所の代わりに、

プログラムが取引を管理する分散型取引所をい開設することが実現する可能性もあるのです。

 

四半期ごとに価値が上がる

 

バイナンスコイン(BNB)は多くのユーザーが今後も取引できるように、

手数料の割引率が年々下がることを公表しています。

 

手数料を安くすることはそれだけ取引所の売り上げにはならないということであり、

「本当に大丈夫なの?」と思う方もいるかもしれません。

 

ですがバイナンスは4半期ごとに取引所の利益の20%分を買い戻しています。

 

買戻しを行うことによって供給量が減るので需要が増えて、

必然的にバイナンスコイン(BNB)に価値が上がっていきます。

 

ユーザーが投票できてICOに使用できる

 

バイナンスには次に上場する通貨を選ぶための投票する機能があります。

 

自分が興味のあるアルトコインを世界一の取引所であるバイナンスに上場させる

チャンスとなるためにこれは毎月多くのユーザーが投票に参加しています。

 

採用されればそれだけ大きな値上がりすることになり、

投票するためにはバイナンスコイン(BNB)が必ず必要となってくるので、

投票をするためにバイナンスコイン(BNB)を購入する人も多くいます。

 

バイナンスコイン(BNB)の将来性

 

ではバイナンスコイン(BNB)の今後はどうなっていくのでしょうか?

 

バイナンスコイン(BNB)は四半期ごとに市場に流通したバイナンスコイン(BNB)を

20%分で買い戻しています。

 

買戻しをすることによって市場の供給数が減って1枚当たりの需要が増加して価格が必然的に上昇していきます。

 

なのでバイナンスコイン(BNB)が流通するための仕組みを

バイナンスが取り入れているので今後バイナンスコイン(BNB)が

人気が出てくる可能性が非常に高いのです。

 

ただしバイナンスコイン(BNB)は取引所のバイナンスによって成長率が左右されます。

 

なので万が一バイナンスにハッキングや不正出金などがあった場合は

必然的にバイナンスコイン(BNB)の価格も大きく下落していきます。

 

その代わりバイナンスがさらに人気が出れば

バイナンスコイン(BNB)の価格は上昇していきます。

 

日本国内でもバイナンスにも金融庁から規制の動きなどがあり、

今後どうなっていくのか全く未知数となっています。

 

バイナンスコイン(BNB)の購入方法

 

バイナンスコイン(BNB)はバイナンスの独自トークンなので、

購入するにはバイナンスで購入するしかありません。

 

そのために運営母体であるバイナンスのアカウントを作成し、

口座を開設する必要があります。

 

バイナンスは名前や性別、国籍などの情報とパスポート番号を

入力するだけで簡単に口座を開設することが出来ます。

 

まとめ

 

バイナンスコイン(BNB)は世界最大クラスの取引所が発行している

独自トークンであり、トークンとしての魅力はかなり高い通貨と言えます。

 

なので今後のバイナンスに期待している方やバイナンスで頻繁に

取引をしている方は間違いなく早めにバイナンスコイン(BNB)を購入しておく方が良いでしょう。

関連記事

  1. 誰でもわかりやすくスマートコントラクトを解説

  2. 仮想通貨ライトコインとは?特徴やビットコインとの違いを分析して解説

  3. デスクトップウォレットで仮想通貨を保管する方法を解説!おすめのウォレッ…

  4. 仮想通貨Vechain(VEN)の特徴や2018年の将来性と購入方法

  5. 話題になっている仮想通貨Golem(ゴーレム)の特徴や将来性とは

  6. LISK(リスク)とは?特徴や仕組み、今後の将来性などを解説

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

タグ一覧

bitFlyerのメリット bitFlyerの口コミ bitFlyer評価 DMM Bitcoin 評判 DMM Bitcoinのデメリット DMM Bitcoinのメリット DMM Bitcoinの口コミ GMOコイン Zaifのデメリット Zaifのメリット Zaifの口コミ Zaifの評判 アルトコインが安く買えるビットバンク イーサリアのチャート イーサリアムお得取引所 イーサリアムのチャートから今後を分析 イーサリアムの今後 イーサリアム安く買える取引所 イーサリアム手数料が安い イーサリアム手数料安く買うならここ ビットコインFX ビットバンクとビットバンクトレードの違い ビットバンクの口コミ ビットバンクの評判 ビットバンクトレードの口コミ ビットバンクトレードの評判 ビットバンク株式会社 リップルおすすめ取引所 リップルお得に購入する方法 リップル安いビットバンク リップル手数料安い取引所 仮想通貨いくらから 仮想通貨の今後 仮想通貨を購入するタイミング 仮想通貨を購入する判断材料 仮想通貨今後おすすめ銘柄 仮想通貨初心者いくらから 仮想通貨初心者が登録する取引所 仮想通貨初心者必見 仮想通貨取引所 仮想通貨取引所Zaif 仮想通貨取引所のビットバンクの評価 仮想通貨取引所のビットバンクトレードは 仮想通貨取引所を初心者 仮想通貨取引所を初心者がおすすめ
PAGE TOP