仮想通貨借金体験談

仮想通貨の暴落で借金をしてしまう可能性とその末路


20177年の年末に仮想通貨市場が暴騰し、

2018年の始めに暴落して多くの方が仮想通貨によって

資産を失ったのではないのでしょうか。

 

ですが一定数の人は資産を管理して

暴落した時でも資産を失わずに済んでいます。

 

では資産を失って借金をした人と、

資産を稼いだ人はどのような違いがあるのでしょうか。

 

今回は仮想通貨で暴落し、

借金をしてしまう可能性とその失敗談、

そして借金をしないための対策について紹介していきます。

 

仮想通貨で損をすることと借金になることは違う

 

 

仮想通貨に限らず、株やFXなどの投資をやる時に、

どうしても初心者の方は「損失を出す=借金をする」という

悪いイメージを持っているかもしれません。

 

ですが損失を出すことと借金をすることは違います。

 

損失と決して悪い事ではない理由

・損失と借金は違う

・自己資金で「現物取引」をした場合、

余剰資金であれば借金にはならない

・「レバレッジ取引」の際は投資リスクによっては借金になる。

 

投資の世界では正しい損切をするテクニックもあり、

自分の戦略、ルールで損切をして損失を出すことは、

決して悪いことではないのです。

 

ただし自分のルールが分からない方は、

レバレッジ取引からではなくて、現物取引から

始める必要があります。

 

現物取引とは

 

 

現物取引とは、現金で仮想通貨を実際に購入して、

その価格が上がればその上がった価格だけが自分の資産になります。

 

なので逆に買値よりも安い値段で決済すれば、

損失にはなりますが、借金にはなりません。

 

もし仮にその購入した通貨が消えてしまい、

0になっても資産が0になっただけでマイナスにはならないのです。

 

ですがレバレッジ取引は違います。

 

レバレッジ取引とは

 

 

レバレッジ取引は自分の資産を元手に

証拠金として取引所に預ける代わりに取引所が

代わりに自分の持っている証拠金以上のお金を貸して、

取引をすることが出来る投資方法です。

 

なので第三者からお金を借りて取引しており、

自己資金で投資するよりも大きなリスクとなるのです。

 

借りたお金で仮想通貨売買してその分利益が出れば、

利益分だけ受け取ることができますが、万が一値下がりしてしまった場合、

自分の資産の何倍もの取引で下落してしまっているので、

最悪の場合、借金をしてしまいます。

 

では仮想通貨取引で借金をしてしまう可能性とは

どんなものがあるのでしょうか。

 

仮想通貨で借金してしまう理由

 

 

仮想通貨で借金をしてしまう理由としては、

1.仮想通貨のレバレッジ取引で損失を出した場合

2.余剰資金ではなくてお金を借りて現物取引をしていた場合

3.大きく稼ぎ過ぎて税金を支払うことが出来なかった場合

の3つの理由があります。

 

仮想通貨のレバレッジ取引で損失を出した場合

 

まずは仮想通貨のレバレッジ取引で損失を出した場合です。

 

先ほど現物取引とレバレッジ取引の違いを話しましたが、

自分の資産の何倍以上のお金を借りて取引するレバレッジ取引では

借金をしてしまう可能性が十分考えられます。

 

強制ロスカットされるが借金をする可能性がある

 

レバレッジ取引で大きく資産を減らした際に、

それ以上減らさないように強制ロスカットという制度があります。

 

しっかりとロスカットされれば借金になる事はありませんが、

変動が大きい場合はロスカットが遅れてしまい、

入金以上の損失を受けて借金になる可能性も十分に考えられます。

 

そして追従が発生した場合は最悪のケースの場合、

毎日追証を要求されるケースも十分に考えられます。

 

株やFXではそれでも市場が安定してしっかりと

テクニカル分析をしていれば勝てたかもしれませんが、

仮想通貨ではボラリティ(価格変動)が大きくいのが特徴です。

 

株やFXよりも大きな利益を得るかもしれませんが、

大きなリスクを背負う可能性も十分考えられるのです。

 

仮想通貨での投資はハイリスク・ハイリターンの投資なので、

多くの人が変動によって大きな損害になってしまう可能性が

十分に考えられるのですね。

 

余剰資金ではなくてお金を借りて現物取引をしていた場合

 

2つ目の理由としては余剰資金ではなくて

借金をしながら仮想通貨投資をやっていた場合です。

 

確かに仮想通貨投資は2017年までは預けているだけでその分金利が膨らみ、

投資を全くやった事がない人でも仮想通貨によって多くの資産を手に入れることが出来ました。

 

なのでアメリカなどは家や車を担保に

借金をしてまで仮想通貨投資をしていた人も

たくさんいます。

 

そして大暴落して資産を失うどころか、

借金だけが残ってしまい、多くの人が自殺したと

話題にもなりました。

 

仮想通貨の人気は確かにその値幅にあります。

 

1日に何%、時には10%も上がる投資なんて

仮想通貨以外にはありません。

 

ですがそれはリスクでもあります。

確かに下がった通貨を持ち続ければ

いつかは上がるかもしれません。

 

ですがお金を借りている以上、

返済期限というものはあるのです。

 

返済するためには価格が下がった状態で損切をしなければいけなく、

大暴落してしまえば借金だけが残るのです。

 

なので仮想通貨投資は必ず余剰資金で行うようにしましょう。

 

大きく稼ぎ過ぎて税金を支払うことが出来なかった場合

 

 

仮想通貨で億り人になった人でも、

税金で破産してしまった人は沢山います。

 

現在は仮想通貨で利益になったお金は雑所得としての扱いになり、

4000万円以上の課税所得金額になった場合は55%の税金になってしまいます。

 

課税所得金額所得税率住民税率
195万円以下5%10%
195万円超、330万円以下10%10%
330万円超、695万円以下20%10%
695万円超、900万円以下23%10%
900万円超、1800万円以下33%10%
1800万円超、4000万円以下40%10%
4000万円超45%10%

となります。

 

これは1年間(1月1日~12月31日)で出た利益を計算して、

必ず翌年の確定申告で納税を申告しなければいけません。

 

僕の周りでも実際に仮想通貨の投資によって

借金をしてしまった人もいるので実際に話を聞いてみました。

 

仮想通貨取引で借金100万円を返済する羽目になった体験談

 

その方は3年前にカードローン地獄に陥って、

何とか借金返済を考えていました。

 

その時の借金の金額は400万円を超えています。

 

家賃3間年のアパートに住みながら

ダブルワークしていた時期もありました。

 

ですが借金の返済でやっとで中々貯金も出来ずに、

パソコンで収入を立てようと仮想通貨のビットコインFXに手を出したんです。

 

誰でも投資家の初心者がパソコン1台だけで1億円以上を稼ぐ

億り人と聞くと、夢があると思います。

 

パソコン1台で自由にトレードをする

映画のような自由を手にれたトレーダー。

 

それを夢見て仮想通貨FXに手を出してしまったんですね。

 

最初はビットコインがどんどんと上昇を続けているトレンドに

乗ろうとそこでポジションを持った瞬間に一気に下落していきました。

 

そして追加で100万円の借金の負担となってしまったのです。

 

その方は今は仮想通貨を引退して、

今でもその借金を返しながら生活をしています。

 

ではそんな失敗をしないためのマインドセットや

考え方はいったいなんなのでしょうか。

 

仮想通貨で借金をしないためのマインドセット

 

 

仮想通貨で借金をしない投資法、

必ず勝つ投資方法とは絶対に負けないであろうところで

投資をすることです。

 

勝つための投資ではなくて負けないための投資をするための

意識を持つのです。

 

仮想通貨で借金をしないためのマインドセット

1.欲を捨てて最低限のリスクを意識する

2.取引所のキャンペーンには騙されない

3.競争心を捨てる(投資は自分との闘い)

4.投資初心者は現物取引を意識する

というのが必要になります。

 

欲を捨てて最低限のリスクを意識する

 

価格が上昇しているときに

「もう少し伸びたら利確しよう。」

と考えているときに心を読まれたように

急落していくケースもたくさんあります。

 

また現物取引でうまくっているときに、

「レバレッジ取引だったらもっと利益を伸ばすこともできるのに。」

と思う方もいらっしゃいます。

 

実際には利益が出ているのにも関わらず、

人間って本当に欲深くて利益を上げれば上げるほど、

リスクをとってでも利益を大きくしようという考えになってしまうんですね。

 

ですが確実に勝っている投資家は

利益を出した瞬間どこで決済するのかは

何%利益が出たら決済をしようとしているのか、

しっかりと自分の中でルールを作っているんですね。

 

なので利益を勝ちにいくのではなく、

負けない取引を考えていきましょう。

 

取引所のキャンペーンには騙されない

 

FX業者であるGMOコインやDMM Bitcoinでは

口座開設の時に1000円キャッシュバックなど

キャンペーンを多彩に開催しています。

 

確かにお得とおもうかもしれませんが、

それは多くの方が取引所を使ってもらうための

広告であり、マーケティングです。

 

なのでそういったものには騙されないようにしましょう。

 

競争心を捨てる(投資は自分との闘い)

 

ツイッターなどを見ていると、

いくら儲けたなど沢山の人がつぶやいています。

 

ですがそれは悪魔のささやきであり、

自分の作っていたルールが鈍ったり、思考が鈍感になります。

 

なので投資をやるうえでは周りをライバル視して競争心を

持つのは捨てましょう。

 

投資初心者は現物取引を意識する

 

とにかくレバレッジをかけなければ、

仮想通貨では借金することはありません。

 

確かに一時期は暴落してしまう可能性もありますが、

まだまだ仮想通貨の価格が上昇している今のタイミングなら、

必ずその価格まで待っていれば戻ってきます。

 

仮想通貨を始めたばかりの方はリスクある投資を止めて、

現物取引で資産を上げることを考えましょう。

 

もし借金が出来て返せなくなった場合どうすればよいのか

 

 

では仮想通貨で借金をしてしまい、

どうしても返済も厳しい場合はどうすれば良いのでしょうか。

 

まだまだ仮想通貨は法的整備が追い付いていなくて、

現時点では差し押さえの対象なのが現状です。

 

なので債務整理のときは日本円や

不動産、株券などの一般的な金融資産とは異なります。

 

なので一度弁護士などに相談をしてみて、

判断を仰ぐようにしましょう。

 

仮想通貨の借金のまとめ

 

仮想通貨の情報を見ていると稼げる情報しかなく、

多くの人が稼いでいるように見えます。

 

ですが実際はそれよりも何倍の人が仮想通貨で失敗し、

借金を抱えている人が沢山いるのが現状です。

 

まだまだ市場の拡大の可能性があり、

ボラティリティのあるので大きな資産を築く可能も

十分考えられますが、まずはリスクを極限まで抑えて、

仮想通貨での投資は余剰資金で行い、

しっかりとリスクを管理していきましょう。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

タグ一覧

bitFlyerのメリット bitFlyerの口コミ bitFlyer評価 DMM Bitcoin 評判 DMM Bitcoinのデメリット DMM Bitcoinのメリット DMM Bitcoinの口コミ GMOコイン Zaifのデメリット Zaifのメリット Zaifの口コミ Zaifの評判 アルトコインが安く買えるビットバンク イーサリアのチャート イーサリアムお得取引所 イーサリアムのチャートから今後を分析 イーサリアムの今後 イーサリアム安く買える取引所 イーサリアム手数料が安い イーサリアム手数料安く買うならここ ビットコインFX ビットバンクとビットバンクトレードの違い ビットバンクの口コミ ビットバンクの評判 ビットバンクトレードの口コミ ビットバンクトレードの評判 ビットバンク株式会社 リップルおすすめ取引所 リップルお得に購入する方法 リップル安いビットバンク リップル手数料安い取引所 仮想通貨いくらから 仮想通貨の今後 仮想通貨を購入するタイミング 仮想通貨を購入する判断材料 仮想通貨今後おすすめ銘柄 仮想通貨初心者いくらから 仮想通貨初心者が登録する取引所 仮想通貨初心者必見 仮想通貨取引所 仮想通貨取引所Zaif 仮想通貨取引所のビットバンクの評価 仮想通貨取引所のビットバンクトレードは 仮想通貨取引所を初心者 仮想通貨取引所を初心者がおすすめ
PAGE TOP