仮想通貨豆知識

ビットコインとリップルの違いとは?~購入前に知っておきたい仮想通貨の豆知識~


最近高騰しているリップルと仮想通貨市場を作ったと言われている

ビットコイン。

 

それぞれ人気がある通貨であり、取引所や販売所などが

増えてきました。

 

ではリップルとビットコインの違いとは

どのように違うのでしょうか?

 

ビットコインとは

 

 

ビットコインはできた理由として、

・金融機k難を経由する支払いはコストがかかりすぎる

・支払いたい人、受けとりたい人が個人間でやり取りすれば良い

・ビットコインは個人間でも決済のやり取りをするために作られた

 

というのがあります。

 

つまり銀行という機関を使って決済のやり取りをするのではなくて、

個人間で決済のやり取りをするために作られたのが目的です。

 

リップルとは

 

 

ですがリップルはビットコインと全く考え方が違います。

 

現在の銀行のシステムを仮想通貨を使ってより効率的に

スムーズに作ろうとして作られたのがリップルです。

 

例えば従来のように海外送金する場合の

ステップはこのようになります。

 

海外送金するためのステップ

1.日本の銀行に支払いを要請する

2.日本の銀行は、送金手続きをする

3.必要に応じて、中継銀行を挟む

4.着金先の銀行に入金する

 

などの必要があります。

 

このプロセスを踏むと時間がかかるうえに、

送金手数料がめちゃめちゃ高くなってしまいます。

 

それを

1.日本の銀行からリップルに交換する

2.リップルから海外の法定通貨に変える

というステップに落とし込もうとしているのが

リップルなんですね。

 

ビットコインとリップルの違いとは?

 

 

つまりビットコインとリップルとの違いは

3つあって簡単に言ってしまうとビットコインは決済手段、

リップルは送金システムとして開発されました。

 

ビットコインとリップルの3つの違い

1.基本システムの違い

2.思想の違い

3.仕組みの違い

というのがビットコインとリップルの違いになります。

 

では1つずつ見ていきましょう。

 

ビットコインとリップルの基本システム

 

ビットコインとリップルの基本システムの違いは、

中央管理者の有無です。

 

ビットコインは個人間での目的で作られたために

中央管理がありませんが、リップルは銀行の送金システムの

効率化によって作られたので中央管理企業が存在しており、

そこから承認が行われます。

 

ビットコインとリップルの思想は?

 

そして先ほども少し話しましたがビットコインとリップルが

作られた思想も大きく違ってきます。

 

ビットコインは銀行や政府などの信頼できる発行元(中央機関)が

存在しなくても、通貨の役割を果たすことが可能な決済システムや

デジタル通貨として作られました。

 

それに対してリップルは銀行や金融サービスを扱っている企業と提携して

海外送金で問題になっている「手数料がかかり送金スピードが遅い」という

問題を解決するために送金するときの手数料の安さと送金スピードをの

効率化のために開発された送金システムです。

 

なのでビットコインとリップルの仕組みを

開発目的が全く異なってくるために仕組みも大きく違います。

 

ビットコインとリップルの仕組みの違いは?

 

ビットコインはProof of Work(PoW)を採用しており、

リップルはProof of Consensusというコンセンサスアルゴリズムを

使用しています。

 

Proof of Work(PoW)の仕組み

 

 

Proof of Work(PoW)は不特定多数の参加者の中で

一番早く計算問題を解いた参加者が承認した取引データを

分散型台帳で管理するようにできています。

 

Proof of Work(PoW)のステップ

1.参加者が個人で取引に改ざんなどの不正がないかを確認する

2.自分の取引データを、台帳で管理してもらうために計算問題を解く

3.一番早く計算問題を解いた人の解答が、正しいかどうかを確認する

4.正解が分かったらその人の承認した取引データを、分散型台帳で管理する

 

という流れになります。

 

一方、リップル(XRP)はProof of Consensus(PoC)で管理されており、

リップル社が管理しているUNL(Unique Node List)から選ばれます。

 

リップルにはブロックチェーンという概念はなく、

Validatorと呼ばれる代表者の取引を承認を行い、分散型台帳で

管理するという事が決められているのです。

 

なのでビットコインでは「不特定多数の利用者が取引の承認をおこなう」

リップルでは「Validatatorと呼ばれる代表者が取引の承認を行う」と分かれます。

 

まとめ

 

これまでビットコインとリップルの違いを説明してきました。

 

ビットコインとリップルの違いのまとめ

1.ビットコインは決済手段として作られてリップルは送金システムとして開発された

2.ビットコインはPoWでリップルはPoC

3.ビットコインはブロックチェーンを使った分散型台帳でリップルはブロックチェーンがない

 

というのがあります。

 

それぞれの目的に応じてどちらのコインも必要不可欠であり、

ビットコインとリップルは今後も大きく伸びていく可能性が

十分考えられるので今後も長期保有していきましょう。

関連記事

  1. 仮想通貨でよく聞く狼狽売りとは!?狼狽売りしないための正しい損切の仕方…

  2. 仮想通貨とは!?わかりやすく仮想通貨の仕組みを解説

  3. 仮想通貨でよく聞くホールドやガチホの意味解説!そしてホールドにおすすめ…

  4. 仮想通貨スプレッドとは【お得に仮想通貨を購入するための豆知識】

  5. 仮想通貨のイナゴ買いとは徹底解説!イナゴ銘柄を見分けるポイント

  6. 仮想通貨のブロックチェーンを初心者にもわかりやすく解説

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

タグ一覧

bitFlyerのメリット bitFlyerの口コミ bitFlyer評価 DMM Bitcoin 評判 DMM Bitcoinのデメリット DMM Bitcoinのメリット DMM Bitcoinの口コミ GMOコイン Zaifのデメリット Zaifのメリット Zaifの口コミ Zaifの評判 アルトコインが安く買えるビットバンク イーサリアのチャート イーサリアムお得取引所 イーサリアムのチャートから今後を分析 イーサリアムの今後 イーサリアム安く買える取引所 イーサリアム手数料が安い イーサリアム手数料安く買うならここ ビットコインFX ビットバンクとビットバンクトレードの違い ビットバンクの口コミ ビットバンクの評判 ビットバンクトレードの口コミ ビットバンクトレードの評判 ビットバンク株式会社 リップルおすすめ取引所 リップルお得に購入する方法 リップル安いビットバンク リップル手数料安い取引所 仮想通貨いくらから 仮想通貨の今後 仮想通貨を購入するタイミング 仮想通貨を購入する判断材料 仮想通貨今後おすすめ銘柄 仮想通貨初心者いくらから 仮想通貨初心者が登録する取引所 仮想通貨初心者必見 仮想通貨取引所 仮想通貨取引所Zaif 仮想通貨取引所のビットバンクの評価 仮想通貨取引所のビットバンクトレードは 仮想通貨取引所を初心者 仮想通貨取引所を初心者がおすすめ
PAGE TOP