仮想通貨豆知識

仮想通貨とは!?わかりやすく仮想通貨の仕組みを解説


最近テレビや新聞でも話題になっている「ビットコイン」や

「仮想通貨」という言葉を2017年から多くの方が目にしたことだと思います。

 

世界中の人々がビットコインや仮想通貨に注目し始めて、

市場が急激に成長しており、沢山の億万長者も誕生しています。

 

今回はそんな仮想通貨とは何なのか、

仮想通貨の仕組みについて解説していきます。

 

仮想通貨とは?

 

 

では一体仮想通貨とは何なのでしょうか?

 

仮想通貨を一言で言い表すならば

インターネット上で取引されるお金のことです。

 

インターネット上で取引されるお金は

日常でもたくさん存在しています。

 

例えば電子マネーです。

 

電子マネーと言われて思うのは

改札を通ったりコンビニなんかについている

スイカやPASMOなのではないのでしょうか?

 

スイカやPASMOでもお金を必要とすることなく

ジュースやお菓子を購入出来たり、カードをかざすだけで

改札を通ることが出来ますよね。

 

仮想通貨はインターネット上で取引されるお金というように

いつもみなさんが使っているお金と全く一緒です。

 

仮想通貨を知るためにはこの

1.仮想通貨とお金の違い

2.仮想通貨と電子マネーの違い

 

を理解しなければいけません。

 

仮想通貨とお金の違い

 

 

仮想通貨とお金はどう違う!?

 

お金といえば福沢諭吉が描かれている1万円札などの

紙幣や100円玉、500円玉などの硬貨の事だと思います。

 

この僕らが使っている通貨の事を「法定通貨」と呼びますが、

この法定通貨と仮想通貨の違いは中央銀行などお金を発行する

管理者があるかないかの違いになります。

 

法定通貨は銀行があなたの銀行残高を管理して

引き出したり、預けたりすることが出来ますよね!?

 

ですが仮想通貨は管理している特定の管理組織がないのと、

最大発行数量に限界があるというのが特徴です。

 

仮想通貨を分かりやすく知るためには

金やプラチナのデータ版とイメージするのが一番良いです。

 

金や銀、プラチナといった貴金属は、

金融商品として取引されて、1グラムいくらというのが

毎日相場が変化していきます。

 

仮想通貨もこれと同じで今日は60万円、明日は61万円と

毎日相場が変化しているのが特徴です。

 

電子マネーとの違い

 

 

では仮想通貨と電子マネーの違いとは

一体何なのでしょうか?

 

仮想通貨は先ほど話した通り、

電子マネーと同じように法定通貨がなくても

商品を購入することが出来たり、サービスを

使うことが出来るものです。

 

ですが電子マネーの場合日本円を電子マネーに変えたことによって

日本円の電子マネーに対応している店舗であれば

商品を購入することが出来ます。

 

ですが仮想通貨の場合、

世界共通のお金として使えることが大きなポイントです。

 

また仮想通貨であれば海外に送金する事も出来ますし、

海外のサービスや仮想通貨で決済できる店舗であれば

海外関係なく決済を使うことが出来るのです。

 

仮想通貨をの代名詞であるブロックチェーンとは?

 

仮想通貨の代名詞と言えばブロックチェーンでしょう。

 

ブロックチェーンは「分散型台帳技術」とも言われており、

取引台帳を複数に分散して管理するシステムです。

 

法定通貨の場合日銀が中央サーバーとして

ハッキングされないように故障から守ったり、24時間体制で

セキュリティを強化しています。

 

ですが仮想通貨の場合はこういった管理者がおらず、

人間のメンテナンスも必要としません。

 

仮にハッキングをされたとしても

複数で管理しているのですぐに復元することが出来ます。

 

仮想通貨はブロックチェーンを利用して

管理すコストもかからずにセキュリティにも優れており、

ブロックチェーン技術に支えられて低コストで安全に

稼働しているのですね。

 

仮想通貨のメリット

 

では仮想通貨のメリットとはいったい何なのでしょうか?

 

仮想通貨のメリットは大きく分けて5つあります。

 

仮想通貨のメリット

1.投資や資産運用として仮想通貨を使えるので儲かる可能性が高い

2.リスク回避できて分散投資としても使える

3.送金が早くて安い

4.ブロックチェーン技術によってデータの改ざんされない

5.今後グローバルビジネスをすることが出来る

 

などのメリットがあります。

 

1つずつ紹介していきます。

 

投資や資産運用として仮想通貨を使えるので儲かる可能性が高い

 

仮想通貨が今人気の理由は何よりも投資や資産運用が出来て、

仮想通貨に投資をしておけば儲かる可能性が高いからです。

 

ビットコインは2010年から2017年の間に約30万倍に上昇しており、

去年は多くの億り人と呼ばれる億万長者が誕生しました。

 

このように仮想通貨を早くから始めた方が

仕組みや流れも早く理解することが出来るので、

資産も増える可能性が上がっていきます。

 

リスク回避できて分散投資としても使える

 

仮想通貨は国や国家機関が管理しているわけではありません。

 

なので国の事情によって法定通貨である「円」や「ドル」は

中央銀行が管理しており価格が暴騰したり、暴落する可能性も出てきます。

 

ですが仮想通貨の場合はそういったこともなく、

株やFXと同じように仮想通貨にも分散投資しておくことをお勧めします。

 

送金が早くて手数料が安い

 

仮想通貨が企業にとってありがたい理由として、

送金が早くて手数料が安いのが特徴です。

 

これは発行主体がなく、管理している機関がないのと、

それぞれブロックチェーン技術を使っているので法定通貨よりも

圧倒的安さとスピードで送金することが出来るのです。

 

ブロックチェーン技術によってデータの改ざんがされない

 

4つ目の仮想通貨のメリットは

ブロックチェーン技術によって

データが改ざんされにくい事です。

 

例えば海外送金した場合や海外のサービスを使った場合、

国の法律によって思っていたよりもお金が取られたり

取引内容が違ったりなどと結構厄介な問題が沢山あります。

 

ですがブロックチェーンを使えばデータの改ざんも防げますし、

公平に平等の世界を実現することも可能なのです。

 

今後グローバルビジネスをすることが出来る

 

先ほどの海外送金のケースもそうですが

送金スピードが早くて手数料が安いと海外でのビジネスの

敷居も下がりグローバルなビジネスを展開しやすくなります。

 

仮想通貨のデメリット

 

では逆に仮想通貨のデメリットとは何なのでしょうか?

 

仮想通貨のデメリット

1.自分のコインを盗難される可能性がある

2.スマホやパソコン、電気がないと使えない

3.値動きがまだまだ激しく大損してしまう可能性もある

4.法の整備が整っていなく、詐欺コインも沢山ある

5.ハッキングやネットワークへの攻撃もある

 

というのがあります。

 

自分のコインを盗難される可能性がある

 

仮想通貨は電子署名という技術によって仮想通貨を

盗まれないようにしていますが暗号化するための秘密鍵が

盗まれてしまうと自分の資産も簡単にハッキング被害にあい、

盗まれてしまいます。

 

なので一時期、取引所に似たフィッシングサイトなどが

乱立してハッキングして秘密鍵を盗もうとしている集団もありました。

 

まだまだ仮想通貨の市場は不安定なために

環境が整っていくまではセキュリティに

細心の注意をする必要があります。

 

スマホやパソコン、電気がないと使えない

 

仮想通貨で決済をするためにはパソコンやスマホで

送信アドレスを入力する必要があります。

 

つまり、仮想通貨でやり取りするためには必ず

ネットが必要であり、スマホやパソコンが必要になってきます。

 

今ではビットコインデビットカードを持っていれば、

スマホを使わずにビットコインの支払いが出来るようになりましたが、

仮想通貨を購入したりするためには必ずスマホやパソコンが

必要になってきます。

 

値動きがまだまだ激しく大損してしまう可能性もある

 

仮想通貨を投資対象として考え、儲かるという話を聞いて、

全てのお金を投資しした人も多いのではないのでしょうか?

 

ですが高値で購入してしまったために、

大きく損をしてしまった人も沢山いるでしょう。

 

仮想通貨はまだまだ市場が不安定な状態なので

大儲けする人もいれば大損する人もいるのです。

 

法の整備が整っていなく、詐欺コインも沢山ある

 

仮想通貨はプログラミングなどの知識が無くても

手軽に独自の仮想通貨を作ることが出来るのが

大きなメリットです。

 

ですがまだまだ法整備がされていなくて

ICOという投資をしてもらう代わりにトークンという

株式を発行して渡す資金調達の方法がとても流行っていますが、

資金を集めた後にほとんど仕事をしなくなってしまう

ICOもたくさん存在しています。

 

なので本当に信頼できる仮想通貨なのかどうか、

という見極めはとても難しく知識がないと厳しいのが

今の現状です。

 

なのでどの仮想通貨の銘柄を購入するにしても

しっかりと調べてから購入するようにしましょう。

 

ハッキングやネットワークへの攻撃もある

 

仮想通貨のネットワークを攻撃したりハッキングしたりする

業者や組織もまだまだたくさんあり、それによって取引所に

被害が出ているのもあります。

 

またハッキングや不正出金などもあり、

こういった被害にあわないように分散投資を心がけて

全ての資産を投資するのは絶対に避けて自分の余剰資金を

投資するのをお勧めします。

 

まとめ

 

これまで仮想通貨についてメリットやデメリットなどを

説明してきました。

 

今までは法定通貨と言い、国に1つの通貨があり、

これまで法律で決められてきましたがこれからは

仮想通貨によって国に属さない決済サービスや

個人間での決済やり取りも増えていくでしょう。

 

なのでそういったトレンドにしっかりと乗れるように、

国内で有名な取引所は開設して仮想通貨を今のうちから

購入しておくようにしましょう。

関連記事

  1. 仮想通貨でよく聞くホールドやガチホの意味解説!そしてホールドにおすすめ…

  2. 仮想通貨でよく聞く狼狽売りとは!?狼狽売りしないための正しい損切の仕方…

  3. ビットコインとリップルの違いとは?~購入前に知っておきたい仮想通貨の豆…

  4. 仮想通貨のブロックチェーンを初心者にもわかりやすく解説

  5. 仮想通貨スプレッドとは【お得に仮想通貨を購入するための豆知識】

  6. 仮想通貨のイナゴ買いとは徹底解説!イナゴ銘柄を見分けるポイント

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

タグ一覧

bitFlyerのメリット bitFlyerの口コミ bitFlyer評価 DMM Bitcoin 評判 DMM Bitcoinのデメリット DMM Bitcoinのメリット DMM Bitcoinの口コミ GMOコイン Zaifのデメリット Zaifのメリット Zaifの口コミ Zaifの評判 アルトコインが安く買えるビットバンク イーサリアのチャート イーサリアムお得取引所 イーサリアムのチャートから今後を分析 イーサリアムの今後 イーサリアム安く買える取引所 イーサリアム手数料が安い イーサリアム手数料安く買うならここ ビットコインFX ビットバンクとビットバンクトレードの違い ビットバンクの口コミ ビットバンクの評判 ビットバンクトレードの口コミ ビットバンクトレードの評判 ビットバンク株式会社 リップルおすすめ取引所 リップルお得に購入する方法 リップル安いビットバンク リップル手数料安い取引所 仮想通貨いくらから 仮想通貨の今後 仮想通貨を購入するタイミング 仮想通貨を購入する判断材料 仮想通貨今後おすすめ銘柄 仮想通貨初心者いくらから 仮想通貨初心者が登録する取引所 仮想通貨初心者必見 仮想通貨取引所 仮想通貨取引所Zaif 仮想通貨取引所のビットバンクの評価 仮想通貨取引所のビットバンクトレードは 仮想通貨取引所を初心者 仮想通貨取引所を初心者がおすすめ
PAGE TOP