Uncategorized

DASH(ダッシュ)とは?特徴や今後の将来性を徹底解説


仮想通貨の中には匿名性の高い仮想通貨があることをご存知ですか?

 

仮想通貨で有名なものでいえば、

ビットコインやイーサリアム、リップルなどですよね?

 

ですがこれらはどうしても送金アドレスで個人が特定されてしまい、

どんな人がいくらの取引をしているのか分かってしまいます。

 

ですが匿名性の高い通貨であれば、

送金履歴も残ることがないので誰がいくらの取引をしているのか、

分からず、個人情報を守ることが出来ます。

 

今回はそんな仮想通貨の中でもDASH(ダッシュ)と呼ばれる

仮想通貨について紹介していきます。

 

DASH(ダッシュ)とは

 

DASH(ダッシュ)は仮想空間の中でも現金のように

決済に使われることを目的として作られた仮想通貨です。

 

例えば銀行に現金を預ければ

誰がいくら預けたのか銀行と預けた本人しかわからず、

第三者にはわかりません。

 

なので現金のような決済を目指すのであれば、

匿名性が必要なのですね。

 

DASH(ダッシュ)の魅力は先ほど話した

匿名性の高さと決済スピードの速さです。

 

ではそんなDASH(ダッシュ)の特徴についてみていきましょう。

 

DASH(ダッシュ)の特徴

 

DASH(ダッシュ)には匿名性の高さや

決済スピードの速さ以外にも特徴があります。

 

DASH(ダッシュ)の特徴をまとめてみました。

 

DASH(ダッシュ)の特徴

・発行上限枚数が2200万枚

・高い匿名性を兼ね備えている

・取引スピードが高速

・セキュリティーレベルが高い

・マスターノードがある

などの特徴があります。

 

発行上限枚数が2200万枚

 

まずDASH(ダッシュ)の発行上限枚数は

2200万枚でビットコインが2100万枚なので

あまり発行上限枚数が変わりません。

 

つまり稀少価値が付きやすく価格も上昇しやすいのが

DASH(ダッシュ)の特徴です。

 

高い匿名性を兼ね備えている

 

またこれまで何度も話してきましたが、

DASH(ダッシュ)は匿名性の高い通貨であり、

ユーザーのアドレスや送金、受け取りなどの取引状況は

一切確認することが出来ません。

 

その理由としてはDASH(ダッシュ)には「Darksend(ダークセンド)」という

匿名性を保持する機能があり、送受信を行う管理ノードが取引シャッフルして、

コインを送金するというシステムがあります。

 

この方法をコインミキシングと言われ、

複数の取引を混合させてまとめて送金や決済が行われ、

誰が誰に送金したのかを分からなくするシステムです。

 

取引スピードが高速

 

またDASH(ダッシュ)の取引スピードは高速というのも特徴です。

 

ビットコインだと今では送金時間に約1時間、

イーサリアムだと送金時間に約2分かかります。

 

ですがDASH(ダッシュ)のかかる送金時間はなんと数秒です。

 

ビットコインやイーサリアムは取引増加量によって、送金詰まりを起こしてしまっていますがDASH(ダッシュ)は

「InstantX」という機能が実装されているので、そういった送金詰まりという事は一切ありません。

 

セキュリティーレベルが高い

 

またDASH(ダッシュ)はセキュリティーレベルがとても高く、

11種類のハッシュ関数を組み合わせた「X11」というハッシュアルゴリズムを

採用することでセキュリティーレベルを大幅に向上させています。

 

マスターノードがある

 

またDASH(ダッシュ)にはマスターノードがあり、

マスターノードのおかげで匿名性が高く、取引スピードを大幅に

向上することが出来ています。

 

DASH(ダッシュ)は1000DASH(ダッシュ)以上の担保と

24時間サーバーを動かし続けるという条件をクリアすると

マスターノードという権限が与えられます。

 

マスターノードになることで手数料の45%を

全マスターノードの人たちと分配しあいます。

 

つまり保有していればしているほど勝手にDASH(ダッシュ)が増えていくという

権利収入を手に入れることが出来るのです。

 

DASH(ダッシュ)の今後

 

ではDASH(ダッシュ)は今後どうなっていくのでしょうか?

 

アルトコインが今後伸びるかどうかというのは、

今後需要があり、流通量が増えるのかどうかによって

変わってきます。

 

例えばイーサリアムであればスマートコントラクトや

プラットフォーム型の仮想通貨、リップルであれば、

ブリッジ通貨と言うように必ず今後伸びる通貨と言うのは

他の仮想通貨には一切ない優位性があります。

 

そしてDASH(ダッシュ)には他の仮想通貨よりも

匿名性が高く送金スピードが速いという優位性があるので、

今後伸びていく可能性は十分に考えられます。 

 

DASH(ダッシュ)の問題点

 

ですが残念ながらDASH(ダッシュ)には

問題点もあります。

 

そいれはマネーロンダリングなどの犯罪に使われてしまう可能性があるという

問題点と政府からの規制を食らう可能性があるという問題点です。

 

マネーロンダリングに使われるリスク

 

DASH(ダッシュ)の問題点の1つとして

マネーロンダリングなどの犯罪に使われる可能性があるという

リスクです。

 

例えば違法ドラッグの売買や脱税によって作られた

悪いお金をDASH(ダッシュ)を使って違う国の取引所に流し、

資金洗浄する可能性も十分に考えらえるのです。

 

政府からの規制を食らう可能性

 

また2つ目の問題点としては

そういったリスクがあるので匿名性の高い通貨は

国で扱うことが出来なくて規制を食らい、締め出される可能性もあります。

 

もしそうなった場合は全く無価値のものとなってしまい、

せっかくDASH(ダッシュ)を購入していても意味がありません。

 

なのでそういったリスクもDASH(ダッシュ)は持っているという事を

理解しておいてください。

 

DASH(ダッシュ)の購入方法

 

昔は国内取引所のコインチェックからDASH(ダッシュ)を

購入することが出来ていましたが残念ながら今は購入することが出来ません。

 

なので国内取引所からビットコインやイーサリアム、

リップルなどをDASH(ダッシュ)が取り扱っている

海外取引所に送金してDASH(ダッシュ)を購入しなければいけません。

 

DASH(ダッシュ)を購入できる海外取引所は、

Bittrex、Poloniex、HitBTC、Bitfinexなどから購入することが出来ます。

 

DASH(ダッシュ)の購入方法

ステップ1.

日本取引所に口座を開設し、

ビットコイン、やイーサリアム、リップルなどの

取り扱い通貨を購入する

 

ステップ2.

DASH(ダッシュ)を取り扱っている海外取引所の

口座を開設して国内取引所から購入した通貨を送金する

 

ステップ3.

送金したビットコイン、イーサリアム、リップルなどで

DASH(ダッシュ)を購入する。

 

DASH(ダッシュ)を取り扱っている海外取引所

 

DASH(ダッシュ)を取り扱っている海外取引所は

Bittrex、Poloniex、HitBTC、Bitfinexです。

Bittrex

Bittrexは約200種類の仮想通貨を取り扱っており、

世界最大級の仮想通貨取引所です。

 

ここではDASH(ダッシュ)の取引が

60%ほど行われており、DASH(ダッシュ)を

売買したいのであればBittrexのアカウントを解説しておきましょう。

 

Binance(バイナンス)

Binanceは中国の大手取引所であり、

取り扱い通貨は100種類以上あります。

 

最も取引量が高く、活発に取引をされているので、

DASH(ダッシュ)を買いたい方はこちらがお勧めです。

Poloniex

Poloniexも世界最大級の仮想通貨取引所であり、

Bittrexよりも手数料やすくDASH(ダッシュ)を

購入することが出来ます。

 

DASH(ダッシュ)を安く購入したいのであれば、

Poloniexがお勧めです。

Bitfinex(ビットフィネックス)

Bitfinexは香港の仮想通貨取引所であり、

米ドルを使った取引高においては世界1位を記録している

世界でも人気の取引所です。

HitBTC(ビットビーティーシー)

HitBTCはイギリスの仮想通貨取引所であり、

ICO仮想通貨に強いのが特徴です。

Bithumb(ビッサム)

Bithumb(ビッサム)は韓国の取引所であり、

韓国国内シェアが60%を誇っており、世界的にも有望視されている取引所です。

 

まとめ 

 

これまでDASH(ダッシュ)の事について紹介してきました。

 

今後、政府から匿名性の高い通貨が認められれば間違いなく

DASH(ダッシュ)の価格は上昇します。

 

なのでそういったことを期待しているのであれば、

ぜひチャレンジしてみるのも良いでしょう。

関連記事

  1. 仮想通貨Vechain(VEN)の特徴や2018年の将来性と購入方法

  2. モバイルウォレットでスマホを使って仮想通貨を管理する方法!お勧めのモバ…

  3. ビットバンクトレードの評判やお勧めな理由を徹底調査

  4. 仮想通貨エイチシェア(HShare)の特徴や今後の将来性

  5. 時価総額トップ10に入るNEOはどんな通貨!?そしてNEOの今後の将来…

  6. 仮想通貨イオス(EOS)の特徴や今後の可能性は?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

タグ一覧

bitFlyerのメリット bitFlyerの口コミ bitFlyer評価 DMM Bitcoin 評判 DMM Bitcoinのデメリット DMM Bitcoinのメリット DMM Bitcoinの口コミ GMOコイン Zaifのデメリット Zaifのメリット Zaifの口コミ Zaifの評判 アルトコインが安く買えるビットバンク イーサリアのチャート イーサリアムお得取引所 イーサリアムのチャートから今後を分析 イーサリアムの今後 イーサリアム安く買える取引所 イーサリアム手数料が安い イーサリアム手数料安く買うならここ ビットコインFX ビットバンクとビットバンクトレードの違い ビットバンクの口コミ ビットバンクの評判 ビットバンクトレードの口コミ ビットバンクトレードの評判 ビットバンク株式会社 リップルおすすめ取引所 リップルお得に購入する方法 リップル安いビットバンク リップル手数料安い取引所 仮想通貨いくらから 仮想通貨の今後 仮想通貨を購入するタイミング 仮想通貨を購入する判断材料 仮想通貨今後おすすめ銘柄 仮想通貨初心者いくらから 仮想通貨初心者が登録する取引所 仮想通貨初心者必見 仮想通貨取引所 仮想通貨取引所Zaif 仮想通貨取引所のビットバンクの評価 仮想通貨取引所のビットバンクトレードは 仮想通貨取引所を初心者 仮想通貨取引所を初心者がおすすめ
PAGE TOP