Uncategorized

寄付金として使われるドージコインの特徴や将来性、購入方法を徹底解説


愛犬のロゴが印象的なDogecoin(ドージコイン)をご存知ですか?

 

Dogecoin(ドージコイン)はコミュニティが強く寄付金やチップとして用いられる仮想通貨であり、
当初はビットコインをコミカルにもじったような位置づけだったのですが、すぐに人気の仮想通貨となりました。

 

ではそんなDogecoin(ドージコイン)はなぜ人気が出たのでしょうか?

 

今回はDogecoin(ドージコイン)特徴や将来性についてそれぞれ紹介していきます。

 

Dogecoin(ドージコイン)とは

Dogecoin(ドージコイン)は2013年に開発された通貨であり、
「Doge」という愛犬のミームをモチーフにしたロゴとなっています。

 

最初はビットコインをコミカルに文字ったような位置づけでしたがジャマイカの
ボブスレーチームのソチ冬季五輪出場のための寄付金としてDogecoin(ドージコイン)が使われたり、
著名な起業家がDogecoin(ドージコイン)と引き換えに別荘を売りに出したなどで話題になってかなり話題性の高い通貨となりました。

 

ではDogecoin(ドージコイン)の特徴はどのようなものなのでしょうか?

 

Dogecoin(ドージコイン)の特徴

Dogecoin(ドージコイン)は最初おふざけ通貨として扱われていましたが、
その後に一時期手に時価総額1600億円まで上り詰めて一気に話題となりました。

 

また全盛期のDogコインコミュニティーでは多くの仮想通貨開発者が集まり、
とてもすさまじい賑わいであったようです。

 

そんなDogecoin(ドージコイン)の特徴をまとめました。

 

Dogecoin(ドージコイン)の特徴

・良質コンテンツのチップや寄付金として利用される

・DogeMarket(ドージマーケット)などコミュニティーが盛ん

・発行上限数が無限なので大きな値上がりが期待できない

・安価で高速な処理が出来て、マイクロペイメントなどの決済方法として利用される

 

などの特徴があります。

 

良質コンテンツのチップや寄付金として利用される

Dogecoin(ドージコイン)は開発当初はほとんど知名度のないおふざけコインでしたが
一躍Dogecoin(ドージコイン)の知名度を高めた出来事がありました。

 

それは先ほど話したオリンピック出場のための寄付手段としてDogecoin(ドージコイン)が利用されたことです。

 

この出来事からDogecoin(ドージコイン)は寄付に使用されやすい通貨としての
イメージが仮想通貨市場に根付いて寄付に使用されるようになりました。

 

他にもケニアにおいて井戸を作るためにDogecoin(ドージコイン)を利用して
寄付金を集めるなどの実績があり、その理由としては安価で高速な処理をDogecoin(ドージコイン)はすることが出来るからです。

 

Doge Market(ドージマーケット)などコミュニティ活動が盛ん

Dogecoin(ドージコイン)は柴犬のロゴやコンセプトの親しみやすさからファンが沢山いて、独自のコミュニティーを形成しています。

 

実際にDoge Market(ドージマーケット)というアメリカのコミュニティーサイトが存在し、
Dogecoin(ドージコイン)を使って商品を売買したり、ビットコインに交換することが出来ます。

 

コミュニティーが活発なコインはそれだけ一定の支持を得ているという事であり、小さいながら市場を作っているという事です。

 

例えばXPコインやモナコインといったコミュニティに強いコインが爆上がりしていた時もあるので
強いコミュニティを持った通貨は低迷な市場を抜け出せば爆発的に価格が上昇する可能性も秘めているのです。

 

発行上限が無限なので大きな値上がりは期待できない

Dogecoin(ドージコイン)は発行上限がないので希少性が無くて大きな値上がりは期待できません。

 

つまりDogecoin(ドージコイン)はマイニングによる新規発行が終わらないのですが
「半減期」が設定されているので60万ブロックまで生成された後は10,000DOGEずつ発行されていきます。

 

ですが安い価格で上昇しにくいので価格が安い草コインを購入するときに用いられるんですね。

 

安価で高速な処理が出来て、マイクロペイメントなどの決済方法としても利用される

またDogecoin(ドージコイン)は高速な処理が可能であり、

ブロックを生成して承認するまでにかかる時間は1分程度です。

 

ビットコインやイーサリアムなど他のコインに比べても早いのが特徴です。

 

またDogecoin(ドージコイン)はビットコインと比べると1コインの価格が安いので、

単価の安い草コインやアルトコインを購入する際にビットコイン建てではなくて

Dogecoin(ドージコイン)建てで購入するなどに使われるようになっています。

 

ではDogecoin(ドージコイン)の今後の将来性はどうなのでしょうか?

 

Dogecoin(ドージコイン)の将来性は?

Dogecoin(ドージコイン)は最初はおふざけコインとして開発されましたが
Dogecoin(ドージコイン)には今では他の通貨に負けない武器をもっています。

 

それは通貨の信頼性です。

 

通貨の価値を裏付ける信頼性を保障できるのは人と人とのつながりであり、
Dogecoin(ドージコイン)は流行の波に乗って既に市場のポジションを築き上げています。

 

中には後発のアルトコインでとても優秀な機能が搭載されていますが、
社会的な認知がされないまま姿を消していってしまうコインも少なくありません。

 

知名度を上げて信頼されるというのは圧倒的なアドバンテージであり、
Dogecoin(ドージコイン)の価値が今後も保たれていく可能性が高いでしょう。

 

なので今後もDogecoin(ドージコイン)の動向を見守っていく必要があるのです。

 

Dogecoin(ドージコイン)の購入方法は?

ではDogecoin(ドージコイン)を購入しようと思ったら

どこで購入すれば良いのでしょうか?

 

Dogecoin(ドージコイン)を購入するためには海外の取引所を利用する必要があります。

 

例えばDogecoin(ドージコイン)を取り扱っている取引所は

Bittrex(ビットレックス)、Poloniex(ポロニエックス)、

HitBTC(ヒットビーティーシー)などがあります。

 

Dogecoin(ドージコイン)の購入方法

ステップ1.

日本取引所に口座を開設し、

ビットコイン、やイーサリアム、リップルなどの

取り扱い通貨を購入する

 

ステップ2.

Dogecoin(ドージコイン)を取り扱っている海外取引所の

口座を開設して国内取引所から購入した通貨を送金する

 

ステップ3.

送金したビットコイン、イーサリアム、リップルなどで

Dogecoin(ドージコイン)を購入する。

 

Dogecoin(ドージコイン)を取り扱っている海外取引所

Dogecoin(ドージコイン)を取り扱っている海外取引所は

BinanceとHitBTCです。

 

Binance(バイナンス)

Binanceは中国の大手取引所であり、

取り扱い通貨は100種類以上あります。

 

最も取引量が高く、活発に取引をされているので、

Dogecoin(ドージコイン)を買いたい方はこちらがお勧めです。

 

Poloniex(ポロニエックス)

Poloniex(ポロニエックス)は世界トップクラスの取引所であり、
手数料は0.10%~0.15%と手も安く、お得にDogecoin(ドージコイン)を手に入れたい人はお勧めです。

 

ただしPoloniex(ポロニエックス)は英語表記しか対応していなくて最初は戸惑うかもしれませんが、
ユーザーインターフェースも操作性に優れており、慣れると非常に使い勝手の良い取引所になります。

 

Bittrex(ビットレックス)

Bittrex(ビットレックス)は世界で最も有名な仮想通貨取引所の1つです。

 

取り扱い通貨は250種類以上ととても多く、

その圧倒的な取引量は日本の大手取引所を遥かに凌駕する量になっています。

 

また仁保院では購入できない通貨も沢山あり、カスタマーサポートもしっかりしているので、
英語に苦手意識が無い人であればお勧めの取引所となります。

 

HitBTC

HitBTCは2013年の9月にイギリスで運営されている

仮想通貨取引所です。

 

法定通貨との交換はドルとユーロが交換可能となっており、

日本円は対応していないのでビットコインやイーサリアム、

リップルなどの仮想通貨を送金しなければいけません。

 

また取引手数料は0.1%ととても安いので

Dogecoin(ドージコイン)を安く購入したいのであればHitBTCがおすすめです。

 

まとめ

Dogecoin(ドージコイン)は寄付金として使われている通貨であり、
今では発行上限枚数の制限が無くて価格が上がりにくいところから
価格の低い草コインを購入するためのブリッジ通貨としての役目をもっています。

 

もし将来的に応援したい草コインがあればぜひDogecoin(ドージコイン)で購入するようにしましょう。

関連記事

  1. ICON(アイコン)とは?特徴や今後の将来性を解説

  2. 仮想通貨バイトコインの特徴や将来性は?

  3. 仮想通貨がオワコンって本当?仮想通貨の市場規模の低下から本質を考えて見…

  4. 仮想通貨Vechain(VEN)の特徴や2018年の将来性と購入方法

  5. 時価総額トップ10に入るNEOはどんな通貨!?そしてNEOの今後の将来…

  6. 2018年のNEM(ネム)の今後や将来性!特徴を解説

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

タグ一覧

bitFlyerのメリット bitFlyerの口コミ bitFlyer評価 DMM Bitcoin 評判 DMM Bitcoinのデメリット DMM Bitcoinのメリット DMM Bitcoinの口コミ GMOコイン Zaifのデメリット Zaifのメリット Zaifの口コミ Zaifの評判 アルトコインが安く買えるビットバンク イーサリアのチャート イーサリアムお得取引所 イーサリアムのチャートから今後を分析 イーサリアムの今後 イーサリアム安く買える取引所 イーサリアム手数料が安い イーサリアム手数料安く買うならここ ビットコインFX ビットバンクとビットバンクトレードの違い ビットバンクの口コミ ビットバンクの評判 ビットバンクトレードの口コミ ビットバンクトレードの評判 ビットバンク株式会社 リップルおすすめ取引所 リップルお得に購入する方法 リップル安いビットバンク リップル手数料安い取引所 仮想通貨いくらから 仮想通貨の今後 仮想通貨を購入するタイミング 仮想通貨を購入する判断材料 仮想通貨今後おすすめ銘柄 仮想通貨初心者いくらから 仮想通貨初心者が登録する取引所 仮想通貨初心者必見 仮想通貨取引所 仮想通貨取引所Zaif 仮想通貨取引所のビットバンクの評価 仮想通貨取引所のビットバンクトレードは 仮想通貨取引所を初心者 仮想通貨取引所を初心者がおすすめ
PAGE TOP