Uncategorized

仮想通貨イオス(EOS)の特徴や今後の可能性は?


仮想通貨が2017年から本格的にブームになっていますが、

ビットコインやイーサリアム、リップルなどのメジャーな仮想通貨に

出遅れてしまって最近暴落などに巻き込まれて資金を減らしている人も

中にはいらっしゃるかもしれません。

 

そん中、アルトコインはまだまだ上昇しているのも

沢山あります。

 

今回はそんなアルトコインの中で有名なEOS(イオス)について、

紹介していきます。

 

EOS(イオス)とは

 

EOS(イオス)とは分散型のアプリケーションを構築するための

仮想通貨であり、将来的にはイーサリアムをしのぐ仮想通貨になると

期待されている通貨の一つです。

 

現段階でもプロジェクトは進行しており、

価格も右肩上がりで順調に上がっています。

 

ではなぜEOS(イオス)はイーサリアムを凌ぎ、

多くの人から期待されている仮想通貨になっているのでしょうか。

 

EOS(イオス)の特徴

 

EOS(イオス)のプロジェクトはEOSソフトウェアを利用した、

EOSプラットフォームが使われています。

 

EOS(イオス)はブロックチェーンベースの分散型データシステムを

構築するプラットフォームで、データの福栖のコンピューターで管理しています。

 

分散することで特定のシステムに頼ることなく、

負担が少なくなるので、システム障害に強く、低コストで

サービスを提供できるのが多くの利用者に支持されている理由です。

 

EOS(イオス)の特徴

・分散型アプリケーションに特化したプラットフォームである

・トランザクションの速さが売り

・透明性が高い

・取引手数料がほとんどかからない

 

というのがEOS(イオス)の大まかな特徴となっています。

 

では1つずつ見ていきましょう。

 

分散型アプリケーションに特化したプラットフォームである

 

EOS(イオス)の通貨単位はEOSであり、

発行枚数の条件が10億枚となっています。

 

EOS(イオス)は分散型アプリケーションを構築するための

プラットフォームであり、企業の間で広く利用されることを目的に

開発された仮想通貨です。

 

そしてEOS(イオス)は仮想通貨取引台帳のように取引記録を素早く、

低コストで作れる所も注目されている仮想通貨なのです。

 

トランザクションスピードが速い

 

EOS(イオス)の特徴としてはスマートコントラクトを

搭載している事とトランザクションスピードが速いことがメリットです。

 

トランザクションとはデータベース内で

情報が処理される速さの事です。

 

つまりデータを入力してから実行されるまでの

間隔が短いということです。

Googleの場合、1秒当たり4万のトランザクションを

実行すると言われており、EOS(イオス)の場合は1秒当たりに

何百万単位のトランザクションを実行しており、仮想通貨の中でも

トップのトランザクションスピードとなっています。

 

ビットコインやイーサリアムなどの有名な仮想通貨では、

送金スピードなどの遅延トラブルや送金詰まりがありますが、

EOS(イオス)はスムーズに処理することが出来ます。

 

透明性が高い

 

またスマートコントラクトを利用しているので、

契約を全て記録して透明性の高いのもEOS(イオス)の特徴の一つです。

 

スマートコントラクトによってユーザー同士が仲介業者を通すことなく、

直接取引も出来て、データの改ざんもされにくいのがEOS(イオス)ということです。

 

取引手数料がほとんどかからない

 

EOS(イオス)を送金した際に手数料がほとんどかからないというのも

EOS(イオス)の特徴の一つと言えます。

 

他の仮想通貨であれば多少の手数料がかかってしまいますが、

EOS(イオス)ではトランザクションの処理に手数料を支払う必要がありません。

 

なので頻繁に取引する企業にとっては

かなりのコスト削減にもつながるので注目されているのです。

 

EOS(イオス)の将来性

 

EOS(イオス)はICOブームに乗っている時流の仮想通貨です。

 

ですがEOS(イオス)はホワイトペーパーによると、

利用用途がまだない状態なので今後長期的に伸びることは考えにくい事です。

 

純粋にICOのためだけに開発された仮想通貨でしょう。

 

ただし、EOS(イオス)は性能の高さやコストの低さが

高く評価されています。

 

現在もEOS(イオス)の価格が上昇しているという事は、

なんだかんだ期待できる部分もあります。

 

EOS(イオス)の購入方法

ではEOS(イオス)を購入できる取引所は

どこなのでしょうか。

 

EOS(イオス)はまだ現在は

日本円で購入することは出来ません。

 

国内取引所でビットコインやリップルなどを購入し、

海外取引所に送金する必要があります。

 

EOS(イオス)の購入方法

 

ステップ1.

日本取引所に口座を開設し、

ビットコイン、やイーサリアム、リップルなどの

取り扱い通貨を購入する

 

ステップ2.

EOS(イオス)を取り扱っている海外取引所の

口座を開設して国内取引所から購入した通貨を送金する

 

ステップ3.

送金したビットコイン、イーサリアム、リップルなどで

EOS(イオス)を購入する。

 

EOS(イオス)を取り扱っている海外取引所

 

EOS(イオス)を取り扱っている海外取引所は

BinanceとHitBTC、Bithumb、Bitfinexです。

 

Binance(バイナンス)

 

Binanceは中国の大手取引所であり、

取り扱い通貨は100種類以上あります。

 

最も取引量が高く、活発に取引をされているので、

EOS(イオス)を買いたい方はこちらがお勧めです。

 

HitBTC

 

HitBTCはイギリスにある仮想通貨取引所であり、

現在世界11位の出来高で取引所としては2013年から

続いている仮想通貨取引所です。

 

HitBTCの手数料は0.1%で海外の取引所の中でも

最安なので手数料を安くEOS(イオス)購入したい場合は

HitBTCをで売買するようにしましょう。

 

Bithumb

 

Bithumbは世界的にも規模が大きい取引所であり、

1日の取引料も多く世界中の投資家が利用している取引所です。

 

Bithumbは日本語の他にも英語やスペイン語など、

6ヶ国語対応していて英語が苦手な人でも

仮想通貨売買をすることができます。

 

Bitfinex

 

Bitfinexは香港の仮想通貨取引所であり、

国内取引所よりも手数料が安いのが特徴です。

 

まとめ

 

EOS(イオス)はまだ使用用途がありませんが、

価格はなぜか上昇しています。

 

もしかしたら既にどこかの会社がEOS(イオス)を使って、

何かのサービスを開発しておる可能性も十分に考えられます。

 

なので今後EOS(イオス)の価格の変動に注目して、

期待しているのであれば早めに購入しておきましょう。

関連記事

  1. 仮想通貨エイチシェア(HShare)の特徴や今後の将来性

  2. 仮想通貨ライトコインとは?特徴やビットコインとの違いを分析して解説

  3. 寄付金として使われるドージコインの特徴や将来性、購入方法を徹底解説

  4. 取引所のBinanceにあるバイナンスコインの特徴や仕組み、購入方法

  5. DASH(ダッシュ)とは?特徴や今後の将来性を徹底解説

  6. VISA以上の処理能力を目指す仮想通貨RChain(アールチェイン)の…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

タグ一覧

bitFlyerのメリット bitFlyerの口コミ bitFlyer評価 DMM Bitcoin 評判 DMM Bitcoinのデメリット DMM Bitcoinのメリット DMM Bitcoinの口コミ GMOコイン Zaifのデメリット Zaifのメリット Zaifの口コミ Zaifの評判 アルトコインが安く買えるビットバンク イーサリアのチャート イーサリアムお得取引所 イーサリアムのチャートから今後を分析 イーサリアムの今後 イーサリアム安く買える取引所 イーサリアム手数料が安い イーサリアム手数料安く買うならここ ビットコインFX ビットバンクとビットバンクトレードの違い ビットバンクの口コミ ビットバンクの評判 ビットバンクトレードの口コミ ビットバンクトレードの評判 ビットバンク株式会社 リップルおすすめ取引所 リップルお得に購入する方法 リップル安いビットバンク リップル手数料安い取引所 仮想通貨いくらから 仮想通貨の今後 仮想通貨を購入するタイミング 仮想通貨を購入する判断材料 仮想通貨今後おすすめ銘柄 仮想通貨初心者いくらから 仮想通貨初心者が登録する取引所 仮想通貨初心者必見 仮想通貨取引所 仮想通貨取引所Zaif 仮想通貨取引所のビットバンクの評価 仮想通貨取引所のビットバンクトレードは 仮想通貨取引所を初心者 仮想通貨取引所を初心者がおすすめ
PAGE TOP