仮想通貨初心者必見

現物取引と信用取引の違いを解説!正しい信用取引の方法


仮想通貨で投資する方法として、

現物取引と信用取引の2種類の取引方法があります。

 

今回は現物取引と信用取引の方法と、

それぞれのメリットデメリット、運用方法について

紹介していきます。

 

現物取引とは?

 

 

今現在、多くの仮想通貨トレーダーが行っている方法が、

現物取引です。

 

現物取引とは株や金などの投資と同じように、

実際に投資商品、銘柄を円やドルで購入して、

その価格が上昇すれば収益を上げることが出来ます。

 

また株や為替などは一定期間保有していると、

金利がついて保有するだけでお金を

受け取ることが出来るものもあります。

 

まさに権利収入だと思うのですが、

この事をインカムゲインと言います。

 

実際に仮想通貨でもインカムゲインでその銘柄を増やす方法もあり、

実際に少しずつですが収入が増えている方も沢山います。

 

購入した仮想通貨が前より価格が上昇して、

利益を残すことが出来た時の収益をキャピタルゲインと言います。

 

多くの仮想通貨トレーダーは売買をして、

キャピタルゲインを手に入れるのが

王道の仮想通貨での投資となります。

 

現物取引のメリット

 

 

では現物取引のメリットは一体何なのでしょうか?

 

現物取引のメリットとしては、

万が一購入した価格よりも下落した場合、

その現物で購入した金額分だけマイナスになるだけで、

損失が自分で想像範囲内であるということです。

 

例えば20万円分のビットコインを購入したけれど、

下落して今は18万円になってしまった。

 

というときはマイナス2万円の損失であり、

ビットコインを購入した時の金額の差額だけが

投資家の損失となるのでリスクが低いの現物取引の

メリットとなります。

 

現物取引のデメリット

 

では反対に現物取引のデメリットとは

何なのでしょうか?

 

現物取引のデメリットは取引するのが

「買い」からしか出来ない事です。

 

なので必ず安く買って高く売るという考えのもと、

仮想通貨を購入しなければいけません。

 

現物取引で損失を出す場合はたった1つで

高値でつかまされた時だけです。

 

高値で購入してしまうと価格が下がった時に、

損失を出してしまうからです。

 

ではもう一つの信用取引とはどういったものなのでしょうか?

 

信用取引とは

 

 

信用取引とはトレーダーが証拠金を仮想通貨取引所に預け、

その証拠金の部分だけ取引所からトレーダーがお金を借りて、

実際に所持している金額以上のお金で

仮想通貨売買することが出来る取引方法です。

 

資金を取引所から借りているので、

当然資金を取引所に返す必要があります。

 

返済期限も設けられているので、

その期限までに差益を出さなければいけません。

 

ポジションを決済した時には

損益の分だけ口座の残高が変動します。

 

また信用取引をやるには専門用語も沢山あり、

投資初心者はまずこの専門用語を覚えなければいけません。

 

信用取引を行う上での専門用語

・レバレッジ

・スワップポイント

・追証

・ロスカット

・ロールオーバー

があります。

 

それぞれ1つずつ紹介していきます。

 

レバレッジ

 

レバレッジとは少額な資金でも

大きな取引をすることが出来る仕組みの事を言います。

 

例えば10倍のレバレッジの所であれば、

10万円しかないのにもかかわらず、100万円までの

取引をすることが可能です。

 

レバレッジ取引が成功すれば、

現物取引よりも大きな利益を出すことが出来ます。

 

ですが失敗すれば現物取引よりも大きな損失を出してしまい、

まさにハイリスクハイリターンの取引になります。

 

スワップポイント

 

スワップポイントとは金利差調整分と言われ、

仮想通貨FXでのスワップポイントとは

ポジションを持ち続けることで発生する損益の方法の事を指します。

 

スワップポイントは取ったポジションから、

ポジションを維持すればするほど金利を

支払わなければいけません。

 

追証

 

追証とは簡単に言うと保証金の事です。

 

信用取引は仮想通貨取引所からお金を借りて

トレードする方法なので取引所に借金をしているのと同じ事です。

 

トレードしていて利益が出ていれば

何も言われませんが例えば暴落して損失があまりにも大きく、

証拠金を超えてしまった場合、取引所から追加で保証金を

支払う事を要求されます。

 

ただし国内取引所のほとんどが、

追証はなくて強制ロスカットがされるところが

ほとんどです。

 

もし「追証」がありの所の場合はそういったケースがあり、

追加で保証金を払わなければいけない可能性もあるので、

注意するようにしましょう。

 

ロスカット

 

ロスカットは損切ともいわれ、損失が出た際に、

早い段階で見切りをつけて決済する事です。

 

これは多額の損失が出ないようにするための、

リスクヘッジであり、追証なしの所は、

何%の証拠金を超えたら、強制的にロスカットされる

ケースもあります。

 

ロールオーバー

 

ロールオーバーとはポジション決済を先延ばしにする事であり、

日をまたいでポジションを維持していると経過した時間分の

スワップポイントを払わなければいけません。

 

例えばビットフライヤーの場合は、

スワップポイントが0.04%/日なので、

ポジションを100日維持した場合は4%の金利を

支払わなければいけません。

 

100万円の場合は、40万円の支払いとなります。

 

大きな損失が出る可能性が高く、

ロールオーバーの関係から仮想通貨FXは

短期決戦が望ましいと言われているのです。

 

信用取引のメリットとは?

 

仮想通貨の信用取引のメリットは、

一攫千金が狙えるところです。

 

投資で収益を上げるためには

資本金の大きさあればあるほど利益を大きく

狙いやすくなります。

 

ですが信用取引では手元にその資本金がなくても

大きく利益を狙える可能性が十分にあるのです。

 

信用取引のデメリットとは?

 

信用取引のデメリットは、預けている委託金も含めて

マイナスになってしまう事です。

 

仮想通貨の市場はまだまだ不安定であり、

価格の変動が激しい状態です。

 

長期的な視点で見れば価格は上昇していますが、

短期的で見ると暴騰や暴落を繰り返しており、

中々相場を分析するのは難しい傾向にあります。

 

なので資本金が少ないと強制ロスカットされてしまい、

損失を追ってしまうリスクも十分にあるのです。

 

信用取引で収益を上げる可能性を高めるためには

 

ではハイリターンハイリスクである仮想通貨で

信用取引を行うにはどうすれば良いのでしょうか?

 

一番誰でもできる方法としては、

証拠金を大きくして強制ロスカットに

されないようにすることです。

 

長期的に見れば上昇相場であり、一時期下落してしまったとしても

収益を上げる可能性が大きくあります。

 

また今の時期はどれくらいの値幅があるのか、

しっかりと計算して強制ロスカットには

ならないようにしておきましょう。

関連記事

  1. 【初心者必見】仮想通貨投資で少ない原資で稼ぐ方法と銘柄選びのコツをマス…

  2. 仮想通貨初心者が投資で失敗しないやり方を徹底公開

  3. 【仮想通貨初心者必見】仮想通貨を購入したり、買い増しする判断材料を暴露…

  4. 仮想通貨初心者はいくらから始めるのがベスト?

  5. 【仮想通貨初心者必見】仮想通貨を投資する際の銘柄選びのコツ

  6. アルトコインとは?ビットコインとアルトコインの違いを解説

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

タグ一覧

bitFlyerのメリット bitFlyerの口コミ bitFlyer評価 DMM Bitcoin 評判 DMM Bitcoinのデメリット DMM Bitcoinのメリット DMM Bitcoinの口コミ GMOコイン Zaifのデメリット Zaifのメリット Zaifの口コミ Zaifの評判 アルトコインが安く買えるビットバンク イーサリアのチャート イーサリアムお得取引所 イーサリアムのチャートから今後を分析 イーサリアムの今後 イーサリアム安く買える取引所 イーサリアム手数料が安い イーサリアム手数料安く買うならここ ビットコインFX ビットバンクとビットバンクトレードの違い ビットバンクの口コミ ビットバンクの評判 ビットバンクトレードの口コミ ビットバンクトレードの評判 ビットバンク株式会社 リップルおすすめ取引所 リップルお得に購入する方法 リップル安いビットバンク リップル手数料安い取引所 仮想通貨いくらから 仮想通貨の今後 仮想通貨を購入するタイミング 仮想通貨を購入する判断材料 仮想通貨今後おすすめ銘柄 仮想通貨初心者いくらから 仮想通貨初心者が登録する取引所 仮想通貨初心者必見 仮想通貨取引所 仮想通貨取引所Zaif 仮想通貨取引所のビットバンクの評価 仮想通貨取引所のビットバンクトレードは 仮想通貨取引所を初心者 仮想通貨取引所を初心者がおすすめ
PAGE TOP