仮想通貨取引所

GMOコインを徹底評価!GMOコインの口コミなども調査


2017年は仮想通貨で大きく稼いだ人も多いのではないのでしょうか?

 

ですが2018年は中々仮想通貨の低迷が続き、

ここで利益を上げ続けるためには現物取引だけでは

正直厳しいところもあります。

 

なので仮想通貨FXを実践しようとしている方が

増えています。

 

特に仮想通貨FXをやるのであれば、

GMOコインがお勧めと言われており、今回は

そのGMOコインの徹底レビューをしていきます。

 

GMOコインとは

 

GMOコインはGMOグループが新しく開設した

仮想通貨の販売所です。

 

大事なポイントは取引所ではなくて、

”販売所”というところが大事なポイントです。

 

「結局取引所と販売所って結局通貨を購入するから

同じなんじゃないの?」と思われるかもしれませんが、

販売所と取引所は全く別物と考えてください。

 

通貨を売買するところが、

取引所と販売所で変わってきます。

 

GMOコインは仮想通貨売買する「販売所」

 

では取引所と販売所はどう違うのでしょうか?

 

例えば取引所と販売所の両方を取り扱っているのが、

bitFlyerやコインチェックです。

 

コインチェックはNEM事件によって、

信頼性を落としていますがbitFlyerは日本国内で

人気の取引所として不動の1位を築いていますよね。

 

他には取引所として有名なのが、

Zaifやbitbankと呼ばれる仮想通貨取引所になります。

 

そして販売所で有名なのが、

GMOコインやDMMBitcoinという事になります。

 

                
 両方可能販売所形式販売所形式取引所形式取引所形式
 販売所形式販売所形式販売所形式取引所形式
 販売所形式販売所形式
 販売所形式販売所形式販売所形式
 販売所形式販売所形式販売所形式取引所形式取引所形式
 販売所形式取引所形式取引所形式
 販売所形式販売所形式取引所形式
 販売所形式取引所形式
 販売所形式

 

取引所の場合、板が並んでいるために、

いつでも自分の欲しい数量を一定の価格で購入できるわけではありません。

 

売り手が「この価格でなら売っても良いよ!」、という値段でしか、

買い手は通貨を購入することが出来ないんですね。

 

一方GMOコインは販売所になるので、

いつでも自分が欲しい量の通貨を一定の価格で

購入することが出来ます。

 

これは先ほどの売り手というのが販売所に変わるので、

同じレートで購入することが出来ます。

 

 

GMOコインで取り扱っている通貨は?

 

GMOコインで取り扱っている通貨は、

こちらになります。

 

仮想通貨名通貨単位現物取引FX
     bitcoin(ビットコイン)BTC
 Ethereum(イーサリアム)ETH×
 Bitcoin Cash
(ビットコインキャッシュ)
ETC×
 Litecoin(ライトコイン)LTC×
 Ripple(リップル)XRP×

 

この5つの通貨をGMOコインは取り扱っています。

 

補足

ここでいう仮想通貨現物売買(現物取引)は、

日本円など政府が発行している通貨と仮想通貨を

交換することを言います。

 

注意

仮想通貨FXは仮想通貨そのものを購入するわけではないので、

買い注文をしたとしても実際に購入しているわけではありません。

なので仮想通貨ウォレットに送金したり、出金申請をすることは

できませんのでご注意ください。

 

正直あんまり通貨の量は多いとは思えませんよね。

 

ですがGMOコインを使う場合はもっと

別な使い方があってGMOコインだから稼げる方法というのが

あるのです。

 

GMOコインの特徴

 

GMOコインの特徴として、

・レバレッジが最大25倍:国内初

・見やすいインターフェースで分かりやすく金額しても可能

・手数料ゼロ

という特徴があります。

 

1つずつ細かく見ていきましょう。

 

レバレッジが最大25倍:国内初

 

GMOコインは仮想通貨業界初の最大25倍の

レバレッジの倍率で取引をすることが出来ます。

 

レバレッジ25倍で設定した場合は、

手元の40万しか実際の現金がないのにもかかわらず、

1000万円分の取引をすることが出来るという事です。

 

もちろんロスカットもあるので、

いきなり大金での取引はリスクが伴います。

 

なのでまずは少額の取引から行っていくようにしましょう。

 

見やすいインターフェースで分かりやすく金額指定も可能

 

初めて仮想通貨を初めて実践する人からしたら、

「仮想通貨ってどうやって取引するの?」、

「興味はあるけど実際に仮想通貨投資って難しそう。」

思われている方が本当に沢山います。

 

ですがGMOコインは仮想通貨取引所の中でも、

とてもシンプルに作られており、

簡単に通貨を購入することが出来ます。

 

 

GMOコインのメリット

 

ではGMOコインのメリットとは

いったい何なのでしょうか?

 

GMOコインのメリット

・手軽に通貨を購入することが出来る

・スプレッドが安い

・スマホでの操作を簡単にすることが出来る

・レバレッジが最大25倍の取引をすることが出来る

 

というメリットをGMOコインは持っています。

 

では1つずつ見ていきましょう。

 

手軽に購入することが出来る

 

GMOコインを使う一番のメリットは、

とにかく初心者の方でも手軽に仮想通貨を

購入することが出来ることです。

 

GMOコインは販売所形式での

売買となっているので購入価格が決まっています。

 

板があるような取引所だと、

毎分で通貨のレートが変動しているので、

自分が「このレートで通貨を買いたい!」と設定しても、

中々購入することが出来ずに「購入したかったレートよりも

高いレートで購入してしまった!」というのが当たり前に

起きてしまいます。

 

 

初心者の方では中々ハードルが高くて、

購入しようと思ってもこういった購入方法は難しくて、

行動できずにいる人も沢山いるのではないのでしょうか?

 

ですがGMOコインは既に売却価格と購入価格が

決まって売買されています。

 

 

この決まっている売却価格と購入価格で

数量を入力して購入するだけなので後からどれくらいの

売却価格、購入価格で購入したのか、売却したのか

分かるのでどれくらいの損益が出ているのか簡単に

計算することが出来ます。

 

スプレッドが狭い

 

そして次に特徴的なのはGMOコインのスプレッドが

狭いという事です。

 

スプレッドとは何なのか?

 

と思われる方もいるかもしれませんが、

スプレッドとは売買をする際に生じる価格の差額の事です。

 

スプレッドとは

 

例えば1BTC=110円で購入できるときに、

売却金額1BTC =90円で提示されていたら、

この時の売却の金額差は(110円ー90円=20円)

20円となります。

 

この金額の事をスプレッドと呼びます。

 

このスプレッドの幅が大きい分だけ、

その分トレードで利益を出すのが難しくなります。

 

なぜなら先ほどの例でいうと20円の差額があるという事は、

20円分のマイナスからスタートするという事になります。

 

なのでたとえ10円価格が上昇しても、

10円の損失が出てしまいます。

 

なのでスプレッドの幅が狭ければ狭いほど

利益を出しやすくなるのです。

 

このスプレッドがGMOコインでは、

かなり狭くて最低5000円のスプレッドとなっており、

有名な取引所、販売所と比べてもかなり狭いスプレッドで

仮想通貨を売買することが出来ます。

 

スプレッド早見表(販売所)

取引所参考スプレッド※手数料
bitFlyer約30,000円無料
コインチェック約8000円無料
Zaif約90,000円無料
GMOコイン5000円無料
QUOINEX約1000円無料
FISCO約80,000円無料

bitFlyer

 

スプレッド31,442円

 

コインチェック

 

スプレッド8078円

 

Zaif

 

スプレッド89654円

 

GMOコイン

 

スプレッド5000円

 

というのがそれぞれの仮想通貨取引所の

スプレッドになります。

 

このスプレッドは暴落や急騰した時には、

変動する可能性もあるので気を付けましょう。

 

スマホでの操作を簡単にすることが出来る

 

パソコンを持っていなくて

スマホしか持っていない人も最近は

沢山いるのではないのでしょうか?

 

「もしかしたら仮想通貨売買をするのに

パソコンが必要なんじゃないですか!?」と思われる方も

中にはいるかもしれませんが、GMOコインではスマホでの

操作も簡単にすることが出来ます。

 

GMOコインではFX専用アプリである、

ビットレ君があり、とても簡単にトレードを

することが出来ます。

 

レバレッジが最大25倍の取引が出来る

 

速報などのニュースが出て、ハードウォークや

ビットコインがどこかの取引所に上場したり、

先物、信用取引など海外の取引所で扱うようになると、

必ずビットコインの価格は上昇します。

 

そういったときに使うのが

ハイリスク・ハイリターンとなりますが、

GMOコインでは最大レバレッジ25倍を

設定することが出来ます。

 

普通25倍のレバレッジを使ってしまったら、

ギャンブル性が高いですが例えば10万円分のビットコインを

250万円のビットコインとして扱えるので、

もし価格が上昇して1万円分のプラスになったら、

25万円の利益として扱うことが出来ます。

 

 

ですが中々最初から最大レバレッジ25倍で

仮想通貨取引をする人は中々いないので、

まずは5倍、10倍とレバレッジ取引になれて、

勝つ方程式が見えてきたら最大レバレッジ25倍にするようにしましょう。

 

仮想通貨FXならGMOコイン

 

先ほども話しているように

GMOコインの強みは仮想通貨FXです。

 

GMOコインの取引では、

ロスカットルールなども適用されており、

一定の損失が発生した場合に損失が拡大しないように、

強制的に取引が終了する機能もあります。

 

なのでもし値動きが予想を大きく外したとしても、

それ以上の負担を背負う事もありません。

 

もちろん損するリスクもありますが、

お小遣い程度の少額の金額を稼ぐためには、

仮想通貨FXを少額からやってみるのも良いでしょう。

 

 

GMOコインで仮想通貨FXのルール

・GMOコインとFX取引を行う

・スプレッドはビットコインの場合基本的に300円の固定

・取引にかかる手数料は無料

・レバレッジ手数料は有料、ポジションごとに一日あたり0.05%かかる

・24時間3656日いつでもどこでも売買できる

・追加証拠金制度は一切なし

・レバレッジは5倍、15倍、25倍

・ロスカットは証拠金維持率が75%を下回った時に行われる

・最低0.01BTCという少額から取引が可能

 

本来FXをするのであれば、

外国為替市場が開いている「月曜の早朝から土曜日の明け方まで」が

取引時間となりますが仮想通貨FXだといつでも取引をすることが

可能となります。

 

またレバレッジ手数料とは、

ポジションを建ててそのポジションを翌日まで持ち越した

時に発生します。

 

例えば仮想通貨FXでビットコインの10万円分の買いポジションを

建てて、次の日まで放ったらかしにしていると50円の手数料が

取られるという事になります。

 

10万円分のポジションで50円はかなり少ないように見えますが、

ずっとポジションを持ち続けると手数料が取られてしまい、

利益が少なくなってしまいます。

 

なので仮想通貨FXのルールとして、

「1日に平均1~5回の取引を行って、1回のトレードで

数分から数時間をかけて利益を出していく」というデイトレードが

主流となります。

 

基本的なルールをしっかりと作り、

ズルズルと引きずらないで早め早めにトレードを

終了させて総合的に利益が上がっていればOKです。

 

レバレッジ5~25倍

 

GMOコインでは5倍、15倍、25倍のレバレッジを、

かけることが出来ます。

 

GMOコインとその他仮想通貨取引所のレバレッジを比較

 仮想通貨取引所レバレッジ倍率
 GMOコイン5倍、15倍、25倍
DMMBitcoin5倍
 bitFlyer1倍、2倍、3倍、5倍、10倍、15倍
 Zaif最大25倍

 

上の図がその他仮想通貨取引所のレバレッジを比較した

図となります。

 

このレバレッジ倍率というのが

もしかしたらよく分からないかもしれません。

 

例えばレバレッジ5倍に設定して、

取引を行う場合は元手が10万円の場合は元手の5倍の

金額である50万円を取引で売買することが出来ます。

 

例えばレバレッジ15倍だとすると10万円なら150万分、

レバレッジが25倍なら元手が10万円なら250万円分の取引が

可能となります。

 

「だったら25倍とか15倍のレバレッジをかけた方が

良いに決まってるじゃん!」と思われるかもしれませんが、

レバレッジが上がれば上がるほどリスクも存在します。

 

この元手と言われるのが、

証拠金となり実際に250万円を持っていなくても、

10万円あれば250万円分の仮想通貨FXでトレードすることが出来ます。

 

このように仮想通貨現物売買では

実際にお金が手に入りますが仮想通貨FXでは

現物が手に入らない代わりに証拠金で大きな資金を動かして

売買することが可能で、損失や利益のみが手に入ります。

 

この証拠金を担保にして売買を行い、

損失が出た場合は証拠金から損失分が引かれます。

 

 

追加証拠金制度なし

 

先ほど話したようにレバレッジが上がれば上がるほど、

リスクも存在します。

 

その話をする前にまずは追加証拠金制度の

話をしていきます。

 

追加証拠金制度とは、

証拠金を追加するという事です。

 

具体的な例を挙げて説明していきます。

 

レバレッジ設定5倍のトレード例

1.資金100万円を用意して500万円分の仮想通貨FXが出来る

2.1BTCが50万円の時に10BTCの買い注文を出して

ポジションを持った。

3.この時点では証拠金維持率は100%です。

4.相場が下落して40万円に下がり、含み損が増えて、

証拠金維持率が低下した。

5.レバレッジ5倍の場合、証拠金維持率が75%を下回ると

自動ロスカットがされます。

 

この時に自動ロスカットを回避するには、

「追加で証拠金を入金して証拠金維持率を上げる」

という選択をするか「自分でロスカットをする」という選択に、

迫られます。

 

この時に追加証拠金制度があると、

どんどんと損が拡大してしまい、さらに大きな

下落があった場合はその金額を請求されてしまうので、

借金を抱える可能性も出てきてしまいます。

 

ですが追加証拠金制度がないと、

その時は自動的にロスカットをしてくれるので、

損失は出てしまいますが最低限の損失で済みます。

 

 

GMOコインの強制ロスカットはどのくらいでされる?

 

強制ロスカットは自分で損切をすることが出来ない場合や、

相場の急な変動で発動する機能です。

 

このシステムのおかげで投資家は急な相場変動が

起きてしまっても大切な資金を全額失うことはほとんどありません。

 

ですが自分で損切をすることが出来ないトレーダーは、

強制ロスカットを繰り返してどんどん自分の資金を減らしてしまうので、

証拠金維持率の低下には注意が必要です。

 

 

ではGMOコインではレバレッジ設定によって

どれくらいの強制ロスカットと証拠金維持率になるのでしょうか?

 

レバレッジ設定と証拠金維持率の割合

・レバレッジ5倍⇒証拠金維持率75%

・レバレッジ15倍⇒証拠金維持率80%

・レバレッジ25倍⇒証拠金維持率85%

となっていきます。

 

つまりレバレッジを上げれば上げるほど、

証拠金維持率が高いところで強制ロスカット

が起こってしまいます。

 

例えばレバレッジが5倍の場合、

元手が10万円の証拠金とすると7万5千円まで

低下したら強制ロスカットになるという事ですね。

 

 

GMOコイン専用アプリのビットレ君が使いやすい

 

GMOコインではスマホアプリに「ビットレ君」という、

仮想通貨FX専用のスマホアプリが用意されています。

 

 

ビットレ君には相場変動のタイミングに

遅れをとらないように1タップで即時発注することが出来る

注文方法があります。

 

他にも新規・決済・同一銘柄の注文も

1タップで行うことが可能です。

 

ビットレ君についている全9種類のテクニカル指標

チャート指標

・単純移動平均線

・指数平滑移動平均線

・ポリンジャーバンド

・一目均衡表

・平均足

 

テクニカル指標

・MACD

・RSI

・DMI/ADX

・RCI

 

と仮想通貨を取引できるスマホアプリとしては、

トップクラスの完成度を誇っています。

 

 

セキュリティが強くて安全

 

GMOコインのセキュリティ

・仮想通貨の秘密鍵は「コールドストレージ」と呼ばれるインターネットから

遮断された場所で保管

・会社用とユーザー用で金銭と仮想通貨を分けて管理

・即時送付に必要な分は一つのアドレスに複数の

秘密鍵を割り当てる「マルチシグネチャアドレス」を採用

・内部不正対策:仮想通貨を取り出す際には複数部署の承認を必要とする仕組み化

・日本円の出金、仮想通貨の送付を行う際には「2段階認証」が必ず必要

・企業向けサイバーセキュリティ対策支援を数多く行う

三井住友海上火災保険株式会社と連携

参考:セキュリティ | 会社案内 | GMOコイン株式会社

 

GMOコインのセキュリティは金融庁から

仮想通貨交換業者として認められたこともあって、

セキュリティはしっかりとしています。

 

例えば「資産の管理方法」や「秘密鍵をコールドストレージに保管」など、

これらは他の取引所でも行われていますが、三井住友海上火災保険株式会社と

連携したいr、「複数部署の承認で仮想通貨を取り出す仕組み」など

徹底しています。

 

 

GMOコインの口コミ

 

ではGMOコインの口コミはどうなのでしょうか?

他のユーザーから見たGMOコインの

評価を見ていきましょう。

 

 

 

 

 

 

 

などGMOコインを使いやすいと言っている方や、

FX、デイトレードをしやすいというツイートも沢山見かけます。

 

またGMOコインで稼いでいる方もちらほらいました。

 

 

 

 

 

このように見せるとGMOコインを使ったビットコインFXで

簡単に稼げそうに見えるかもしれませんが、実際に負けている人も

沢山います。

 

ビットコインFXは、「確実に勝てるときに確実に勝つ」、

という事を徹底して行って確実に資産を増やしていってください。

関連記事

  1. Zaifの評判を徹底調査!Zaifの口座開設をお勧めする理由

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

タグ一覧

bitFlyerのメリット bitFlyerの口コミ bitFlyer評価 DMM Bitcoin 評判 DMM Bitcoinのデメリット DMM Bitcoinのメリット DMM Bitcoinの口コミ GMOコイン Zaifのデメリット Zaifのメリット Zaifの口コミ Zaifの評判 アルトコインが安く買えるビットバンク イーサリアのチャート イーサリアムお得取引所 イーサリアムのチャートから今後を分析 イーサリアムの今後 イーサリアム安く買える取引所 イーサリアム手数料が安い イーサリアム手数料安く買うならここ ビットコインFX ビットバンクとビットバンクトレードの違い ビットバンクの口コミ ビットバンクの評判 ビットバンクトレードの口コミ ビットバンクトレードの評判 ビットバンク株式会社 リップルおすすめ取引所 リップルお得に購入する方法 リップル安いビットバンク リップル手数料安い取引所 仮想通貨いくらから 仮想通貨の今後 仮想通貨を購入するタイミング 仮想通貨を購入する判断材料 仮想通貨今後おすすめ銘柄 仮想通貨初心者いくらから 仮想通貨初心者が登録する取引所 仮想通貨初心者必見 仮想通貨取引所 仮想通貨取引所Zaif 仮想通貨取引所のビットバンクの評価 仮想通貨取引所のビットバンクトレードは 仮想通貨取引所を初心者 仮想通貨取引所を初心者がおすすめ
PAGE TOP