Uncategorized

話題になっている仮想通貨Golem(ゴーレム)の特徴や将来性とは


今では数千種類になる仮想通貨。

 

沢山ある仮想通貨の中で2017年に注目されていた

仮想通貨の中でゴーレム(Golem)という仮想通貨があります。

 

ゴーレム(Golem)は2016年11月に発売されて、すぐに完売になった人気の仮想通貨であり、

余っているパソコンの計算能力を提供して報酬を手に入れるシステムを

目指しています。

 

そんなゴーレム(Golem)はどんな特徴があるのか、

今後の将来性はどうなっているのか、それぞれ紹介していきます。

 

ゴーレム(Golem)という仮想通貨はどんな通貨?

 

ゴーレム(Golem)は余っているパソコンの計算能力を

提供して報酬を手に入れるシステムを目指しており、

これが実現できれば高スペックのパソコンがなくても

膨大な量のデータを分散処理できるようになります。

 

ゴーレム(Golem)のトークンの単位は、

GNTであり、イーサリアムのプラットフォームに作られました。

 

ゴーレム(Golem)の特徴

 

ゴーレム(Golem)は余分なパソコンの処理能力をP2P通信で

取引する分散型コンピュータープラットフォームの仮想通貨です。

 

そんなゴーレム(Golem)の特徴はどんなものがあるのでしょうか。

 

ゴーレム(Golem)の特徴

・パソコンの処理能力を売買できる

・使っていないパソコンを有効活用できる

・ICOで9億円の資金調達に成功している仮想通貨

です。

 

パソコンの処理能力を売買するというと少しわかりづらいかもしれないので、

簡単に分かりやすく説明していきます。

 

パソコンにはそれぞれ処理能力が違い、

スペックが高いパソコンほど処理能力が優れています。

 

インターネット検索や動画の視聴、音楽鑑賞などでは

その処理能力の違いがよくわからないかもしれませんが、

画像を編集したり動画を編集、制作するなどクリエイターが使う

アドビソフトなどを使用するとこのパソコンが処理能力が高いのか、

低いのかがとてもよくわかります。

 

クリエイターが使うソフトにはとても多くの処理能力を

必要とするからです。

 

本来インターネット検索や音楽鑑賞、動画の視聴でしか使わない

ユーザーの余っている処理能力をクリエイターなど多くの処理能力が

必要なユーザーにレンタルして貸し出すことのできるサービスを

ゴーレム(Golem)は目指しているのです。

 

ゴーレム(Golem)の今後

 

ゴーレム(Golem)が目指しているのは

処理能力の共有プラットフォームです。

 

ゴーレムネットワークではパソコンの処理能力を

共有することで安価なパソコンでもスーパーコンピューター以上の

スペックを発揮することが出来ます。

 

なので今後将来的にもゴーレム(Golem)の

GNTトークンを買うことによって

・安いパソコンだけど早い処理能力が欲しい

・一時期的な高性能のパソコンが欲しい

・パソコンが重いから少しだけ性能を上げたい

などの悩みを解決することが出来るのです。

パブリッククラウド市場の規模はとてつもなく大きい

 

ゴーレム(Golem)が目指しているコンピューターの処理能力を

共有するプラットフォームにはパブリッククラウド市場といわれるものがあります。

 

この市場は2016年ですでに2040億ドルの市場となっており、

かなり大きな市場です。

 

今後もインターネットが発展し経済が成長していき、

ゴーレム(Golem)が開発に成功すればかなり多くの時価総額を

期待することが出来ます。

 

ゴーレム(Golem)の購入方法

 

ゴーレム(Golem)はまだ現在は日本円で購入することは出来ません。

 

国内取引所でビットコインやリップルなどを購入し、

海外取引所に送金する必要があります。

 

ゴーレム(Golem)の購入方法

ステップ1.

日本取引所に口座を開設し、

ビットコイン、やイーサリアム、リップルなどの

取り扱い通貨を購入する

 

ステップ2.

ゴーレム(Golem)を取り扱っている海外取引所の

口座を開設して国内取引所から購入した通貨を送金する

 

ステップ3.

送金したビットコイン、イーサリアム、リップルなどで

ゴーレム(Golem)を購入する。

 

ゴーレム(Golem)を取り扱っている海外取引所

 

ゴーレム(Golem)を取り扱っている海外取引所は

BinanceとHuobiです。

 

3.Binance(バイナンス)

 

Binanceは中国の大手取引所であり、

取り扱い通貨は100種類以上あります。

 

最も取引量が高く、活発に取引をされているので、

ゴーレム(Golem)を買いたい方はこちらがお勧めです。

 

3.Huobi

 

Huobiは香港の取引所であり、

シンガポール、韓国、香港、中国内陸エリアなどの多くの国や

地域に独立の取引業務が置かれている取引所。

 

全世界で130カ国の数百万のユーザーにサービスを提供している。

 

まとめ

 

ゴーレム(Golem)はとても市場が大きく、

既にバイナンスに上場している期待できるICOプロジェクトであり、

技術的なスピードなどの懸念はありますが実用化されれば一気に時価総額が

大きく跳ねると期待できるので、早めに購入しておきましょう。

関連記事

  1. 仮想通貨スプレッドとは【お得に仮想通貨を購入するための豆知識】

  2. 仮想通貨取引所の仕組みや選び方について徹底解説

  3. モバイルウォレットでスマホを使って仮想通貨を管理する方法!お勧めのモバ…

  4. 仮想通貨リップル(XRP)2018年はどこまで上がる?2018年のリッ…

  5. 今から仮想通貨投資をするには遅いのか!?今後の上昇する可能性や将来性に…

  6. 仮想通貨のブロックチェーンを初心者にもわかりやすく解説

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

タグ一覧

bitFlyerのメリット bitFlyerの口コミ bitFlyer評価 DMM Bitcoin 評判 DMM Bitcoinのデメリット DMM Bitcoinのメリット DMM Bitcoinの口コミ GMOコイン Zaifのデメリット Zaifのメリット Zaifの口コミ Zaifの評判 アルトコインが安く買えるビットバンク イーサリアのチャート イーサリアムお得取引所 イーサリアムのチャートから今後を分析 イーサリアムの今後 イーサリアム安く買える取引所 イーサリアム手数料が安い イーサリアム手数料安く買うならここ ビットコインFX ビットバンクとビットバンクトレードの違い ビットバンクの口コミ ビットバンクの評判 ビットバンクトレードの口コミ ビットバンクトレードの評判 ビットバンク株式会社 リップルおすすめ取引所 リップルお得に購入する方法 リップル安いビットバンク リップル手数料安い取引所 仮想通貨いくらから 仮想通貨の今後 仮想通貨を購入するタイミング 仮想通貨を購入する判断材料 仮想通貨今後おすすめ銘柄 仮想通貨初心者いくらから 仮想通貨初心者が登録する取引所 仮想通貨初心者必見 仮想通貨取引所 仮想通貨取引所Zaif 仮想通貨取引所のビットバンクの評価 仮想通貨取引所のビットバンクトレードは 仮想通貨取引所を初心者 仮想通貨取引所を初心者がおすすめ
PAGE TOP