Uncategorized

仮想通貨エイチシェア(HShare)の特徴や今後の将来性


2018年になってから仮想通貨の種類は数千種類あると言われています。

 

これらを取引所を利用せずに取引するのは

ブロックチェーンの仕組みの違いによって難しいと言われています。

 

ですがそれを解消するのがHshare(エイチハッシュ、エイチキャッシュ)と

呼ばれるものであり、ブロックチェーン同士のパイプ役として開発された

プラットフォームになります。

 

今回はそんなHshare(エイチハッシュ、エイチキャッシュ)について紹介していきます。

 

Hshare(エイチハッシュ、エイチキャッシュ)とは

 

前までは「エイチシェア」という名前で上場していましたが、

2018年のプラットフォームが正式版で発表されてからは、

「エイチキャッシュ」という名前で統一されるようになりました。

 

Hshare(エイチハッシュ、エイチキャッシュ)は先ほども話しましたが、

様々な仮想通貨のパイプ役になるために開発された仮想通貨であり、

他の仮想通貨のブロックチェーンの大きさにサイズを合わせられるというのが

大きな特徴となっています。

 

 

これはLISKなどで使用されている「サイドチェーン」を利用しており、

ブロックチェーン同士をつなぐプラットフォームになるために開発されたからです。

 

Hshare(エイチハッシュ、エイチキャッシュ)の仕組みは?

 

ではHshare(エイチハッシュ、エイチキャッシュ)の仕組みは

どうなっているのでしょうか。

 

Hshare(エイチハッシュ、エイチキャッシュ)は暗号化システムの中で

最も匿名性の高いセキュリティーシステムとして注目されている

「ゼロ知識証明」という暗号化技術を使っています。

 

ゼロ知識証明を実装している通貨にはZCash(ジーキャッシュ)がありますが、

公開してから約1年でこの暗号化技術が高く評価されてアメリカ最大の銀行である

JPモルガンと提携するようになりました。

 

そして仮想通貨の中でもトップの人気を誇る

イーサリアム(ETH)も「ゼロ知識証明」を行うためにジーキャッシュと共同研究をおこなって

2017年の10月のビザンチウムアップデートによって匿名性の高い取引を実装するなどしてとても注目を集めました。

 

元来のブロックチェーンではウォレットアドレスの所有者を特定することが出来ません。

 

なので匿名性が高いといわれていましたが、

「送金者アドレス」、「受金アドレス」、「取引金額」の

3つが公開されるので実質的にはアドレスを監視してしまえば、

仮想通貨を多く所有している人がどんな人なのか分かってしまいます。

 

ですがゼロ知識証明は匿名性が高いといわれる理由は、

「送金者アドレス」、「受金者アドレス」、「取引金額」の3つも

全て情報を一切公開しない仕組みが出来ており、匿名性を極限まで

高めたのがゼロ知識証明の仮想通貨です。

 

これによってとても高いセキュリティーシステムとして、

多くの金融機関から注目されているのです。

 

有効被循環グラフ(DAG)を採用

 

Hshare(エイチハッシュ、エイチキャッシュ)はDAGという技術を

採用して一般的なブロックチェーンの弱点とされていた

「取引承認処理速度」の対策を行っているのです。

 

DAGとは情報管理プラットフォームに有効非循環グラフと言い、

1つのブロックから不空数の取引データを伸ばし、取引の順番を

待つことなく処理速度を向上させています。

 

取引承認作業に時間がかかってしまうと、取引がキャンセルされたり、

取引のチャンスを逃してしまうというデメリットが発生します。

 

そして実用性に乏しいシステムだという結論になり、

市場価値が下がってしまう可能性があるのです。

 

PoWとPoSのハイブリッド型コンセンサスシステムを採用

 

Hshare(エイチハッシュ、エイチキャッシュ)はマイニングの承認の

アルゴリズムとして「プルーフ・オブ・ワーク(PoW)」と

「プルーフ・オブ・ステーク(PoS)」のハイブリッドのコンセンサスシステムを採用しています。

 

これをDecred(ディークレッド)という仮想通貨と似たシステムになっており、

仕事量で報酬が変わるPoWと仮想通貨の保有量と期間で報酬が変わる

PoSの両方で報酬を受け取ることが出来るというシステムです。

 

これによってマイナーはマイニングの報酬を平等に

受取りやすくなっているのです。

 

ゼロ知識証明により転送速度や転送量を無視して無制限に転送できる

 

Hshare(エイチハッシュ、エイチキャッシュ)は以前のデータのみを参考に

送金する技術であるDAGと必要最低限でデータの取引を承認する

「ゼロ知識証明」によって数百テラバイト級の大容量のビッグデータでも

無制限に転送することが可能となっていいます。

 

だからこそHshare(エイチハッシュ、エイチキャッシュ)の

将来性として多くの企業が注目しているのですね。

 

Hshare(エイチハッシュ、エイチキャッシュ)の将来性

 

Hshare(エイチハッシュ、エイチキャッシュ)はDAGを採用しており、

時系列に囚われないトランザクション処理が可能となっており、

大幅な時間短縮を期待することが出来ます。

 

そして異なるブロックチェーン同士を結び付けて、

取引所を仲介することなく価値の移動が可能となり、

コスト削減にもつながるので多くの企業が注目しています。

 

Hshare(エイチハッシュ、エイチキャッシュ)の今後のイベント

 

ではHshare(エイチハッシュ、エイチキャッシュ)のプロダクトは

どのようになっているのでしょうか。

 

Hshare(エイチハッシュ、エイチキャッシュ)の今後のイベント

・2018年2月:Hshare(HSR、エイチシェア)とHcashの交換開始

・2018年Q2:Hcashベータ版の完成。ゼロ知識証明ベースの顧客暗号化通信の使用開始。

・2018年Q3:Hcash顧客とByteballとの間の暗号化通信の実装完了。

・2018年Q3:Hshare(HSR、エイチシェア)の破棄完了

・2018年Q4-:ブロックチェーンインフラプラットフォームへのアクセス継続。

・その後:反復改善、新機能開発、エコロジカルシステムの構築

となっています。

 

若干Hcashへの移行に遅延がありますが、

これはHshare(エイチハッシュ、エイチキャッシュ)に多くの機能を

実装しなければいけないので致し方ありません。

 

なので今後は予定通りに開発が進行することを期待します。

 

Hshare(エイチハッシュ、エイチキャッシュ)はどこの取引所で購入できる

 

Hshare(エイチハッシュ、エイチキャッシュ)はまだ現在は

日本円で購入することは出来ません。

 

国内取引所でビットコインやリップルなどを購入し、

海外取引所に送金する必要があります。

 

Hshare(エイチハッシュ、エイチキャッシュ)の購入方法

ステップ1.

日本取引所に口座を開設し、

ビットコイン、やイーサリアム、リップルなどの

取り扱い通貨を購入する

ステップ2.

Hshare(エイチハッシュ、エイチキャッシュ)を取り扱っている海外取引所の

口座を開設して国内取引所から購入した通貨を送金する

ステップ3.

送金したビットコイン、イーサリアム、リップルなどで

Hshare(エイチハッシュ、エイチキャッシュ)を購入する。

 

Hshare(エイチハッシュ、エイチキャッシュ)を取り扱っている海外取引所

 

Hshare(エイチハッシュ、エイチキャッシュ)を取り扱っている海外取引所は

BinanceとKucoinです。

 

Binance(バイナンス)

 

Binanceは中国の大手取引所であり、

取り扱い通貨は100種類以上あります。

 

最も取引量が高く、活発に取引をされているので、

Hshare(エイチハッシュ、エイチキャッシュ)を買いたい方はこちらがお勧めです。

 

KuCoin

 

KuCoin(クーコイン)は香港の取引所であり、2017年9月に設立された新興の取引所ですが、

登録者数が1日に10万人を超えたこともあり、第2のバイナンスと言われています。

 

まとめ

 

以上仮想通貨Hshare(エイチハッシュ、エイチキャッシュ)について

説明してきました。

 

Hshare(エイチハッシュ、エイチキャッシュ)のプロダクトが順調に

進み、様々な企業と提携やサービスとして実用していけば、

かなり価値が高くなる可能性があるので、早めに購入しておいても

良いのではないのでしょうか。

 

ぜひ参考にしてみてください。

関連記事

  1. 話題になっている仮想通貨Golem(ゴーレム)の特徴や将来性とは

  2. 2018年のNEM(ネム)の今後や将来性!特徴を解説

  3. 仮想通貨Stellar(ステラ)の特徴や将来性とは

  4. 仮想通貨Stratisの特徴や今後の将来性

  5. 取引所のBinanceにあるバイナンスコインの特徴や仕組み、購入方法

  6. 仮想通貨TRIG(トリガー)の今後と将来性は?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

タグ一覧

bitFlyerのメリット bitFlyerの口コミ bitFlyer評価 DMM Bitcoin 評判 DMM Bitcoinのデメリット DMM Bitcoinのメリット DMM Bitcoinの口コミ GMOコイン Zaifのデメリット Zaifのメリット Zaifの口コミ Zaifの評判 アルトコインが安く買えるビットバンク イーサリアのチャート イーサリアムお得取引所 イーサリアムのチャートから今後を分析 イーサリアムの今後 イーサリアム安く買える取引所 イーサリアム手数料が安い イーサリアム手数料安く買うならここ ビットコインFX ビットバンクとビットバンクトレードの違い ビットバンクの口コミ ビットバンクの評判 ビットバンクトレードの口コミ ビットバンクトレードの評判 ビットバンク株式会社 リップルおすすめ取引所 リップルお得に購入する方法 リップル安いビットバンク リップル手数料安い取引所 仮想通貨いくらから 仮想通貨の今後 仮想通貨を購入するタイミング 仮想通貨を購入する判断材料 仮想通貨今後おすすめ銘柄 仮想通貨初心者いくらから 仮想通貨初心者が登録する取引所 仮想通貨初心者必見 仮想通貨取引所 仮想通貨取引所Zaif 仮想通貨取引所のビットバンクの評価 仮想通貨取引所のビットバンクトレードは 仮想通貨取引所を初心者 仮想通貨取引所を初心者がおすすめ
PAGE TOP