Uncategorized

ICON(アイコン)とは?特徴や今後の将来性を解説


韓国版のイーサリアムと呼ばれているアルトコインに

「アイコン(ICX)」というコインをご存知でしょうか?

 

アイコン(ICX)は2017年の秋に公開されたばかりのコインであり、

公開日に1日で発行分のコインが完売してしまうほどの人気を集めた

韓国発のコインです。

 

今回はそんなアイコン(ICX)の特徴や仕組み、

コインの購入方法についてそれぞれ紹介していきます。

 

ICON(アイコン)の基本情報

 

ではICON(アイコン)とはどんなコインなのでしょうか?

 

ICON(アイコン)は略称がICXの仮想通貨であり、

2017年の9月に公開されました。

 

ICON(アイコン)プロジェクトが開発された目的として異なるガバナンスを持つ

独立したブロックチェーンが、仲介なしに相互に取引することが出来る

分散型ネットワークを目指しています。

 

ICON(アイコン)はそのためにスマートコントラクトを導入し、

コミュニティーを一つのプラットフォームで繋いている仮想通貨です。

 

多種多様な沢山のコミュニティーを繋ぐことによって異なるコミュニティー間での契約や取引をスムーズに素早く行うことが出来るのです。

 

なのでこのように契約や取引にICON(アイコン)を使うことが出来るために、

「韓国版のイーサリアム」と呼ばれるようになりました。

 

ではICON(アイコン)の特徴とはいったい何なのでしょうか?

 

ICON(アイコン)の特徴、メリット、デメリット

 

ではICON(アイコン)の特徴は一体何があるのでしょうか?

 

ICON(アイコン)の特徴として

・コンセンサスアルゴリズムにLFTを採用している

・SCOREを導入している

・信頼性がある

・ICONickの導入

などの特徴があります。

 

それでは1つずつ紹介していきます。

 

コンセンサスアルゴリズムにLFTを採用している

 

ICON(アイコン)にはLFTと呼ばれるコンセンサスアルゴリズムを採用していてハードフォーク、

ソフトフォークすることなく高速なコンセンサスで対応することが出来ます。

 

これは迅速なコンセンサスが促進されて取引が速く行われてネットワーク内での

フォーク(ブロックチェーンの分岐)を防ぎます。

 

SCOREを導入している

 

SCOREはloopchain独自の拡張されたスマートコントラクトのことであり、

SCOREを使用するとブロックチェーン承認などのブロックチェーンプロセスに関係なく

スマートコントラクトを実行することが出来ます。

 

スマートコントラクトに支障が出てもブロックチェーン機能は正常に活動しています。

 

信頼性がある

 

透明性の高いガバナンスシステムやAIを用いたインセンティブシステムが

ICONのネットワーク核となります。

 

AIによって報酬を公平に分配して特定の勢力が権限を独占しないようにし、

この相互信頼によってC-RepsやノードはICONコミュニティーに貢献します。

 

ICONickの導入

 

ICONickはICONネットワーク内で使われる便利なwallet IDのことであり、

ビットコインアドレスのようなもので現状ビットコインアドレスは長くて

複雑なものが多いですが簡単で便利にICXを交換し、移動できるニックネームに置き換えることが出来ます。

 

またICONユーザーは1つのwalletにつき1つのICONickを自由に1年間使うことが出来て、

ユーザーは自分のICONickアドレスを他のユーザーに売ることも出来ます。

 

そしてICONickは過去のトランザクションを検索したり、

DEXサービスを利用してICONの将来のDAppサービスを利用するための独自のIDとなっています。

 

ではICON(アイコン)のロードマップはどうなっているのでしょうか?

 

ICON(アイコン)のロードマップ

 

ICON(アイコン)のロードマップによれば

ICON(アイコン)の開発チームは次のような進捗で開発やマーケティングを行っていきます。

 

ICON(アイコン)のロードマップ

1.第2、3回目の開発会議

2.DEX内でメジャーな仮想通貨を取引できるようになる

3.パートナーシップの拡大

4.パブリックチャネルの公開

 

となっており、パブリックチャネルが公開されれば、

誰でも自由にDAppsを構築することが可能です。

 

ICONはまだまだ開発段階ですがパブリックチャネルの公開や

パートナーシップを拡大することに成功すればICONが掲げる分散型ネットワークの実現に近づくことが期待されています。

 

ICON(アイコン)の将来性

 

ICON(アイコン)は2018年現在はあらゆる事業との間に

独自のコミュニティを形成していると発表しています。

 

なので今後、銀行や証券、病院、大学といった機関と

ブロックチェーンによってつながっていけばそれぞれの場で

ICONによるスムーズな支払いを実現することが出来るでしょう。

 

またコミュニティ内の情報は自由にやり取りできるので、

それぞれの場所や個別に登録や管理を行う必要もなります。

 

なのでICON(アイコン)は日々利用している機関を1つにまとめて、

優秀なプラットフォームとして機能していくでしょう。

 

またICON(アイコン)にはICOを行える基盤も作られており、

新しい事業やサービスのICOをスタートさせたいと考えている

ユーザーにとっては選択肢の1つとして数えられます。

 

ではICON(アイコン)はどこで購入することが出来るのでしょうか?

 

ICON(アイコン)の購入方法

 

ICON(アイコン)はまだ国内取引所では取り扱っていないのが現状であり、

韓国発のアルトコインという事もあって韓国国内と中国の取引所で主に売買されています。

 

ICON(アイコン)を購入できる海外取引所

・Binance(バイナンス)

世界規模を誇る中国の仮想通貨取引所であり、

世界トップクラスの取引高を記録していて、

手数料も安くICON(アイコン)を購入出来るのでおすすめです。

 

・Bithumb(ビッサム)

韓国では最大の市場規模の取引所であり、

仮想通貨全体の取引量も世界でトップクラスを記録しています。

 

・Upbit(アップビット)

豊富な通貨数とペア数が魅力である韓国の取引所であり、

アメリカの大手取引所のBittrexと提携しているのでICON以外の目的で

利用されることも多いのが特徴です。

 

・Huobi(フオビ)

香港に拠点を持つ仮想通貨取引所であり、

ICONを含む80種類上の通貨数によって充実した取引が出来ます。

 

・OKEx(オーケーイーエックス)

コチラも香港を拠点とした取引所であり、

アルトコインの多さは他の取引所と比べても

トップの規模を誇る取引所です。

 

・HitBTC(ヒットビーティーシー)

HitBTCは草コインに強い取引所として知られており、ICOを成功させたばかりの通貨を

積極的に取り扱っています。

 

まとめ

 

ICON(アイコン)はまだ売買が始まって間もないか通貨であり、

そのポテンシャルは十分でこれから多くの投資家たちによって取り扱われます。

 

なので今のうちに投資をしておけば

いずれ高い利益を与えてくれる可能性も十分にあり、

韓国発のイーサリアムと呼ばれるようにイーサリアムに対抗できるほど

成長する可能性もあります。

 

なので今後のICON(アイコン)にはぜひ注目しておきましょう。

関連記事

  1. 2018年のNEM(ネム)の今後や将来性!特徴を解説

  2. 仮想通貨ライトコインとは?特徴やビットコインとの違いを分析して解説

  3. 仮想通貨のモネロとは?特徴や将来性を解説

  4. 仮想通貨リップル(XRP)2018年はどこまで上がる?2018年のリッ…

  5. 取引所のBinanceにあるバイナンスコインの特徴や仕組み、購入方法

  6. 仮想通貨のブロックチェーンを初心者にもわかりやすく解説

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

タグ一覧

bitFlyerのメリット bitFlyerの口コミ bitFlyer評価 DMM Bitcoin 評判 DMM Bitcoinのデメリット DMM Bitcoinのメリット DMM Bitcoinの口コミ GMOコイン Zaifのデメリット Zaifのメリット Zaifの口コミ Zaifの評判 アルトコインが安く買えるビットバンク イーサリアのチャート イーサリアムお得取引所 イーサリアムのチャートから今後を分析 イーサリアムの今後 イーサリアム安く買える取引所 イーサリアム手数料が安い イーサリアム手数料安く買うならここ ビットコインFX ビットバンクとビットバンクトレードの違い ビットバンクの口コミ ビットバンクの評判 ビットバンクトレードの口コミ ビットバンクトレードの評判 ビットバンク株式会社 リップルおすすめ取引所 リップルお得に購入する方法 リップル安いビットバンク リップル手数料安い取引所 仮想通貨いくらから 仮想通貨の今後 仮想通貨を購入するタイミング 仮想通貨を購入する判断材料 仮想通貨今後おすすめ銘柄 仮想通貨初心者いくらから 仮想通貨初心者が登録する取引所 仮想通貨初心者必見 仮想通貨取引所 仮想通貨取引所Zaif 仮想通貨取引所のビットバンクの評価 仮想通貨取引所のビットバンクトレードは 仮想通貨取引所を初心者 仮想通貨取引所を初心者がおすすめ
PAGE TOP