Uncategorized

高騰しているIOTAという仮想通貨とは?特徴や今後の将来性を徹底解説


幾多の仮想通貨の種類がある中で

IOTAという仮想通貨は今現在でも取引手数料が無料の事や、

複数の大手のIT企業と提携したことから投資家の間で

注目されている仮想通貨の一つです。

 

そんなIOTAの特徴や将来性、

どこでIOTAが取り扱っているかなどまとめて紹介していきます。

 

IOTAとは

IOTAはTangleと呼ばれるブロックチェーンを応用した

分散型台帳を用いる事で手数料が一切かからない決済を

可能にしたIoTに最適な決済システムの仮想通貨です。

 

IoTとは

 

まずIoTとはモノをインターネットでつなぐことであり、

「Internet of Things」の略がIoTでモノがインターネット経由で

通信することを表したものをIoTと呼びます。

 

例えばドアや電子レンジ、冷蔵庫などはIoTが用いられており、

インターネット経由で自動で開けたり、自動で温めたりすることが出来ます。

 

IoTの問題点

 

ですがIoTの問題点としてIoTに仮想通貨を実装しようとすると

リアルタイムの支払いに手数料が高くついてしまうというリスクがあります。

 

またリアルタイムでの支払いを頻繁に承認作業が必要なために、

その分手数料が高くなってしまうのです。

 

ですがその問題を解決してリアルタイムの支払いを可能にしたのがTangleです。

 

Tangle

Tangleはもつれという意味であり、

複雑なネットワークを利用しています。

 

それによってTangleは従来の仮想通貨と同じように

分散型システムを採用しておりデータの整合性を証明する

第三者が必要ありません。

 

なので承認作業がスムーズに行われて、

リアルタイムの支払いもスムーズにするのを可能にしました。

 

また通信を効率化することによって、

手数料を無料化することが出来るのです。

 

ではIOTAの特徴をもう少し具体的に見てみましょう。

 

IOTAの特徴を徹底解説

IOTAの特徴は取引手数料がかからない事と、

ブロックサイズ問題が存在しない事です。

 

例えば機械で自動で商品を購入できるコンビニが出来たとしましょう。

 

この時に支払いの際にマイクロトランザクションが沢山発生します。

 

このような時にIOTAが活躍するのです。

 

なぜならIOTAは他の仮想通貨に比べて匿名性が高く、

セキュリティーが高いのでデータの改ざんが不可能なのです。

 

DAGを利用している

またIOTAは従来のブロックチェーンとは異なる

DAGというシステムを利用している仮想通貨です。

 

DAGとは

本来ブロックチェーンがネットワーク全体で

ブロックチェーンを共有した時に1つの取引履歴を1つの行動として

保存します。

 

ですがDAGは個々人で別々の取引履歴として

細かく保存されます。

 

これによってDAGはネットワーク全体で定期的に

取引履歴を確定するマイニングのような作業が必要ないのです。

 

つまりDAGを利用することによって、

安い手数料で優秀なスケーラビリティを実現することが出来るのです。

 

IOTAのメリット

IOTAのメリットは先ほどの話のように

手数料が無料で出来る、セキュリティーが高いなど

様々なメリットがありますがその他にもたくさんのメリットが存在します。

 

IOTAのメリット

・手数料が無料

・セキュリティーが高い

・匿名性が高い

・スケーラビリティの問題がない

 

などのメリットがあります。

 

手数料が無料

 

IOTAはDAGのアルゴリズムを採用しています。

 

なのでマイニングが無くて取引手数料が全くかかりません。

 

セキュリティーが高い

 

またIOTAのメリットとしてセキュリティーが高いという事です。

 

Tangleのシステムを用いているので、

取引が増加すればするほど安全性が増加します。

 

またDAGを使用しているので量子コンピューターの

耐性があると言われています。

 

匿名性が高い

 

IOTAの取引は1つ1つの取引に対して毎回アドレスが発行されます。

 

なので取引に用いられたアドレスから

個人が特定されにくい特徴を持っています。

 

スケーラビリティの問題がない

 

IOTAはブロック自体の存在がないので、

 

ブロックサイズ問題であるスケーラビリティ問題もありません。

 

なので仮想通貨の中ではとても画期的な仮想通貨として

注目を集めているのです。

 

IOTAのデメリット

 

ただしIOTAには対応するウォレットが少ないので、

今は仮想通貨取引所のものとIOTA公式の

ウォレットのみとなっています。

 

IOTAは取引処理の効率化を図って、

3進法を用いています。

 

ですがデジタルデバイスのほとんどが

二進法で動いているので二進法から三進法に変換するための

余計なエネルギーもかかっており、互換性が少ないのがデメリットです。

 

では実際にIOTAの今後の将来性はどうなのでしょうか?

 

IOTAの将来性や今後

 

IOTAの今後の将来性を占うには、

DAGが重要になってきます。

 

DAGは取引増加にも耐えるることが出来て、

スケーラビリティ問題も解決可能で取引手数が無料、

送金スピードも早いという仮想通貨の画期的な機能を含めたシステムです。

 

ですがDAGはまだまだ開発されてから日が浅く、

十分な安全が保障されるという確証はまだ残念ながらありません。

 

万が一セキュリティーに問題が発生して

車などがハッキングされてしまえば大惨事になりかねません。

 

現時点ではDAGはまだ問題がありませんが、

今後どうなっていくのか見極めておく必要があります。

 

ただIOTAは台北市と連携して少しずつ市民サービスに発展していっています。

 

これはTangleの技術を利用するために「TangleID」を発行し、

不正投票の排除や行政サービスに個人情報を提供して

連携していく予定です。

 

これが上手くいけば今後世界的にもIOTAが普及して

私たちの日常にIOTAが流通していくでしょう。

 

ではそんな期待されているIOTAは

どこで購入できるのでしょうか?

 

IOTAを取り扱っている取引所は?

 

IOTAはまだ国内取引所で取り扱っていないので、

海外取引所でアカウントを作り、ビットコインやイーサリアム、

リップルなど仮想通貨を日本円で購入して海外に送金しなければいけません。

 

IOTAの購入方法

ステップ1.

日本取引所に口座を開設し、

ビットコイン、やイーサリアム、リップルなどの

取り扱い通貨を購入する

 

ステップ2.

IOTAを取り扱っている海外取引所の

口座を開設して国内取引所から購入した通貨を送金する

 

ステップ3.

送金したビットコイン、イーサリアム、リップルなどで

IOTAを購入する。

 

IOTAを取り扱っている海外取引所

 

IOTAを取り扱っている海外取引所は

BinanceとHitBTCです。

Binance(バイナンス)

Binanceは中国の大手取引所であり、

取り扱い通貨は100種類以上あります。

 

最も取引量が高く、活発に取引をされているので、

IOTAを買いたい方はこちらがお勧めです。

HitBTC

HitBTCは2013年の9月にイギリスで運営されている仮想通貨取引所です。

 

法定通貨との交換はドルとユーロが交換可能となっており、

日本円は対応していないのでビットコインやイーサリアム、

リップルなどの仮想通貨を送金しなければいけません。

 

また取引手数料は0.1%ととても安いので

IOTAを安く購入したいのであればHitBTCがおすすめです。

 

まとめ

 

これまでIOTAについて紹介してきました。

 

IOTAはIoTの問題を改善し、より経済豊かにするために

作られた仮想通貨であり、今後イーサリアムとぶつかる可能性がありますが、

取引手数料が無料で匿名性の高いという画期的な通貨がIOTAです。

 

既に台北市と連携して実用段階まで来ているので、

今後伸びてくる可能性が十分にある期待のできる通貨です。

 

なので今のうちにIOTAは購入しておくことをお勧めします。

関連記事

  1. 誰でもわかりやすくスマートコントラクトを解説

  2. LISK(リスク)とは?特徴や仕組み、今後の将来性などを解説

  3. ハードウォレットで仮想通貨を管理する!レジャーナノ(Ledger Na…

  4. DASH(ダッシュ)とは?特徴や今後の将来性を徹底解説

  5. 仮想通貨TRIG(トリガー)の今後と将来性は?

  6. 時価総額トップ10に入るNEOはどんな通貨!?そしてNEOの今後の将来…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

タグ一覧

bitFlyerのメリット bitFlyerの口コミ bitFlyer評価 DMM Bitcoin 評判 DMM Bitcoinのデメリット DMM Bitcoinのメリット DMM Bitcoinの口コミ GMOコイン Zaifのデメリット Zaifのメリット Zaifの口コミ Zaifの評判 アルトコインが安く買えるビットバンク イーサリアのチャート イーサリアムお得取引所 イーサリアムのチャートから今後を分析 イーサリアムの今後 イーサリアム安く買える取引所 イーサリアム手数料が安い イーサリアム手数料安く買うならここ ビットコインFX ビットバンクとビットバンクトレードの違い ビットバンクの口コミ ビットバンクの評判 ビットバンクトレードの口コミ ビットバンクトレードの評判 ビットバンク株式会社 リップルおすすめ取引所 リップルお得に購入する方法 リップル安いビットバンク リップル手数料安い取引所 仮想通貨いくらから 仮想通貨の今後 仮想通貨を購入するタイミング 仮想通貨を購入する判断材料 仮想通貨今後おすすめ銘柄 仮想通貨初心者いくらから 仮想通貨初心者が登録する取引所 仮想通貨初心者必見 仮想通貨取引所 仮想通貨取引所Zaif 仮想通貨取引所のビットバンクの評価 仮想通貨取引所のビットバンクトレードは 仮想通貨取引所を初心者 仮想通貨取引所を初心者がおすすめ
PAGE TOP