Uncategorized

ハードウォレットで仮想通貨を管理する!レジャーナノ(Ledger Nano S)の使い方


コインチェックのXEM(ネム)流出事件やMT.GOXのい事件を知ったことで仮想通貨の管理面に

多くの人が目を当てるようになりました。

 

この事件が起きるまでは多くの人は取引所やオンラインウォレットで

仮想通貨を管理していましたがハッキングや不正出金などの事件によって、

オフラインウォレット(コールドウォレット)で仮想通貨を管理したいという方も増えているのではないのでしょうか?

 

仮想通貨を取り扱う上で最もっ大事なのがリスクを避けることです。

 

リスク考慮していかないとたった1日で総資産が全てなくなってしまうというケースも考えられます。

 

特に仮想通貨においては

1.ウイルス

2.フィッシング

3.取引所のセキュリティーの弱さ

によって取引所が突然倒産してしまったり、

自分のお金を盗まれてしまったりなど十分に考えられます。

 

そうならないためにも必ず長期保有する銘柄はウォレットに保管しておきましょう。

 

仮想通貨ウォレットを扱う際の注意点

 

まず仮想通貨ウォレットを扱う際の安全性を確保する方法について

どのようなパターンで資産がなくなってしまうのか知っておきましょう。

 

フィッシングサイト

 

これは一時期流行った方法であり、最も一般的な詐欺の形式となっているのが、

フィッシングサイトの詐欺事件です。

 

フィッシングサイトとは精巧なコピーサイトを作って、

データを入力させ、自分のアカウントの情報を盗む法右方です。

 

フィッシングサイトを見分けるためにはドメイン名の正確性に注意し、

類似した文字になっていないか判断しなければいけません。

 

対策としては正しいリンクをブックマークに追加しておいて、

それを使ってサイトにアクセスするのが良いでしょう。

 

ウイルス

 

一般的なウイルスの中にはトロイの木馬(ウイルス名)というものがあります。

 

このウイルスに感染してしまえばパソコンの記録されたすべての

パスワードが他社の手に渡ってしまいます。

 

この時の対策も不明な送信者からのメールのリンクをクリックせずに、

不審なサイトからのファイルをダウンロードしないことが重要です。

 

取引所

 

仮想通貨取引所の信頼性にも注意しましょう。

 

取引所がウォレットをしっかり管理するために

インターネットからのウォレットへのアクセスをほぼ不可能にしなければいけません。

 

まだまだ取引所のセキュリティーは弱く、

この1年でいくつもの取引所がハッキング被害にあったり、

不正出金やDNS攻撃などを食らっています。

 

このようなことにならないように長期的に保有する通貨は必ずウォレットに置いておきましょう。

 

ウォレットには様々な種類があります。

 

ウォレットの種類

・ハードウォレット

・コールドウォレット

・デスクトップウォレット

・オンラインウォレット

です。

 

ハードウォレットとは?

 

ハードウォレットはUSBのような端末の形をしていて、

PCに接続してブラウザからウォレットを利用することが出来ます。

 

ずっとPCに接続しているわけではないので、

たとえPCがハッキングされたり、ウイルスに感染されても、

デバイスと暗証番号が分からなければ仮想通貨を盗むことはできません。

 

ただしデバイスなので破損してしまったり、

紛失してしまうリスクを伴っています。

 

なのでハードウォレットの管理は厳重にしておきましょう。

 

なぜハードウォレットが必要なのか?

 

ハードウォレットはオフラインの環境下で仮想通貨を管理することができ、

ハッキングリスクが最も低い仮想通貨保管方法といわれています。

 

これを見ている方の中にはハードウォレットのメリットやデメリット、

ハードウォレットを購入したいけれどどの製品にすれば良いのかわからない、

購入したいけれどハードウォレットの比較をしたいという方も沢山いるでしょう。

 

そのためにもまずはハードウォレットのメリットや

デメリットを知って様々なハードウォレットを比較していきましょう。

 

ハードウォレットのメリット

 

ハードウォレットのメリット

・ウイルス感染に強い

・取引所が潰れたりハッキングされていても通貨を守ることが出来る

・オフラインでの管理なのでパソコンがハッキングされていても関係ない

などのメリットがあります。

 

では逆にハードウォレットのデメリットは何なのでしょうか?

 

ハードウォレットのデメリット

 

ハードウォレットのデメリット

・購入の費用がかかる

・紛失してしまったり破損してしまうリスクが伴う

・リカバリーなどの管理が大変

などのデメリットがあります。

 

お勧めのハードウォレットは?

 

現在でお勧めできるハードウォレットは5つあります。

 

ハードウォレットの種類

1.Ledger Nano S(レジャー・ナノ・エス)

Ledger社が販売しているフランスのハードウォレットで

5つのハードウォレットの中で最も通貨数が多い。

2.TREZOR(トレザー)

チェコのSatoshiLabs社が販売しているハードウォレットで、

唯一XEM(ネム)の取り扱いをしているのが特徴

3.KeepKey(キープキー)

スイスにあるShapeShift社が販売するハードウォレットで、

画面が大きくて操作性抜群なのが特徴

4.Digital Bitbox(デジタルビットボックス)

スイスのShift Devices AG社が運営しているハードウォレットで

最も価格が安いのが特徴

5.Cool Wallet S(クールウォレットエス)

台湾にあるCoolBit社が運営しているハードウォレットで

カード型のウォレットというのが特徴となっています。

 

ではそれぞれの機能や価格などを一斉に比較していきましょう。

 

ハードウォレット別jの対応通貨を紹介

 

まずはハードウォレットに対応している通貨を比較してみましょう。

 

ハードウォレットの取り扱い通貨を比較

通貨Ledger Nano STREZORKeepKeyDigital BitboxCoolWallet S
Bitcoin

(BTC)

Ethereum

(ETH)

Litecoin

(LTC)

ERC20トークン
Bitcoin Cash

(BCH)

Ripple

(XRP)

Ethereum Classic

(ETC)

Dogecoin

(DOGE)

Namecoin

(NAME)

Dash

(DASH)

Zocash

(ZEC)

Bitcoin Gold

(BTG)

Expanse

(EXP)

UBIQ

(UBQ)

NEM

(XEM)

Bitcoin Testnet
Stratis

(START)

Komodo

(KMD)

Ark

(ARK)

Vertcoin

(VTC)

Viacoin

(VIA)

Neo

(NEO)

Stealthcoin

(XST)

Stellar

(XLM)

Hcash

(HSR)

Digibyte

(DGB)

Qrum

(QTUM)

PivX

(PIVX)

となっています。

 

まとめると

・LEdger Nano S:25種類

・TREZOR:15種類

・KeepKey:7種類

・Digital Bitbox:5種類

・CoolWallet S:6種類

となっています。

 

ではそれぞれのハードウォレットの機能性に関してはどうなのでしょうか?

 

ハードウォレットの機能を徹底比較

 

まずセキュリティー面での機能性に関しては、

PINコードの安全性を高める機能がついているかどうか、

そしてパスフレーズの設定ができるかどうかです。

 

PINコードの安全性を高める機能とは

PINコードの安全性を高める機能があることによって、

手元の動きや数字の配置からPINコードを読み取られるのを防止出来ます。

 

パスフレーズの設定が可能かどうか

パスフレーズとは簡単に言うとウォレットのセキュリティを高めるための機能です。

 

秘密アカウントの作成やウォレットを使う前に必要となるパスワードの役割を果たします。

 

また利便性でいうと複数アカウントの作成が可能かどうか、

トランザクションの手数料の調整が可能かどうかによっても

ハードウォレットの選び方が変わってきます。

 

複数アカウントの作成が可能かどうか

複数アカウントを使い分けれれば、

マイニング専用の受け取り用口座や決済用口座、

貯金用口座などそれぞれの用途別に管理をすることが出来ます。

 

トランザクションの手数料の調整が可能かどうか

多くの仮想通貨はトランザクションの手数料が高いほうが早く承認される傾向にあります。

 

なので急いでの決済の時はトランザクション手数料を

より高く調整することによって側近性のある送金を実行することが出来るのです。

 

それでは機能別にみていきましょう。

 

ハードウォレットの機能性を徹底比較

通貨Ledger Nano STREZORKeepKeyDigital BitboxCoolWallet S
PINコードのセキュリティを高める機能可能可能可能不可能不可能
パスフレーズ可能可能可能可能不可能
複数アカウントの作成不可能可能可能可能可能
トランザクションの手数料調整可能可能不可能可能可能

となっています。

 

利便性やセキュリティーに優れているのはTREZORなので取り扱い通貨が使えるのであれば、

TREZORを検討してみても良いのではないのでしょうか?

 

ハードウォレットの価格を徹底比較

 

ではハードウォレットそれぞれの価格を見ていきましょう。

 

ハードウォレットの価格別で徹底比較

Ledger Nano S(レジャーナノ エス)¥10,349
TREZOR(トレザー)¥11,659
KeepKey(キープキー)¥13,674
Digital Bitbox(デジタルビットボックス)¥7,670
CoolWallet S(クールウォレットエス)¥20,160

となりました。

 

価格で判断するならDigital BitBoxがおすすめです。

 

ハードウォレットの特徴を紹介

 

それではハードウォレットの特徴を見てきましょう。

 

Ledger Nano S(レジャーナノエス)

Ledger Nano S(レジャーナノエス)の特徴

1.XRP(リップル)に対応している

2.1台で4~5種類の通貨しか管理できない(1台で全ての通貨を管理できるわけではない)

 

TREZOR(トレザー)

TREZORの特徴

・NEM(XEM)を保管できる唯一のハードウォレット

 

KeepKey(キープキー)

Keep Keyの特徴

・画面が大きく操作しやすいのでアドレスや送金額の見間違いを防ぐことが出来る

・Shapeshiftと連携し、ハードウォレットから直接通貨を交換できる

 

Digital Bitbox(デジタルビットボックス)

Digital Bitboxの特徴

・MicroSDカードにバックアップデータを保存できる

・ただしMicroSDカードを紛失した場合は復元することが出来ない

 

Cool Wallet S(クールウォレットエス)

CoolWallet Sの特徴

・カード型で携帯しやすい

・ウォッチドッグを機能を搭載し、紛失防止になる

・ワンタイムパスワードなのでセキュリティーが高い

などそれぞれのハードウォレットに特徴があります。

 

まとめ

 

ハードウォレットは絶対に安全というわけではありません。

 

例えば中古品の細工されたハードウォレットを購入し、

仮想通貨の紛失やコンピューターウイルスなどのPCに感染して

中間者攻撃、PINコードの盗難など考えれば様々なリスクが備わっています。

 

なので目的別や用途別に複数のハードウォレットを持っておくと

リスク分散にもつながるのでハードウォレットもそれぞれの用途別に分けるようにしておきましょう。

関連記事

  1. 仮想通貨がオワコンって本当?仮想通貨の市場規模の低下から本質を考えて見…

  2. 高騰しているIOTAという仮想通貨とは?特徴や今後の将来性を徹底解説

  3. 仮想通貨Vechain(VEN)の特徴や2018年の将来性と購入方法

  4. モバイルウォレットでスマホを使って仮想通貨を管理する方法!お勧めのモバ…

  5. 誰でもわかりやすくスマートコントラクトを解説

  6. 話題になっている仮想通貨Golem(ゴーレム)の特徴や将来性とは

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

タグ一覧

bitFlyerのメリット bitFlyerの口コミ bitFlyer評価 DMM Bitcoin 評判 DMM Bitcoinのデメリット DMM Bitcoinのメリット DMM Bitcoinの口コミ GMOコイン Zaifのデメリット Zaifのメリット Zaifの口コミ Zaifの評判 アルトコインが安く買えるビットバンク イーサリアのチャート イーサリアムお得取引所 イーサリアムのチャートから今後を分析 イーサリアムの今後 イーサリアム安く買える取引所 イーサリアム手数料が安い イーサリアム手数料安く買うならここ ビットコインFX ビットバンクとビットバンクトレードの違い ビットバンクの口コミ ビットバンクの評判 ビットバンクトレードの口コミ ビットバンクトレードの評判 ビットバンク株式会社 リップルおすすめ取引所 リップルお得に購入する方法 リップル安いビットバンク リップル手数料安い取引所 仮想通貨いくらから 仮想通貨の今後 仮想通貨を購入するタイミング 仮想通貨を購入する判断材料 仮想通貨今後おすすめ銘柄 仮想通貨初心者いくらから 仮想通貨初心者が登録する取引所 仮想通貨初心者必見 仮想通貨取引所 仮想通貨取引所Zaif 仮想通貨取引所のビットバンクの評価 仮想通貨取引所のビットバンクトレードは 仮想通貨取引所を初心者 仮想通貨取引所を初心者がおすすめ
PAGE TOP