Uncategorized

LISK(リスク)とは?特徴や仕組み、今後の将来性などを解説


仮想通貨と言えばビットコインやイーサリアム、

リップルなど人気の仮想通貨を知っている人はたくさんいると思います。

 

ですが実は上場していないものを含めると

数千種類もの仮想通貨が存在しており、今後成長していき

注目されている仮想通貨の1つにLISK(リスク)という仮想通貨があります。

 

そんなLISK(リスク)の特徴やLISK(リスク)の今後がなぜ伸びるといわれているのか、

紹介していきます。

 

LISK(リスク)とは

 

LISK(リスク)は現在時価総額23位の仮想通貨であり、

ビットコインやイーサリアム、リップルなどの有名な仮想通貨に比べれば、

まだまだ認知度が少ないですが今後LISK(リスク)は成長していくといわれています。

 

LISK(リスク)は2016年の5月に公開されて、

2016年2月から3月にかけてICOを行い、14,000BTC以上の調達に成功しています。

 

LISK(リスク)は分散型アプリケーションプラットフォームであり、

プラットフォーム名はLISKで通貨名はLSKとなります。

 

分散型アプリケーションと聞くとイーサリアムが元になって作られた

通貨だと思われがちですがLISK(リスク)はイーサリアムが元に作られた仮想通貨ではありません。

 

LISK(リスク)のコードはCryptiプロジェクトのOliverのコードがベースとなっており、

発行上限数がないのが特徴です。

 

ではLISK(リスク)はどういった特徴があるのでしょうか?

 

 

LISK(リスク)の特徴

 

LISK(リスク)はイーサリアムを元に作られていませんが、

スマートコントラクトが実装されています。

 

では他にLISK(リスク)の特徴は何があるのでしょうか?

 

LISK(リスク)の特徴

・スマートコントラクトの実装

・分散型アプリケーション型のプラットフォーム

・開発言語に「Javadcript」を使用している

・サイドチェーンを使用している

・DPoSというコンセンサスアルゴリズムを使用

というのがLISK(リスク)の特徴です。

 

それでは1つずつLISK(リスク)の特徴を紹介していきます。

 

スマートコントラクトの実装

 

まずLISK(リスク)にはイーサリアムなどにも実装されているスマートコントラクト機能があります。

 

スマートコントラクトは契約を人の手を介さず自動でプログラムに取引や送金を記録して取引を行うことです。

 

LISK(リスク)もブロックチェーン取引台帳に取引を記載され、

ブロックチェーンに契約と契約を実行する条件を記載すれば、

自動的に契約が行われるので第三者を介さないのでスムーズに取引を行うことが出来ます。

 

分散型アプリケーション型のプラットフォーム

 

分散型アプリケーションはDaPPSとも呼ばれています。

 

DaPPSとは

・誰でも自由に使うことが出来る

・中央管理者がいなくても自律的に動作する

・ブロックチェーンでデータを管理する

・仕様変更やアップデートがユーザーの合意で行われる

といったくものがDaPPSです。

 

これはスマートコントラクトが実装されているから

中央管理者が存在しなくても自動で実行されるのです。

 

開発言語に「Javadcript」を使用している

 

LISK(リスク)の開発言語は「Javadcript」で行われています。

 

Javascriptは世界的に有名なプログラミング言語であり、

使えるエンジニアも多いのでLISK(リスク)の開発は参加しやすくて、

分散アプリケーションを開発しやすいというメリットががあります。

 

サイドチェーンを使用している

 

LISK(リスク)はサイドチェーンを利用しており、

・セキュリティが強い

・ブロック承認までの時間スピードが高速

・柔軟性があり様々なサービスを開発が可能

というメリットがあります。

 

セキュリティが強い

LISK(リスク)はサイドチェーンを利用することによって、

DaPPSの取引の時の記述をメインチェーンではなくてサイドチェーンにすることによって、

ハッキング被害の防止につながっています。

 

これはサイドチェーンを切り離すことによって、

メインチェーンに被害があったとしても対処が可能となり、

イーサリアムなどの他の通貨と比べるとセキュリティに強いというメリットがあるのです。

 

ブロック承認までの時間が早い

またサイドチェーンを使うことによってブロック承認の時間を調整することが出来ます。

 

サイドチェーンを活用したブロック承認時間の短縮手順

1.サイドチェーン所上1度ブロックの承認作業を行う

2.サイトチェーン上の情報をメインチェーンに反映させる

3.メインチェーン上でのブロックの承認時間を短縮出来る

というメリットがあるのです。

 

DPoSというコンセンサスアルゴリズムを使用

 

LISK(リスク)のコンセンサスアルゴリズムはDPoSというものを使っています。

 

DPoSでは取引承認を行う代表者を101人選ばれます。

 

この101人はLISKの保有者による投票で選出されます。

 

そしてこの投票に選ばれた101人は承認者は割り当てられた順番に応じて取引承認を行っていきます。

 

LISKの承認作業はブロック単位ではなくてラウンド制を採用しており、

1ラウンドあたり101個のブロックを採用していきます。

 

承認者が順番にブロックを承認していくのをフォージングと呼びます。

 

ではLISKのメリット、デメリットをそれぞれ見ていきましょう。

 

LISK(リスク)のメリット

 

まずLISK(リスク)のメリットを見ていきましょう。

 

LISK(リスク)はスマートコントラクトを実装しているうえにサイドチェーンをつかっています。

 

なので柔軟性が高いうえに送金詰まりの問題が少ないというメリットがあります。

 

では他にもメリットはあるのでしょうか?

 

LISK(リスク)のメリット

1.柔軟性が高い

2.Javascriptで開発されているので普及されやすい

3.承認スピードが速い

などのメリットがあります。

 

それでは1つずつ見ていきましょう。

 

柔軟性が高い

 

LISK(リスク)はサイドチェーン技術を利用しているので柔軟性が高いのがメリットです。

 

サイドチェーンを利用することによって、

過去の情報やバグなどが生じたときに柔軟に対応することが出来ます。

 

Javascriptで開発されているので普及されやすい

 

またLISK(リスク)の開発言語はJavascriptで作られているので、

多くのエンジニアがLISK(リスク)を開発することが出来るので、

既存の商品やサービスと融合したり、提携することが出来ます。

 

承認スピードが速い

 

LISK(リスク)はサイドチェーンを利用しているので、

イーサリアムのように送金詰まりないので送金するのに遅延もありません。

 

ビットコインの承認作業が10分以上かかるのに対して、

LISK(リスク)の承認時間はわずか10秒で送金は完了します。

 

LISK(リスク)のデメリット

 

では反対にLISK(リスク)のデメリットは何なのでしょうか?

 

LISK(リスク)のデメリットは承認者を設定することが出来るのと、

インフレの恐れがあることです。

 

LISK(リスク)はサイドチェーンによってメインのブロックチェーンとは別で独立しています。

 

これを開発者が承認者を設定することが出来ます。

 

またLISK(リスク)は発行制限がないので、

一部の人によって発行枚数を増やされてしまうとLISK(リスク)の価格が極端に下がります。

 

また他の仮想通貨と比べるとインフレになる可能性があるので注意しましょう。

 

LISK(リスク)の将来性

 

ではLISK(リスク)の今後の将来性はどうなのでしょうか?

 

今後のLISK(リスク)の将来性は長期的に価格が伸びていくのではないかと予想されています。

 

LISK(リスク)が今後伸びていく理由

1.2018年2月20日にリブランディングを開始

2.2018年4月本格始動

3.マイクロソフトと提携

4.BitFlyerに上場

というのがあるからです。

 

では1つずつ見ていきましょう。

 

2018年2月20日にリブランディングを開始

 

まずLISK(リスク)は2018年の2月20日に「リブランディング」が行われました。

 

リブランディングとは認知度を高めてブランドイメージを向上することを目的としています。

 

具体的な施策とはロゴや公式サイトのデザインの変更、

通貨の名前の変更などがあります。

 

LISK(リスク)だけではなく、NEOやDADSHなども昔に

通貨の名前を変更して大きく価格が上昇したという例もあります。

 

2018年4月本格始動

 

2018年4月にはアプリ開発ツールであるSKDの配布が行われて、

LISK(リスク)が誰でも開発することが出来る環境が整いつつあります。

 

また2018年7月に分散型取引所関連の何かを発表する予定です。

 

マイクロソフトと提携

 

LISK(リスク)はMicirosoft Azureと提携を発表し、

LISKブロックアプリケーションプラットフォームをAzureクラウドに導入しました。

 

Azureクラウドプラットフォームを利用してJavascriptデベロッパーにとって、

LISK(リスク)アプリケーションの開発を出来るだけ簡単に実現出来る手段を提供しています。

 

BitFlyerに上場

 

2018年に入ってLISK(リスク)はbitFlyerに上場し、

国内の取引所の2番目の上場を果たしています。

 

日本で上場できるということはLISK(リスク)が信頼性のある

通貨だと認められたことなので今後の価格の上昇に注目です。

 

LISKを購入できる取引所

 

LISKの購入方法は3つあります。

 

1.国内取引所のbitFlyerで購入する

2.changelly(両替サービス)で購入する

3.海外取引所で購入する

という方法です。

 

LISKを購入する方法の選び方は、

1.手数料が高くても安心できる国内取引所絵購入したい人ならbitFyer

2.今すぐにLISKをそこそこの安さで購入したい方はchangelly

3.英語や海外リスクがあってでも、少しでも安く買いたい方は海外取引所を利用

という選び方が1番です。

 

国内取引所でLISKを購入する

 

国内取引所でLISKを取り扱っているのはbitFlyerです。

 

bitFlyerでLISKを購入するには販売所形式でLISKを購入するので、

スプレッドを主とした売買手数料が高いので状況を考えずに、

売り買いを繰り返すとみるみる資産が減っていきます。

 

値動きが激しい日によっては買って売るだけでも

手数料を10%以上持っていかれる可能性があります。

 

ただし国内取引所での中長期保有が一番安全なので、

多くの人がbitFlyerでLISKを購入して保有しているので、

仮想通貨初心者の方にとってはお勧めです。

 

両替サービスchangellyでLISKを購入する

 

両替サービスのchangellyは

・安い!

・早い!

・簡単!

というのが特徴です。

 

またLISK以外にもビットコインやイーサリアム

NEMやNEOなど60種類以上の通貨同士の両替に対応したのがchangellyです。

 

changellyは手数料も一律で安いし、

スピーディーで簡単で口座開設の手間や時間もかからずにLISKを手に入れることが出来ます。

 

海外取引所でLISKを購入する

 

海外取引所でおすすめなのがBinanceという取引所です。

 

Binanceの特徴としては

・全体の取引量が多くて手数料が安い

・バイナンスコインを遣えば手数料が半額になる

・ユーザーの投票によって取り扱い銘柄が決定する

等の特徴があります。

 

なので英語対応でも圧倒的に安くLISKを購入したい場合は

圧倒的に手数料が安いBinanceでLISKを購入しましょう。

 

まとめ

 

LISKの特徴は

・スマートコントラクトの実装

・分散型アプリケーション型のプラットフォーム

・開発言語に「Javadcript」を使用している

・サイドチェーンを使用している

・DPoSというコンセンサスアルゴリズムを使用

というのがあり、今後も間違いなく様々なサービスに実装されて

普及していく通貨の1つだと僕は思っています。

 

なので今回のを参考にしてLISKの価格が上昇するのだと思えば

早めにLISKを購入しておくようにしましょう。

関連記事

  1. 仮想通貨イオス(EOS)の特徴や今後の可能性は?

  2. 誰でもわかりやすくスマートコントラクトを解説

  3. 仮想通貨Stratisの特徴や今後の将来性

  4. 仮想通貨Stellar(ステラ)の特徴や将来性とは

  5. 仮想通貨TRON(トロン)の将来性は!?2017年に暴騰した理由と今後…

  6. OMISEGOの今後がヤバい!?爆上げ確定になるか?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

タグ一覧

bitFlyerのメリット bitFlyerの口コミ bitFlyer評価 DMM Bitcoin 評判 DMM Bitcoinのデメリット DMM Bitcoinのメリット DMM Bitcoinの口コミ GMOコイン Zaifのデメリット Zaifのメリット Zaifの口コミ Zaifの評判 アルトコインが安く買えるビットバンク イーサリアのチャート イーサリアムお得取引所 イーサリアムのチャートから今後を分析 イーサリアムの今後 イーサリアム安く買える取引所 イーサリアム手数料が安い イーサリアム手数料安く買うならここ ビットコインFX ビットバンクとビットバンクトレードの違い ビットバンクの口コミ ビットバンクの評判 ビットバンクトレードの口コミ ビットバンクトレードの評判 ビットバンク株式会社 リップルおすすめ取引所 リップルお得に購入する方法 リップル安いビットバンク リップル手数料安い取引所 仮想通貨いくらから 仮想通貨の今後 仮想通貨を購入するタイミング 仮想通貨を購入する判断材料 仮想通貨今後おすすめ銘柄 仮想通貨初心者いくらから 仮想通貨初心者が登録する取引所 仮想通貨初心者必見 仮想通貨取引所 仮想通貨取引所Zaif 仮想通貨取引所のビットバンクの評価 仮想通貨取引所のビットバンクトレードは 仮想通貨取引所を初心者 仮想通貨取引所を初心者がおすすめ
PAGE TOP