Uncategorized

仮想通貨ライトコインとは?特徴やビットコインとの違いを分析して解説


今や数千種類もある仮想通貨ですが、

その中にライトコインという仮想通貨があるのを知っていますか?

 

ライトコインはビットコインの補助的な役割を果たすために

開発された仮想通貨でアメリカではとても人気なコインがライトコインです。

 

ライトコインが将来的に価格を伸ばしたり、

普及するのはビットコインの価格が上昇するかにかかっているため、

ビットコインの信者がライトコインも購入しています。

 

では実際にライトコインとはどのような通貨なのでしょうか?

 

ライトコインとは

ライトコインはビットフライヤーやコインチェックなど、

様々な有名な国内取引所に人気の仮想通貨です。

 

ライトコインはビットコインの課題を解決するために

作られた通貨です。

 

ではライトコインとビットコインの違いとは

一体何なのでしょうか?

 

ライトコインとビットコインの違い

ライトコインはビットコインの課題を保管するために

作られた通貨なのでライトコインがビットコインと

比較されることがあるのですが実際にライトコインと

ビットコインは何が違うのでしょうか?

 

元Googleエンジニアのライトコイン開発者である

Charlie Lee氏はビットコインを金と扱うなら、

ライトコインは銀と発言しました。

 

ではライトコインとビットコインの違いは

一体何なのでしょうか?

 

ライトコインとビットコインの違い

・発行総量がビットコインの約4倍

・決済スピードの違い

・マイニング難易度の違い

 

というのがあります。

 

発行総量がビットコインの約4倍

 

仮想通貨は市場に通貨が出回り、

流通量が増えると価格が高騰します。

 

これは発行総量の枚数が既に決まっており、

稀少価値がつくからです。

 

つまりこの発行総量が高いと稀少性がなくなり、

価格も上昇しにくいのです。

 

なのでライトコインは

・ビットコインよりも価格が上昇しにくい

・ビットコインよりも価格が安定しやすい

という特徴があります。

 

決済スピードの違い

 

ビットコインとライトコインを比べた時に

最も決定的な違いは決済スピードの速さです。

 

ビットコインは決済や送金されるまでに最低でも10分はかかります。

 

それに比べてライトコインはビット恋にょりもトランザクション時間が、

約4倍のスピードの2.5分です。

 

なのでビットコインの課題を補完して作られた

コインがライトコインと言われているのですね。

 

マイニング難易度の違い

 

 

ビットコインは現在マイニングの難易度が上がって、

個人では中々マイニングが出来ないのが現状です。

 

ですがライトコインは個人でも簡単にマイニングが

行うことが出来るような設計となっています。

 

ライトコインの特徴

 

では実際にライトコインの特徴とは

何なのでしょうか?

 

ライトコインの特徴

・決済に適した仮想通貨

・LitePay(ライトペイ)

・最新仕様や機能をいち早く取り入ている

というのがライトコインの特徴となります。

 

決済に適した仮想通貨

 

先ほども紹介しましたがビットコインのトランザクションの

承認時間は10分であるために、取引完了までに

10分以上の時間が必要でした。

 

ですがライトコインはそういったトランザクションを

改良しており、約2.5分の時間で決済を完了してしまいます。

 

なのでライトコインはビットコインよりも

決済サービスに優れており、実店舗などの決済機能に長けています。

 

LitePay(ライトペイ)

ライトコインにはライトコイン専用の支払い端末があり、

今では日本、アメリカ、中国、ドイツを含む41カ国で

このライトペイを実用化しています。

 

このライトペイはカスタマーからの

請求書をライトコインで支払い、銀行への入金まで

行うことが出来るシステムです。

LitePay(ライトペイ)の特徴

 

・LitePayはBitPayよりも安い取引手数料で且つ高速なトランザクションで決済が可能

・ビットコインよりも発行上限枚数が多いので価格変動の影響を受けずに銀行口座に反映

・ライトペイ専用のデビットカードも今後提供予定

となっています。

 

最新仕様や機能をいち早く取り入ている

 

ライトコインはビットコインを基に作られた通貨なので

他の通貨よりも早くSegwitやライトニングネットワーク、

アトミックスワップなども取り入れています。

ライトコインのセグウィットとは

Segwitはスケーラビリティ問題を解決する

解決方法の一つです。

 

ブロックチェーン技術を利用した仮想通貨で取引が増えていくことに大して

処理が追い付かなく問題が多発しており、価格が上昇するにつれて、

送金詰まりや遅延などが引きおこるスケーラビリティ問題で

去年は話題になりました。

 

ですがSegwitを導入することによって電子署名の部分だけを

別管理することが出来て外部からのトランザクションIDを

変更することが出来なくなります。

 

これによってトランザクション属性の防止が出来て、

取引所やウォレットへの攻撃が出来なくなるのですね。

 

またSegwitはブロックチェーンの取引時間の

能率を促進するのでより速く決済をすることが出来るのです。

 

ではライトコインは今後どうなっていくのでしょうか?

 

ライトコインの今後

 

ライトコインはビットコインよりも実用性があり、

インフラ率もビットコインと同じくらいに設定されています。

 

またビットコインの課題を補うために、

マイニングの一部もマイナー組織に集中しないように、

莫大な電力や高性能なコンピューターを使わなくても

マイニングが出来るように設定されています。

 

なのでビットコインが今後価格上昇するにつれて、

ライトコインも普及し、ライトペイを利用した様々なサービスが今後は生まれるでしょう。

 

ただしライトコインにも問題点があります。

 

ライトコインの問題点

 

それは仮想通貨の市場は株式やFXのように

まだまだ安定していなく、投資よりもギャンブルに近いモノになります。

 

しかもその流れはまだまだ誰にも予想することが出来なくて、

大きく下落するときもあれば突然高騰することもあります。

 

なのでそういったリスクはしっかりと理解しておきましょう。

 

ライトコインを取り扱っている取引所は

 

ライトコインを実際に購入するとなると

仮想通貨取引所で購入するのが一般的でしょう。

 

なのでライトコインを取り扱っている

仮想通貨取引所をそれぞれ紹介していきます。

 

bitfFyer(ビットフライヤー)

bitfFyer(ビットフライヤー)は国内取引所の中でも

とても人気の取引所であり、2017年の7月から

ライトコインの取り扱いをスタートしています。

 

テレビCMでも話題になったり、

広告も費も沢山使って認知度抜群で

多くの人がビットフライヤーで取引をしています。

 

なので流通量も多く初心者がライトコインを

購入するのであればビットフライヤーがおすすめでしょう。

 

GMOコイン

GMOコインはGMOグループが運営している取引所であり、

大手企業が運営しているのでセキュリティも高く、

安心感も高いのが特徴です。

 

取引所やアプリも使いやすく、こちらも初心者の方が

取引するためにお勧めの取引所となります。

 

Bitbank(ビットバンク)

Bitbank(ビットバンク)は仮想通貨取引に慣れた

中級者におすすめの取引所です。

 

先ほど紹介してきたビットフライヤーやGMOコインは

スプレッドと言われる手数料が高く、手数料を乗せた金額で

ライトコインを購入しなければいけません。

 

なので短期トレードには向いていないのですが、

Bitbank(ビットバンク)はオークション形式の指値注文が

出来るので手数料安くライトコインを購入することが出来ます。

 

DMM Bitcoin

ライトコインは最近人気が出てきた

DMMグループが運営している仮想通貨取引所です。

 

ライトコインはレバレッジ取引しかできませんが、

ライトコインのようなアルトコインでレバレッジ取引が出来るのは

国内取引所ではDMM Bitcoinだけです。

 

仮想通貨取引に慣れてきたら

ハイリスクハイリターンであるレバレッジ取引を

DMM Bitcoinで行ってライトコインを増やすのも良いでしょう。

 

まとめ

 

これまでライトコインの事を紹介してきましたが、

ライトコインは「ビットコインの課題を補うために開発された通貨」です。

 

ビットコインが今でもなおシェア率が高く、

王様の座をキープしています。

 

それが続く限りライトコインの価格も上昇していくでしょう。

 

またビットコインよりも承認スピードの早さ、

手数料の安さ、ライトペイなど実用的に作られた通貨なので、

今後もライトコインに期待して早めに購入しておくのをおすすめします。

関連記事

  1. 匿名系の仮想通貨Verge(ヴァージ)とは?特徴や将来性について調べて…

  2. 仮想通貨エイチシェア(HShare)の特徴や今後の将来性

  3. 今から仮想通貨投資をするには遅いのか!?今後の上昇する可能性や将来性に…

  4. 仮想通貨ウェーブス(Waves)とは?特徴や将来性を徹底解説

  5. VISA以上の処理能力を目指す仮想通貨RChain(アールチェイン)の…

  6. 時価総額トップ10に入るNEOはどんな通貨!?そしてNEOの今後の将来…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

タグ一覧

bitFlyerのメリット bitFlyerの口コミ bitFlyer評価 DMM Bitcoin 評判 DMM Bitcoinのデメリット DMM Bitcoinのメリット DMM Bitcoinの口コミ GMOコイン Zaifのデメリット Zaifのメリット Zaifの口コミ Zaifの評判 アルトコインが安く買えるビットバンク イーサリアのチャート イーサリアムお得取引所 イーサリアムのチャートから今後を分析 イーサリアムの今後 イーサリアム安く買える取引所 イーサリアム手数料が安い イーサリアム手数料安く買うならここ ビットコインFX ビットバンクとビットバンクトレードの違い ビットバンクの口コミ ビットバンクの評判 ビットバンクトレードの口コミ ビットバンクトレードの評判 ビットバンク株式会社 リップルおすすめ取引所 リップルお得に購入する方法 リップル安いビットバンク リップル手数料安い取引所 仮想通貨いくらから 仮想通貨の今後 仮想通貨を購入するタイミング 仮想通貨を購入する判断材料 仮想通貨今後おすすめ銘柄 仮想通貨初心者いくらから 仮想通貨初心者が登録する取引所 仮想通貨初心者必見 仮想通貨取引所 仮想通貨取引所Zaif 仮想通貨取引所のビットバンクの評価 仮想通貨取引所のビットバンクトレードは 仮想通貨取引所を初心者 仮想通貨取引所を初心者がおすすめ
PAGE TOP