Uncategorized

モバイルウォレットでスマホを使って仮想通貨を管理する方法!お勧めのモバイルウォレットは!?


ビットコインやイーサリアム、リップルを購入した時に重要になってくるのが、

その通貨の管理方法です。

 

すぐに出金したり、トレードをするならば

取引所でも良いかもしれませんが、中期、長期保有をするのであれば、

ウォレットでの保管がお勧めです。

 

ウォレットを使うことによって、

送金などの取引も簡単に出来て、そんな便利なウォレットの中でも、

さらにスマホだけで管理できるととても楽ですし、

どこに行っても資産を確認することが出来るので安心ですよね。

 

それを可能にしたのがモバイルウォレットです。

 

今回はモバイルウォレットの特徴やメリット、

デメリットを紹介していきます。

 

モバイルウォレットとは

 

モバイルウォレットとは仮想通貨を使用するのに必要な

秘密鍵やアドレスなどの情報をスマートフォンのアプリで管理する

ウォレットの1つです。

 

秘密鍵とは

秘密鍵とは仮想通貨の所有者だけが知っている文字列の事で、

銀行口座でいう暗証番号に当たります。

 

仮想通貨を使用するには必ず秘密鍵が必要不可欠です。

 

ブロックチェーンなどの台帳で管理されている

仮想通貨は秘密鍵とアドレスがあることで使用権が証明され、

仮想通貨を引き出したり送金することが出来るようになります。

 

モバイルウォレットの仕組み

 

モバイルウォレットの仕組みは仮想通貨の自分のアドレスという

秘密鍵をまずは作らなければいけません。

 

この鍵が無ければ自分のウォレットという事を証明できませんし、

仮想通貨を移動したり売買することはできません。

 

家に入るために鍵が必要なのと同じですね。

 

この秘密鍵はスマホ内で管理されており、

ウェブウォレットほどハッキングのリスクもなく、

スマホなのでどこでも持ち運ぶことに優れています。

 

では一体モバイルウォレットのメリットとは

何なのでしょうか?

 

モバイルウォレットのメリット

 

モバイルウォレットはスマホで自分の仮想通貨を

管理することが出来るアプリです。

 

なのでモバイルウォレットのメリットは、

・どこでもいつでも手軽に決済できる

・アプリの評価を見て安全かどうかが一目でわかる

 

などのメリットがあります。

 

どこでもいつでも手軽に決済できる

 

モバイルウォレットの他にも仮想通貨を保管するための

ウォレットはデスクトップウォレットがあります。

 

ですがデスクトップウォレットは

PCがないと持ち運ぶことが出来ないので、

手軽にウォレットの中を確認することが出来ません。

 

ですがモバイルウォレットであれば、。

持ち運びしやすくいつでもどこでも取引を行うことが出来ますし、

残高を確認することが出来ます。

 

店舗での支払いを簡単にできる

 

最近ではビットコインやネムなど店舗で仮想通貨決済をすることが出来る

お店が増えてきました。

 

ビックカメラをはじめ、他にもレストランや飲食店、美容など

様々な所で仮想通貨決済を導入しています。

 

なおでスマホがあればそういった仮想通貨決済を導入している

店舗でも気軽に買い物をすることが出来るのです。

 

バーコードを見せるだけなので支払いがとても簡単

 

また支払い方法もとても簡単で

店舗で商品を購入したり、サービスを使った場合に

お店のスタッフの人が見せるバーコードを

自分のウォレットに読み込むだけで簡単に決済することが出来ます。

 

また海外に行っても仮想通貨は世界共通のお金なので、

仮想通貨決済に対応していれば同じ方法で仮想通貨を決済することが出来るので、

とても便利です。

 

スマホ1台だけで全てを完結することが出来ますね。

 

アプリの評価を見て安全かどうかが一目でわかる

 

モバイルウォレットはアプリなので、

「App store」や「Googleplay」等で入手することが出来ます。

 

なのでその際に実際に使ってみた感想や口コミ、レビューを見ることが出来るので、

評価の高い安全なモバイルウォレットを選ぶことが出来ます。

 

ではモバイルウォレットのデメリットとは

一体何なのでしょうか。

 

モバイルウォレットのデメリット

 

モバイルウォレットのデメリットとしては、

・セキュリティの危険性がある

・スマホの故障や紛失で資産を失う可能性がある

・まだアルトコイン対応のウォレットが少ない

などのデメリットがあります。

 

セキュリティの危険性がある

 

1つ目はセキュリティの危険性です。

 

モバイルウォレットはスマホにアプリを入れて

持ち運びも簡単にできるのがメリットです。

 

ですがその分、紛失してしまったときに

他の人間に不正利用されたり、少ないですが

ハッキング被害にあって資産を盗まれる可能性も考えられます。

 

スマホの故障や紛失で資産を失う可能性もある

 

モバイルウォレットはスマホが壊れたり、

電源が入らなかったり画面が割れてボタンが押せなくなってしまえば、

初期化しなければいけません。

 

その時に万が一バックアップを取っていないと資産を全て失ってしまいます。

 

なのでまずはバックアップを取ってリスクをしっかりと

回避するようにしておきましょう。

 

まだアルトコイン対応のウォレットが少ない

 

最後のモバイルウォレットのデメリットは、

アルトコイン対応のウォレットがまだまだ少ない事です。

 

モバイルウォレットを開発しても、

AppleやGoogleの審査に通らなければ多くの人に

ダウンロードしてもらうことが出来ません。

 

またアルトコイン向けのウォレットはまだまだ

審査が厳しいのが現状でアルトコインに対応したウォレットの

数はどうしても少なくなってしまうのです。

 

モバイルウォレットの注意点は!?

 

モバイルウォレットは先ほどメリット、デメリットを

出しましたが使いやすくてせきゅりてぃの高いモバイルウォレットを

選ぶようにしましょう。

 

モバイルウォレットの注意点

・決済機能の高いウォレットを選ぶ

・セキュリティの高いウォレットを選ぶ

 

というのが必要になってきます。

 

決済機能の高いウォレットを選ぶ

 

仮想通貨をモバイルウォレットに入れている多くの方は

きっと電子マネーや財布のように決済する目的で入れている方も

沢山います。

 

なので決済するときに手軽に決済をすることが出来るように、

機能性の高いモバイルウォレットを選ぶようにしましょう。

 

中には取引所と連携しているモバイルウォレットも沢山あり、

スマホ1つで仮想通貨決済をすることが出来るアプリも沢山あります。

 

セキュリティの高いウォレットを選らぶ

 

またスマホを紛失しても資産を簡単に盗まれないように

二段階認証やバックアップのできるモバイルウォレットを選んで

セキュリティをしっかりと強化しておきましょう。

 

人気のモバイルウォレットを紹介

 

ではお勧めのモバイルウォレットは

どのようなものがあるのでしょうか。

 

モバイルウォレットの種類はとても多く、

実際にお勧めできるモバイルウォレットを厳選して

紹介していきます。

 

Bread Wallet

 

Bread WalleはbitFlyerが出資している

モバイルウォレットであり、最初の初期設定も

簡単にできてすぐに使うことが出来ます。

 

またシンプルで無駄な機能がなくて、

送金手手数料も自動的に決めてくれるために、

「はじめてウォレットを使う」、「仮想通貨を最近始めたばかり」という人に

お勧めなウォレットです。

 

またサーバーを使わずにビットコインネットワークに

接続することが出来るので、サーバー攻撃をされることもなく、

セキュリティが高いのも特徴です。

 

Blockchain

 

もう一つはモバイルウォレットで有名な

Blockchainです。

 

このモバイルウォレットは利用者数が多くて、

2015年には400万ウォレットが発行され、

2016年には取引高が1億を超えています。

 

Blockchainのメリットは

使い勝手がとても良くてページがシンプルで

とても見やすいため管理しやすいのが特徴です。

 

さらに最大の取引量を誇っている

モバイルウォレットであり、セキュリティ面でも

二段階認証で不正な利用を防ぐことが出来たり、

バックアップ用のフレーズが発行されるためため、

端末をなくした場合でもそれを利用してデータを

他の端末に復元することも出来ます。

 

またビットコインをイーサリアムに変換することも出来て、

両方の仮想通貨を所有している場合はどちらも1つのアプリで

管理することが出来ます。

 

Coinomi

 

Coinomiは70種類上の仮想通貨に対応している

モバイルウォレットです。

 

対応通貨はビットコインやイーサリアム、ビットコインキャッシュ、

ライトコイン、ドージコイン、ヴァージなどマイナーなコインにも対応している

野がメリットです。

 

またセキュリティやバックアップも等のリスク対応もしっかりしており、

アルトコインをモバイルウォレットで持ち歩きたい人にはお勧めです。

 

まとめ

 

モバイルウォレットは持ち運びに便利ですが、

まだまだ対応しているアルトコインが少ないのが現状です。

 

ですが将来的に仮想通貨が日常生活に浸透して、

決済などが当たり前になるとモバイルウォレットも必需品になって

アルトコインに対応するモバイルウォレットも増えてくるでしょう。

 

仮想通貨は今のところ右肩上がりとなっていますが、

全ての資産を仮想通貨に換えるのではなくて余剰資金で

運用するようにしましょう。

関連記事

  1. 仮想通貨バイトコインの特徴や将来性は?

  2. 仮想通貨のブロックチェーンを初心者にもわかりやすく解説

  3. 今から仮想通貨投資をするには遅いのか!?今後の上昇する可能性や将来性に…

  4. OMISEGOの今後がヤバい!?爆上げ確定になるか?

  5. 仮想通貨Stratisの特徴や今後の将来性

  6. 取引所のBinanceにあるバイナンスコインの特徴や仕組み、購入方法

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

タグ一覧

bitFlyerのメリット bitFlyerの口コミ bitFlyer評価 DMM Bitcoin 評判 DMM Bitcoinのデメリット DMM Bitcoinのメリット DMM Bitcoinの口コミ GMOコイン Zaifのデメリット Zaifのメリット Zaifの口コミ Zaifの評判 アルトコインが安く買えるビットバンク イーサリアのチャート イーサリアムお得取引所 イーサリアムのチャートから今後を分析 イーサリアムの今後 イーサリアム安く買える取引所 イーサリアム手数料が安い イーサリアム手数料安く買うならここ ビットコインFX ビットバンクとビットバンクトレードの違い ビットバンクの口コミ ビットバンクの評判 ビットバンクトレードの口コミ ビットバンクトレードの評判 ビットバンク株式会社 リップルおすすめ取引所 リップルお得に購入する方法 リップル安いビットバンク リップル手数料安い取引所 仮想通貨いくらから 仮想通貨の今後 仮想通貨を購入するタイミング 仮想通貨を購入する判断材料 仮想通貨今後おすすめ銘柄 仮想通貨初心者いくらから 仮想通貨初心者が登録する取引所 仮想通貨初心者必見 仮想通貨取引所 仮想通貨取引所Zaif 仮想通貨取引所のビットバンクの評価 仮想通貨取引所のビットバンクトレードは 仮想通貨取引所を初心者 仮想通貨取引所を初心者がおすすめ
PAGE TOP