Uncategorized

仮想通貨のモネロとは?特徴や将来性を解説


数千種類のある仮想通貨の中で

時価総額上位に位置して匿名性の高い

モネロと呼ばれる仮想通貨をご存知ですか?

 

今回はそんなモネロの特徴や今後の将来性、

モネロの仕組みなどを紹介していきます。

 

仮想通貨のモネロとは

モネロはエスペラント語でコインを意味し、

2014年の4月に公開されたアルトコインの1つです。

 

モネロは匿名性の高い人気の仮想通貨であり、

ビットコインに必要なソースコードは全く必要とせずに、

CryptoNoteというプロトコルに基づく、オープンソースの

PoWを使っています。

 

CryptoNightとは

 

CryptoNightは匿名性に特化したアルゴリズムであり、

「リング署名」という技術を使ったものです。

 

リング署名とはグループの一員なら誰でも

署名をすることが可能であり、検証者に対して匿名性が保証できるデジタル署名の1つです。

 

取引情報から流通ルートは自体が特定できないように設計されており、

現在では匿名性が改良された「ワンタイム著名」が使われています。

 

ワンタイムリング著名でミキシングとワンタイムキーを

組み合わせることによって取引が追跡不可能となります。

 

ではモネロの特徴とはいったい何なのでしょうか?

 

モネロの特徴

モネロは2017年の8月に世界最大の取引を誇る

韓国の仮想通貨取引所のbithum(ビッサム)での取り扱いを開始し、

それによって話題になりました。

 

ではそんなモネロの特徴とはいったい何なのでしょうか?

 

モネロの特徴

・匿名性、安全性が高い

・取引スピードが速い

・ブロックサイズ制限がない

・違法取引に使用される可能性がある

という特徴があります。

 

匿名性、安全性が高い

 

モネロの特徴として匿名性が高い

仮想通貨だと言われており、その秘密は他の仮想通貨と

モネロのアルゴリズムが違っている事です。

 

モネロは先ほど紹介したCrptoNoteと呼ばれるアルゴリズムを使用しています。

 

仮想通貨で取引をするときは個人個人に与えらえれた

秘密鍵を使ってそれぞれ取引を行います。

 

ですがビットコインやイーサリアムなどは、

簡単に個人を特定できてしまうという問題がありました。

 

ですがモネロは個人に与えられた秘密鍵を複数まとめることで、

鍵束を作ってこの鍵束を使って取引に使用することで誰が著名したのか

個人を特定できないようにしました。

 

しかもこれはワンタイムアドレスになっており、

取引をする度に毎回鍵束が変わるのでモネロは匿名性の高い

仮想通貨でセキュリティーも高く安全性があるといわれているのです。

 

取引スピードが速い

 

例えばビットコインであれば取引や決済、送金時間は

10分ほどかかってしまいます。

 

確かに従来の海外送金システムなどは数日から1週間かかることもあり、

それと比べると圧倒的なスピードなのですが決済サービスとしてはまだまだ

スピードが遅いのが特徴です。

 

ですがモネロ出はビットコインよりもスムーズに取引することが出来て、

たった2分で取引を完了してしまいます。

 

ブロックサイズ制限がない

 

またモネロにはブロックサイズ制限がないので、

一度に大量の取引をすることが可能となっています。

 

ビットコインの場合は1つのブロックサイズが2MBという

制限がありますが、モネロにはそういったものもなく、

スケーラビリティ問題を解決します。

 

違法取引に使用される可能性がある

 

ただしモネロは匿名性が高い通貨としてが売りなのですが、

匿名性の高いコインは「AlphaBay」というオンラインマーケットにも

使用されています。

 

AlphaBayとはダークマーケットと呼ばれるサイトであり、

普通の人は見ることが出来ませんが、闇市場での違法な売買にも使われているのです。

 

匿名性が高いという事は取引記録が記録されないので、

ハッキングで盗んだ情報をモネロを使って要求するという事もあります。

 

モネロの将来性は?

モネロは匿名性の高い通貨なので取引履歴を

記録することがありません。

 

確かに技術面でいえば十分な実用性に秘めた通貨ですが、

金融庁や政府機関がモネロを認めるのかどうかによって

今後大きくモネロの存在意義が変わってきます。

 

モネロが金融庁に認めらせれれば将来性的にも

大きく価格が上昇していくのは間違いありません。

 

モネロの購入方法

 

前まではこくない取引所のコインチェックがモネロを使っていましたが、

今は国内取引所でモネロを扱っている所はありません。

 

なのでモネロを購入したい場合は、

海外取引所にビットコインやイーサリアム、リップルなどを

送金してからモネロを取り扱っている

海外取引所で購入する必要があります。

 

モネロの購入方法

ステップ1.

日本取引所に口座を開設し、

ビットコイン、やイーサリアム、リップルなどの

取り扱い通貨を購入する

ステップ2.

モネロを取り扱っている海外取引所の

口座を開設して国内取引所から購入した通貨を送金する

ステップ3.

送金したビットコイン、イーサリアム、リップルなどで

モネロを購入する。

 

モネロを取り扱っている海外取引所

 

モネロを取り扱っている海外取引所は

BinanceとPoloniex、Bittrex、Bitfinex、HitBTC、bithumbです。

Bittrex

Bittrexは約200種類の仮想通貨を取り扱っており、

世界最大級の仮想通貨取引所です。

 

ここではモネロの取引が60%ほど行われており、

モネロを売買したいのであればBittrexのアカウントを

解説しておきましょう。

Binance(バイナンス)

Binanceは中国の大手取引所であり、

取り扱い通貨は100種類以上あります。

 

最も取引量が高く、活発に取引をされているので、

モネロを買いたい方はこちらがお勧めです。

Poloniex

Poloniexも世界最大級の仮想通貨取引所であり、

Bittrexよりも手数料やすくモネロを購入することが出来ます。

 

モネロを安く購入したいのであれば、

Poloniexがお勧めです。

Bitfinex(ビットフィネックス)

Bitfinexは香港の仮想通貨取引所であり、

米ドルを使った取引高においては世界1位を記録している

世界でも人気の取引所です。

HitBTC(ヒットビーティーシー)

HitBTCはイギリスの仮想通貨取引所であり、

ICO仮想通貨に強いのが特徴です。

Bithumb(ビッサム)

Bithumb(ビッサム)は韓国の取引所であり、

韓国国内シェアが60%を誇っており、世界的にも有望視されている取引所です。

 

まとめ

 

これまでモネロの仕組みや特徴、ビットコインとの違いについて話してきました。

 

政府機関で匿名性の仮想通貨が認められれば

ポテンシャルは秘めているので間違いなく価格が上昇する

仮想通貨がモネロです。

 

時価総額も高くポテンシャルの高い通貨なので、

今後の事を考えて少額でも良いのでモネロを

買っておくのも良いでしょう。

関連記事

  1. 仮想通貨市場が暴落した理由を考察!仮想通貨の今後の可能性は?

  2. 仮想通貨バイトコインの特徴や将来性は?

  3. OMISEGOの今後がヤバい!?爆上げ確定になるか?

  4. 仮想通貨Vechain(VEN)の特徴や2018年の将来性と購入方法

  5. 仮想通貨イオス(EOS)の特徴や今後の可能性は?

  6. ビットコインゴールドの特徴や将来性、購入方法を解説

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

タグ一覧

bitFlyerのメリット bitFlyerの口コミ bitFlyer評価 DMM Bitcoin 評判 DMM Bitcoinのデメリット DMM Bitcoinのメリット DMM Bitcoinの口コミ GMOコイン Zaifのデメリット Zaifのメリット Zaifの口コミ Zaifの評判 アルトコインが安く買えるビットバンク イーサリアのチャート イーサリアムお得取引所 イーサリアムのチャートから今後を分析 イーサリアムの今後 イーサリアム安く買える取引所 イーサリアム手数料が安い イーサリアム手数料安く買うならここ ビットコインFX ビットバンクとビットバンクトレードの違い ビットバンクの口コミ ビットバンクの評判 ビットバンクトレードの口コミ ビットバンクトレードの評判 ビットバンク株式会社 リップルおすすめ取引所 リップルお得に購入する方法 リップル安いビットバンク リップル手数料安い取引所 仮想通貨いくらから 仮想通貨の今後 仮想通貨を購入するタイミング 仮想通貨を購入する判断材料 仮想通貨今後おすすめ銘柄 仮想通貨初心者いくらから 仮想通貨初心者が登録する取引所 仮想通貨初心者必見 仮想通貨取引所 仮想通貨取引所Zaif 仮想通貨取引所のビットバンクの評価 仮想通貨取引所のビットバンクトレードは 仮想通貨取引所を初心者 仮想通貨取引所を初心者がおすすめ
PAGE TOP