仮想通貨一覧

仮想通貨Nano(ナノ)とは?特徴や仕組み、購入方法を解説


2018年に入ってから本当に多くの仮想通貨が増えている中、

Nano(ナノ)という仮想通貨は知っていますか?

 

Nano(ナノ)はシンプルな機能なアルトコインであり、

スケーラビリティ問題の解決やブロックチェーンとは違うDAGの採用など様々なNano(ナノ)の特徴があります。

 

今回はそんなNano(ナノ)の特徴や将来性、

購入方法などを紹介していきます。

 

Nano(ナノ)とはどんな仮想通貨?

 

Nano(ナノ)は2018年2月にリブランディングによって生まれた通貨であり、

前までは「RaiBlocks」と呼ばれる通貨でした。

 

この通貨はリブランディング前の時から優秀な通貨として

評判があり、海外大手取引所のBinanceで毎月行われる上場通貨を決める

投票でも1位に選ばれる実績を持っています。

 

なので2018年に注目すべき通貨として世間に最も人気がある通貨がNano(ナノ)なんですね。

 

ではそんなNano(ナノ)の特徴とはどんなものがあるのでしょうか?

 

Nano(ナノ)の特徴

 

Nano(ナノ)の特徴をこれから紹介していきます。

 

Nano(ナノ)の特徴

・スケーラビリティが高い

・DAGの仕組みを採用

・手数料が無料

などの特徴があります。

 

まずNanoの特徴を話す前にビットコインの問題点を

お話していきます。

 

ビットコインの問題点

 

ビットコインは2017年にCMやニュースなどで

とても多くの人が認知して一気に有名となりました。

 

そこで生じた問題がいくつかあります。

 

ビットコインの問題点

・スケーラビリティの低さ

・取引承認時間の長さ

・取引手数料の高騰化

・マイニングにかかる莫大な消費電力

 

という問題があります。

 

そういった問題を解消するために作られたのが

Nano(ナノ)と呼ばれる仮想通貨です。

 

スケーラビリティが高い

 

Nano(ナノ)はブロックチェーン技術を用いずに、

DAGと呼ばれる技術を用いているので超高速送金を可能とします。

 

Nano(ナノ)はここのアカウントでネットワークと非同期的に

トランザクションが更新していく為にネットワーク全体が全てのレジャーを大量のブロックで更新する必要はありません。

 

なのでトランザクションが当該口座に素早く反映されるので、

即座の送金が可能となっています。

 

Nano(ナノ)はなんとリップルよりも送金スピードが速く

超高速送金を可能としています。

 

DAGの仕組みを採用

 

Nano(ナノ)では他の仮想通貨のブロックチェーンとは少し違います。

 

DAGと呼ばれる新技術がNano(ナノ)には搭載されており、

IOTAやbyteball、ADKでも採用されている技術です。

 

この技術を搭載している仮想通貨はどれも発行日よりも

大幅に価格を上げており、DAGを採用しているだけでもかなり高い注目を得ています。

 

DAGとは

DAGとは有向非巡回グラフと呼ばれる向きがあって巡回しないように、

取引が複数のチェーンにつながれている形で取引を記録していきます。

 

ブロックチェーンではブロックをチェーンで一本につなぎ、

一方向につなぎ足すことによってブロックにある複数の取引データを記録します。

 

ですがDAGでは1つの取引データを一方向に複数繋ぐことによって、

取引を記録していきます。

 

Nano(ナノ)のDAG技術は各アカウントが自身に関連するトランザクションをまとめてブロックチェーン形式で取引履歴を管理します。

 

これによって自身が正しく取引データを保存していれば二十支払い問題は起こらないと言われています。

 

ビットコインのブロックチェーンとDAGの違い

仮想通貨のシステムは

・BTC:ブロックチェーン

・ETH:スマートコントラクト

・LISK:サイドチェーン

・IOTA、NANO:DAG

となっています。

 

分かりやすく言うとブロックチェーンは1つの改札しかない状態ですが、

DAGはその人専用の改札があるのでスムーズに改札を通ることが出来るという事です。

 

手数料が無料

 

Nano(ナノ)はプロトコルが非常に軽量であるのに加えて、

送金トランザクションを2つに分けるために1つ当たりのサイズがとても小さいのが特徴です。

 

さらにノードはほとんどのアカウントチェーンブロックを記録して、

ほとんど維持費がかからずに送金手数料が無料となっています。

 

またNano(ナノ)のコンセンサスアルゴリズムはdPosと呼ばれる

アルゴリズムを用いられています。

 

dPosは仮想通貨の保有者による投票を使って取引の承認者が選出され、

選出された承認者がブロックを承認していきます。

 

では今後Nano(ナノ)の将来性はどうなっていくのでしょうか?

 

Nano(ナノ)の今後や将来性は?

 

Nano(ナノ)の特徴は何といっても送金手数料がかかることなく、

超高速送金することが可能という事です。

 

これによってNano(ナノ)を使う事はネットワークやITなどのインフラを利用した

企業にとって大きなメリットがあります。

 

もし大手のIT企業がNano(ナノ)を実用的に取り入れれば

今後確実にNano(ナノ)の価格は高騰するでしょう。

 

ですがNano(ナノ)はまだまだ進化を続けている仮想通貨であり、

Nano(ナノ)のコードのバグや脆弱性を見つけたユーザーに対して

報酬を支払ったり、軽快なウォレットを開発したり、チェーンのサイズを

縮小するプロジェクトも行っています。

 

なので2018年以降から本格的にNano(ナノ)が様々な所で活用されて、

大きく化けていくかもしれません。

 

Nano(ナノ)の購入方法

 

ではNano(ナノ)はどこで購入することが出来るのでしょうか?

 

Nano(ナノ)はまだ国内取引所では取り扱っていなくて、

海外の取引所を利用する必要があります。

 

海外で取り扱っている取引所は

Binance(バイナンス)、KuCoin(クーコイン)、OKEx、Bit-Z(ビットジー)などです。

 

Nano(ナノ)の購入方法

 

ステップ1.

日本取引所に口座を開設し、

ビットコイン、やイーサリアム、リップルなどの

取り扱い通貨を購入する

 

ステップ2.

Nano(ナノ)を取り扱っている海外取引所の

口座を開設して国内取引所から購入した通貨を送金する

 

ステップ3.

送金したビットコイン、イーサリアム、リップルなどで

Nano(ナノ)を購入する。

 

2Nano(ナノ)を取り扱っている海外取引所

 

Nano(ナノ)を取り扱っている海外取引所は

Binance(バイナンス)、KuCoin(クーコイン)、OKEx、Bit-Z(ビットジー)などです。

 

Binance(バイナンス)

Binanceは中国の大手取引所であり、

取り扱い通貨は100種類以上あります。

 

最も取引量が高く、活発に取引をされているので、

Nano(ナノ)を買いたい方はこちらがお勧めです。

 

KuCoin(クーコイン)

KuCoin(クーコイン)は香港にある仮想通貨取引所であり、

KuCoin(クーコイン)にしか上場していない仮想通貨も沢山あります。

 

またKuCoin(クーコイン)独自のトークンである、

KCSでNano(ナノ)を購入すると手数料が安く購入できるので、

KuCoin(クーコイン)で購入するのもお勧めです。

 

OKEx(オーケーイーエックス)

OKEx(オーケーイーエックス)は香港を拠点とする仮想通貨取引所であり、

取り扱い通貨も90種類と多く、取引量や流動性が高いという特徴があります。

 

Bit-Z(ビットジー)

Bit-Z(ビットジー)も後発組ながらバイナンスなどの大手取引所の

いいところ取りをしている人気急上昇の海外取引所です。

 

バイナンスのように手数料も安く多数のICOトークンを取り扱うことが出来ます。

 

まとめ

 

これまでNano(ナノ)の特徴から仕組み、購入できる取引所などを紹介してきました。

 

Nano(ナノ)の魅力的なところはDAGによって送金スピードを飛躍的にアップさせ、

手数料を無料にしているところから今後大きく飛躍していくかもしれません。

 

またNano(ナノ)を基準にしてスケーラビリティが改善されて、

マイニングの在り方も大きく変わっていく可能性が高いです。

 

なので今後のNano(ナノ)の動向に注目しておきましょう。

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

タグ一覧

bitFlyerのメリット bitFlyerの口コミ bitFlyer評価 DMM Bitcoin 評判 DMM Bitcoinのデメリット DMM Bitcoinのメリット DMM Bitcoinの口コミ GMOコイン Zaifのデメリット Zaifのメリット Zaifの口コミ Zaifの評判 アルトコインが安く買えるビットバンク イーサリアのチャート イーサリアムお得取引所 イーサリアムのチャートから今後を分析 イーサリアムの今後 イーサリアム安く買える取引所 イーサリアム手数料が安い イーサリアム手数料安く買うならここ ビットコインFX ビットバンクとビットバンクトレードの違い ビットバンクの口コミ ビットバンクの評判 ビットバンクトレードの口コミ ビットバンクトレードの評判 ビットバンク株式会社 リップルおすすめ取引所 リップルお得に購入する方法 リップル安いビットバンク リップル手数料安い取引所 仮想通貨いくらから 仮想通貨の今後 仮想通貨を購入するタイミング 仮想通貨を購入する判断材料 仮想通貨今後おすすめ銘柄 仮想通貨初心者いくらから 仮想通貨初心者が登録する取引所 仮想通貨初心者必見 仮想通貨取引所 仮想通貨取引所Zaif 仮想通貨取引所のビットバンクの評価 仮想通貨取引所のビットバンクトレードは 仮想通貨取引所を初心者 仮想通貨取引所を初心者がおすすめ
PAGE TOP