Uncategorized

時価総額トップ10に入るNEOはどんな通貨!?そしてNEOの今後の将来性


2017年の年末に2018年からは間違いなく高騰すると

期待されていた仮想通貨の一つであるNEO(ネオ)。

 

そんなNEOとはどんな通貨なのか、

実際に調べてみました。

 

NEO(ネオ)とは

 

 

NEO(ネオ)は中国初のパブリックチェーンとして、

2015年にICOが行われた仮想通貨です。

 

NEOは分散型ネットワークでスマートコントラクトを

導入しており、デジタル資産を自己管理することを目指しています。

 

ではNEOの特徴はどのようなものだったのでしょうか。

 

NEO(ネオ)の特徴

 

 

NEOは中国発のブロックチェーンであり、

NEOとGASの2つのトークンが存在しています。

 

NEOの特徴

・中国発の仮想通貨

・NEOとGASの2つのトークンが存在している

・コンセンサスメカニズムにDBFTが使用されている。

という特徴があります。

 

中国発の仮想通貨

 

NEOは中国で開発された仮想通貨であり、

スマートコントラクト開発などが可能なことから、

「中国版イーサリアム」と呼ばれています。

 

またNEOにはイーサリアムと同じく、

ブロックチェーン上で全てのスマートコントラクトを

動かしているので取引情報等をデータ改ざんすることなく、

全て保存することが出来るのがNEOです。

 

ただし中国当局は国内の取引閉鎖やICOコインの開発禁止など、

自国の仮想通貨市場に様々な圧力を加えてきました。

 

なので今後も中国からNEOの開発、

運用を規制される可能性は十分にあります。

 

NEOとGASの2つのトークンが存在している

 

 

NEOには2つのトークンがネイティブトークンがあり、

NEOとNEOGasの2つのトークンが存在しています。

 

この2つのトークンの役割は

NEOが株式でGASが配当というイメージです。

 

GASはNEOの使用料や報酬として支払われるトークンです。

 

NEOはトークンとスマートコントラクトの運用と保管を請求して、

簿記担当者に経済的インセンティブを与えてリソースの乱用を防止します。

 

コンセンサスメカニズムにDBFTが使用されている。

 

またNEOはコンセンサスメカニズムにDBFT使われています。

 

DBFTとは代理投票による大規模参加を可能にする

コンセンサスメカニズムであり、NEOトークンの所有者が

投票することによってDBFTアルゴリズムを介して、

コンセンサスに達して新しいブロックが生成されます。

 

DBFTはわかりやすくいうとP2Pネットワークに

ビザンティン問題という問題がついており、

NEOのDBFTはこの問題にとても強いですい。

 

ビザンティン問題とは分散型ネットワークの場合、

個人では完結されずに複数人でネットワークを構成することになり、

分散型ネットワークの場合は個人では完結されずに複数人でネットワークを

構成しています。

 

なので誰かが裏切ってしまったり、

誤操作を起こす可能性があります。

 

これをビザンティン問題と言います。

 

ですがNEOにはDBFTにはブロックを確認する

管理者みたいなものがあります。

 

これによってブロックによる裏切りがいないかを

常に監視してくれているのです。

 

ではイーサリアムとの違いは一体何なのでしょうか。

 

NEO(ネオ)とイーサリアムの違い

 

NEOはイーサリアムと同じく、

「スマートコントラクトの浸透した世界を目指す」という目標を

掲げており、基本的な構造はイーサリアムと同じです。

 

NEOがイーサリアムよりも優れている所は、

・処理能力が高い

・開発言語が豊富

・中国独自の経済圏の確立

・独自のブロックチェーン技術

となります。

 

処理能力が高い

 

NEOの特徴はDBFTと言われる独自の

コンセンサスアルゴリズムが使われており、

NEOはブロックチェーンにおける処理速度の速さは

トップを誇ります。

 

例えばビットコインの場合、

1秒間に約7取引しかされませんでしたが、

NEOは1秒間に1000取引されるという高い処理能力を

持っています。

 

開発言語が豊富

 

 

NEOの特徴として使えるプログラミング言語が

豊富にあります。

 

イーサリアムの開発言語はSolidityと呼ばれる

特殊なプログラミング言語を学ばなければいけませんが、

NEOの場合はNEOのフィルターでほぼすべての

プログラミング言語に対応することが出来ると言われています。

 

例えばJava、Python、といったメジャーなプログラミング言語で

構築することも可能です。

 

なのでプラットフォームの開発者は

わざわざ新しいプログラミング言語を学ぶ必要はないので、

多くのエンジニアが参加することが出来るのです。

 

中国独自の経済圏の確立

 

先ほども話しましたが、

NEOは中国で独自のプラットフォームとして

成長しています。

 

例えばスマートコントラクトが搭載されている

仮想通貨でいえばイーサリアムやリスクなどがあります。

 

イーサリアムの場合はロシア、

リスクはロシアなどそれぞれ経済圏で独自の発展を

遂げているのが特徴です。

 

中国は欧米の企業に排他的で国内の企業を優遇する傾向が強くあります。

 

なので独自の企業やサービスなどが豊富にあり、

中国国内だけで拡大しています。

 

例えば中国版LINEのwechat、中国版スマホのシャオミ、

中国版Googleの百度、最大のネットオークションの一つである

アリババなど様々なプラットフォームを確立しています。

 

その決済システムに導入されることがあれば、

間違いなくNEO(ネオ)の時価総額は上がって価格が上昇するでしょう。

 

独自のブロックチェーン技術

 

NEOには独自のブロックチェーン技術があり、

DBFT以外にもNeoX、NeoFS、NeoQS等の独自の技術があります。

 

ではNEOのデメリットは一体何なのでしょうか。

 

NEO(ネオ)のデメリット

 

ではここからはNEOのデメリットについて紹介していきます。

 

NEOのデメリット

・NEO協議会が全体のうち50%のNEOを保有している事

・中国政府の影響で仮想通貨の規制影響を大きく分ける

 

というのがあります。

 

NEO協議会が全体のうち50%のNEOを保有している事

 

まずNEOはNEO協議会で全体の50%のNEOを

保有していることを発表しています。

 

まだまだNEOは発展途上であり、

NEO協議会が一定数のNEOを保有しておく必要があるのです。

 

NEO協議会の5000万NEOの使い道

1.NEO開発エンジニアとNEO協議会のメンバーを

動機付けるために1000万トークン(合計10%)を使用

 

2.NEOエコシステムの開発者を動機づけるために、

1000万トークン(合計10%)を使用

 

3.NEO理事会が所有し、NEOプロジェクトにのみ

使用される他のブロックチェーンプロジェクトへの投資には

1500万トークン(合計15%)を使用

 

4.1500万トークン(合計15%)は不測の事態として保持される

 

とされています。

 

中国政府の影響で仮想通貨の規制影響を大きく分ける

 

2つ目のデメリットは中国政府の影響で

仮想通貨の規制が行われるかもしれないという事です。

 

中国政府は今でもい国内仮想通貨の取引や

IDOについて企業や個人に対して全面禁止にしている現状です。

 

その時の影響で中国系のNEOやバイナンスコインは

大きく暴落してしまいました。

 

中国が仮想通貨の規制している理由は、

投資家の安全性を保つためやマネーロンダリングや

ICO詐欺などの仮想通貨での犯罪防止をするのが目的です。

 

NEO(ネオ)の今後の将来性

 

ではNEOの今後の将来性はどうなのでしょうか。

 

NEOの今後の将来性は中国の仮想通貨の規制に

大きく影響しています。

 

NEOは中国発のプラットフォームであり、

ビットコインよりも圧倒的な処理能力が高い通貨の1つです。

 

今後NEOがスマートコントラクトの

プラットフォームになれば価格が上昇していくのは

まちがいありません。

 

中国もブロックチェーン技術に反対しているというわけではなくて、

犯罪にブロックチェーン技術が使われているというのを危惧しているのです。

 

中国は2020年まで全ての分野でデジタル化、

スマート化を行い、「デジタル国家」をめざしています。

 

その中で中国はブロックチェーン技術には

期待しているのも事実です。

 

なのでNEOは長期保有銘柄の一つとして

話題になっているのですね。

 

中国の動き次第では今後の暴騰する可能性も

十分に考えられます。

 

NEO(ネオ)を購入できる取引所は?

 

そんなNEOを購入したいときは、

どこの取引所から購入すれば良いのでしょうか。

 

NEOを取り扱っているのは全て海外取引所であり、

「Binannce」や「Bitrex」が有名な取引所です。

 

特にBinanceは世界一取引高が高い海外の取引所であり、

セキュリティも高いことからBinanceからNEOを購入するのを

おすすめします。

 

ただし海外の取引所でNEOを購入するので、

日本の取引所からリップルやイーサリアムなどを購入して、

バイナンスに送金するようにしましょう。

 

NEOのまとめ

 

NEOは中国発の仮想通貨で去り、

誰でも快適にNEOで全ての生活が円滑にスムーズに

やり取りすることが出来るように開発された仮想通貨です。

 

実際にNEOはマイクロソフトやアリババと提携して、

その価格をプレセールから100倍まで高騰させることに成功しました。

 

今後高騰することが大いに期待することが出来る

取引所の1つなので早めにNEOを購入しておきましょう。

関連記事

  1. 仮想通貨エイチシェア(HShare)の特徴や今後の将来性

  2. デスクトップウォレットで仮想通貨を保管する方法を解説!おすめのウォレッ…

  3. エイダコインとは?特徴やビットコインとの違い、エイダコインの今後を解説…

  4. 仮想通貨ウェーブス(Waves)とは?特徴や将来性を徹底解説

  5. 仮想通貨のブロックチェーンを初心者にもわかりやすく解説

  6. ハードウォレットで仮想通貨を管理する!レジャーナノ(Ledger Na…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

タグ一覧

bitFlyerのメリット bitFlyerの口コミ bitFlyer評価 DMM Bitcoin 評判 DMM Bitcoinのデメリット DMM Bitcoinのメリット DMM Bitcoinの口コミ GMOコイン Zaifのデメリット Zaifのメリット Zaifの口コミ Zaifの評判 アルトコインが安く買えるビットバンク イーサリアのチャート イーサリアムお得取引所 イーサリアムのチャートから今後を分析 イーサリアムの今後 イーサリアム安く買える取引所 イーサリアム手数料が安い イーサリアム手数料安く買うならここ ビットコインFX ビットバンクとビットバンクトレードの違い ビットバンクの口コミ ビットバンクの評判 ビットバンクトレードの口コミ ビットバンクトレードの評判 ビットバンク株式会社 リップルおすすめ取引所 リップルお得に購入する方法 リップル安いビットバンク リップル手数料安い取引所 仮想通貨いくらから 仮想通貨の今後 仮想通貨を購入するタイミング 仮想通貨を購入する判断材料 仮想通貨今後おすすめ銘柄 仮想通貨初心者いくらから 仮想通貨初心者が登録する取引所 仮想通貨初心者必見 仮想通貨取引所 仮想通貨取引所Zaif 仮想通貨取引所のビットバンクの評価 仮想通貨取引所のビットバンクトレードは 仮想通貨取引所を初心者 仮想通貨取引所を初心者がおすすめ
PAGE TOP