仮想通貨一覧

仮想通貨NXT(ネクスト)の特徴や今後の将来性は


あなたは暗号通貨NXT(ネクスト)をご存知ですか?

 

NXT(ネクスト)はビットコインを改良して作られた

アルトコインの一つであり、とても便利な特徴を沢山備えた

アルトコインの一つです。

 

今回はそんなNXT(ネクスト)について紹介していきます。

 

NXT(ネクスト)とは

 

NXT(ネクスト)はビットコインの後継で作られた

最初の仮想通貨であり、ビットコイン2.0とも呼ばれています。

 

まずビットコイン2.0と1.0の違いを説明しておくと、

1.スマートコントラクトとDAOが搭載されている

2.独自通貨の発行とスマートプロパティがある

3.プライベートブロックチェーンとパブリックブロックチェーン

という技術がビットコイン2.0の特徴となります。

 

つまりイーサリアムのようなプラットフォーム型で、

柔軟な多機能なプラットフォームを持っているのがNXT(ネクスト)なんですね。

 

NXT(ネクスト)の特徴とは

 

NXT(ネクスト)の特徴はビットコインの基本的な構造はそのまま引き継いで、

さらに商品の販売や投票、取引機能を加えたよりビジネス向きの

仮想通貨がNXT(ネクスト)です。

 

NXT(ネクスト)の特徴

・データクラウドの共有システム

・マイニングではなくてフォージング

・Proof of Stakeというシステム

という他にも特徴があります。

 

データクラウドの共有システム

 

NXT(ネクスト)はデータクラウドと呼ばれる特定の人たちと、

データを共有出来るシステムがあります。

 

これはNXT(ネクスト)が公開ブロックチェーンと、

プライベートブロックチェーンを構造として備えているからです。

 

マイニングではなくてフォージング

 

またNXT(ネクスト)はマイニングではなくて

フォージングで行われます。

 

フォージングは基本的にはマイニングと同じ仕組みなのですが、

ブロックを生成し、取引承認を行います。

 

またマイニングと大きな違いとして、

フォージングはマイングの報酬が半分になってしまう半減期がありません。

 

ですが毎年少しずつ報酬を下げる仕組みを取り入れています。

 

これによって一気にマイナーがいなくなることを防ぎ、

インフレを抑えることが出来るのです。

 

またフォージングで毎年報酬が下がっていきますが、

流通量によって価格が上昇するので決して下がり続けるという

わけではないのです。

 

Proof of Stakeというシステム

 

最後の特徴としてNXT(ネクスト)はProof of Stakeという

承認アルゴリズムを採用しています。

 

Proof of StakeはNXT(ネクスト)の保有量や

期間が長いほど、報酬が多くもらえるシステムです。

 

例えばビットコインはプルーフ・オブ・ワークを

採用していますが、これだと高いマイナーが集まりますが、

一方で報酬がどうしても偏ってしまいます。

 

なので新しいマイナーが参加しにくいんですね。

 

ですがProof of Stakeであれば保有量が長ければ長いほど

増えていくので新しいマイナーも参加しやすいですし、

報酬もが長い順番にもらうことが出来るので偏りがなくなり、

公平性が取れるようになるのです。

 

NXT(ネクスト)の将来性

NXT(ネクスト)はビットコインベースのアルトコインであり、

あまり仮想通貨のなじみがない方でも受け入れやすいという特徴があります。

 

NXT(ネクスト)は利便性も高くて将来的に期待されている

仮想通貨であり、既にロシアではブロックチェーンによる不正防止を

目的として国立瀬戸るメントデポジトリ(NSD)でNXT(ネクスト)の

投票システムとして利用されています。

 

NSDはロシアの最大の証券保管振替機関であり、

そこでNXT(ネクスト)が利用されるとなると、

さらにNXT(ネクスト)の期待や信頼性が高まってきます。

 

NXT(ネクスト)を購入できる取引所

 

NXT(ネクスト)はまだ現在は

日本円で購入することは出来ません。

 

国内取引所でビットコインやリップルなどを購入し、

海外取引所に送金する必要があります。

 

NXT(ネクスト)の購入方法

ステップ1.

日本取引所に口座を開設し、

ビットコイン、やイーサリアム、リップルなどの

取り扱い通貨を購入する

ステップ2.

NXT(ネクスト)を取り扱っている海外取引所の

口座を開設して国内取引所から購入した通貨を送金する

ステップ3.

送金したビットコイン、イーサリアム、リップルなどで

NXT(ネクスト)を購入する。

 

NXT(ネクスト)を取り扱っている海外取引所

 

NXT(ネクスト)を取り扱っている海外取引所は

Poloniex、Bittrexです。

 

Bittrex

 

Bittrexは約200種類の仮想通貨を取り扱っており、

世界最大級の仮想通貨取引所です。

 

ここではNXT(ネクスト)の取引が

60%ほど行われており、NXT(ネクスト)を

売買したいのであればBittrexのアカウントを解説しておきましょう。

 

Binance(バイナンス)

 

Binanceは中国の大手取引所であり、

取り扱い通貨は100種類以上あります。

 

最も取引量が高く、活発に取引をされているので、

NXT(ネクスト)を買いたい方はこちらがお勧めです。

 

Poloniex

 

Poloniexも世界最大級の仮想通貨取引所であり、

Bittrexよりも手数料やすくNXT(ネクスト)を

購入することが出来ます。

 

NXT(ネクスト)を安く購入したいのであれば、

Poloniexがお勧めです。

 

まとめ

 

以上仮想通貨NXT(ネクスト)について説明してきました。

 

NXT(ネクスト)はビットコインの後継と言われており、

ロシアが既にNXT(ネクスト)を使った投票システムとして

実用段階に入っています。

 

ですが現在ではArdoerに機能が引き継が得れ、

そちらの開発が進んでいるために、今後の将来性が

まだ見えてきません。

 

ですがNXT(ネクスト)の機能がもっと公の場で使われることがあれば、

大きく将来性が伸びて今後も活躍していくでしょう。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

タグ一覧

bitFlyerのメリット bitFlyerの口コミ bitFlyer評価 DMM Bitcoin 評判 DMM Bitcoinのデメリット DMM Bitcoinのメリット DMM Bitcoinの口コミ GMOコイン Zaifのデメリット Zaifのメリット Zaifの口コミ Zaifの評判 アルトコインが安く買えるビットバンク イーサリアのチャート イーサリアムお得取引所 イーサリアムのチャートから今後を分析 イーサリアムの今後 イーサリアム安く買える取引所 イーサリアム手数料が安い イーサリアム手数料安く買うならここ ビットコインFX ビットバンクとビットバンクトレードの違い ビットバンクの口コミ ビットバンクの評判 ビットバンクトレードの口コミ ビットバンクトレードの評判 ビットバンク株式会社 リップルおすすめ取引所 リップルお得に購入する方法 リップル安いビットバンク リップル手数料安い取引所 仮想通貨いくらから 仮想通貨の今後 仮想通貨を購入するタイミング 仮想通貨を購入する判断材料 仮想通貨今後おすすめ銘柄 仮想通貨初心者いくらから 仮想通貨初心者が登録する取引所 仮想通貨初心者必見 仮想通貨取引所 仮想通貨取引所Zaif 仮想通貨取引所のビットバンクの評価 仮想通貨取引所のビットバンクトレードは 仮想通貨取引所を初心者 仮想通貨取引所を初心者がおすすめ
PAGE TOP