Uncategorized

OMISEGOの今後がヤバい!?爆上げ確定になるか?


今、仮想通貨の中でOmisego(オミセゴー)という

仮想通貨がとても注目されているのは知っていますか?

 

Omisego(オミセゴー)はタイは着々と開発が進み、

タイやフィリピンなどで実用化されている仮想通貨であり、

銀行口座やクレジットカードがなくても簡単に送金と決済が出来る

サービスを提供しています。

 

タイでは既に3分の2がこのOmisegoのサービスを利用しており、

市場のポジション取もうまく築いています。

 

今回はそんなOmisego(オミセゴー)の今後の価格が

どのようになっていくのか紹介していきます。

 

その前にまずはOmisego(オミセゴー)の特徴を

おさらいしておきましょう。

 

Omisego(オミセゴー)の特徴とは

Omisego(オミセゴー)の特徴は

・Omisego(オミセゴー)グループが運営

・東南アジアの決済プラットフォームを改善

・イーサリアムを基にした仮想通貨

・タイの金融庁、マクドナルドとの提携

・有名企業の投資

となっています。

 

Omisego(オミセゴー)グループが運営

 

Omisego(オミセゴー)は日本の投資家である

長谷川潤さんがOmiseというサービスを立ち上げてスタートしました。

 

このOmiseというサービスは決済サービスのパッケージであり、

ECサイトにOmiseのサービスを組み込み、「VISA」、「JCB」、

「AMEX」、「MasterCard」による決済が出来るようになるサービスです。

 

その中から数%をOmise側が受け取るというサービスをしています。

 

このOmiseというサービスは日本やタイ、シンガポールに

それぞれ拠点があり、経営者の方はよくある経済雑誌で今後注目の

企業として取り上げられています。

 

東南アジアの決済プラットフォームを改善

 

Omisego(オミセゴー)のコンセプトは

「東南アジアの決済プラットフォームシェア1位」を狙っています。

 

今後、シンガポールやタイ、マレーシア、インドネシア、

ベトナム、ミャンマー、フィリピンなどの経済が著しく伸びるような

各国を向上させるようにしています。

 

Omisego(オミセゴー)はOmiseというサービスをh給させて、

仮想通貨決済を口座やクレジットカードを持っていない人でも

出来るようにして単純に「OmiseGoを使うと割引です」という

キャンペーンをしようとしているわけなんですね。

 

イーサリアムを基にした仮想通貨

 

またOmisego(オミセゴー)はイーサリアムをもとに開発された

スマートコントラクトの仮想通貨であり、双方向の取引を

ブロックチェーン上に記録できるものです。

 

例えばECサイト上でOmisegoを使って、

売買をするようにしてその記録がブロックチェーン上に記録されます。

 

タイの金融庁、マクドナルドとの提携

 

また先ほども話したようにすでにタイの3分の2が

Omiseが普及しており、金融庁やマクドナルドとも提携しています。

 

有名企業の投資

また日本企業では資本提携をしているSBIグループや

三井住友グループと提携して着々と実用化を目指しているんですね。

 

このように様々な有名企業が提携していると期待値も上がりますし、

今後の将来に期待できますよね。

 

ではOmisego(オミセゴー)が目指している世界とは

一体どのようなものがあるのでしょうか?

 

Omisego(オミセゴー)は本当に普及していくのか?

 

Omisego(オミセゴー)は銀行口座やクレジットカードを

持たない人にOmiseを使って決済してもらうための手段として

Omisego(オミセゴー)を選んでいます。

 

ですが直接現金でまだまだOmisego(オミセゴー)を

購入できないという現状があり、東南アジアの各国の政策にも依存しています。

 

なので政府関係者がOmisego(オミセゴー)の普及を

邪魔するというのも十分に考えられるのですね。

 

ではOmisego(オミセゴー)の今後のロードマップは

一体どうなっているのでしょうか?

 

Omisego(オミセゴー)のロードマップ

 

Omisego(オミセゴー)のロードマップはコチラになります。

 

このロードマップを見てみると、

2018年のQ2までとそれ以降の大きなロードマップは

HONTEの出来次第になります。

 

2018年Q2

・HONTE(OMGのProof of Stakeのブロックチェーン)のリリース

2018年Q2以降

・AJI(支払いゲートウェイの付属したタッチインターフェース)のリリース

・TESUJI(PLASMAの開発と導入)のリリース

・TENGEN(拡張性のあるPOSシステムのブロックチェーン)のリリース

となっています。

 

Omisego(オミセゴー)の今後の将来性

 

Omisego(オミセゴー)は今後多くの人が長期保有、

ガチホをした方が良いとネットでつぶやいています。

 

長期保有、ガチホとは今後Omisego(オミセゴー)の価格が

伸びてくる可能性が十分に考えられているという事です。

 

ではなぜOmisego(オミセゴー)の今後は

伸びてくると予想されているのか紹介していきます。

 

Omisego(オミセゴー)が将来的に爆上げされる理由を推測

・ビジネス的有用性

・コミュニティーの流通量

・スケーラビリティ問題

というのがあります。

 

ビジネス的有用性

 

Omisego(オミセゴー)は銀行口座を持たずに、

送金することが可能な仮想通貨です。

 

東南アジアでは70%の人が銀行口座やクレジットカードを

持っていないという現状もあり、それが改善されることによって

経済的にもとても豊かになるのは間違いありません。

 

Omisego(オミセゴー)はあらゆる通貨の交換を

媒介することが可能であり、法定通貨や仮想通貨同士だけではなく、

法定通貨と仮想通貨の交換までも媒介することが可能です。

 

またOmisego(オミセゴー)を使えば、

時間的コスト、金銭的コストも抑えて、

通貨の交換をすることも出来ます。

 

コミュニティーの流通量

 

Omisego(オミセゴー)を開発した長谷川氏はブロックチェーンに

特化した会員制のコワーキングスペースを作っており、

このコワーキングスペースはグローバルなエンジニアコミュニティを目指しています。

 

また近い将来、渋谷でコワーキングスペースを出した後、

将来的にはサンフランシスコやベルリンとも提携して

世界のハブ拠点にすると話しています。

 

スケーラビリティ問題

 

ただしOmisego(オミセゴー)はイーサリアムの基の

プラットフォームを使っており、今後スケーラビリティ問題に

直面する可能性も非常に高いと考えられています。

 

Omisego(オミセゴー)ベースとしている

イーサリアムはスマートコントラクトによって

記録するデータ量はかなり大きく、スケーラビリティ問題に直面し、

取引の処理が遅延する事態は不可避だと考えられます。

 

なので今後Omisego(オミセゴー)のスケーラビリティ問題を

解決しなければいけないという課題もあります。

 

Omisego(オミセゴー)の購入方法

 

ではどこでOmisego(オミセゴー)を

購入することが出来るのでしょうか。

 

Omisego(オミセゴー)は現在も日本では購入することが出来ません。

 

なので国内取引所でビットコイン、イーサリアム、リップルを購入し、

海外取引所に送金してから購入しなければいけません。

 

今では時価総額のランキングも高く、

様々な海外取引所で取り扱っていますが、

おすすめはBinanceです。

 

Binanceはセキュリティも高く、世界一の取引高を誇っている

取引所となるのでOmisegoを購入するのであれば、

まずBinanceのアカウントを作成し、国内取引所から

仮想通貨を送金してOmisegoを購入するようにしましょう。

 

まとめ

 

OmiseGoの最大の特徴は決済サービスに

特化している所です。

 

しかも東南アジアというエリアの普及を目指しているということもあり、

日本人にとっても価格が上昇すれば景気が良くなり、

経済発展につながる可能性のある通貨ではないのでしょうか。

 

OmiseGoが変えようとしている未来は明確であり、

今後、企業や金融機関との提携によって普及していくと

期待しています。

 

またOmiseGoの発行から価格が50倍になっていることから、

将来的にも今後楽しみな通貨であり、今後期待できる通貨なので、

もしOmiseGoを応援したいのであれば早めにOmiseGoを

購入しておきましょう。

関連記事

  1. ビットコインゴールドの特徴や将来性、購入方法を解説

  2. 匿名系の仮想通貨Verge(ヴァージ)とは?特徴や将来性について調べて…

  3. DASH(ダッシュ)とは?特徴や今後の将来性を徹底解説

  4. 仮想通貨バイトコインの特徴や将来性は?

  5. イーサリアムクラシックは本当にイーサリアムの下位互換版?じつは違うイー…

  6. 仮想通貨Tether(テザー)とは?その特徴や将来性を紹介

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

タグ一覧

bitFlyerのメリット bitFlyerの口コミ bitFlyer評価 DMM Bitcoin 評判 DMM Bitcoinのデメリット DMM Bitcoinのメリット DMM Bitcoinの口コミ GMOコイン Zaifのデメリット Zaifのメリット Zaifの口コミ Zaifの評判 アルトコインが安く買えるビットバンク イーサリアのチャート イーサリアムお得取引所 イーサリアムのチャートから今後を分析 イーサリアムの今後 イーサリアム安く買える取引所 イーサリアム手数料が安い イーサリアム手数料安く買うならここ ビットコインFX ビットバンクとビットバンクトレードの違い ビットバンクの口コミ ビットバンクの評判 ビットバンクトレードの口コミ ビットバンクトレードの評判 ビットバンク株式会社 リップルおすすめ取引所 リップルお得に購入する方法 リップル安いビットバンク リップル手数料安い取引所 仮想通貨いくらから 仮想通貨の今後 仮想通貨を購入するタイミング 仮想通貨を購入する判断材料 仮想通貨今後おすすめ銘柄 仮想通貨初心者いくらから 仮想通貨初心者が登録する取引所 仮想通貨初心者必見 仮想通貨取引所 仮想通貨取引所Zaif 仮想通貨取引所のビットバンクの評価 仮想通貨取引所のビットバンクトレードは 仮想通貨取引所を初心者 仮想通貨取引所を初心者がおすすめ
PAGE TOP