仮想通貨一覧

最近人気のOmisego(オミセゴー)とは!?オミセゴーの将来性を考察


2018年になりさらに様々なICO案件が増えて今では

仮想通貨の種類は数千種類となりました。

 

おそらく今後その中で多くの仮想通貨が淘汰されていくとは思いますが、

その仮想通貨の銘柄の中で着々と開発を進めて提携企業を拡大し、

価格を上昇させている通貨の中にOmisego(オミセゴー)というものがあります。

 

Omisego2017年に上場したばかりなのにも関わらず、

既に時価総額は約1000億円にもなっており、着々と成長してきています。

 

今回はこのOmisego(オミセゴー)がどんな通貨なのか、

特徴や魅力について紹介していきます。

 

OmiseGo(オミセゴー)とは

 

OmiseGo(オミセゴー)はイーサリアムのプラットフォームを使っており、

日本人がCEOで長谷川潤氏が務めています。

 

プレセールでは開始直後に億を超える資金を調達としており、

今では時価総額12位と着々と成長してきた通貨の一つです。

 

OmiseGo(オミセゴー)が目指しているのは決済サービスを誰でも

円滑にすることが出来て東南アジア経済の底上げです。

 

日本ではクレジットカードや銀行口座を持っているのが

当たり前ですがまだまだ東南アジアの半分以上の人々が

金融機関を利用できないのが現状です。

 

その理由としては戸籍がない、

銀行口座開発費用を支払うことが出来ないといった経済格差に原因があります。

 

ですがスマートフォンの普及率は高く、

着々とスマホを持っている人口が増えているのです。

 

そうした理由からOmiseGo(オミセゴー)は決済サービスをブロックチェーンで連携し、

管理することで決済サービスを充実に図って為替手数料を最小限に抑えることで、

国境に囚われない法定通貨と仮想通貨を自由に使える決済サービスを提供するのが目的です。

 

OmiseGo(オミセゴー)の特徴

 

OmiseGo(オミセゴー)はOmiseと呼ばれるサービスを立ち上げ、

決済サービスのパッケージ化を提供する事です。

 

決済サービスのパッケージ化とはECサイトにOmiseのサービスを組み込むと、

「VISA」、「JCB」、「MEX」、「MasterCard」による決済サービスを使うことが出来て、

数%側がOmiseに入るので、店舗がOmiseを導入すると5%オフなどの

サービスをすることも可能になります。

 

またOmiseGo(オミセゴー)はタイなどのマクドナルドなどの

決済サービスを導入して着実に普及していっており、電子マネープロパイダーの

TueMoneyと提携して公共料金の支払いをする仕組みも着々と整っていっています。

 

なので今後、OmiseGo(オミセゴー)の決済サービスが導入されれば、

既存の決済システムが整備されていき、スピーディーでシンプルに

決済をすることが出来るようになるでしょう。

 

Omisego(オミセゴー)の将来性

 

ではOmiseGo(オミセゴー)の将来性はどうなのでしょうか。

 

OmiseGo(オミセゴー)には沢山の好材料もあり、

1.タイなどの東南アジアの企業や国から信頼されている

2.着々とインフラネットワークが開発されて整備されている

など着々とOmisego(オミセゴー)を拡大していっています。

 

タイなどの東南アジアの企業や国から信頼されている

 

Omisego(オミセゴー)は着々と事業を拡大していっており、

タイのマクドナルドと提携したり、公共料金を支払う仕組みを整えていったりなど

各国や各企業からしっかりとした信頼を勝ち取っています。

 

なのでOmisego(オミセゴー)なら導入しようと考える企業も非常に多く、

今後はOmiseがタイをはじめ、東南アジアで普及していく可能性が非常に高いのです。

 

 

 

着々とインフラネットワークが開発されて整備されている

 

またOmisego(オミセゴー)は東南アジアのインフラのネットワークを

整備していっています。

 

このインフラネットワークが導入されれば、

簡単に仮想通貨決済システムを自社で使用可能になります。

 

そしてどんどんと東南アジアのインフラネットワークを拡大していけば、

東南アジアだけではなく他の国々や国家レベルでオミセゴーを

導入される可能性が十分にあります。

 

Omisego(オミセゴー)はどこの取引所で購入できるのか

 

ではどこでOmisego(オミセゴー)を

購入することが出来るのでしょうか。

 

Omisego(オミセゴー)は現在も日本では購入することが出来ません。

 

なので国内取引所でビットコイン、イーサリアム、リップルを購入し、

海外取引所に送金してから購入しなければいけません。

 

今では時価総額のランキングも高く、

様々な海外取引所で取り扱っていますがおすすめはBinanceです。

 

Binanceはセキュリティも高く、世界一の取引高を誇っている

取引所となるのでOmisegoを購入するのであれば、

まずBinanceのアカウントを作成し、国内取引所から

仮想通貨を送金してOmisegoを購入するようにしましょう。

 

まとめ

 

Omisego(オミセゴー)は決済サービスに特化した仮想通貨となっており、

今でも東南アジアから絶大な信頼を得ている通貨です。

 

また他の仮想通貨ではないインフラネットワークを

ブロックチェーンを使って整備するという事もしており、

独自のメリットもあります。

 

なので将来的には仮想通貨の決済サービスは

Omisego(オミセゴー)が中心になる可能性も十分に考えられるので、

早めに購入して長期保有しておきましょう。

関連記事

  1. OMISEGOの今後がヤバい!?爆上げ確定になるか?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

タグ一覧

bitFlyerのメリット bitFlyerの口コミ bitFlyer評価 DMM Bitcoin 評判 DMM Bitcoinのデメリット DMM Bitcoinのメリット DMM Bitcoinの口コミ GMOコイン Zaifのデメリット Zaifのメリット Zaifの口コミ Zaifの評判 アルトコインが安く買えるビットバンク イーサリアのチャート イーサリアムお得取引所 イーサリアムのチャートから今後を分析 イーサリアムの今後 イーサリアム安く買える取引所 イーサリアム手数料が安い イーサリアム手数料安く買うならここ ビットコインFX ビットバンクとビットバンクトレードの違い ビットバンクの口コミ ビットバンクの評判 ビットバンクトレードの口コミ ビットバンクトレードの評判 ビットバンク株式会社 リップルおすすめ取引所 リップルお得に購入する方法 リップル安いビットバンク リップル手数料安い取引所 仮想通貨いくらから 仮想通貨の今後 仮想通貨を購入するタイミング 仮想通貨を購入する判断材料 仮想通貨今後おすすめ銘柄 仮想通貨初心者いくらから 仮想通貨初心者が登録する取引所 仮想通貨初心者必見 仮想通貨取引所 仮想通貨取引所Zaif 仮想通貨取引所のビットバンクの評価 仮想通貨取引所のビットバンクトレードは 仮想通貨取引所を初心者 仮想通貨取引所を初心者がおすすめ
PAGE TOP