Uncategorized

仮想通貨がオワコンって本当?仮想通貨の市場規模の低下から本質を考えて見えてくるもの


2018年に入ってから仮想通貨の暴落が続き、2017年の後半に参入してきた人にとっては

「仮想通貨ってもう終わってしまったの?」、「仮想通貨で稼ぐことはできないのか?」という声を沢山聞いています。

 

ですが本当に仮想通貨は終わってしまったのでしょうか?

 

2018年以降に参入した人は仮想通貨で稼ぐことは出来ないのでしょうか?

 

僕の考えとしてはまだまだ仮想通貨で稼ぐことは出来ますし、

金融ジャンルとして認知されて本格的に投資として稼げるようになるのはこれからだと考えています。

 

まだまだ仮想通貨は各国の規制やシステムやセキュリティーの問題、

市場自体が不安定であるために乱高下になりやすく今は投機目的としてしかみられていません。

 

ですが今後実用的になっていけば必ず価格が上昇しながら安定して

投資だけではなくて日常的にも仮想通貨決済をする日は近いのではないかと確信しています。

 

ではなぜ仮想通貨が終わったといわれているのか、

今後の仮想通貨はどうなっていくのかを実際にまとめてみました。

 

これから仮想通貨をやってみようと思っている人も

既に仮想通貨をやっている人もぜひさんこうにしてみてください。

 

仮想通貨が終わったと理由を考える

 

2018年に仮想通貨市場は一気に暴落してしまいました。

 

仮想通貨市場が暴落した理由

・コインチェックのXEM(ネム)流出事件

・USDTとテザー問題

・世界各国で仮想通貨に対する規制の強化

・仮想通貨で稼いでも多くの納税が課せられる

等の理由があります。

 

コインチェックのXEM(ネム)流出事件

 

まず1月26日にコインチェックがXEM(ネム)580億円を流出してしまい、

仮想通貨市場は一気に暴落しました。

 

この被害総額は過去最高の被害総額となり、

金融庁がコインチェックに補償金の状況を確認などで立ち入り検査をしました。

 

この事件があってから仮想通貨市場の低迷が続いて、

この大事件が引き金となったといっても過言ではありません。

 

ですが仮想通貨のセキュリティーの大切さを学ぶための

良いきっかけとなり、ウォレットへの保管方法など今後の進展につながった事件でもあります。

 

USDTとテザー問題

 

また仮想通貨の暴落になった原因として

テザー(USDT)事件も大きな影響があります。

 

このテザー(USDT)事件の問題は2つあって、

1つ目が発行されたテザー(USDT)が準備資金に充てられているという証拠がないという裏付け。

 

2つ目の問題がテザー(USDT)による価格操作が行われているという問題です。

 

2017年の年末にビットコインは50%以上価格が上昇し、

その原因がこのテザー(USDT)の価格コントロールによって

仮想通貨市場を操作していたという疑惑が向けられました。

 

世界各国で仮想通貨に対する規制の強化

 

2018年に入って1月、2月、3月に各国が仮想通貨の規制を強化し、

仮想通貨市場が発展していた中国、韓国、インドなどの海外が

法規制によって今後の仮想通貨市場の将来に不安がよぎりました。

 

また3月には経済大国を中心とした世界20カ国で構成されるG2O会議が開催され、

仮想通貨取引所の規制が強化されると思いましたがまだまだ市場が小さいために検討という形で終わりました。

 

仮想通貨で稼いでも多くの納税が課せられる

 

2017年で設けた仮想通貨の資産は2018年の3月15日までに現金として引き出し、

確定申告を提出し、納税しなければいけません。

 

それによって3月は売り圧力が強まって

仮想通貨市場全体の価格が下落しました。

 

因みに2018年の仮想通貨の税収は日本で9兆円、

アメリカで約250億ドルもの仮想通貨で稼いだ人が納税することが余儀なくされました。

 

このように2018年の前半は様々なネガティブニュースが続き、

仮想通貨が終わったと思っている人が沢山いると思います。

 

ですがIT企業をはじめ、様々な企業が今から沢山参入してきており、

仮想通貨市場が本格的に動き出すのは2018年以降であることは間違いありません。

 

では仮想通貨市場はもう一度価格は上昇するのか?

 

このように2018年の前半の出来事によって仮想通貨市場は冷え込み現在も低迷している状態です。

 

ですが僕はこれから仮想通貨市場はもう一度くらい

大きく上昇するタイミングがあると思っています。

 

その理由としては先ほど話したように大企業やベンチャー企業、

最近だとLineやYahooなどのITインフラ企業が続々と仮想通貨業界に参入してきているからです。

 

こういった出来事と夏にSBIの仮想通貨取引所が始動するという

情報がある限り、少なくとももう一度、市場が盛り上がっていくタイミングが

これからもあるのではないかと思っています。

 

2017年の仮想通貨バブルはもうないかもしれない

 

ですがもう一度2017年のような仮想通貨バブルが来るとは思っていません。

 

はっきり言って去年は間違いなく仮想通貨バブルでした。

 

現金を仮想通貨に換えて預けていただけで増えていったわけですから。

 

市場が安定してゆっくりと着々と価格が上昇していくのだろうと僕は思っています。

 

仮想通貨はまだまっだ未成熟の市場

 

暴落した原因を1つ1つ見ていってもこの原因となる根本というのが

まだまだ仮想通貨という市場が未成熟で不安定な市場だから。

 

で片づけられるのではないのでしょうか?

 

コインチェックのハッキング、各国の仮想通貨の規制も

市場が未成熟だったから起こったことですし、

これから金融ジャンルとして市場が成長していくためには必ず通る道ですよね。

 

つまり仮想通貨はオワコンというわけではなくて、

本格的に始まるのはこれからだと僕は確信しています。

 

今後の仮想通貨はどうなっていく?

 

株式市場でのリーマンショックでの大暴落の後、

以前の価格から数倍になっている銘柄もいくつか見受けられます。

 

つまり仮想通貨もそのようになっていくのではないのでしょうか?

 

今後の仮想通貨の見立て

・下落相場、上昇相場を繰り返して価格が上昇していく

・バブルのように価格が底までモッドって数年後に数倍になっていく

・仮想通貨市場は完全に終わる

このいずれかだとおもっています。

 

まとめ

 

これまで仮想通貨がオワコンなのかどうかについて、

暴落した原因を振り返って考えて決ました。

 

ただ僕の考えでは今回の仮想通貨の暴落は仮想通貨市場を安定させて成熟させるために

必要なものだったのではないかと思っています。

 

まだまだ仮想通貨市場は未成熟の市場であり、

金融ジャンルとして成熟していくには規制や法の明確化が大事になってきます。

 

そうして初めて実用的に通貨として僕たちの日常に

仮想通貨が流通していくのではないのでしょうか。

 

そのために国や政府が法律、仕組み、仮想通貨を環境を整えてはじめて、

本格的に仮想通貨が普及していくのではないかと思います。

関連記事

  1. エイダコインとは?特徴やビットコインとの違い、エイダコインの今後を解説…

  2. 仮想通貨Tether(テザー)とは?その特徴や将来性を紹介

  3. ビットバンクトレードの評判やお勧めな理由を徹底調査

  4. ハードウォレットで仮想通貨を管理する!レジャーナノ(Ledger Na…

  5. 仮想通貨取引所の仕組みや選び方について徹底解説

  6. 仮想通貨Stellar(ステラ)の特徴や将来性とは

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

タグ一覧

bitFlyerのメリット bitFlyerの口コミ bitFlyer評価 DMM Bitcoin 評判 DMM Bitcoinのデメリット DMM Bitcoinのメリット DMM Bitcoinの口コミ GMOコイン Zaifのデメリット Zaifのメリット Zaifの口コミ Zaifの評判 アルトコインが安く買えるビットバンク イーサリアのチャート イーサリアムお得取引所 イーサリアムのチャートから今後を分析 イーサリアムの今後 イーサリアム安く買える取引所 イーサリアム手数料が安い イーサリアム手数料安く買うならここ ビットコインFX ビットバンクとビットバンクトレードの違い ビットバンクの口コミ ビットバンクの評判 ビットバンクトレードの口コミ ビットバンクトレードの評判 ビットバンク株式会社 リップルおすすめ取引所 リップルお得に購入する方法 リップル安いビットバンク リップル手数料安い取引所 仮想通貨いくらから 仮想通貨の今後 仮想通貨を購入するタイミング 仮想通貨を購入する判断材料 仮想通貨今後おすすめ銘柄 仮想通貨初心者いくらから 仮想通貨初心者が登録する取引所 仮想通貨初心者必見 仮想通貨取引所 仮想通貨取引所Zaif 仮想通貨取引所のビットバンクの評価 仮想通貨取引所のビットバンクトレードは 仮想通貨取引所を初心者 仮想通貨取引所を初心者がおすすめ
PAGE TOP