Uncategorized

仮想通貨ポピュラス(Populous)の特徴や将来性は


2018年からICOが乱発し、

仮想通貨の種類が着々と増え続けています。

 

その中でもPopulous(ポピュラス)は

安全性と正確性の両方から世界中の投資家に支持されている通貨であり、

国際化が進む世界市場での存在感を強めています。

 

そんなPopulous(ポピュラス)という通貨の特徴やメリット、

今後の将来性について紹介していきます。

 

Populous(ポピュラス)とは

 

Populous(ポピュラス)の通称名はPPTであり、

徐々に頭角を現してきている通貨の一つです。

 

Populous(ポピュラス)はインボイス(請求書)などの決済をスムーズに行うために、

開発された次世代の金融プラットフォームを目指しています。

 

Populous(ポピュラス)のプラットフォームでは

「Pokens」と呼ばれる独自通貨を使用しており、このPokensを使って、

お金のやり取りをしています。

 

Pokensは「ペッグ通貨」と言って、ドルや円などの法定通貨と

為替ルートが統一されているので、現実の金融市場の動向に左右されやすい

特徴もあります。

 

また経済的に落ち込むとPokensも落ち込み、

専門的な金融知識必要なのでPokensのやり取りは

投資キャリアの長いネットユーザーには有利ですね。

 

ではPopulous(ポピュラス)の特徴とは

何なのでしょうか?

 

Populous(ポピュラス)の特徴

 

Populous(ポピュラス)の特徴は

XBRLを利用していることです。

 

XBRLを利用している

 

XBRLはExtensible Business Reporting Languageであり、

直訳すると拡張可能な事業報告言語です。

 

このXBRLは財務情報の二次利用を目的として

作られた言語であり、2011年4月にリリースしてから、

190万社を超える企業がXBRLをつかって財務諸表を作っています。

 

XBRLで財務諸表などのビジネスレポートを電子文書化することで、

これらの作成時間や人的コストを削減することが出来て、効率的に

分析することが出来るのがPopulous(ポピュラス)です。

 

Populous(ポピュラス)ではXBRLをつかって、

過去の財務情報を分析し、企業の信用リスクを

予測することができます。

 

それによって投資家は自分が信頼する企業の

出資をすることが出来るのです。

 

Populous(ポピュラス)は他の仮想通貨のように

一般ユーザーが便利になる通貨ではないのですが、

確実に世界中の投資家とインボイスの売り手によって、

金融市場の効率化や発展をすることが出来るのです。

 

インボイス・ファイナンスを効率的かつ効果的に

中小企業に提供することを目指しているのがPopulous(ポピュラス)の

開発チームが目指しているところです。

 

またPopulous(ポピュラス)で扱っている、

Pokenはペック通貨という特徴を持っています。

 

ペック通貨とは

 

Populous(ポピュラス)のプラットフォーム内で使われる

Pokenと呼ばれる通貨はペック通貨の特徴を持っており、

法定通貨に対して1:1で取引することが出来ます。

 

つまり取引に関わる国の通貨と同じ価値を持っており、

Pokenは出金した時に法定通貨や様々な仮想通貨に変えることもできます。

 

またPokenは法定通貨と同じ価値なので、

為替レートが一定となっており、法定通貨の市場の動きに

影響されやすく投資家としての専門知識があれば、

その知識を応用して取引をすることが出来ます。

 

Populous(ポピュラス)の購入方法

 

Populous(ポピュラス)の買い方としては

海外の取引所を利用するしか方法がありません。

 

購入する場合は次の手順で購入するようにしましょう。

 

Populous(ポピュラス)の購入方法

ステップ1.

日本取引所に口座を開設し、

ビットコイン、やイーサリアム、リップルなどの

取り扱い通貨を購入する

 

ステップ2.

Populous(ポピュラス)を取り扱っている海外取引所の

口座を開設して国内取引所から購入した通貨を送金する

 

ステップ3.

送金したビットコイン、イーサリアム、リップルなどで

Populous(ポピュラス)を購入する。

 

ここで重要なのがPopulous(ポピュラス)を取り扱っている

海外取引所に送金しなければPopulous(ポピュラス)を購入することは

出来ません。

 

Populous(ポピュラス)を取り扱っている海外取引所

 

ではPopulous(ポピュラス)を取り扱っている海外取引所は

いったいどこなのでしょうか。

 

3.Binance(バイナンス)

 

Binanceは中国の大手取引所であり、

取り扱い通貨は100種類以上あります。

 

最も取引量が高く、活発に取引をされているので、

Populous(ポピュラス)を買いたい方はこちらがお勧めです。

 

3.KuCoin(クーコイン)

 

香港の取引所であり、

日本語にも対応している取引所の1つです。

 

独自トークンであるKCSの保有数に応じて、

特典や配当を受け取ることが出来ます。

 

3.HitBTC(ヒットビーティーシー)

 

HitBTCはイギリスの大手取引所であり、

ICO直後の通貨も積極的に取り扱っている取引所です。

 

手数料が0.1%と非常に安取引ができる

取引所です。

 

まとめ

 

Populous(ポピュラス)は世界的にも活発に取引をしている

通貨の一つであり、今後、インボイスの売買や、管理がスムーズになれば、

時間や信頼のリスクを極限まで小さくすることが出来ます。

 

グローバル化が進むにつれて、Populous(ポピュラス)の浸透が

ビジネスを一変させる可能性も秘めており、

今後ますますPopulous(ポピュラス)の可能性が期待出来ます。

関連記事

  1. 仮想通貨ウェーブス(Waves)とは?特徴や将来性を徹底解説

  2. 仮想通貨TRIG(トリガー)の今後と将来性は?

  3. 仮想通貨ライトコインとは?特徴やビットコインとの違いを分析して解説

  4. 仮想通貨Vechain(VEN)の特徴や2018年の将来性と購入方法

  5. 仮想通貨取引所の仕組みや選び方について徹底解説

  6. 仮想通貨Tether(テザー)とは?その特徴や将来性を紹介

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

タグ一覧

bitFlyerのメリット bitFlyerの口コミ bitFlyer評価 DMM Bitcoin 評判 DMM Bitcoinのデメリット DMM Bitcoinのメリット DMM Bitcoinの口コミ GMOコイン Zaifのデメリット Zaifのメリット Zaifの口コミ Zaifの評判 アルトコインが安く買えるビットバンク イーサリアのチャート イーサリアムお得取引所 イーサリアムのチャートから今後を分析 イーサリアムの今後 イーサリアム安く買える取引所 イーサリアム手数料が安い イーサリアム手数料安く買うならここ ビットコインFX ビットバンクとビットバンクトレードの違い ビットバンクの口コミ ビットバンクの評判 ビットバンクトレードの口コミ ビットバンクトレードの評判 ビットバンク株式会社 リップルおすすめ取引所 リップルお得に購入する方法 リップル安いビットバンク リップル手数料安い取引所 仮想通貨いくらから 仮想通貨の今後 仮想通貨を購入するタイミング 仮想通貨を購入する判断材料 仮想通貨今後おすすめ銘柄 仮想通貨初心者いくらから 仮想通貨初心者が登録する取引所 仮想通貨初心者必見 仮想通貨取引所 仮想通貨取引所Zaif 仮想通貨取引所のビットバンクの評価 仮想通貨取引所のビットバンクトレードは 仮想通貨取引所を初心者 仮想通貨取引所を初心者がおすすめ
PAGE TOP