Uncategorized

仮想通貨クアンタムの特徴や将来性、購入方法


今では仮想通貨は1000種類以上あると言われており、

それぞれの通貨が独自の特徴を持っています。

 

例えばビットコインでいえば安定性のあるオープンソースのブロックチェーンであり、

イーサリアムの特徴といえばスマートコントラクトです。

 

そんな中、Qtum(クアンタム)という仮想通貨があるのですが、

その特徴はビットコインとイーサリアムの良いとこどりをしている通貨です。

 

今回はそんなQtum(クアンタム)の特徴や仕組みについて紹介していきます。

 

Qtum(クアンタム)とは

 

Qtum(クアンタム)はQTUMが略の仮想通貨であり、2017年の3月にICOが行われ、

シンガポールのQtum財団が開発したオープンソースのブロックチェーンのプロジェクトです。

 

Qtum財団はPwCの指導とサポートの下で設立された非営利組織であり、

Qtum(クアンタム)のブロックチェーン開発やメンテナンス、管理など全てをQtum財団が行っています。

 

Qtum(クアンタム)の特徴

 

ではQtum(クアンタム)の特徴を見ていきましょう。

 

ビットコインとイーサリアムのいいところ取りの通貨

 

Qtum(クアンタム)はビットコインとイーサリアムのいい所をどりをした仮想通貨であり、

ブロックチェーンの安全性を持ちながらスマートコントラクトを実現させる仕組みがあります。

 

ビットコイのブロックチェーンとは仮想通貨取引などあらゆる情報をブロックにして、

それらをつながった状態で保存しておく仕組みのことを言います。

 

またイーサリアムのスマートコントラクトはあらゆる取引に関する契約をプログラム化するので自動的に契約を実行する仕組みです。

 

Qtum(クアンタム)はビットコインが持っている高いセキュリティと

スマートコントラクトによる複雑な処理を可能としています。

 

高い安全性を持ち合わせている

 

Qtum(クアンタム)にはUTXOという特別な機能が搭載されており、

ビットコインよりも匿名性が高いです。

 

あえてこれは複雑な計算で残高を記録することによって、

プライバシーの履歴をなくすことができます。

 

取引承認システムはPOSを使っている

 

またQtum(クアンタム)の取引承認システムはPOSを使っており、

取引承認作業を行う人の仕事量に応じて承認作業の権利を抽選で確定することが出来ます。

 

Qtum(クアンタム)の将来性

 

ではQtum(クアンタム)の将来性はいったい何なのでしょうか?

 

それはQtum(クアンタム)は中国政府の動向によって今後の将来性は大きく変わってきます。

 

Qtum(クアンタム)はNEOと同じく中国が発祥の仮想通貨であり、

中国からの影響を直接受けやすいです。

 

中国は9月の上旬に中国の仮想通貨取引所閉鎖とICOの全面禁止によって

ビットコインやアルトコイン全ての通貨に大きなダメージを残しました。

 

Qtum(クアンタム)もその影響によって大きく価格を下げています。

 

なので今後、中国の出方しだいによって大きく暴騰したり、

もしかしたら暴落してしまう可能性も十分に考えられます。

 

ではそんなQtum(クアンタム)はいったいどこで購入できるのでしょうか?

 

Qtum(クアンタム)の購入方法

 

Qtum(クアンタム)を取り扱っている国内取引所はまだ日本にはありません。

 

なので海外取引所に国内取引所からビットコイやイーサリアム、リップルなどを送金して海外取引所を使って購入しなければいけません。

 

海外取引所ではYunbi、BTER、Bittrex、Liquiなどの取引所がありますが、

Binanceが一番おすすめです。

 

Binanceは出来高が世界トップクラスで取り扱うコインも豊富なので、

Qtum(クアンタム)のような海外の市場で人気のあるアルトコインも

数多く取り扱っています。

 

なのでQtum(クアンタム)はBinanceで購入するようにしましょう。

 

まとめ

 

これまでQtum(クアンタム)について紹介してきました。

 

Qtum(クアンタム)ビットコインとイーサリアムの良いところ取りを兼ね備えた

唯一の独自通貨であり、ハイブリッド通貨なので今後高騰する可能性が十分に考えられます。

 

その前にまだQtum(クアンタム)が安いうちにQtum(クアンタム)を購入しておきましょう。

 

関連記事

  1. ハードウォレットで仮想通貨を管理する!レジャーナノ(Ledger Na…

  2. 匿名系の仮想通貨Verge(ヴァージ)とは?特徴や将来性について調べて…

  3. 2018年のNEM(ネム)の今後や将来性!特徴を解説

  4. 仮想通貨Stellar(ステラ)の特徴や将来性とは

  5. 仮想通貨のモネロとは?特徴や将来性を解説

  6. VISA以上の処理能力を目指す仮想通貨RChain(アールチェイン)の…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

タグ一覧

bitFlyerのメリット bitFlyerの口コミ bitFlyer評価 DMM Bitcoin 評判 DMM Bitcoinのデメリット DMM Bitcoinのメリット DMM Bitcoinの口コミ GMOコイン Zaifのデメリット Zaifのメリット Zaifの口コミ Zaifの評判 アルトコインが安く買えるビットバンク イーサリアのチャート イーサリアムお得取引所 イーサリアムのチャートから今後を分析 イーサリアムの今後 イーサリアム安く買える取引所 イーサリアム手数料が安い イーサリアム手数料安く買うならここ ビットコインFX ビットバンクとビットバンクトレードの違い ビットバンクの口コミ ビットバンクの評判 ビットバンクトレードの口コミ ビットバンクトレードの評判 ビットバンク株式会社 リップルおすすめ取引所 リップルお得に購入する方法 リップル安いビットバンク リップル手数料安い取引所 仮想通貨いくらから 仮想通貨の今後 仮想通貨を購入するタイミング 仮想通貨を購入する判断材料 仮想通貨今後おすすめ銘柄 仮想通貨初心者いくらから 仮想通貨初心者が登録する取引所 仮想通貨初心者必見 仮想通貨取引所 仮想通貨取引所Zaif 仮想通貨取引所のビットバンクの評価 仮想通貨取引所のビットバンクトレードは 仮想通貨取引所を初心者 仮想通貨取引所を初心者がおすすめ
PAGE TOP