Uncategorized

VISA以上の処理能力を目指す仮想通貨RChain(アールチェイン)の特徴や将来性を解説


RChain(アールチェイン)という仮想通貨をご存知でしょうか?

 

RChain(アールチェイン)は2017年にリリースされた最近の通貨なのにも関わらず、じわじわと時価総額を上げて30位に配置しています。

 

では新興の通貨であるRChain(アールチェイン)とは一体どのような通貨なのでしょうか?

 

特徴や仕組み、購入方法などを紹介していきます。

 

RChain(アールチェイン)とは

RChain(アールチェイン)の略号はRHOCであり、2017年にリリースされました。

 

RChain(アールチェイン)は仮想通貨が商業規模で決済で使えることを目指している通貨でです。

 

つまりRChain(アールチェイン)はクレジットカードと同じような決済サービスを実現しようとしているわけです。

 

クレジットカードで利用されているVisaのトランザクション処理スピードは
1秒50,000件以上ですが仮想通貨ではそのレベルの取引スピードを実現しつつ、
実用化されているものはありません。

 

ですがRChain(アールチェイン)ではそのような実用性を兼ね備えた
ブロックチェーンソリューションになるために、開発が進められています。

 

ではRChain(アールチェイン)の特徴とはどのようなものがあるのでしょうか?

 

RChain(アールチェイン)の特徴

RChain(アールチェイン)の特徴はとても難しいのですが、
独自のプログラミング言語である「Rholang」が採用されている所です。

 

独自のプログラミング言語「Rholang」を採用している

RholangはRChain(アールチェイン)仮想マシン上で動作するスマートコントラクトを書くための新しいプログラミング言語です。

 

並行処理に適したものであり、分散プログラミングになっています。

 

独立性、スケーラビリティ、パフォーマンスの強化

さらにRChain(アールチェイン)は独立性、スケーラビリティ、パフォーマンスが強化されており、
その理由としてはRhoVM(Rho仮想マシン)が中核をなしているからです。

 

まずRhoVMの各インスタンスは独立したブロックチェーンとネットワーク上で
独立したスマートコントラクトセットを必要な時にのみ実行します。

 

これはデフォルトでRChain(アールチェイン)が分割されてコーディネートされた
並列ブロックチェーンのネットワークが形成されることを意味しているからです。

 

そしてプラットフォームが成長するとノードはRhoVMの新しいインスタンスを初期化して負荷を管理します。

 

この仕組みによってパフォーマンス、一貫性、コードの複雑さを一定に保ってプラットフォームを直線的に拡張することが出来るのです。

 

最後にRChain(アールチェイン)のアプリケーションは軽量でマルチスレッドで出来ているので
前例のないほどのスループット、可用性や応答時間を達成して現代市場に適した分散アプリケーションの
新しい展望を開くのです。

 

半自動フレームワークによりテンプレート化

またRChain(アールチェイン)はスマートコントラクトでNAMESOACE(ネームスペース)というアドレスを利用して
「半自動フレームワーク」を提供しています。

 

RChain(アールチェイン)ネットワークで利用された「実行内容」、「行動パターン」、
「送る相手の頻度」等のデータを記憶してデータの流れの最適化やパターンをテンプレート化することが出来るのです。

 

多種多様のDAppsを提供

またRChain(アールチェイン)は上記のシステムを利用してプラットフォームで

・ウォレット

・SNS

・マーケットプレイス

・DAO(データアクセスオブジェクト)

など様々な公共アプリケーションを展開しています。

 

もちろん非公開のプライベートチェーンも利用することが可能です。

 

RChain(アールチェイン)の将来性

2017年発のアルトコインでありながら時価総額ランキング32位となり、

利便性が高く長期にわたって需要の高いプラットフォームがRChain(アールチェイン)です。

 

ブロックチェーンの新しい構造を作り上げる重要なプロジェクトを担っており、
今後RChain(アールチェイン)のブロックチェーンが主流になった時にもしかしたら
一気に価格が高騰していくかもしれません。

 

ただしスマートコントラクトを利用している商業向けのプラットフォームは
いくつか存在しているのでそれらと差別化する必要があるかもしれません。

 

RChain(アールチェイン)の購入方法

ではRChain(アールチェイン)はどのようにして購入すれば良いのでしょうか?

 

RChain(アールチェイン)はまだ国内取引所で取り扱っていないので、
海外取引所から購入する必要があります。

 

現在、RChain(アールチェイン)を取り扱っている取引所は
「KuCoin(クーコイン)」、「HitBTC」などがあります。

 

RChain(アールチェイン)の購入方法

ステップ1.

日本取引所に口座を開設し、

ビットコイン、やイーサリアム、リップルなどの

取り扱い通貨を購入する

 

ステップ2.

RChain(アールチェイン)を取り扱っている海外取引所の

口座を開設して国内取引所から購入した通貨を送金する

 

ステップ3.

送金したビットコイン、イーサリアム、リップルなどで

RChain(アールチェイン)を購入する。

 

RChain(アールチェイン)を取り扱っている海外取引所

RChain(アールチェイン)を取り扱っている海外取引所は

Binance(バイナンス)、KuCoin(クーコイン)、HitBTCなどです。

 

Binance(バイナンス)

Binanceは中国の大手取引所であり、

取り扱い通貨は100種類以上あります。

 

最も取引量が高く、活発に取引をされているので、

RChain(アールチェイン)を買いたい方はこちらがお勧めです。

 

KuCoin(クーコイン)

KuCoin(クーコイン)は香港にある仮想通貨取引所であり、

KuCoin(クーコイン)にしか上場していない仮想通貨も沢山あります。

 

またKuCoin(クーコイン)独自のトークンである、

KCSでRChain(アールチェイン)を購入すると手数料が安く購入できるので、

KuCoin(クーコイン)で購入するのもお勧めです。

 

HitBTC

HitBTCはイギリスで登録されている海外取引所であり、手数料が安く、ICO直後の仮想通貨が多いのが特徴です。

 

また匿名での取引をすることが出来るので、手数料やすくRchain(アールチェイン)を購入したいと考えているのであればHitBTCがおすすめです。

 

まとめ

これまでRChain(アールチェイン)の特徴や仕組みについて紹介してきました。

 

ビットコインやイーサリアムなどの送金遅延や詰まりなどがこれまで長く問題視されており、
そのような面を考えるとRChain(アールチェイン)のパフォーマンスの高くて
機能性長けたのを考えると期待できるプラットフォームがRChain(アールチェイン)です。

 

RChain(アールチェイン)は将来有望ですがまだ価格も高くないので、

早めに購入して長期保有しておくのもおすすめです。

関連記事

  1. デスクトップウォレットで仮想通貨を保管する方法を解説!おすめのウォレッ…

  2. 仮想通貨TRIG(トリガー)の今後と将来性は?

  3. 話題になっている仮想通貨Golem(ゴーレム)の特徴や将来性とは

  4. 仮想通貨スプレッドとは【お得に仮想通貨を購入するための豆知識】

  5. ICON(アイコン)とは?特徴や今後の将来性を解説

  6. 仮想通貨バイトコインの特徴や将来性は?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

タグ一覧

bitFlyerのメリット bitFlyerの口コミ bitFlyer評価 DMM Bitcoin 評判 DMM Bitcoinのデメリット DMM Bitcoinのメリット DMM Bitcoinの口コミ GMOコイン Zaifのデメリット Zaifのメリット Zaifの口コミ Zaifの評判 アルトコインが安く買えるビットバンク イーサリアのチャート イーサリアムお得取引所 イーサリアムのチャートから今後を分析 イーサリアムの今後 イーサリアム安く買える取引所 イーサリアム手数料が安い イーサリアム手数料安く買うならここ ビットコインFX ビットバンクとビットバンクトレードの違い ビットバンクの口コミ ビットバンクの評判 ビットバンクトレードの口コミ ビットバンクトレードの評判 ビットバンク株式会社 リップルおすすめ取引所 リップルお得に購入する方法 リップル安いビットバンク リップル手数料安い取引所 仮想通貨いくらから 仮想通貨の今後 仮想通貨を購入するタイミング 仮想通貨を購入する判断材料 仮想通貨今後おすすめ銘柄 仮想通貨初心者いくらから 仮想通貨初心者が登録する取引所 仮想通貨初心者必見 仮想通貨取引所 仮想通貨取引所Zaif 仮想通貨取引所のビットバンクの評価 仮想通貨取引所のビットバンクトレードは 仮想通貨取引所を初心者 仮想通貨取引所を初心者がおすすめ
PAGE TOP