仮想通貨一覧

リクエストネットワーク(REQ)の新しい決済システムとは


今回は2017年の年末に高騰したリクエストネットワークを

紹介していきます。

 

リクエストネットワークは

Paypalのような分散型決済システムを構築するための

プロジェクトですが他の分散型決済システムとは何が違うのでしょうか。

 

Request Network(リクエストネットワーク)とはどんな通貨

 

 

Request Network(リクエストネットワーク)は2017年8月31日に

公開されたまだまだ開発され続けている仮想通貨であり、

イーサリアム上に構築された分散型のネットワークです。

 

現状のオンライン決済の課題

 

 

現状の課題として

1.クレジットカード決済と個人情報流出のリスク

2.請求書改ざんやタイムラグの問題

3.会計監査の必要書類や収集に時間がかかるうえに信頼性の問題も

等の現状の課題があります。

 

クレジットカード決済と個人情報流出のリスク

 

今のオンライン決済システムと言えば、

ペイパル決済やクレジットカード決済だと思います。

 

ですがこれらは個人情報や口座情報を決済代行業者に

渡さなければいけません。

 

そしてこの漏洩を防ぐために人的ソースやコスト、

膨大な時間がかってしまいます。

 

請求書改ざんやタイムラグの問題

 

またクライアントと取引をした時に、

請求書の改ざんやリスクなどもあって取引内容も

処理するためにもタイムラグが発生してしまいます。

 

ですがリクエストネットワークを使えば、

その問題を解決できる可能性は十分に考えられます。

 

会計監査の必要書類や収集に時間がかかるうえに信頼性の問題も

 

従来で会計、税務監査をするためには、

膨大な資料が必要となります。

 

この資料や証拠を提出して情報をもとに信憑性をもとに

情報を精査するのが現状です。

 

ですがこれにも膨大な時間やコストがかかってしまうのです。

 

Request Network(リクエストネットワーク)の特徴

 

 

Request Network(リクエストネットワーク)の特徴としては、

誰でもどこでも支払いを要求することが出来て、

第三者に関与することなく安全な方法で支払いをすることが出来ます。

 

Request Network(リクエストネットワーク)の特徴

1.新しいオンライン決済

2.請求書の発行や共有

3.ブロックチェーンで監査と会計の自動化

4.IoTへの応用

というのがあります。

 

新しいオンライン決済

 

 

Request Network(リクエストネットワーク)の特徴としては、

Paypalやクレジットカードの代わりにオンライン決済をすることが可能になります。

 

この分散型のオンライン決済ができるようになることによって、

1.銀行口座の情報の開示が不要になる

2.手数料を従来のオンライン決済よりも抑えることが出来る。

というのがあります。

 

銀行口座の情報の開示が不要になる

 

ペイパルやクレジットカードの決済の場合は、

銀行口座情報を含む様々な個人情報を開示する必要があります。

 

ですがリクエストネットワークを使えば、

個人情報をどこかの機関が収集することなく支払いをすることが出来ます。

 

手数料の従来のオンライン決済よりも抑えることが出来る

 

そしてリクエストネットワークを使えば、

従来のオンライン決済よりも手数料を抑えることが出来ます。

 

どうしても従来の決済システムでは

個人情報の管理やセキュリティの担保にコストがかかってしまいます。

 

ですがリクエストネットワークでは、

支払いをワンクリック認証で行うことが出来て、

ストレスなくスムーズに決済をすることができるのです。

 

請求書の発行や共有

 

リクエストネットワークを使用して決済した場合、

ブロックチェーンに自動的に保存されるためにこれを請求書としても

扱うことが出来ます。

 

リクエストネットワークのロックチェーン技術を

利用すれば請求書を改ざんすることもなくなり、

クライアント側にも即座に請求書を共有することが出来ます。

 

ブロックチェーンで監査と会計の自動化

 

またリクエストネットワークに保存する請求書や監査は、

会計サービスの際にしヨプする固有のデータソースです。

 

なのでスマートコントラクトの機能によって、

この会計と監査も自動的でかつリアルタイムに行うことが出来るので、

人的ソースやコスト、時間の削減につながります。

 

実際に会計、税務監査には棒d債な資料の準備が必要になります。

 

ですが監査と会計が自動化することによって、

帳票書類の改ざんリスクや処理プロセスと速度が大きく変わるのです。

 

IoTへの応用

 

リクエストネットワークが実用化されれば、

IoTにも応用することが出来て自動決済や、

支払いの請求機能もスムーズになります。

 

これによって第三者を挟む手間やコストもなくて、

サービス料金の請求をすることが可能になり、ユーザーにとっても、

企業にとっても便利になっていくので多くの企業は

リクエストネットワークを期待しているのです。

 

Request Network(リクエストネットワーク)の将来性

 

ではRequest Network(リクエストネットワーク)の将来性は

あるのでしょうか。

 

着実にプロジェクトは進んでいるのでしょうか。

 

Request Network(リクエストネットワーク)は2014年から

世界50か国で銀行業務を展開しており、ING銀行などから

支援を受けており、大きな期待を受けている仮想通貨です。

 

またRequest Network(リクエストネットワーク)はシステム自体は

とても優れており、どこかのECサイトがRequest Network(リクエストネットワーク)を

利用すれば一気に実用化していく可能性が十分に考えられます。

 

どこの取引所でRequest Network(リクエストネットワーク)は購入できるのか

 

ではRequest Network(リクエストネットワーク)はどこの取引所で

購入することが出来るのでしょうか。

 

残念ながらまだ日本の取引所では、

Request Network(リクエストネットワーク)は扱っていないので、

国内取引所でリップルやビットコインを購入して、海外取引所に

送金する必要があります。

 

海外取引所でRequest Network(リクエストネットワーク)を

取り扱っているところは、

・Binance

・qucoin

・Liqui

の3つがあります。

 

僕のお勧めは世界一取引量が多いと言われている

Binannceがお勧めです。

 

バイナンスは世界的信用もあり、

世界にもバイナンスの支社も持っているので、

いきなり閉鎖するというリスクもありません。

 

なのでRequest Network(リクエストネットワーク)を購入するなら、

バイナンスで購入するようにしましょう。

 

ただしRequest Network(リクエストネットワーク)は

まだまだ発展段階であるので高騰しないリスクも考えて

余剰資金で購入しておくようにしましょう。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

タグ一覧

bitFlyerのメリット bitFlyerの口コミ bitFlyer評価 DMM Bitcoin 評判 DMM Bitcoinのデメリット DMM Bitcoinのメリット DMM Bitcoinの口コミ GMOコイン Zaifのデメリット Zaifのメリット Zaifの口コミ Zaifの評判 アルトコインが安く買えるビットバンク イーサリアのチャート イーサリアムお得取引所 イーサリアムのチャートから今後を分析 イーサリアムの今後 イーサリアム安く買える取引所 イーサリアム手数料が安い イーサリアム手数料安く買うならここ ビットコインFX ビットバンクとビットバンクトレードの違い ビットバンクの口コミ ビットバンクの評判 ビットバンクトレードの口コミ ビットバンクトレードの評判 ビットバンク株式会社 リップルおすすめ取引所 リップルお得に購入する方法 リップル安いビットバンク リップル手数料安い取引所 仮想通貨いくらから 仮想通貨の今後 仮想通貨を購入するタイミング 仮想通貨を購入する判断材料 仮想通貨今後おすすめ銘柄 仮想通貨初心者いくらから 仮想通貨初心者が登録する取引所 仮想通貨初心者必見 仮想通貨取引所 仮想通貨取引所Zaif 仮想通貨取引所のビットバンクの評価 仮想通貨取引所のビットバンクトレードは 仮想通貨取引所を初心者 仮想通貨取引所を初心者がおすすめ
PAGE TOP