取引所ランキング

リップルの手数料が一番安い取引所はどこ?リップルをお得に購入する方法


2017年に爆上がりを見せて一気に仮想通貨時価総額の

2位、3位を争って2018年には大注目を集めているリップル(XRP)

 

今後の期待もあり、これからリップル(XRP)を

購入したいと思う人も多いのではないのでしょうか?

 

どうせならリップル(XRP)を購入したいのであれば、

手数料が安い仮想通貨取引所でリップル(XRP)を購入したいですよね。

 

なので今回はリップル(XRP)を手数料が安く

お得にリップル(XRP)を購入できる仮想通貨取引所を

ランキング形式にして調べてみました。

 

リップル(XRP)を取り扱っている国内取引所

 

 

さっそくリップル(XRP)を取り扱っている国内取引所を

みてみましょう。

 

仮想通貨取引所売買形式
  コインチェック(Coincheck)販売所形式
 Bitbank(ビットバンク)取引所形式
 GMOコイン取引所形式
 QUOINEX(コインエクスチェンジ)取引所形式
 BitTrade(ビットトレード)取引所形式

 

となっています。

 

リップル(XRP)取引手数料を比較

 

 

リップル(XRP)の売買取引手数料を各取引所で

比較して一番売買手数料が安い取引所は

どこなのでしょうか?

 

仮想通貨取引所取引ペア購入手数料売却手数料
    Bitbank(ビットバンク)JPY無料無料
 コインチェック(Coincheck)JPY・BTC約3%以上約3%以上
 GMOコインJPY変動制変動制
 QUOINEX(コインエクスチェンジ)JPY無料無料
 BitTrade(ビットトレード)JPY指値注文:025%

成行注文:0.45%

指値注文:0.25%

成行注文:

0.45%

 

※コインチェックは、現在取引売買一時停止中

 

です。

 

Bitbankは2018年6月30日まで全ペア取引手数料無料のキャンペーンを

実施しており、購入、売却どちらも日本円で手数料無料で仮想通貨を

取引することができます。

 

なのでリップル(XRP)を一番安く買いたい、売りたいのであれば、

Bitbank(ビットバンク)で一択で間違いないでしょう。

 

確かに上の表を見ればQUOINEX(コインエクスチェンジ)も

手数料が無料となっていますがユーザー数が少なくて中々

売買取引が成立しません。

 

ですがBitbank(ビットバンク)であれば、

指値注文で手数料無料でリップル(XRP)を購入することができます。

 

リップル(XRP)を安く購入するなら取引所がお勧めな理由

 

コインチェック、GMOコインはリップル(XRP)を

取り扱っているますが販売所形式での売買取引となります。

 

なので運営会社からリップル(XRP)を購入する形になるので、

手数料が上乗せされてその分リップル(XRP)を購入する価格が

高くなってしまいます。

 

 

GMOコインのリップル(XRP)を売買するスプレッド

 

上の図だと購入価格が103.109円、売却価格が

91.109円と12円のスプレッドの開きになっています。

 

まだイーサリアムやビットコインよりも

価格が少ないだけスプレッドの開きは低いですが、

1000万円分のリップルを購入した時などは、

大きな手数料を取られてしまいます。

 

なのでリップル(XRP)を購入するときは

Bitbank(ビットバンク)やQUOINEX(コインエクスチェンジ)

などの取引所で購入するのがおすすめです。

 

 

取引所であれば販売会社からリップル(XRP)を購入するのではなくて、

売りたいユーザーから購入するオークション形式での購入になるので、

手数料が低くリップル(XRP)を購入することができます。

 

ではランキング形式に国内取引所をまとめていきます。

 

1位:Bitbank(ビットバンク)

 

 

リップルを購入するならBitbank(ビットバンク)一択といっていいほど、

手数料が安くて取引高も多い国内取引所です。

 

Bitbank(ビットバンク)は取引所形式で

リップル(XRP)を扱っているのでスプレッドが狭く、

2018年の6月末までキャンペーンでアルトコインの売買にかかる

手数料を無料にしているので国内取引所の中でアルトコインを

圧倒的に安く購入することができるのが特徴です。

 

もはやアルトコインを購入するなら

Bitbank(ビットバンク)といっても良いほどです。

 

Bitbank(ビットバンク)のメリット

・日本円で手数料やすくリップル(XRP)を購入できる

・取引手数料は無料キャンペーン中

・日本の中でもセキュリティの評判が良い

・リップルの取引高が高くて自分の希望通りの価格で購入しやすい

 

Bitbank(ビットバンク)のデメリット

・板取引なので慣れが必要

・取り扱いコインが少ない

・スマホアプリがない

 

2位:GMOコイン

 

手数料を見るとQUOINEX(コインエクスチェンジ)ですが、

あまりにも取引高が少なくて中々売買が成立しないので

スムーズに売買できて手数料も少ないGMOコインが2位です。

 

GMOコインのメリット

・販売所なので簡単にリップル(XRP)を購入できる

・大手企業でありセキュリティが高くて安心

・リップル(XRP)のレバレッジ取引の導入が予定されている

 

3位:BitTrade(ビットトレード)

 

BitTrade(ビットトレード)は取り扱い通貨や

チャート画面などはビットバンクに似ており、

手数料が指値注文が0.25%、成行注文が0.45%とかかります。

 

なのでBitTrade(ビットトレード)で注文するときは

指値注文で注文しましょう。

 

BitTrade(ビットトレード)のメリット

・板取引で安くリップル(XRP)を購入できる

・見やすいチャートと高度なテクニカル分析が可能

・セキュリティが高い

 

BitTrade(ビットトレード)のデメリット

・ビットコイン購入コストが高い

・初心者向きではない

・認知度が低いので取引量が少ない

 

というランキング結果となりました。

 

とりあえず今の時点ではリップル(XRP)を

安く購入したいのであればBitbank(ビットバンク)

一択ということですね。

 

リップル(XRP)の今後

 

リップル(XRP)は今後、SBIバーチャルカレンシーズなども

取り扱いを開始すると明言しており、Googleから唯一出資を受けている

通貨です。

 

またリップル(XRP)は2017年1月1日は1XRPが0.777円だったのに、

2017年12月31日にいは232.99円まで価格が上昇して、約328倍の値上がり率を

見せました。

 

リップル(XRP)は世界中のすべての通貨の

仲介役のブリッジ通貨として世界各国から注目されており、

様々な企業がリップル(XRP)を使ったサービスや決済サービスなどを

今後導入されているとも言われており、今後リップル(XRP)が右肩上がりに

価格上昇していくのは間違いありません。

 

今のうちに手数料やすい国内取引所でリップル(XRP)を

お得に購入しておきましょう。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

タグ一覧

bitFlyerのメリット bitFlyerの口コミ bitFlyer評価 DMM Bitcoin 評判 DMM Bitcoinのデメリット DMM Bitcoinのメリット DMM Bitcoinの口コミ GMOコイン Zaifのデメリット Zaifのメリット Zaifの口コミ Zaifの評判 アルトコインが安く買えるビットバンク イーサリアのチャート イーサリアムお得取引所 イーサリアムのチャートから今後を分析 イーサリアムの今後 イーサリアム安く買える取引所 イーサリアム手数料が安い イーサリアム手数料安く買うならここ ビットコインFX ビットバンクとビットバンクトレードの違い ビットバンクの口コミ ビットバンクの評判 ビットバンクトレードの口コミ ビットバンクトレードの評判 ビットバンク株式会社 リップルおすすめ取引所 リップルお得に購入する方法 リップル安いビットバンク リップル手数料安い取引所 仮想通貨いくらから 仮想通貨の今後 仮想通貨を購入するタイミング 仮想通貨を購入する判断材料 仮想通貨今後おすすめ銘柄 仮想通貨初心者いくらから 仮想通貨初心者が登録する取引所 仮想通貨初心者必見 仮想通貨取引所 仮想通貨取引所Zaif 仮想通貨取引所のビットバンクの評価 仮想通貨取引所のビットバンクトレードは 仮想通貨取引所を初心者 仮想通貨取引所を初心者がおすすめ
PAGE TOP