仮想通貨一覧

リップルが導入しているILPの仕組み


リップルという仮想通貨はビットコインの弱点を

補うために開発された仮想通貨でありその根幹をなしているのが、

インターレジャープロトコル(ILP)というシステムです。

 

ではインターレジャープロトコル(ILP)とは

どのような仕組みでできているのか、リップルの

インターレジャープロトコル(ILP)は今後どうなっていくのか

詳しく紹介していきます。

 

リップルが導入しているILPとは

 

 

インターレジャープロトコル(ILP)は、

リップル社が開発した国際送金プロジェクトを

根幹するためのシステムです。

 

ILPはインターレジャーという複数の台帳間の決済を可能にするための

技術をつなぎ合わせたシステムです。

 

ILPが出来たことによって

・仮想通貨のブロックチェーンネットワーク

銀行などの金融機関とのネットワーク

・クレジットカードネットワーク

・Paypalなどモバイル決済ネットワーク

 

など異なる通信や決済サービスをILPでつなぎ合わせて

違う通信やネットワークでも高速なやり取りをするのを

実現するために作られたのがインターレジャープロトコル(ILP)です。

 

インターレジャー(ILP)の仕組みとは?

 

 

ではインターレジャープロトコル(ILP)の仕組みは

一体どのような仕組みになっているのでしょうか?

 

上記の様に送金者から受金者までの道の流れが決まると、

受金者に近いコネクトから順番に送金がレジャーによって行われていきます。

 

この送金が行われた情報はインターレジャープロトコルへ

伝えらえて送金者が受金者に対して送金したい額を受金者が

受け取り、受金者が最も近いコネクタに送金して順番に

運ばれていきます。

 

この情報を伝達されたインターレジャープロトコルは

隣接したレジャーに対して送金を行うように指示します。

 

これを繰り返し、支払いを行ったコネクタから

インターレジャープロトコルの送金完了のフィードバックの

流れが繰り返されるのです。

 

ILP送金の流れ

 

先ほどの流れがILPの流れであり、その流れを円滑に運ぶために

インターレジャープロトコル(ILP)は3つのモードを持っています。

 

インターレジャープロトコル(ILP)

1.オプティミスティックモード

2.アトミックモード

3.ユニバーサルモード

 

です。

 

オプティミスティックモード

 

オプティミスティックモードでは全ての参加者が

信頼できると定義されておりセキュリティに問題があり、

テスト環境以外で一般的に使われることはありません。

 

アドミックモード

 

アドミックモードは第三者を承認者として取引に

仲介する方法です。

 

この場合、準備檀家として送金者はレジャーに資金を

デポジットする必要があります。

 

そして受け手に対してデポジットしていた資金を

送るときは承認者の承認が必ず必要になります。

 

つまりアドミックモードでは承認者が

承認をしなければアドミックモードでの送金はできません。

 

このアドミックモードのメリットとしては

承認者が信頼できる限り送金が

確実に行うことが出来ることです。

 

銀行などの金融機関の間での送金は

確実性を重視する必要があるのでILPの

アドミックモードで用いられています。

 

リップルのXカレント(XCurrent)も金融機関をつなぐ

プロダクトでアドミックモードのILPを導入しています。

 

ユニバーサルモード

 

ユニバーサルモードではアドミックモードのような

第三者は存在せずに、その代わりに他の暗号学で

安全に送金をするようなシステムが組まれています。

 

例えばHTLAsという仕組みを導入している事です。

 

HTLAはビットコインのライトニングネットワークで用いられている

HTLCという規格を分散型台帳でも使えるようにしたものです。

 

リップルのILPの今後

 

ILPのシステムを使ったリップルは世界的に注目されていますし、

日本のメガバンクも期待し、リップルと提携しています。

 

これによって様々な国の法定通貨をスムーズに

送金することが実用化するのは時間の問題であり、

銀行口座やクレジットカードを持っていない発展途上国にも

XRapidを使って銀行口座を持っていない人向けに

送金サービスの開発や個人間の国際送金サービスを

提供するプロジェクトも進行しています。

 

リップルは本気で法定通貨の懸け橋となり、

今後送金システムの革命を起こし、様々なサービスが

実用化していくのが今後楽しみです。

関連記事

  1. リップル(XRP)のレバレッジ取引が出来る国内、海外取引所を手数料や評…

  2. リップルの仕組み、Ripple、XRP、ブリッジ通貨とは

  3. リップル

    リップルのチャートから今後の将来性を徹底考察

  4. リップルのIOUを世界一わかりやすく解説

  5. リップルとSBIの関係とは?共同会社SBI Ripple Asiaの事…

  6. リップル(XRP)とは!?リップルの特徴や今後を考察

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

タグ一覧

bitFlyerのメリット bitFlyerの口コミ bitFlyer評価 DMM Bitcoin 評判 DMM Bitcoinのデメリット DMM Bitcoinのメリット DMM Bitcoinの口コミ GMOコイン Zaifのデメリット Zaifのメリット Zaifの口コミ Zaifの評判 アルトコインが安く買えるビットバンク イーサリアのチャート イーサリアムお得取引所 イーサリアムのチャートから今後を分析 イーサリアムの今後 イーサリアム安く買える取引所 イーサリアム手数料が安い イーサリアム手数料安く買うならここ ビットコインFX ビットバンクとビットバンクトレードの違い ビットバンクの口コミ ビットバンクの評判 ビットバンクトレードの口コミ ビットバンクトレードの評判 ビットバンク株式会社 リップルおすすめ取引所 リップルお得に購入する方法 リップル安いビットバンク リップル手数料安い取引所 仮想通貨いくらから 仮想通貨の今後 仮想通貨を購入するタイミング 仮想通貨を購入する判断材料 仮想通貨今後おすすめ銘柄 仮想通貨初心者いくらから 仮想通貨初心者が登録する取引所 仮想通貨初心者必見 仮想通貨取引所 仮想通貨取引所Zaif 仮想通貨取引所のビットバンクの評価 仮想通貨取引所のビットバンクトレードは 仮想通貨取引所を初心者 仮想通貨取引所を初心者がおすすめ
PAGE TOP