仮想通貨一覧

リップルの仕組み、Ripple、XRP、ブリッジ通貨とは


2018年の4月後半にかけてリップルが投資ファンドに出資や

銀行や金融サービスとの提携で今まで低迷していたリップルが

徐々に上昇しているのがうかがえます。

 

このリップルは2017年もGoogleの出資を受けていたり、

クレジットカード会社のアメリカンエキスプレス(アメックス)と

業務提携を結ぶなど様々な話題を呼びました。

 

ですがそんなリップルを実際に仮想通貨投資をしている人でも

あまり仕組みを理解していない人も中にはいます。

 

今回はそんなリップルの仕組みや、

リップルがブリッジ通貨と言われる理由について

紹介していきます。

 

リップルとは

 

 

リップルはビットコインと同じ仮想通貨の1つですが、

リップルが元々開発された目的はビットコインの

欠点を補うために開発されています。

 

またリップルには仮想通貨以外でも

3つの機能を持っているのが特徴です。

 

リップルの3つの機能

1.仮想通貨としてのリップル(XRP)

2.送金システムとしてのリップル(Ripple)

3.企業としてのリップル(Ripple.Inc)

 

では1つずつ分かりやすく紹介していきます。

 

仮想通貨としてのリップル(XRP)

 

まず仮想通貨投資をやっている方がよく知っている

仮想通貨としてのリップル(XRP)の機能です。

 

リップル(XRP)はGoogleの出資やSBIが

送金システムを試験的にテストしているというニュースがあり、

高騰しました。

 

そんな仮想通貨の側面を持つリップルの特徴は、

・中央集権型の仮想通貨

・ブリッジ機能を搭載

 

と2つの特徴があります。

 

中央集権型の仮想通貨

 

ビットコインは2100枚が発行上限数であり、

リップル(XRP)の発行上限数はなんと1000億枚です。

 

しかもすでに全て発行が終わっている状態であり、

1000億枚のうち617億枚をリップル社が保有しています。

 

なので実際に他の方が購入できる通貨は

383億枚でありリップル社が価格を

コントロールすることが出来るのが

仮想通貨リップル(XRP)の特徴です。

 

なので中央集権型の仮想通貨と呼ばれているんですね。

 

ですが2020年にはロックアップといって、

リップル社が617億枚全てのリップルを放出し、

市場に流し、そういった価格操作を

行えないようにするそうです。

 

リップル(XRP)はブリッジ通貨

 

 

リップルはブリッジ通貨と呼ばれており、

ビットコインの弱点を補うために開発されました。

 

ビットコインの弱点というのが送金スピードの遅さと

送金手数料の高さです。

 

ですがリップルが採用しているコンセンサスシステムによって、

トランザクションを検証、取引を認証する仕組みが組み込まれており、

ビットコインが数分~数10分と言われているのに対してリップルの

承認スピードは3分~6秒ととても早く行われます。

 

またリップルのXRPはドル、ユーロ、円などの法定通貨を

交換することはもちろん、ビットコインやイーサリアムといった

他の仮想通貨とも交換をすることが出来ます。

 

これも数秒のやり取りでリップルのウォレット内で

完結してしまい、今まで日本の法定通貨からアメリカの法定通貨に

交換するまでよりも手数料も安く、送金スピードも速くなります。

 

では次に会社としてのリップル(Ripple.Inc)とは何なのか、

紹介していきます。

 

会社としてのリップル(Ripple.Inc)

 

 

リップル社(Ripple.Inc)はアメリカのカリフォルニア州に

拠点を置いている会社でありGoogle ventures、

SBIグループ、アクセンチュアな世界の名だたる企業が

リップル社に出資をしています。

 

ビットコインはトランザクションはマイニングによって、

承認されて送金や取引などすることが出来ますが、

リップルはリップル社のネットワークの合意によって

トランザクションを承認する仕組みとなっています。

 

リップルネット(RippleNet)という送金システム

 

 

そのリップル社が注目を集めている理由として

リップルネット(RippleNet)という送金システムを

利用しているからです。

 

リップルが世界に起こそうとしているのは

送金手段の革命であり、銀行や送金業者とデジタルアセット取引所を

リップルネット(RippleNet)を使ってスムーズな国際送金を行っています。

 

リップルネットが実用化されると

・取引の高速化

・1秒当たりの取引量の向上

・送金コストの安さ

 

をすることが出来るメリットがあります。

 

分かりやすくリップルとビットコインを

比較してみましょう。

 

リップル(XRP)ビットコイン(BTC)
送金スピード4秒数十分~1時間
1秒当たりの取引量3~6件1500件
送金コストコスト削減率60%

 

となっています。

 

特に1秒当たりの取引量が1500件というのは

クレジットカードのVISAと同じくらいのスピードであり、

このスピードであれば一気に世界中にリップルの

送金システムが拡大していくようになります。

 

リップルの優れた技術

 

リップルには3つの技術があり、

1.IOU取引

2.分散型台帳(XRP Ledger)

3.ILP(インターレジャープロトコル)

とリップルには3つの技術があります。

 

それでは1つずつ見ていきましょう。

 

IOU取引とは

 

IOU取引とはゲートウェイと呼ばれる業者に

円やドルなどの資産を預けることで発行される

借用証明書の取引のことです。

 

 

BさんがIOU取引をゲートウェイYで日本円に換金し、

日本円以外にもドルやユーロ、ウォンなどでも

交換をすることが可能となります。

 

このIOU取引にはゲートウェイのハッキングや破綻などによって

払い戻しがされないカウンターパーティーリスクもあります。

 

分散型台帳(XRP Ledger)とは

 

分散型台帳(XRP Ledger)とは送金したとトランザクションを

管理するための分散型台帳のことであり、リップルネットワークの

参加者で分散管理をしています。

 

 

XRP Ledgerで管理される情報

・レジャー番号(初めから数えて何番目のレジャーなのか)

・アカウント情報(アカウントIC、アカウント残高など)

・取引記録(トランザクション)

・タイムスタンプ(レジャーが作成された時刻)

・承認チェック(データ改ざんなどの不正がないことを認めたサイン)

の全部で5つです。

 

この台帳によってリップルの取引データを分散して

管理することで取引データの改ざん防止やシステム管理の削減、

ゼロダウンタイムをすることが出来ています。

 

ILP(インターレジャープロトコル)とは

 

 

ILP(インターレジャープロトコル)はビットコインの

ブロックチェーンや銀行の口座システム、クレジットカードの

ネットワークなど台帳同士が滞りなく情報やデータのやり取りを

実現するために決められたルールです。

 

従来であれば国際送金を行う際に、

金融機関や異なる方法をまたいで送金を行い、

異なる決済ネットワーク間での取引の為に多くの時間と

コストがかかっていました。

 

 

ですがILPを導入することによって、

異なる決済、送金ネットワークでの取引を

リップルネットワークを使うことによってスムーズに

実行できるようになりました。

 

まとめ

 

リップル(XRP)やビットコインなどの仮想通貨は

世界共通の通貨で国際間で送金するためだけの仮想通貨は

本来必要ありません。

 

ですがリップル(XRP)がブリッジ通貨になる事によって、

仮想通貨を持たない人でもスムーズに国際間での送金を出来るようにし、

銀行を必要とせずに国際間決済を可能とする可能性が大いにあります。

 

今後リップルが実用的に導入され、

価格が上昇するのを期待しましょう。

関連記事

  1. リップル(XRP)のレバレッジ取引が出来る国内、海外取引所を手数料や評…

  2. リップル

    リップルのチャートから今後の将来性を徹底考察

  3. リップルのIOUを世界一わかりやすく解説

  4. リップルとSBIの関係とは?共同会社SBI Ripple Asiaの事…

  5. リップル(XRP)とは!?リップルの特徴や今後を考察

  6. 多くの人がリップルをホールドするべきという理由とおすすめの保管方法を紹…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

タグ一覧

bitFlyerのメリット bitFlyerの口コミ bitFlyer評価 DMM Bitcoin 評判 DMM Bitcoinのデメリット DMM Bitcoinのメリット DMM Bitcoinの口コミ GMOコイン Zaifのデメリット Zaifのメリット Zaifの口コミ Zaifの評判 アルトコインが安く買えるビットバンク イーサリアのチャート イーサリアムお得取引所 イーサリアムのチャートから今後を分析 イーサリアムの今後 イーサリアム安く買える取引所 イーサリアム手数料が安い イーサリアム手数料安く買うならここ ビットコインFX ビットバンクとビットバンクトレードの違い ビットバンクの口コミ ビットバンクの評判 ビットバンクトレードの口コミ ビットバンクトレードの評判 ビットバンク株式会社 リップルおすすめ取引所 リップルお得に購入する方法 リップル安いビットバンク リップル手数料安い取引所 仮想通貨いくらから 仮想通貨の今後 仮想通貨を購入するタイミング 仮想通貨を購入する判断材料 仮想通貨今後おすすめ銘柄 仮想通貨初心者いくらから 仮想通貨初心者が登録する取引所 仮想通貨初心者必見 仮想通貨取引所 仮想通貨取引所Zaif 仮想通貨取引所のビットバンクの評価 仮想通貨取引所のビットバンクトレードは 仮想通貨取引所を初心者 仮想通貨取引所を初心者がおすすめ
PAGE TOP