仮想通貨豆知識

仮想通貨でよく聞く狼狽売りとは!?狼狽売りしないための正しい損切の仕方をマスタ


2018年に入り、ようやくビットコインも100万円近くまで

上昇したのを機に新しい方が仮想通貨市場に

参入してきているのではないのでしょうか?

 

仮想通貨の魅力は株やFXと違い、

少額から始められることが出来て、

投資経験の少ない人でもかなり大きな利益を

残すことが出来るのが何よりも魅力です。

 

ただしその反面、購入するタイミングや

売却するタイミングを間違えて、損をしてしまう方も

中にはいます。

 

特にイナゴ買いや狼狽売りをする人は、

そういった仮想通貨で失敗する傾向に陥りやすいのを

感じます。

 

その中で狼狽売りの意味や狼狽売りをするときの

正しい考え方を今回は教えていきます。

 

仮想通貨の狼狽売りとは?

 

 

狼狽売りとは自分が持っている仮想通貨の

チャートが何が原因かわからない状態で暴落してしまったときに、

不安や焦りなどの勢いで売ってしまうことです。

 

まず仮想通貨投資をやろうと思ったら

投資の心理を理解しないといけません。

 

基本的に自分が購入しようとする銘柄を選ぶ基準は、

「好材料があったからこの通貨は価格が上昇しそう。」、

「誰かが将来性があるってこの銘柄を太鼓判していたから実際に買ってみるか。」など、

将来の期待を考えながら購入すると思います。

 

ですが逆に売りが強くなってくると、

「これから反発が起こって上昇するんだ!」という期待よりも、

「もしかしたらもっと下がってしまうかもしれない。」という

不安の心理のほうが強くなります。

 

狼狽売りをするということは、

リスクを減らすための防御反応です。

 

なので別に悪いわけではありません。

 

狼狽売りが起こってしまう理由とは

 

 

狼狽売りをする理由は一度含み益になったのにも関わらず、

一気に含み損になった時の精神的ストレスが理由です。

 

含み益から含み損になった時の人間のストレスは、

3倍かかると言われています。

 

つまり30万円の含み益が発生した時の喜びと、

10万円の含み損が発生した時の悲しみのストレス値は

イコールということです。

 

なぜなら投資初心者は利益が出ている間は、

ただの数字としか見ることができませんが、

負けた時にリアルのお金としてとらえてしまう癖があるからです。

 

そのために含み損になった瞬間に、

普段では考えないような感情が行動に移ってきます。

 

例えば普段はあまりチャートを見ないのに、

含み損になった瞬間に毎秒ごとにチャートを見るようになったり、

意味の分からない祈りをしたり。笑

 

そのように含み損でストレスを感じていると思ったら

まずは落ち着きましょう。

 

含み損でストレスを緩和する方法

・仮想通貨の暴落理由の情報を収集する

・SNSのタイムラインを客観的にみる

・仮想通貨の勉強をして仕組みをしっかりと理解する

・相場やチャートのチェックを避ける。

 

含み損になって焦ってもしょうがありません。

 

今後将来的に伸びていくのか、

長期保有するのか考え、もしっ厳しいようであれば、

どこで損切りをするのか通貨を購入する前に

しっかりとチェックしておきましょう。

 

狼狽売りとは違う次元の正しい損切の仕方

 

 

投資の世界では損切りをするのもしっかりとした

テクニックの1つです。

 

相場が崩れて暴落しているときに慌てて安値で

自分の通貨を手放してしまい損をする人とは訳が違います。

 

では正しい損切りとはどういったものなのでしょうか?

 

株でもFXでも仮想通貨でも共通して言えることは、

正しい投資の方法とは「計画性のある積極的な損切り」をすることです。

 

元々計画性やしっかりとしたルールが自分の中にあり、

損切りを行うことが正しい投資方法での損切りの仕方です。

 

正しい損切りの例

・今持っている銘柄が30%の値下がりがあったら

損切りして売ろう。

・新しく購入した銘柄が3ヶ月経っても上がらなかったら

損切りして売ろう

 

といった感じにあらかじめ自分の中でルールをしっかりと

設けておきます。

 

なので「暴落したから今すぐに売らなければヤバイ!」という考え方は、

何の成長にもなりませんし、データにもなりません。

 

みんなが狼狽しているときこそ儲かるチャンス

 

ですが皆がパニックを起こして狼狽しているときに

安値でコツコツと購入している人は将来的には

大きく稼ぐことが出来ますし、億り人にもなる可能性は

充分にあります。

 

なぜなら投資の神様と呼ばれる

ウォーレンバフェットはリーマンショックで

投資家のほとんどが安値でろうばい売りをしていた時に、

安値で積極的に株を購入して今の地位を勝ち取ったからです。

 

つまり大衆の逆を行くことが、

投資で稼ぐコツなのです。

 

狼狽売りをしないためには積立投資もおすすめ

 

 

もしどうしてもろうばい売りをして中々資産を増やすことが出来ない人は、

毎月一定額をコツコツと投資するローリスクハイリターンの積立投資が

おすすめです。

 

何だかんだ仮想通貨で稼ぐためには、

積立投資で長期的に通貨を保有し続けるのが

一番リスク少なく資産を増やす方法なのです。

関連記事

  1. 仮想通貨のイナゴ買いとは徹底解説!イナゴ銘柄を見分けるポイント

  2. 仮想通貨とは!?わかりやすく仮想通貨の仕組みを解説

  3. ビットコインとリップルの違いとは?~購入前に知っておきたい仮想通貨の豆…

  4. 仮想通貨のブロックチェーンを初心者にもわかりやすく解説

  5. 仮想通貨でよく聞くホールドやガチホの意味解説!そしてホールドにおすすめ…

  6. 仮想通貨スプレッドとは【お得に仮想通貨を購入するための豆知識】

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

タグ一覧

bitFlyerのメリット bitFlyerの口コミ bitFlyer評価 DMM Bitcoin 評判 DMM Bitcoinのデメリット DMM Bitcoinのメリット DMM Bitcoinの口コミ GMOコイン Zaifのデメリット Zaifのメリット Zaifの口コミ Zaifの評判 アルトコインが安く買えるビットバンク イーサリアのチャート イーサリアムお得取引所 イーサリアムのチャートから今後を分析 イーサリアムの今後 イーサリアム安く買える取引所 イーサリアム手数料が安い イーサリアム手数料安く買うならここ ビットコインFX ビットバンクとビットバンクトレードの違い ビットバンクの口コミ ビットバンクの評判 ビットバンクトレードの口コミ ビットバンクトレードの評判 ビットバンク株式会社 リップルおすすめ取引所 リップルお得に購入する方法 リップル安いビットバンク リップル手数料安い取引所 仮想通貨いくらから 仮想通貨の今後 仮想通貨を購入するタイミング 仮想通貨を購入する判断材料 仮想通貨今後おすすめ銘柄 仮想通貨初心者いくらから 仮想通貨初心者が登録する取引所 仮想通貨初心者必見 仮想通貨取引所 仮想通貨取引所Zaif 仮想通貨取引所のビットバンクの評価 仮想通貨取引所のビットバンクトレードは 仮想通貨取引所を初心者 仮想通貨取引所を初心者がおすすめ
PAGE TOP