Uncategorized

仮想通貨Stellar(ステラ)の特徴や将来性とは


現在数千種類ある中の仮想通貨の中で、

時価総額ランキング8位につき、さらなる上昇が期待されている

ステラコインをご存知でしょうか。

 

まだ海外取引所でしか取り扱っていないために

認知度は少ないですが今後確実に伸びてくる仮想通貨の一つだと

僕は予想しています。

 

今回はそんなStellar(ステラ)の特徴や将来性などを

紹介していきます。

 

Stellar(ステラ)とはどんな通貨

 

Stellar(ステラ)の略称はXML(ルーメン)と呼ばれる仮想通貨です。

 

2014年に公開された仮想通貨であり、

Stellar(ステラ)はブロックチェーンを利用して銀行や決済システム、

人をつなぐプラットフォームの開発を目的としています。

 

Stellar(ステラ)実用化することによって、

スムーズに信頼性の高い方法で、コストをほとんどかけることなく、

資金を移動することが出来ます。

 

購入したStellar(ステラ)はネットワーク上で管理され、

用途に応じて「ドル」や「ユーロ」といった法定通貨にも

スムーズにほとんどコストをかけることなく換金する事が出来るので、

銀行への送金も今後個人で全く負担をかけることなく

出来るようになるかもしれません。

 

ではそんなStellar(ステラ)の特徴とはいったい何なのでしょうか?

 

Stellar(ステラ)の特徴

 

Stellar(ステラ)の特徴をそれぞれ紹介していきます。

 

Stellar(ステラ)の特徴

・リップルをベースに開発された

・仮想通貨の中でも歴史が長い

・次世代の送金、決済手段をとることが可能

・開発者が仮想通貨業界での影響を大きく与える人物

 

です。

 

リップルをベースに開発された

 

Stellar(ステラ)はリップルをベースに作られた

仮想通貨です。

 

ただしリップルとStellar(ステラ)は開発目的が

大きく違ってきます。

 

3.Rippleの決済システムの特徴

 

まずRippleの決済システムの特徴として、

大手金融機関や法人目的に利用して作られました。

 

Rippleネットワークは各国の銀行のネットワークと

システムを接続して送金処理の簡素化や迅速化を目指しています。

 

一方Stellar(ステラ)のシステムは個人利用を目的としています。

 

3.Stellar(ステラ)の決済システムの特徴

 

Stellar(ステラ)は個人が扱う小さい金額での

送金や決済に特化して作られた仮想通貨であり、

Stellar(ステラ)のブロック承認速度はリップルよりも早くなっているので、

実質Stellar(ステラ)よりも送金スピードが速いです。

 

なのでStellar(ステラ)を使えば、

海外のサイトで買い物をする際や海外の友人、金融機関への

送金など国境を越えていても簡単迅速に決済や送金を

行うことが出来るのです。

 

Stellar(ステラ)で送金された場合、

「円⇒ステラ⇒ドル」という形で送金者から受取人に

届くようになっています。

 

3.Rippleのプロトコル

 

RippleのプロトコルはXRP Ledger Consensusを利用しており、

ブロックの承認者を限定して、その特定の承認者に

ブロックの管理や記録をする仕組みが施されています。

 

ただし承認者たちが80%以上合意しないと

承認を得ることが出来なくて、チェーンが分岐(コインの分裂)してしまうという

問題が発生してしまう可能性が十分に考えられます。

 

3.Stellar(ステラ)のプロトコル

 

またStellar(ステラ)SCP(Stellar Consensus Protocol)という

独自のプロトコルを用いています。

 

基本的な仕組みは同じなのですが、

現在はリップルの認証方式の問題を改善した

独自のプロトコルを実装することに成功しましたs。

 

SCPはXRP Ledgerと似ていますが、

問題点が改善されたグレードアップ版となっています。

 

これにより、チェーン分岐のリスクを極限まで抑え、

80%以上の合意がなくても承認されるような仕組みになっており、

これによりスケーラビリティ問題を解決しているのです。

 

3.リップルの発行上限枚数

 

またリップルは1000億枚が発行され、

そのあとに発行されることがありません。

 

その後に少しずるリップルをロックアップして、

市場の価格をコントロールしないようにするのが

リップルです。

 

3.Stellar(ステラ)の発行上限枚数

 

一方でStellar(ステラ)はリップルと同じく、

最初に1000億枚のStellar(ステラ)が発行されますが、

毎年1%ずつ追加発行されていきます。

 

これはより多くの仮想通貨が市場に流通することによって、

価格の変動するリスクを抑えるための仕組みです。

 

また運営団体であるSDF(Stellar Development Foundation)が

全体の5%のStellar(ステラ)を所有しています。

次世代の送金、決済手段をとることが可能

 

ステラは先ほど紹介したように送金の速さや

手数料の安さが他の仮想通貨と比べても優れています。

 

Stellar(ステラ)で送金した場合は5秒で送金することが出来て、

従来の送金システムを根底から覆すスピードとなっています。

 

なので今後の送金システムとして

世界中から注目を集めています。

 

通貨送金スピード送金手数料
日本円(銀行窓口から国際送金)数日2500~5500円
ビットコイン数時間3000円
リップル5秒0.04円
ステラ5秒無料

 

開発者が仮想通貨業界での影響を大きく与える人物

 

Stellar(ステラ)を開発したのはジェド・マケーレブ氏であり、

リップルの開発にも携わった送金システムを変革する革命児です。

 

またジェド・マケーレブ氏はあの世界最大手の仮想通貨取引所である

「マウント・ゴックス」の創設者であり、仮想通貨の業界にとてつもない

影響を与える人物です。

 

そのジェド・マケーレブ氏がステラの開発者なので、

世界中からStellar(ステラ)が期待されています。

 

Stellar(ステラ)の今後の将来性

 

Stellar(ステラ)の今後はどのようなものがあるのでしょうか。

 

IBMと提携

 

Stellar(ステラ)は国境を越えて迅速でコストを減らす

決済システムを構築し、より送金、決済のスムーズ化を目指しています。

 

さらにナイジェリアの通信業者である

ParkwevはStellar(ステラ)を利用することによって、

事なる通信業者を接続して互いに送金できるように進めています。

 

スマホでの送金が一般化しているアフリカでも

Stellar(ステラ)の導入が着々と進んでいて、

Stellar(ステラ)の今後の将来性は非常に明るく、

これから急騰する可能性を十分に秘めている仮想通貨でしょう。

 

公共料金の支払いにStellar(ステラ)が使われている

 

フランスの大手送金業者である

TEMOPOは、安価な送金決済サービスを提供するために、

Stellar(ステラ)を採用しました。

 

これによってヨーロッパ化kら世界へ低コストで

迅速な送金を可能にしました、。

 

将来的には1500億ドル規模の送金での流通が見込まれており、

TMPOのサービスを利用することによって、通信やガス、電気、

水道、保険など様々な公共サービスの国境を越えた支払いが

可能となります。

 

Stellar(ステラ)を購入出来る取引所

 

Stellar(ステラ)はまだ国内取引所で取り扱っておらず、

海外取引所に国内取引所からビットコインやリップルを送金して

購入しなければいけません。

 

Stellar(ステラ)の購入方法

ステップ1.

日本取引所に口座を開設し、

ビットコイン、やイーサリアム、リップルなどの

取り扱い通貨を購入する

 

ステップ2.

Stellar(ステラ)を取り扱っている海外取引所の

口座を開設して国内取引所から購入した通貨を送金する

 

ステップ3.

送金したビットコイン、イーサリアム、リップルなどで

Stellar(ステラ)を購入する。

 

Stellar(ステラ)を取り扱っている海外取引所

 

Stellar(ステラ)を取り扱っている海外取引所は

BinanceとPoloniex、Bittrexです。

 

3.Bittrex

 

Bittrexは約200種類の仮想通貨を取り扱っており、

世界最大級の仮想通貨取引所です。

 

ここではStellar(ステラ)の取引が

60%ほど行われており、Stellar(ステラ)を

売買したいのであればBittrexのアカウントを

解説しておきましょう。

 

3.Binance(バイナンス)

 

Binanceは中国の大手取引所であり、

取り扱い通貨は100種類以上あります。

 

最も取引量が高く、活発に取引をされているので、

Stellar(ステラ)を買いたい方はこちらがお勧めです。

 

3.Poloniex

 

Poloniexも世界最大級の仮想通貨取引所であり、

Bittrexよりも手数料やすくStellar(ステラ)を

購入することが出来ます。

 

Stellar(ステラ)を安く購入したいのであれば、

Poloniexがお勧めです。

関連記事

  1. OMISEGOの今後がヤバい!?爆上げ確定になるか?

  2. モバイルウォレットでスマホを使って仮想通貨を管理する方法!お勧めのモバ…

  3. 時価総額トップ10に入るNEOはどんな通貨!?そしてNEOの今後の将来…

  4. 仮想通貨ポピュラス(Populous)の特徴や将来性は

  5. 仮想通貨のモネロとは?特徴や将来性を解説

  6. 仮想通貨イオス(EOS)の特徴や今後の可能性は?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

タグ一覧

bitFlyerのメリット bitFlyerの口コミ bitFlyer評価 DMM Bitcoin 評判 DMM Bitcoinのデメリット DMM Bitcoinのメリット DMM Bitcoinの口コミ GMOコイン Zaifのデメリット Zaifのメリット Zaifの口コミ Zaifの評判 アルトコインが安く買えるビットバンク イーサリアのチャート イーサリアムお得取引所 イーサリアムのチャートから今後を分析 イーサリアムの今後 イーサリアム安く買える取引所 イーサリアム手数料が安い イーサリアム手数料安く買うならここ ビットコインFX ビットバンクとビットバンクトレードの違い ビットバンクの口コミ ビットバンクの評判 ビットバンクトレードの口コミ ビットバンクトレードの評判 ビットバンク株式会社 リップルおすすめ取引所 リップルお得に購入する方法 リップル安いビットバンク リップル手数料安い取引所 仮想通貨いくらから 仮想通貨の今後 仮想通貨を購入するタイミング 仮想通貨を購入する判断材料 仮想通貨今後おすすめ銘柄 仮想通貨初心者いくらから 仮想通貨初心者が登録する取引所 仮想通貨初心者必見 仮想通貨取引所 仮想通貨取引所Zaif 仮想通貨取引所のビットバンクの評価 仮想通貨取引所のビットバンクトレードは 仮想通貨取引所を初心者 仮想通貨取引所を初心者がおすすめ
PAGE TOP