Uncategorized

仮想通貨Stratisの特徴や今後の将来性


今や数千種類ある仮想通貨。

 

2018年はその中でも開発が出来ていないものや

人気がない通貨はこんご淘汰されていくと予想されています。

 

そんな多くの仮想塚の中に、

Stratis(ストラティス)といわれる仮想通貨が存在します。

 

ビットコインやイーサリアム、リップルなどのもはや

カリスマコインとは天と地の差であり、まだまだ認知度が少ない

コインなどであまり馴染みがないかもしれませんが、実は期待されている

仮想通貨の一つなのです。

 

今回はそんなStratis(ストラティス)の特徴やメリット、

将来性について解説していきます。

 

Stratis(ストラティス)とは

 

ではまずStratis(ストラティス)とはどんな仮想通貨なのでしょうか。

 

Stratis(ストラティス)の通称名はSTARTであり、

ブロックチェーン技術を持っていない企業でも、

簡単にブロックチェーンを利用することが出来ることを目的に作られた

仮想通貨です。

 

つまりブロックチェーンを簡単に開発するための

プラットフォームを実現するための仮想通貨です。

 

ブロックチェーンの課題

 

ブロックチェーンとはあらゆる取引データを保存するためのシステムであり、

とてもデータの改ざんなどがされにくく安全性、信頼性があり、

とても便利なものなのですが、開発できる技術者がまだまだ少ないというのが

現状の課題とされています。

 

一般企業のプログラマーでもブロックチェーンに詳しい技術者は

ごくわずかであり、アメリカでもブロックチェーンに詳しい技術者は

まだまだ少なく希少価値なのが現状です。

 

そこで開発されたのが

Stratis(ストラティス)です。

 

ではStratis(ストラティス)はどんな特徴があるのでしょうか?

 

Stratis(ストラティス)の特徴とは

 

Stratis(ストラティス)はブロックチェーン技術がない企業でも

ブロックチェーンの開発をすることが出来るために作られた通貨です。

 

その理由としては開発環境がC#でブロックチェーンの開発を

することが出来るからです。

 

Stratis(ストラティス)の開発環境がC#

 

なぜStratis(ストラティス)はブロックチェーン技術がない人でも

ブロックチェーン開発が出来るのかというと、開発環境が

C#だからという点です。

 

現在スマートコントラクトで最も利用されている

イーサリアムでさえ、エンジニアが不足しています。

 

その原因としてイーサリアムの開発環境が「Solidity」と呼ばれる

マイナーな開発言語なのでほとんどの人がまだ使えていません。

 

その点Stratis(ストラティス)の開発言語はC#であるため

今後仮想通貨でStratis(ストラティス)での開発が進む可能性がとても高いのです。

 

Stratis(ストラティス)はBaaSを採用している

 

またStratis(ストラティス)はBaaSを採用しており、

BaasとはStratis Blockchain as a serviceとなり、直訳すると、

「サービスとしてのブロックチェーン」と直訳することが出来ます。

 

これによって企業はブロックチェーンを活用した独自のアプリケーションを

開発することが出来るようになり、導入することが出来るようになるのです。

 

Stratis(ストラティス)の導入の流れ

ステップ1.Stratis Cloud Portalというプラットフォームにアカウントを作成

ステップ2.ブロックチェーンを利用するためにStratisを購入

ステップ3.クラウド管理ポータルの「プロビジョニング」をクリックし、「展開」を選択

ステップ4.各種パラメーターを設定

 

という流れになります。

 

企業は独自のブロックチェーンネットワークを構築することが可能であり、

維持コストや面倒な設定をすることなくDapps(ブロックチェーンアプリケーション)の

開発を行うことができます。

 

Stratis(ストラティス)はTumble Bitによって匿名性が保証される

 

2つ目の特徴としてTumble Bitにより匿名性が保証されているというのがあります。

 

Tumble Bitとはストラティスの取引に匿名性を保つことが出来る仕組みです。

 

Tumble Bitの仕組み

1.取引の時にタンブラーという仲介者を介して、

送金者はビットコインをエスクローにプール

 

2.支払いもタンブラーが行って、受け取りはタンブラーがコインを

ミキシングして一斉に受け取り者に送金することで匿名性を保つことが出来る

 

エスクローとは

エスクローとは商品取引の際に信頼のおける第三者を仲介させて

取引の安全性をア担保する第三者預託のこと

 

ミキシングとは

ミキシングとは放送や録音で、複数の音声・映像を混合して

効果的になるように調整すること

 

Stratis(ストラティス)は現在、

Breeze Walletと呼ばれるウォレットを開発しており、

このウォレットを用いれば、Tumble Bitの仕組みが導入されて、

ダッシュやモネロなどの匿名通貨を使わずにビットコインのままでも

匿名で送金出来ます。

 

Stratis(ストラティス)の今後の将来性

 

ではStratis(ストラティス)の今後の将来性はどうなのでしょうか。

 

Stratis(ストラティス)はスマートコントラクトを導入予定

 

 

Stratis(ストラティス)は2018年の年内にスマートコントラクトを

導入予定と発表しており、C#を開発言語として一般企業でも

スマートコントラクトを使うことが出来るようになります。

 

Stratis(ストラティス)がスマートコントラクトを導入すれば、

決済期間の短縮や不正防止、仲介者を介さずに自動的に取引をすることが出来るので、

コスト削減、時間の短縮に大いに貢献します。

 

様々なブロックチェーンで応用可能

 

また現在も様々な仮想通貨が誕生しており、

需要と共有のバランスが追いついておらずニーズに応じて

様々な分野でブロックチェーンが応用されようとしています。

 

ですが開発環境が整っていなくて

企業も手を出すことが出来ないというのもあり、

これを解決すればStratis(ストラティス)の活用の幅が一気に広がります。

 

Stratis(ストラティス)を購入出来る取引所

 

Stratis(ストラティス)はまだ現在は

日本円で購入することは出来ません。

 

国内取引所でビットコインやリップルなどを購入し、

海外取引所に送金する必要があります。

 

Stratis(ストラティス)の購入方法

 

ステップ1.

日本取引所に口座を開設し、

ビットコイン、やイーサリアム、リップルなどの

取り扱い通貨を購入する

 

ステップ2.

Stratis(ストラティス)を取り扱っている海外取引所の

口座を開設して国内取引所から購入した通貨を送金する

 

ステップ3.

送金したビットコイン、イーサリアム、リップルなどで

Stratis(ストラティス)を購入する。

 

Stratis(ストラティス)を取り扱っている海外取引所

 

Stratis(ストラティス)を取り扱っている海外取引所は

BinanceとPoloniex、Bittrexです。

 

3.Bittrex

 

Bittrexは約200種類の仮想通貨を取り扱っており、

世界最大級の仮想通貨取引所です。

 

ここではStratis(ストラティス)の取引が

60%ほど行われており、Stratis(ストラティス)を

売買したいのであればBittrexのアカウントを

解説しておきましょう。

 

3.Binance(バイナンス)

 

Binanceは中国の大手取引所であり、

取り扱い通貨は100種類以上あります。

 

最も取引量が高く、活発に取引をされているので、

Stratis(ストラティス)を買いたい方はこちらがお勧めです。

 

3.Poloniex

 

Poloniexも世界最大級の仮想通貨取引所であり、

Bittrexよりも手数料やすくStratis(ストラティス)を

購入することが出来ます。

 

Stratis(ストラティス)を安く購入したいのであれば、

Poloniexがお勧めです。

 

まとめ

 

以上仮想通貨Stratisについて説明してきました。

 

ブロックチェーンが普及すればするほど、

Stratis(ストラティス)が今後導入されて開発環境も

整ってくるでしょう。

 

Stratis(ストラティス)に魅力を感じたのであれば、

安いうちから早めに買って小額投資をしておくことをお勧めします。

関連記事

  1. DASH(ダッシュ)とは?特徴や今後の将来性を徹底解説

  2. 匿名系の仮想通貨Verge(ヴァージ)とは?特徴や将来性について調べて…

  3. イーサリアムクラシックは本当にイーサリアムの下位互換版?じつは違うイー…

  4. 仮想通貨ウェーブス(Waves)とは?特徴や将来性を徹底解説

  5. デスクトップウォレットで仮想通貨を保管する方法を解説!おすめのウォレッ…

  6. ハードウォレットで仮想通貨を管理する!レジャーナノ(Ledger Na…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

タグ一覧

bitFlyerのメリット bitFlyerの口コミ bitFlyer評価 DMM Bitcoin 評判 DMM Bitcoinのデメリット DMM Bitcoinのメリット DMM Bitcoinの口コミ GMOコイン Zaifのデメリット Zaifのメリット Zaifの口コミ Zaifの評判 アルトコインが安く買えるビットバンク イーサリアのチャート イーサリアムお得取引所 イーサリアムのチャートから今後を分析 イーサリアムの今後 イーサリアム安く買える取引所 イーサリアム手数料が安い イーサリアム手数料安く買うならここ ビットコインFX ビットバンクとビットバンクトレードの違い ビットバンクの口コミ ビットバンクの評判 ビットバンクトレードの口コミ ビットバンクトレードの評判 ビットバンク株式会社 リップルおすすめ取引所 リップルお得に購入する方法 リップル安いビットバンク リップル手数料安い取引所 仮想通貨いくらから 仮想通貨の今後 仮想通貨を購入するタイミング 仮想通貨を購入する判断材料 仮想通貨今後おすすめ銘柄 仮想通貨初心者いくらから 仮想通貨初心者が登録する取引所 仮想通貨初心者必見 仮想通貨取引所 仮想通貨取引所Zaif 仮想通貨取引所のビットバンクの評価 仮想通貨取引所のビットバンクトレードは 仮想通貨取引所を初心者 仮想通貨取引所を初心者がおすすめ
PAGE TOP