Uncategorized

仮想通貨Tether(テザー)とは?その特徴や将来性を紹介


仮想通貨も進化し続けており、現在は分散型台帳と呼ばれる

ブロックチェーン技術が暗号通貨だけではなくて様々な分野に応用されています。

 

ですが多くの仮想通貨は価格の上下の変動が激しく、投機目的に使われる仮想通貨がほとんどなのが今の現状です。

 

そんな中、テザーは仮想通貨の価格の安定を目指して作られた通貨であり、

法定通貨と仮想通貨が連動した価値の暗号通貨を発行するために作られたプロジェクトです。

 

そんなテザーについてどんな通貨なのか、

その特徴、テザーの今後の可能性についてまとめてみました。

 

Tether(テザー)とは

 

Tether(テザー)は法定通貨である米ドルと連動して価値がつけられた仮想通貨です。

 

Tether(テザー)のように他の通貨と連動して価値がつけられた通貨を

ペグ通貨と呼び、価格が安定するように作られた通貨をステーブルコインと呼びます。

 

Tether(テザー)はこれらに分類される仮想通貨です。

 

Tether(テザー)は米ドルと連動しているので1USDT=1USDとなります。

 

つまり米ドルと連動して作られたということは、

USドル、ユーロ、日本円等の現金とも連動するという事であり、

法定通貨としての価値をそのままデジタル化したものがTether(テザー)なのです。

 

Tether(テザー)の特徴

 

 

ではTether(テザー)の特徴とはどのようなものがあるのでしょうか?

 

Tether(テザー)の特徴

・プルーフ・オブ・リザーブによって価値が担保される

・法定通貨と仮想通貨のいいとこどりをした仮想通貨

・中央管理者がいてカウンターパーティーのリスクがある

などがあります。

 

では1つずつTether(テザー)の特徴を見ていきましょう。

 

プルーフ・オブ・リザーブによって価値が担保される

 

まずTether(テザー)が1USDT=1USDを保証することが出来るのはなぜなのか気にりませんか?

 

その理由がプルーフ・オブ・リザーブをTether(テザー)が持っているからなのです。

 

プルーフ・オブ・リザーブとは

Tether(テザー)はプルーフ・オブ・リザーブによって、

Tether(テザー)の運営母体であるTether Limitedが保有する銀行口座に

USD等の通貨を入金することによってTether(テザー)が発行されます。

 

そして銀行口座から法定通貨を引き出すとTether(テザー)もなくなります。

 

このようにTether(テザー)はプルーフ・オブ・リザーブによって、

上手くTether(テザー)と法定通貨とを連動させているのです。

 

これによってTether(テザー)は価格変動が少なく、

毎日安定した価格値にすることが出来るのです。

 

法定通貨と仮想通貨のいいとこどりをした仮想通貨

 

またTether(テザー)は法定通貨と仮想通貨の良いところを併せ持つことを

目的として開発された仮想通貨です。

 

では法定通貨と仮想通貨の良いところとはいったい何なのでしょうか?

 

法定通貨と仮想通貨の良いところ取りとは

・価値保存が可能

・仮想通貨ほどのボラティリティ(価格変動)がないので送金、決済をしやすい

・法定通貨の送金や決済よりも手数料が安い

などがあります。

 

普通の仮想通貨はニュースや影響力を持つ個人、

企業によっての発言によって1日で20%以上の変動も十分にあり得ます。

 

例えば給料を仮想通貨にした場合、

給料日に20%減ってしまうと中々買いたいものも買えませんし、

仮想通貨での給料支払いをしようという企業は少ないでしょう。

 

ですがTether(テザー)は価格が安定しているために

そういった価格変動のリスクも少なく送金や決済も法定通貨よりも

早くて手数料が低いのがTether(テザー)の特徴なのです。

 

中央管理者がいてカウンターパーティーのリスクがある

 

ただしTether(テザー)は中央管理者であるTether Limitedという運営団体が存在します。

 

つまりTether(テザー)の発行はTether Limitedが独占的に行っており、

カウンターパーティーのリスクも十分に考えられるのです。

 

カウンターパーティーのリスクとは

・中央管理者であるTether Limitedが破綻、倒産する

・中央管理者が不正を行う

・法定通貨を預けている銀行のほうが破綻する

・Tether LimitedがハッキングされてTetherを盗まれる

等のリスクもあります。

 

また実際にTether(テザー)には2018年の1月に

Tether Limitedの不祥事と疑惑があり、仮想通貨の市場も大きく暴落しました。

 

Tether(テザー)の疑惑とは

1.準備金は本当にあるのか?

2.ビットコインの価格操作を行っているのではないのか?

という疑惑や問題点です。

 

準備金は本当にあるのか?

 

これはTher Limitedが管理する口座に発行されているテザーと

同額の法定通貨が準備資金として保管されているということになっていますが、

それを裏付ける証拠が一切ありません。

 

なので2017年には取引関係のあった台湾の銀行と関係が解消し、

2018年には監査法人として関係を取り消し、さらに疑問や不安へと繋がっていきました。

 

ビットコインの価格操作を行っているのではないのか?

 

また2017年の年末にTether(テザー)を発行した2時間以内に、

ビットコインの価格が約50%上昇するというレポートが公開されて大きな話題となりました。

 

Tether Limitedと提携しているBitfinexのウォレットに着金した2時間後に

ビットコインの価格が大幅に上昇し価格操作を行っているという疑いがかけられました。

 

Tether(テザー)の今後の将来性

 

ではTether(テザー)は今後も普及していくのでしょうか?

 

それとも疑惑をもたれたまま破綻してしまうのでしょうか?

 

ビットコインを始めたとした多くの仮想通貨は価格が不安定なことから、

とても通貨としては使いづらいという大きな課題がありました。

 

ですがTether(テザー)はその課題をクリアし、

送金手数料が安く、早くてなおかつ価格が安定しているという利便性の長けた通貨がTether(テザー)です。

 

確かにカウンターパーティーというリスクもありますが、

今後Tether(テザー)が普及していけば法定通貨と仮想通貨を融合した

利便性が高くて安全性が高い通貨が作られていくかもしれません。

 

もしかしたら今後人々は現金を持ち歩くことなく、

日常的にTether(テザー)を持ち歩いて決済していく未来が待っているかもしれません。

 

ではそんなTether(テザー)はどこで購入することが出来るのでしょうか?

 

Tether(テザー)の購入方法

 

Tether(テザー)は残念ながらまだ国内での取り扱いは開始されていません。

 

なので国内取引所からビットコインやイーサリアム、

リップルなどを送金して海外取引所からTether(テザー)を購入するしか方法はありません。

 

Tether(テザー)を取り扱っている海外取引所は

 

Tether(テザー)を取り扱っている仮想通貨取引所は

・BINANCE(バイナンス)

・Poloniex(ポロにエックス)

・Bittrex(ビットレックス)

・HitBTC(ヒットビーティーシー)

・Bitfinex(ビットフィネックス)

等になります。

 

BINANCE(バイナンス)

中国の仮想通貨取引所で流通量が多く日本人でも使いやすいのが特徴の取引所。

 

Poloniex(ポロニエックス)

アメリカの仮想通貨取引所で60種類以上の取り扱い通貨があり、有名な取引所の1つです。

 

Bittrex(ビットレックス)

アメリカの仮想通貨取引所でマニアックな仮想通貨を取り扱っています。

 

HitBTC(ヒットビーティーシー)

イギリスの仮想通貨取引所でICOの仮想通貨にも強いのが特徴です。

 

Bitfinex(ビットフィネックス)

香港の仮想通貨取引所で米ドルを使った取引高においては世界1位のシェアを持つ。

 

まとめ

 

これまでTether(テザー)の特徴や開発目的、

今後の将来性について紹介してきました。

 

Tether(テザー)は法定通貨と仮想通貨の良いとこどりをした通貨であり、

価格の安定性や送金スピードなどのバランスは他の仮想通貨では真似することが出来ない唯一の通貨です。

 

これから先、僕たちの日常にTether(テザー)が浸透して

流通すればするほどTether(テザー)の重要性は増していくでしょう。

 

なので今から仮想通貨の基軸としてTether(テザー)を

購入してみても良いのではないのでしょうか?

関連記事

  1. 時価総額トップ10に入るNEOはどんな通貨!?そしてNEOの今後の将来…

  2. DASH(ダッシュ)とは?特徴や今後の将来性を徹底解説

  3. OMISEGOの今後がヤバい!?爆上げ確定になるか?

  4. 今から仮想通貨投資をするには遅いのか!?今後の上昇する可能性や将来性に…

  5. 仮想通貨ウェーブス(Waves)とは?特徴や将来性を徹底解説

  6. ハードウォレットで仮想通貨を管理する!レジャーナノ(Ledger Na…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

タグ一覧

bitFlyerのメリット bitFlyerの口コミ bitFlyer評価 DMM Bitcoin 評判 DMM Bitcoinのデメリット DMM Bitcoinのメリット DMM Bitcoinの口コミ GMOコイン Zaifのデメリット Zaifのメリット Zaifの口コミ Zaifの評判 アルトコインが安く買えるビットバンク イーサリアのチャート イーサリアムお得取引所 イーサリアムのチャートから今後を分析 イーサリアムの今後 イーサリアム安く買える取引所 イーサリアム手数料が安い イーサリアム手数料安く買うならここ ビットコインFX ビットバンクとビットバンクトレードの違い ビットバンクの口コミ ビットバンクの評判 ビットバンクトレードの口コミ ビットバンクトレードの評判 ビットバンク株式会社 リップルおすすめ取引所 リップルお得に購入する方法 リップル安いビットバンク リップル手数料安い取引所 仮想通貨いくらから 仮想通貨の今後 仮想通貨を購入するタイミング 仮想通貨を購入する判断材料 仮想通貨今後おすすめ銘柄 仮想通貨初心者いくらから 仮想通貨初心者が登録する取引所 仮想通貨初心者必見 仮想通貨取引所 仮想通貨取引所Zaif 仮想通貨取引所のビットバンクの評価 仮想通貨取引所のビットバンクトレードは 仮想通貨取引所を初心者 仮想通貨取引所を初心者がおすすめ
PAGE TOP