仮想通貨初心者必見

アルトコインとは?ビットコインとアルトコインの違いを解説


2017年は仮想通貨市場が拡大し、

多くの方が仮想通貨投資を行い

ビットコインを購入して多くの億り人が誕生しました。

 

その一方でこれから仮想通貨をしようと考えている方も多いでしょう。

 

色々とビットコインや仮想通貨の事を検索していると

アルトコインという言葉を見かけると思います。

 

今回はそんな仮想通貨を始めたばかりの初心者のために

アルトコインとは」、「アルトコインの違い」について紹介していきます。

 

アルトコインとは

 

 

アルトコインとはビットコイン以外の

仮想通貨をまとめてアルトコインと呼んでいます。

 

なので1つの仮想通貨を指しているわけではなくて

イーサリアムやリップル、ネムなど様々な仮想通貨の事を

アルトコインと呼びます。

 

仮想通貨はビットコイン1つで十分と思いませんか?

 

「なんでこんなにも仮想通貨の種類を増やしているのだろう?」って。

 

実はアルトコインはビットコインの欠点を

改善するために作られたものや決済手段以外の目的で

作られてコミュニティのために作られたモノなど

様々なコインが存在しています。

 

アルトコインの誕生の歴史

 

 

アルトコインの誕生の背景を知っている方は

仮想通貨投資をされている方でも知っている方は少ないでしょう。

 

仮想通貨の全てはマイニングによって出来上がっています。

 

ですがビットコインのマイニングは既に多くの人が取り組み過ぎており、

ビットコインを採掘するのが困難になりました。

 

なのでアルトコインという新しい通貨を作って

その恩恵を受け入れるように作られたのが

アルトコインなのです。

 

そしてもう一つの誕生した理由は

ビットコインの機能を改善するためです。

 

ビットコインはブロックチェーンの仕様で

送金詰まりや送金手数料などの大きな問題がありました。

 

それを改善するために作られたのが

アルトコインというわけです。

 

アルトコインの種類や特徴

 

 

ここではアルトコインで有名なものを紹介していきます。

 

リップル(XRP)

 

 

リップルはRippple.Incが開発した分散型台帳を利用した

送金システムでありブリッジ通貨の役目を果たしています。

 

特徴としては通貨同士の送金スピードが速く、

送金手数料がかからないのが特徴です。

 

イーサリアム

 

 

イーサリアムは分散型アプリケーションを形成を可能にする

プラットフォームであり、スマートコントラクトを利用して

全ての契約や取引を台帳に記載することが出来ます。

 

なのでデータの改ざんはされにくいのが特徴です。

 

またイーサリアムはスマートコントラクトを実装したアプリも沢山出ており、

様々な企業がイーサリアムをプラットフォームにしたアプリや決済サービスの

開発に取り組んでおり、実用化されれば大きく価格が期待される仮想通貨です。

 

ネム(NEM)

 

 

ネムは平等な分散型システムの実用化を目指した仮想通貨であり、

PoLというコンセンサスアルゴリズムが使われています。

 

またネムもリップルと同じく承認スピードが速いので、

取引や送金もスムーズに行うことが出来ます。

 

そしてネムははーべスティングと呼ばれるマイニング方法であり

ネムを持っているだけで報酬をもらうことが出来ます。

 

アルトコインの注意点

 

沢山の仮想通貨がある中で中には相手を騙して

資金だけ巻き上げようとするうプロジェクトも沢山あります。

 

これをスパムコインと呼んであり粗悪コインとも呼ばれています。

 

この手口の方法としてはあらかじめプロジェクトの開発者やその協力者たちが

採掘を全て行い仮想通貨をリリースしたと同時に高値で全てを売り払い、

利益を手に入れる手口です。

 

なのでアルトコインを保有する際はしっかりと

その背景や仕組みをよく理解して調べてから

購入するようにしましょう。

 

アルトコインの将来性は?

 

アルトコインは今後も右肩上がりで上昇する可能性を秘めています。

 

今ではまだまだ価値が少ないアルトコインでも今後サービスや決済手段が

実用化されていくにつれて価値も何倍、何十倍と上昇してく可能性があります。

 

またビットコインの最大の問題であった承認スピードの遅さ、

送金スピードの遅さを補い、数秒で取引の承認が出来るアルトコインも

多数存在します。

 

なので今後仮想通貨で資産を伸ばしていきたいのであれば

アルトコインに積極的に投資をしていきましょう。

 

アルトコインのまとめ

 

アルトコインがビットコインの問題を補った仮想通貨であり、

今後ビットコインよりもアルトコインの方が価格上昇していく可能性は十分に秘めています。

 

なのでまずは時価総額の高いネムやリップル、イーサリアムなどを

少額でも良いので購入して長期保有し、今後の可能性に期待しましょう。

関連記事

  1. 仮想通貨取引所の仕組みや選び方について徹底解説

  2. 【仮想通貨初心者必見】仮想通貨を投資する際の銘柄選びのコツ

  3. 仮想通貨初心者が投資で失敗しないやり方を徹底公開

  4. 【初心者必見】仮想通貨投資で少ない原資で稼ぐ方法と銘柄選びのコツをマス…

  5. 仮想通貨初心者はいくらから始めるのがベスト?

  6. 現物取引と信用取引の違いを解説!正しい信用取引の方法

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

タグ一覧

bitFlyerのメリット bitFlyerの口コミ bitFlyer評価 DMM Bitcoin 評判 DMM Bitcoinのデメリット DMM Bitcoinのメリット DMM Bitcoinの口コミ GMOコイン Zaifのデメリット Zaifのメリット Zaifの口コミ Zaifの評判 アルトコインが安く買えるビットバンク イーサリアのチャート イーサリアムお得取引所 イーサリアムのチャートから今後を分析 イーサリアムの今後 イーサリアム安く買える取引所 イーサリアム手数料が安い イーサリアム手数料安く買うならここ ビットコインFX ビットバンクとビットバンクトレードの違い ビットバンクの口コミ ビットバンクの評判 ビットバンクトレードの口コミ ビットバンクトレードの評判 ビットバンク株式会社 リップルおすすめ取引所 リップルお得に購入する方法 リップル安いビットバンク リップル手数料安い取引所 仮想通貨いくらから 仮想通貨の今後 仮想通貨を購入するタイミング 仮想通貨を購入する判断材料 仮想通貨今後おすすめ銘柄 仮想通貨初心者いくらから 仮想通貨初心者が登録する取引所 仮想通貨初心者必見 仮想通貨取引所 仮想通貨取引所Zaif 仮想通貨取引所のビットバンクの評価 仮想通貨取引所のビットバンクトレードは 仮想通貨取引所を初心者 仮想通貨取引所を初心者がおすすめ
PAGE TOP