Uncategorized

仮想通貨TRON(トロン)の将来性は!?2017年に暴騰した理由と今後


仮想通貨で有名なのはビットコインや、イーサリアム、

リップルなどですが、今後注目している銘柄の中にTRON(トロン)という仮想通貨があります。

 

TRON(トロン)は投資の神様であるウォーレンヴァフェット氏も

注目している通貨の1つなのですがどうしてTRON(トロン)は多くの人に

期待されるのでしょうか。

 

今回はTRON(トロン)の特徴やメリット、

今後の将来性について紹介していきます。

 

TRON(トロン)とは

 

TRON(トロン)の通称名はTRXであり、

ICO時に数秒で売り切れを見せるほどの人気を見せた通貨です。

 

TRON(トロン)はブロックチェーン技術と分散型ストレージ技術で、

世界的なコンテンツを持っている人やエンターテイナーを評価する

分散型のプロトコルを持っています。

 

分かりやすく言うと

イーサリアムやネムに似ていてコミュニティを

構築していく仮想通貨です。

 

TRON(トロン)が開発された目的

・ゲームや絵などの全てのデジタルエンタメコンテンツを

世界ベースで共有して保護する

・広告モデルによるマネタイズから脱却して、

コンテンツ自体が評価される独自の経済圏を作る

 

などを目的としています。

 

ではTRON(トロン)の特徴を一つずつ

紹介していきます。

 

TRON(トロン)の特徴

 

TRON(トロン)の特徴はデジタルコンテンツをブロックチェーン上に

アップロードして、それを世界中のコンピューターで分散管理することです。

 

つまり、コンテンツを1つのパソコン、サーバーに保管せずに、

分散させることでTRONネットワークを形成して、

ユーザーが自由にデータを管理することが出来ます。

 

ユーザーが自由にデータ管理できる

 

TRON(トロン)のネットワークを使えば、

誰でもコンテンツをアップロード出来て、それらを

閲覧することも可能となります。

 

この時に閲覧をした場合、

手数料やとしてTRON(トロン)を支払うので、

今使われている広告モデルの市場を変えることが出来る可能性が

あるのです。

 

コンテンツクリエイターを推進するプラットフォームの実用化

 

今の従来の広告モデルではヤフー、グーグル、youtubeなどはじめ、

様々な広告モデルが存在しています。

 

ですが収益を上げえるためにどうしてもコンテンツの質が劣化し、

質の高いクリエイターは活躍する場面が薄れているのが今の現状です。

 

なのでTRON(トロン)が変えようとしてるのは、

自由にコンテンツを見ることが出来るネットワークを構築して

広告モデルの劣化コンテンツが見られるのではなくて質の高いコンテンツが

応援される広告モデルを構築することなのです。

 

オンラインゲームのプラットフォームを今後開発していく

 

TRON(トロン)のネットワークには運営者は必要なく、

コンテンツをアップロードされればブロックチェーンによって、

世界中に拡散され、自動的に世界中のパソコンにコピーされて保存されます。

 

なので第三者を介することなく、

TRON(トロン)はユーザーとクリエイターを直接投げて、

良質なコンテンツを提供することが出来るのです。

 

さらにトロンは今後開発が進んでいくと

クリエイター自体がICOをすることが出来て、

保有しているTRXと交換して独自のトークンを発行することが出来ます。

 

なのでクリエイターが資金調達しやすくより大きな作品を作るために、

支援することが出来て、様々な価値が誕生していくのかもしれません。

 

TRON(トロン)の今後は

 

ではTRON(トロン)の今後はどうなっていくのでしょうか。

 

TRON(トロン)の今後を知るために、

まずはロードマップを知らなければいけません。

 

TRON(トロン)のロードマップ

 

TRON(トロン)はICOをしたばかりであり、

完成するには10年を見越して考えなければいけません。

 

TRON(トロン)の公式サイトにはロードマップが掲載されており、

それは6つの段階によて開発され、アップグレードされていきます。

 

3.Exoudus(エクソーダス)

 

分散型台帳技術を利用して分散型ストレージの土台を作る

段階であり、「IPFS」という技術を採用しています。

 

これが行われるのは2017年の8月から2018年の12月です。

 

3.Odyssey(オデッセイ)

 

オデッセイはTRON(トロン)をネットワーク上で使えるようにする技術であり、

TRON(トロン)を長期間保有するとアカウントの評価が上がって、

TRON(トロン)の分配を受取ることが出来ます。

 

この予定期間は2019年の1月から2020年の6月までとなっています。

 

3.Great Voyage(グレートボヤージュ)

 

グレートボヤージュまでにブロックチェーン技術の基幹を完成させて、

アポロ以降はゲーム開発者がオリジナルトークンを発行したり、

ゲームそのものの設計を出来るようにする計画です。

 

期間は2020年7月から2021年の7月まで。

 

3.Apollo(アポロ)

 

アポロはTRON(トロン)ネットワーク上で発行できる

独自トークンの開発期間です。

 

期間は2021年8月から2023年3月まで

 

3.Star Trek(スタートレック)

 

スタートレックはオンラインゲーム関係のコンテンツのブロックチェーン化を

実現するためにアップグレードするものです。

 

期間は2023年4月から2025年の9月までを予定しています。

 

3.Eternity(エターニティ)

 

エターニティはビデオゲームをブロックチェーン上に

乗せる段階のことです。

 

期間は2025年9月から2027年9月までを予定しています。

 

TRON(トロン)の歴史

 

3.Peiwoとの提携

 

創業者であるジャスティン=サン氏自身がCEOを務める

中国最大大手音楽配信サービスであるPeiwoと、ICO終了から

1か月後の2017年10月に提携したと発表しました。

 

これは仮想通貨を使った投げ銭サービスであり、

中国初のコンテンツサービスとしてはとても画期的なものとなりました。

 

3.oBikeとの提携

 

2018年1月に台湾自転車シェアサービスである「oBike」とも提携し、

中国、台湾とシェアサービスが栄えている文化で提携して、

ブロックチェーンを使い管理することを実用化するのではないのでしょうか。

 

3.米最大級の取引所に上場

 

2018年の3月に米国取引所であるビットトレックス(Bittrex)に

上場しました。

 

3.テストネット開始

 

そして2018年の3月末にブロックチェーン上の一部機能が利用可能な

テストネットのリリースを開始しました。

 

こう見るとTRON(トロン)は開発や提携も順調で

今後伸びてくる銘柄だとは思いますがその中で詐欺という憶測も

飛んでいます。

 

TRON(トロン)に持ち上がっている疑惑とは

 

特に日本で気になっているのが「日本の金融庁にホワイトリスト登録のために

必要書類を提出中」という情報でしょう。

 

国内仮想通貨取引所への上場は期待されていますが、

2018年の5月の段階でも日本国内取引所には未上場です。

 

さらに様々なTRON(トロン)の疑惑部分があります。

 

TRON(トロン)の疑惑

・ホワイトペーパー盗作疑惑

・プロジェクトが進行していないという指摘

・TRX大量放出疑惑

 

など様々な憶測が浮上しているのが

今の現状です。

 

こうしたことから現在まで各企業の関係者からは

TRON(トロン)は誇大宣伝であり、スキャムではないかと思われています。

 

TRON(トロン)を購入できる取引所は!?

 

TRON(トロン)はまだ国内取引所に上場していなくて、

海外取引所から購入するしかありません。

 

世界1の取引高であるBinanceでTRON(トロン)を

購入することが出来るのでまずはBinanceのアカウントを持っていない人は、

Binanceのアカウントを作ってから国内取引所に

送金するようにしましょう。

 

リップルでの送金が一番早く安全なので、

国内取引所ではビットバンクからリップルで海外取引所に

送金するようにしましょう。

 

TRON(トロン)のまとめ

 

TRON(トロン)は支持されている人間とアンチの人間と

賛否両論で大きくわかれていいます。

 

TRON(トロン)の好材料意見

・創業者がジャスティン=サン氏の確かな人脈や手腕

・ビットコイン開発に発言力を持つ人物も期待

・アリババを代表とする大企業と提携

 

などがあります。

 

ただし

 

TRON(トロン)の疑惑

・中国国外ではスキャムまがいだと批判する意見も多い

・TRON(トロン)の大量放出疑惑

・プロジェクトが進行していないと指摘

 

などの疑惑もあるので、しっかりと吟味して

投資をしていきましょう。

関連記事

  1. 仮想通貨市場が暴落した理由を考察!仮想通貨の今後の可能性は?

  2. 誰でもわかりやすくスマートコントラクトを解説

  3. 仮想通貨がオワコンって本当?仮想通貨の市場規模の低下から本質を考えて見…

  4. 今から仮想通貨投資をするには遅いのか!?今後の上昇する可能性や将来性に…

  5. 仮想通貨スプレッドとは【お得に仮想通貨を購入するための豆知識】

  6. 仮想通貨リップル(XRP)2018年はどこまで上がる?2018年のリッ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

タグ一覧

bitFlyerのメリット bitFlyerの口コミ bitFlyer評価 DMM Bitcoin 評判 DMM Bitcoinのデメリット DMM Bitcoinのメリット DMM Bitcoinの口コミ GMOコイン Zaifのデメリット Zaifのメリット Zaifの口コミ Zaifの評判 アルトコインが安く買えるビットバンク イーサリアのチャート イーサリアムお得取引所 イーサリアムのチャートから今後を分析 イーサリアムの今後 イーサリアム安く買える取引所 イーサリアム手数料が安い イーサリアム手数料安く買うならここ ビットコインFX ビットバンクとビットバンクトレードの違い ビットバンクの口コミ ビットバンクの評判 ビットバンクトレードの口コミ ビットバンクトレードの評判 ビットバンク株式会社 リップルおすすめ取引所 リップルお得に購入する方法 リップル安いビットバンク リップル手数料安い取引所 仮想通貨いくらから 仮想通貨の今後 仮想通貨を購入するタイミング 仮想通貨を購入する判断材料 仮想通貨今後おすすめ銘柄 仮想通貨初心者いくらから 仮想通貨初心者が登録する取引所 仮想通貨初心者必見 仮想通貨取引所 仮想通貨取引所Zaif 仮想通貨取引所のビットバンクの評価 仮想通貨取引所のビットバンクトレードは 仮想通貨取引所を初心者 仮想通貨取引所を初心者がおすすめ
PAGE TOP