Uncategorized

仮想通貨Vechain(VEN)の特徴や2018年の将来性と購入方法


最近徐々に価格が上昇しているVEN(VeChain)という

通貨があるのはご存知ですか!?

 

VEN(VeChain)というのは偽物を見極める

ブロックチェーンを使い、業者や消費者に対して、

本物の商品や内容を流通させるために開発された通貨です。

 

VEN(VeChain)が作られたのは中国に限らず、

世界中で出回っている偽物(ブランド品)などの模倣品が出回っており、

問題になっているのを解決する仮想通貨がVEN(VeChain)となります。

 

Vechain(VEN)の特徴

 

ではVechain(VEN)の特徴とは何でしょうか。

 

Vechain(VEN)の特徴

・本物と偽物の区別

・商品追跡が出来る

・商品管理ができる

などの特徴があります。

 

Vechain(VEN)は偽物が出回らないようにするために、

商品に「NFC」チップというチップを埋め込みます。

 

お財布携帯なんかにもついていますよね。

 

これをブロックチェーンの技術で管理して、

この商品が偽物か本物かを区別し、このチップと

ブロックチェーンを連携して商品追跡が出来たり、

商品の管理をすることが出来ます。

 

Vechain(VEN)はどのように使われているのか

 

では実際にVechain(VEN)はどのようにして使われているのでしょうか。

 

韓国や中国に観光に行ったことがある人はわかると思いますがs、

本当に様々なパチモンが並んでいます。

 

帽子のキャップの綴りが少し違っていたり、

若干刺繍が雑になっていたりなどすぐに見分けられるパチモンもありますが、

本物と思ってしまうパチモンも沢山あります。

 

例えばルイヴィトンやグッチなどの高級ブランドは

特に判別するのが難しいですよね。

 

これは衣服だけではありません。

 

例えば食べ物もパチモンが沢山あります。

 

例えば産地が書いてある場所と違う場所で生産されていたり、

入っている原材料と実際に入ってるものが違うといったこともあります。

 

ですが農作物もIoTの技術とブロックチェーンを連携すれbs、

農作物を育てる段階から管理することが出来るので、

圧倒的コスト削減につながります。

 

他にも自動車産業や流通も商品追跡や商品管理することが出来るようになるので、

圧倒的コストの削減、時間の短縮などによって今後Vechain(VEN)のシステムが

普及していけば大きく世の中の生活がスムーズになり、企業も個人も相乗効果で

景気が良くなるでしょう。

 

Vechain(VEN)の2018年の将来性

 

Vechain(VEN)は2018年多くのユーザー高騰するだろうと噂しています。

 

その理由としてVechain(VEN)はリブランディングして

2つのトークンを使用することが出来るようになるようです。

 

Vechain(VEN)のリブランディング後のトークン

Vechain Token(VET):Vechainのブロックチェーン上で企業間の支払いの際に使用するトークン。

VETを多く保有するほど優先順位が高くなる仕組みになっている。

 

Thor Power(TOR):Vechainに投資したい個人向けのトークンで、

NEOでいうGASトークンのような位置づけ。

 

VETを保有するかマスターノードをするともらえ、

1VETに対して0.00042THORの報酬を受け取ることが出来る

 

などまずはVechain(VEN)のリブランディングのイベントが控えており、

Vechain(VEN)は沢山の企業と提携を予定しており、大企業の提携ニュースは

確実に価格が上昇します。

 

そして2つ目の理由としては、

Vechain(VEN)はスマートコントラクトに特化した通貨であり、

ICOやDAppを専門にしています。

 

時流のトレンドに乗る可能性も非常に強く、

ICOが増加をするにつれてVechain(VEN)も自然と成長していく

可能性がとても高いのです。

 

Vechain(VEN)はどこの取引所で買える!?

 

Vechain(VEN)はまだ海外取引所でしか

購入することが出来ません。

 

海外取引所でVechain(VEN)を扱っているのは

Huobiになります。

 

前まではバイナンスもVechain(VEN)を扱っていましたが、

今は購入することが出来ません。

 

なのでVechain(VEN)を購入したいのであれば、

Huobiのアカウントを作って国内取引所から仮想通貨で送金をしてから

購入するようにしましょう。

 

現在はビットコインは遅延する可能性が高いので、

イーサリアムやリップルなどで購入するようにしましょう。

関連記事

  1. 仮想通貨Stratisの特徴や今後の将来性

  2. 仮想通貨ウェーブス(Waves)とは?特徴や将来性を徹底解説

  3. 仮想通貨ポピュラス(Populous)の特徴や将来性は

  4. イーサリアムクラシックは本当にイーサリアムの下位互換版?じつは違うイー…

  5. 2018年のNEM(ネム)の今後や将来性!特徴を解説

  6. 仮想通貨バイトコインの特徴や将来性は?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

タグ一覧

bitFlyerのメリット bitFlyerの口コミ bitFlyer評価 DMM Bitcoin 評判 DMM Bitcoinのデメリット DMM Bitcoinのメリット DMM Bitcoinの口コミ GMOコイン Zaifのデメリット Zaifのメリット Zaifの口コミ Zaifの評判 アルトコインが安く買えるビットバンク イーサリアのチャート イーサリアムお得取引所 イーサリアムのチャートから今後を分析 イーサリアムの今後 イーサリアム安く買える取引所 イーサリアム手数料が安い イーサリアム手数料安く買うならここ ビットコインFX ビットバンクとビットバンクトレードの違い ビットバンクの口コミ ビットバンクの評判 ビットバンクトレードの口コミ ビットバンクトレードの評判 ビットバンク株式会社 リップルおすすめ取引所 リップルお得に購入する方法 リップル安いビットバンク リップル手数料安い取引所 仮想通貨いくらから 仮想通貨の今後 仮想通貨を購入するタイミング 仮想通貨を購入する判断材料 仮想通貨今後おすすめ銘柄 仮想通貨初心者いくらから 仮想通貨初心者が登録する取引所 仮想通貨初心者必見 仮想通貨取引所 仮想通貨取引所Zaif 仮想通貨取引所のビットバンクの評価 仮想通貨取引所のビットバンクトレードは 仮想通貨取引所を初心者 仮想通貨取引所を初心者がおすすめ
PAGE TOP