Uncategorized

匿名系の仮想通貨Verge(ヴァージ)とは?特徴や将来性について調べてみた


Verge(ヴァージ)は匿名系通貨の中でも最も勢いのある通貨であり、

価格も誕生してから短期間で10倍以上の価格に高騰しています。

 

ではなぜVerge(ヴァージ)は匿名系の通貨の中でもとても注目されているのでしょうか?

 

それぞれVerge(ヴァージ)の特徴や今後の将来性についても紹介していきます。

 

Verge(ヴァージ)はプライバシー保護の暗号通貨

ビットコインやリップルなどの仮想通貨はオープンソースで全ての決済情報をブロックチェーン上に記録して誰もが中身を確認することが出来ます。

 

ですが中には個人データを匿名化し、誰がどのくらいの決済をしたのかを把握できない匿名系の通貨というものが存在します。

 

そんな匿名系通貨の1つがVerge(ヴァージ)です。

 

本来仮想通貨は全ての取引情報をオープンにして「改ざん」や「不正」が不可能であることがメリットなのですが

中には取引の透明性がかえってプライバシー問題を引き起こす危険性も兼ね備えています。

 

ですが匿名系の通貨はそれらの問題を解決してそれぞれの独自の技術を使って

利用者のプライバシー保護(送金履歴をたどられない)取り組みをしています。

 

匿名系の通貨の中には「ZCash(ジーキャッシュ)」、「Dash(ダッシュ)」、「Monero(モネロ)」等の

匿名系の通貨がありますが、Verge(ヴァージ)の特徴は一体何なのでしょうか?

 

Verge(ヴァージ)の特徴

匿名系の通貨の中でもVerge(ヴァージ)は優れていて人気があると言われている理由は

こちらになります。

 

Verge(ヴァージ)の特徴

・プライバシー保護を重視した匿名性機能

・レイスプロトコルとは

・Verge(ヴァージ)の思想に共感したコミュニティで成り立っている

・高速送金に対応

・複数のウォレットに対応

 

等の特徴が挙げられます。

 

1つずつ紹介していきます。

 

プライバシー保護を重視した匿名性機能

Verge(ヴァージ)が期待されている最大の目玉機能が「レイス・プロトコル」です。

 

レイス・プロトコルによって、ユーザーが「オープン台帳」を使うか、「プライベート台帳」を使うかを取引ごとに選択できるようになります。

 

「オープン台帳」で取引をすると送金用のアドレスは公開されますが、TorによりユーザーのIPアドレスは保護されます。

 

例えば毎日の買い物、会計管理などの「取引の透明性が必要」な場合はオープン台帳、

プライバシーを守りたいときはプライベート台帳と言うように使い分けが出来ます。

 

Vergeの思想に共感したコミュニティーで成り立っている

Verge(ヴァージ)は特定の営利団体や国家の政治的な圧力に左右されずに、

世界中の誰もが使える自由な仮想通貨を目指しています。

 

この思想に共感したボランティアによってVerge(ヴァージ)は成り立ち、

開発費用もVerge(ヴァージ)ファンの募金によって賄われています。

 

高速送金に対応

またVerge(ヴァージ)の特徴として送金スピードが速いとうのがあります。

 

ビットコインは通貨の価格が上がりすぎてしまい、現在でも「決済スピード」問題を抱えています。

 

それによって混雑状況によりますが、ビットコインだと送金完了までに「数十分~数時間」かかるといわれています。

 

ですがVerge(ヴァージ)は決済スピードが速く、数秒~数分で完了します。

 

またビットコインなどの仮想通貨の基盤である「ブロックチェーン」は世界中の

数多くの利用者の決済を同時に処理することが難しい問題を抱えています。

 

今後、キャッシュレス化が世界中で進み、本格的に仮想通貨が普及することになれば、

この問題は今以上に表面化してくるでしょう。

 

ですがVerge(ヴァージ)は今後のアップデートで処理能力を大幅な改善を予定しており、

「いつでも」、「どこでも」、「簡単に」使えるようにるので今後にも期待ですね。

 

複数のウォレットに対応

開発者の活動が活発なのでユーザーの使用環境に合わせた様残なタイプのウォレットが開発・提供されています。

 

Vergeには専用のウォレットがいくつかあり、

その中でもVerge Electrumは送金のスピードと匿名性の確保、

そして安全な使用環境に特徴があります。

 

Vergeの特徴

1.SPVにより5秒で高速送金が可能

2.Torとi2Pがつかせる唯一のVerge対応ウォレット

3.PCとスマートフォン双方が送金処理をしないと送金が実行されない仕組みにできる

 

等の特徴があります。

 

 

Verge(ヴァージ)の仕組みを徹底解説

 

まずはVerge(ヴァージ)の仕組みについて解説していきます。

 

Torネットワークとは

Tor(トーア)ネットワークとはIPアドレスを相手に知られることなくインターネットに接続したり、

メールを送信したりできる匿名性の高い通信システムです。

 

ただしTor(トーア)は接続経路を匿名化するものですが、通信内容を秘匿するものではありません。

 

なぜならTorでは経路の中間に限り、一応の暗号化を行っていますが経路の末端では暗号化が行われていないからです。

 

つまりVerge(ヴァージ)はTorネットワークを使ってネットワークの送金サイト発信元を隠し、

IPプロトコルを匿名化して秘匿性高い通貨にしているのです。

 

i2Pとは

i2PとはThe Invisible Project(不可視インターネットプロジェクト)の略称で

コンピューターネットワークによる通信の始点と終点を匿名化したプロトコルです。

 

そして端点間の通信内容も暗号化するという方法で匿名化されたネットワークを構成しています。

 

i2Pにおける通信では端点は暗号化された識別子によってネットワーク上で一意に識別されており、

TCP/IPによる通信ホスト名(IPアドレス)とポート番号によって一意に識別されることと似ています。

 

つまりi2Pによってi2PTunnelを利用することで、IPアドレスを公開することなくwwwサービスや

IRCサーバーを提供することが出来て利用者側もIPアドレスを秘匿してサービスを受けることが出来るのです。

 

Verge(ヴァージ)の将来性や開発状況は?

ではVerge(ヴァージ)の今後の将来性や開発状況はどうなっているのでしょうか?

 

Verge(ヴァージ)の公式サイトでロードマップを公開

Verge(ヴァージ)の公式サイトではロードマップが公開されており、

Androidウォレットの開発や、Verge(ヴァージ)の商標がついたアパレル製品の販売、

スマートコントラクトの導入が予定されています。

 

Verge(ヴァージ)は仮想通貨の決済能力を見込んで、その開発、普及を目指している通貨であり

仮想通貨の決済を始める店舗や企業が増えれば、間違いなくVerge(ヴァージ)の需要が高まるはずです。

 

またVerge(ヴァージ)もコミュニティーが活発なので話題性などをもってしても仮想通貨を盛り上げてくれるでしょう。

 

Verge(ヴァージ)の今後のファンダメンタル情報を公開

ではVerge(ヴァージ)の2018年のイベントはどのようなものがあるのでしょうか?

 

3.4月17日:Pornhubとのパートナーシップの発表

4月17日:Pornhubとの

ポルノサイトPornhubがプレミア動画の支払いにVerge(ヴァージ)を選べると発表しました。

 

6月9日:Amsterdam Meetup,Netherlands

オランダのアムステルダムでVerge(ヴァージ)初のミートアップが開催されます。

 

Verge(ヴァージ)の購入方法は?

Verge(ヴァージ)の購入はBinance(バイナンス)がおすすめです。

 

ですがBinance(バイナンス)は海外取引所の為に国内取引所で

ビットコインやリップルなどの仮想通貨を購入してバイナンスに送金する必要があります。

 

Verge(ヴァージ)の購入方法

ステップ1.

日本取引所に口座を開設し、

ビットコイン、やイーサリアム、リップルなどの

取り扱い通貨を購入する

 

ステップ2.

Verge(ヴァージ)を取り扱っている海外取引所の

口座を開設して国内取引所から購入した通貨を送金する

 

ステップ3.

送金したビットコイン、イーサリアム、リップルなどで

Verge(ヴァージ)を購入する。

となります。

 

まとめ

以上、Verge(ヴァージ)について紹介してきました。

 

Verge(ヴァージ)は匿名系の通貨の中でも勢いがあり、

投資先の商品や企業もVerge(ヴァージ)に期待しています。

 

今後Verge(ヴァー今後がどのようになって普及していくのか楽しみですね。

関連記事

  1. DASH(ダッシュ)とは?特徴や今後の将来性を徹底解説

  2. 仮想通貨Stellar(ステラ)の特徴や将来性とは

  3. 仮想通貨ウェーブス(Waves)とは?特徴や将来性を徹底解説

  4. 仮想通貨クアンタムの特徴や将来性、購入方法

  5. 仮想通貨リップル(XRP)2018年はどこまで上がる?2018年のリッ…

  6. 仮想通貨がオワコンって本当?仮想通貨の市場規模の低下から本質を考えて見…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

タグ一覧

bitFlyerのメリット bitFlyerの口コミ bitFlyer評価 DMM Bitcoin 評判 DMM Bitcoinのデメリット DMM Bitcoinのメリット DMM Bitcoinの口コミ GMOコイン Zaifのデメリット Zaifのメリット Zaifの口コミ Zaifの評判 アルトコインが安く買えるビットバンク イーサリアのチャート イーサリアムお得取引所 イーサリアムのチャートから今後を分析 イーサリアムの今後 イーサリアム安く買える取引所 イーサリアム手数料が安い イーサリアム手数料安く買うならここ ビットコインFX ビットバンクとビットバンクトレードの違い ビットバンクの口コミ ビットバンクの評判 ビットバンクトレードの口コミ ビットバンクトレードの評判 ビットバンク株式会社 リップルおすすめ取引所 リップルお得に購入する方法 リップル安いビットバンク リップル手数料安い取引所 仮想通貨いくらから 仮想通貨の今後 仮想通貨を購入するタイミング 仮想通貨を購入する判断材料 仮想通貨今後おすすめ銘柄 仮想通貨初心者いくらから 仮想通貨初心者が登録する取引所 仮想通貨初心者必見 仮想通貨取引所 仮想通貨取引所Zaif 仮想通貨取引所のビットバンクの評価 仮想通貨取引所のビットバンクトレードは 仮想通貨取引所を初心者 仮想通貨取引所を初心者がおすすめ
PAGE TOP