Uncategorized

仮想通貨ウェーブス(Waves)とは?特徴や将来性を徹底解説


仮想通貨の中にはシステム上の問題や運営対する意見の違いによって

仮想通貨自体が分裂するものもあります。

 

これをハードフォークというのですが「Nxt(ネクスト)」という仮想通貨から

分裂して出来た通貨が「Waves(ウェーブス)」になります。

 

最近徐々に人気を集めている通貨なのですがなぜWaves(ウェーブス)は

沢山の人から人気があるのでしょうか?

 

今回はWaves(ウェーブス)の特徴や将来性などを紹介していきます。

 

仮想通貨ウェーブス(Waves)とは

 

ではまずWaves(ウェーブス)とはどんな通貨なのでしょうか?

 

Waves(ウェーブス)は2016年の4月から取引が始まった通貨であり、

Nxt(ネクスト)が分裂して誕生した仮想通貨です。

 

Waves(ウェーブス)の発行上限枚数は1億Wavesとなっており、取引開始当初は20円台でした。

 

ですが2017年5月から価格が上昇し始めて、

500円台、1000円台を推移して今現在でも高い価格で推移しています。

 

Waves(ウェーブス)は分散型のオープンな金融取引プラットフォームであり、

CATと呼ばれる機能を売りにしている通貨です。

 

CATとは日本語で訳すと「カスタムアプリケーショントークン」で、

Wavesプラットフォームのブロックチェーン上に独自の仮想通貨を

発行することができます。

 

Waves(ウェーブス)は専門知識を持たないユーザーにも

簡単に通貨の作成が出来るように「使いやすいウォレット」、

「見やすいインターフェース」、「ブロックチェーンのダウンロード不要」等の

工夫がされています。

 

ではWaves(ウェーブス)の特徴とはいったい何なのでしょうか?

 

 

仮想通貨ウェーブス(Waves)の特徴

 

Waves(ウェーブス)は

・使いやすいウォレット

・見やすいインターフェース

・ブロックチェーンのダウンロードが不要

という事が売りであり、そういった特徴を兼ね揃えています。

 

Waves(ウェーブス)の特徴

・CAT(カスタムアプリケーション)の実装

・分散型取引所

・ライトウォレット

という特徴があります。

 

1つずつ紹介していきます。

 

CAT(カスタムアプリケーション)の実装

 

CATはブロックチェーンによって暗号学的に

安全を確保されたデジタルトークンです。

 

これは専門知識が無い人でも独自のデジタルトークンの発行や管理出来るようになることを目指しています。

 

インストール、アカウントの作成、トークンの作成といった作業を5分程度で作成が可能です。

 

また必要な手数料はわずか1WAVESで2017年の価値で数百円の金額で

独自のデジタルトークンを発行できます。

 

またトークンフレキシビリティと呼ばれるものがあり、

この機能はWaves(ウェーブス)上のプロジェクトとユーザーに

Waves(ウェーブス)以外の他のトークンでトランザクション手数料を支払うチャンスを与えます。

 

また2つ目のトークンとしてWaves(ウェーブス)をアカウント内に

準備せずとも、ユーザーは独自のトークンだけを扱って閉じたエコシステムを構築できます。

 

分散型取引所

 

分散取引所はアセットエクスチェンジやDeXとも呼ばれ、

カスタムトークン同士で交換することが出来ます。

 

Waves(ウェーブス)のDex開発は集中型注文マッチングと分散型セトルメントを組み合わせています。

 

つまり買い注文と売り注文がマッチした場合には中央サーバーが即座にマッチング処理をします。

 

ライトウォレット

 

ウォレットの一種であるライトウォレットはランダムに選択したフルノードを経由してリモートからブロックチェーンに接続していきます。

 

ブロックチェーンのダウンロードは時間がかかる上にディスク容量を圧迫し、

これが改善されることでユーザーの負担を大きく軽減できます。

 

これはNxt上にSuperNETが開発したものであり、

Wavesは使いやすさと親しみやすさを追求してこのアプローチの再利用を決定しました。

 

さらにWavesのライトクライアントには処理性能の面で改良を加えて

さらにワンクリックのインストールと自動アップデートに対応したChromeアプリ版も提供しているのです。

 

仮想通貨Waves(ウェーブス)の将来性

 

Waves(ウェーブス)は専門知識を持たないユーザーにも

簡単に作成できるように「使いやすいウォレット」や「見やすいインターフェース」、

「ブロックチェーンのダウンロード不要」という様々な工夫がされています。

 

またワンクリックでのインストールや自動アップデートに

対応しているChromeアプリ版も開発されているために普及しやすい環境が整えられています。

 

なのでWaves(ウェーブス)は将来性に期待できる仮想通貨なのかもしれません。

 

仮想通貨Waves(ウェーブス)の購入方法

 

ではWaves(ウェーブス)を購入できる取引所は

どこなのでしょうか。

 

Waves(ウェーブス)はまだ現在は

日本円で購入することは出来ません。

 

国内取引所でビットコインやリップルなどを購入し、

海外取引所に送金する必要があります。

 

Waves(ウェーブス)の購入方法

 

ステップ1.

日本取引所に口座を開設し、

ビットコイン、やイーサリアム、リップルなどの

取り扱い通貨を購入する

 

ステップ2.

Waves(ウェーブス)を取り扱っている海外取引所の

口座を開設して国内取引所から購入した通貨を送金する

 

ステップ3.

送金したビットコイン、イーサリアム、リップルなどで

Waves(ウェーブス)を購入する。

 

Waves(ウェーブス)を取り扱っている海外取引所

 

Waves(ウェーブス)を取り扱っている海外取引所は

BinanceとBitrex、Livecoin、Tidex、Liquiなど沢山の取引所がWaves(ウェーブス)を扱っています。

 

Binance(バイナンス)

Binanceは中国の大手取引所であり、

取り扱い通貨は100種類以上あります。

 

最も取引量が高く、活発に取引をされているので、

Waves(ウェーブス)を買いたい方はこちらがお勧めです。

 

Bitrex(ビットレックス)

Bitrex(ビットレックス)は2014年に設立された取引所であり、

運営会社はアメリカのBittrex.LLCによって行われています。

 

Bitrex(ビットレックス)の特徴はアルトコインの種類がたくさんあり、

扱っている通貨数は200種類以上あり、圧倒的な多くの取り扱い通貨を誇っています。

 

Livecoin

Livecoinはロシアの取引所であり、取る扱っている種類の通貨と

通貨の種類は200以上にもなり、通貨ペアを含めると300種類以上になります。

 

また本人確認が不要であり、

バイナリーオプションも楽しむことが出来ます。

 

Tidex

Tidexは世間にはあまり広まっていない草コインであり、

将来性のある仮想通貨をいち早く扱ったりしている取引時でもあり、

そういう将来性がある仮想通貨を安値で仕込む時には便利な取引所です。

 

Liqui

Liquiは2016年にサービスを開始してウクライナのキエフに本拠地を置く仮想通貨取引所です。

 

多くのICOコインが最も早く上場する取引所として有名であり、

イーサリアム対応の通貨ペアが多いのが特徴です。

 

まとめ

 

Waves(ウェーブス)は日本ではあまり馴染みのないロシア生まれの通貨であり、

その他機能性による実力の高さもあります。

 

2018年中にはスマートコントラクトを実装予定であることから、

今後も目が離せない仮想通貨です。

 

なので早めにWaves(ウェーブス)を購入することをおすすめします。

関連記事

  1. ビットバンクトレードの評判やお勧めな理由を徹底調査

  2. 仮想通貨TRON(トロン)の将来性は!?2017年に暴騰した理由と今後…

  3. 仮想通貨のモネロとは?特徴や将来性を解説

  4. 匿名系の仮想通貨Verge(ヴァージ)とは?特徴や将来性について調べて…

  5. VISA以上の処理能力を目指す仮想通貨RChain(アールチェイン)の…

  6. デスクトップウォレットで仮想通貨を保管する方法を解説!おすめのウォレッ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

タグ一覧

bitFlyerのメリット bitFlyerの口コミ bitFlyer評価 DMM Bitcoin 評判 DMM Bitcoinのデメリット DMM Bitcoinのメリット DMM Bitcoinの口コミ GMOコイン Zaifのデメリット Zaifのメリット Zaifの口コミ Zaifの評判 アルトコインが安く買えるビットバンク イーサリアのチャート イーサリアムお得取引所 イーサリアムのチャートから今後を分析 イーサリアムの今後 イーサリアム安く買える取引所 イーサリアム手数料が安い イーサリアム手数料安く買うならここ ビットコインFX ビットバンクとビットバンクトレードの違い ビットバンクの口コミ ビットバンクの評判 ビットバンクトレードの口コミ ビットバンクトレードの評判 ビットバンク株式会社 リップルおすすめ取引所 リップルお得に購入する方法 リップル安いビットバンク リップル手数料安い取引所 仮想通貨いくらから 仮想通貨の今後 仮想通貨を購入するタイミング 仮想通貨を購入する判断材料 仮想通貨今後おすすめ銘柄 仮想通貨初心者いくらから 仮想通貨初心者が登録する取引所 仮想通貨初心者必見 仮想通貨取引所 仮想通貨取引所Zaif 仮想通貨取引所のビットバンクの評価 仮想通貨取引所のビットバンクトレードは 仮想通貨取引所を初心者 仮想通貨取引所を初心者がおすすめ
PAGE TOP