仮想通貨保管方法

ウェブウォレットとは!?ウェブウォレットで仮想通貨の運用方法を紹介


仮想通貨を長期的に保管するのであれば、

ウォレットでの保管が間違いなく安全です。

 

仮想通貨取引所に預けておけばいつハッキング被害にあったり、

取引所が倒産する可能性も十分に考えられます。

 

ウォレットの保管方法には様々な方法がありますが、

その中でもウェブウォレットでの保管方法を紹介していきます。

 

ウェブウォレットとは

 

 

ウェブウォレットとは仮想通貨のウォレットのサイトに登録をして、

サーバー内で仮想通貨を保管するタイプのウォレットの事をさします。

 

オンライン上のウォレットとなるので、

万が一ハッカーなどにハッキングされたりした場合、

お金を取り戻せなくなる可能性も十分に考えられるので、

そういったリスクも把握しておきましょう。

 

ウェブウォレットのメリット

 

ではウェブウォレットのメリットとはいったい何なのでしょうか。

 

ウェブウォレットのメリット

1.アカウントの管理が簡単にできる

2.ユーザビリティが高く、資金が増えているのがリアルタイムでわかる

では1つずつ説明していきます。

 

アカウントの管理が簡単にできる

 

ウェブウォレットはサイトに登録しておけば、

自分のメールアドレスとパスワードだけで簡単に管理、

運用することができます。

 

また他にもパソコンなどの端末が

壊れてしまった場合でもウェブ上に管理しているので、

全く問題はありません。

 

そしてパソコンやスマホからすぐにお金を取り出すことが出来て、

送金をしたり、売買取引をすることが出来るのが特徴です。

 

ユーザビリティが高く、資金が増えているのがリアルタイムでわかる

 

2つ目のメリットとしてはウェブウォレットはサイトやアプリに

空くせすっさえすれば簡単に資産を確認することが出来ます。

 

いつでも好きな時に自分の端末からウォレット操作が出来て、

PC、スマホから自分の通貨がどれだけ増えているのか、

下がっているのかを全て確認することが出来ます。

 

なのでネットにつながっているスマホやパソコンがあれば良いので、

自分のパソコンを持ち運ぶことなく確認することが出来るのかメリットです。

 

では逆にウェブウォレットのデメリットとは

一体何なのでしょうか。

 

ウェブウォレットのデメリットは

 

ウェブウォレットのデメリットとしては

ハッキングの被害にあったり、サービスが停止して、

資産を引き出すことが出来ない可能性があるということです。

 

ウェブウォレットのデメリット

1.サイトに不具合が生じた時のリスクが大きい

2.まだまだ対応通貨が少ない

 

サイトに不具合が生じた時のリスクが大きい

 

ウェブウォレットはサイトで通貨を保管して管理するので、

サイトがハッキング被害を受ける可能性は十分に考えられます。

 

またサイトにアクセスをすることが出来なくなったり、

サービスが停止してしまい、お金を引き出すことが出来なくなる

ケースも十分に考えられます。

 

なのでウェブウォレットで保管するときは、

余剰資金で管理するようにしましょう。

 

まだまだ対応通貨が少ない

 

2つ目のウェブウォレットのデメリットとして、

ウェブウォレットではまだまだ取り扱い通貨が少なくて

ビットコインとイーサリアムが対応しているのが現状です。

 

なので様々なアルトコインを保有している人は

ウェブウォレットは限定されるかもしれませんし、

もしかしたら取り扱いしていない可能性も考えられます。

 

ウェブウォレットの管理方法とは

 

 

ウェブウォレットでの仮想通貨の保管方法は、

一長一短ですがどのような管理をするのがお勧めなのでしょうか。

 

ウェブウォレットの管理方法を調べてみた

1.大金を入れずに余剰資金だけを管理する

2.ウェブウォレット以外にも他のウォレットに資産を分散する

3.ウェブウォレットに通貨を預けるときの手数料を計算する

という事を心がけていきましょう。

 

大金を入れず余剰資金だけ管理する

 

 

ウェブウォレットはまだまだハッキングで話題になったり、

フィッシングサイトが流行ったりなど安定してお金を預けるには

リスクも一緒に考えなければいけません。

 

銀行にお金を預ける気持ちで100%信用してしまえば、

ハッキングの被害にあって自分の資産を盗まれかねません。

 

なので大金を預けるのではなくて、

余剰資金だけを管理するようにしましょう。

 

ウェブウォレット以外にも分散投資する

 

1つ目の保管方法の理由にもあるのですが、

ウェブウォレットを100%信用してお金を預けるのは、

リスクも一緒に考えなければいけません。

 

なのでウェブウォレットに全ての通貨を預けるのではなくて、

しっかりとウェブウォレット以外にも分散投資をすることを

心がけましょう。

 

ウェブウォレットに通貨を預けるときの手数料を計算する

 

ウェブウォレットに仮想通貨を預けておくメリットは、

スマホやパソコンがあれば手軽にウォレットに預けることが出来ることです。

 

ですが取引所で仮想通貨を預けるときや、

売買を行うとき、送金をするときは必ず手数料がかかります。

 

なので手数料の安い取引所を選び、

ウェブウォレットの分散投資を心がけてリスク分散をしていきましょう。

 

ウェブウォレットのまとめ

 

ウェブウォレットに仮想通貨を預けておくことは、

とても便利です。

 

ですがその一方でとてもリスクがあることは

しっかりと理解しておきましょう。

 

そして2段階認証や、秘密鍵を厳重に保管するなど

ハッキング対策も行っておきましょう。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

タグ一覧

bitFlyerのメリット bitFlyerの口コミ bitFlyer評価 DMM Bitcoin 評判 DMM Bitcoinのデメリット DMM Bitcoinのメリット DMM Bitcoinの口コミ GMOコイン Zaifのデメリット Zaifのメリット Zaifの口コミ Zaifの評判 アルトコインが安く買えるビットバンク イーサリアのチャート イーサリアムお得取引所 イーサリアムのチャートから今後を分析 イーサリアムの今後 イーサリアム安く買える取引所 イーサリアム手数料が安い イーサリアム手数料安く買うならここ ビットコインFX ビットバンクとビットバンクトレードの違い ビットバンクの口コミ ビットバンクの評判 ビットバンクトレードの口コミ ビットバンクトレードの評判 ビットバンク株式会社 リップルおすすめ取引所 リップルお得に購入する方法 リップル安いビットバンク リップル手数料安い取引所 仮想通貨いくらから 仮想通貨の今後 仮想通貨を購入するタイミング 仮想通貨を購入する判断材料 仮想通貨今後おすすめ銘柄 仮想通貨初心者いくらから 仮想通貨初心者が登録する取引所 仮想通貨初心者必見 仮想通貨取引所 仮想通貨取引所Zaif 仮想通貨取引所のビットバンクの評価 仮想通貨取引所のビットバンクトレードは 仮想通貨取引所を初心者 仮想通貨取引所を初心者がおすすめ
PAGE TOP