Uncategorized

2018年のNEM(ネム)の今後や将来性!特徴を解説


仮想通貨数千種類のある銘柄の中でNEM(ネム)という仮想通貨は

とても人気があり、日本でもNEM(ネム)のファンが多いのが特徴の仮想通貨です。

 

ではNEM(ネム)とはそもそもどんな目的で作られてなぜNEM(ネム)のファンが日本に多いのでしょうか?

 

今回はNEM(ネム)の特徴や今後の将来性、

お得にNEM(ネム)を購入する方法について紹介していきます。

 

NEM(ネム)とは

 

NEM(ネム)とはどのような通貨なのでしょうか?

 

NEM(ネム)はNEW Economy Movement(新しい経済の動き)の略語であり、

国や政府等の国家機関に縛られない新しい経済活動を目指すために作られた仮想通貨がNEM(ネム)です。

 

NEM(ネム)はUtopianfutureというチームが2015年に開発して、

このプロジェクトに日本人がいたことによって日本でもNEM(ネム)が有名になっていきました。

 

NEM(ネム)は仮想通貨の時価総額ランキングで5位に入っており、

着々と価格も長期的にみると上昇しているのがよくわかります。

 

NEM(ネム)の特徴

 

ではNEM(ネム)の特徴とは何なのでしょうか?

 

NEM(ネム)はビットコインのようにマイニングを必要としなかったり、

ハーベストといわれるものがあります。

 

NEM(ネム)の特徴

・コンセンサスアルゴリズムがPOI

・マイニングの代わりにハーベストがある

・ネームスペース・モザイク

・送金時にはメッセージを入れなければ送金できない

という特徴です。

 

それでは1つずつNEM(ネム)の特徴を見ていきましょう。

 

Pol(プルーフ・オブ・インポータンス)

 

ビットコインのコンセンサスアルゴリズムは

PoW(プルーフ・オブ・ワーク)であり、XRP(リップル)の

コンセンサスアルゴリズムはPoS(プルーフ・オブ・スターク)というものです。

 

・PoW(プルーフ・オブ・ワーク):

膨大な計算量を必要とする作業を成功させた人が取引の承認者となる

 

・PoS(プルーフ・オブ・スターク):

保有している通貨の量に比例して取引の承認権利をもらいやすい

 

そんな中、NEM(ネム)のコンセンサスアルゴリズムは

PoSを改良して作られたPoI(プルーフ・オブ・インポータンス)となっています。

 

ではPoI(プルーフ・オブ・インポータンス)はどのような

仕組みになっているのでしょうか?

 

PoI(プルーフ・オブ・インポータンス)のメリット

PoI(プルーフ・オブ・インポータンス)は重要度の値が高いほど

承認権利を得やすい仕組みとなっています。

 

PoSは通貨の量だけで承認がされやすくなっていましたが、

これだと皆が通貨をため込むようになってしまい流通量が低下してしまいます。

 

ですが取引の活発さなどを考慮してバランスをとるようにすれば、

流通量の低下の問題を防ぐことが出来ます。

 

ここがPoSよりもPoIが優れている点なのです。

 

PoI(プルーフ・オブ・インポータンス)のデメリット

ただ現段階ではまだ重要度の値はそれほど重視されていないので、

現状はどうしても通貨の保留量が多い人ほど承認権利を得やすいという仕組みになっています。

 

またNEM(ネム)にはハーベストと呼ばれるものがあります。

 

NEM(ネム)のハーベストとは

 

ハーベスとはNEM(ネム)のマイニングみたいなものです。

 

これをNEM(ネム)の場合はハーベストと呼び、

NEM(ネム)を使った人は取引が正当だと承認してもらうために手数料を払って取引を行います。

 

NEM(ネム)の場合はNEM専用のネットワークに参加いている人々に

手数料が分配される仕組みになっており、NEM(ネム)を

10,000XEM以上を持っている人ならば誰でも参加することが出来ます。

 

ただしNEM(ネム)のハーベストにはスグに参加することが出来ず、

例えば20,000XEMを持っていた場合、1日目は0、2日目は2000、

3日目は3800とVested Balance(取得バランス)が少しずつ増えていきます。

 

そしてこの時10,000XEMを超えてようやくハーベストに参加することが出来ます。

 

またNEM(ネム)には2種類のハーベストがあります。

 

それがデリゲートハーベスト(委任ハーベスト)と、

スーパーノードです。

 

1つずつ紹介していきます。

 

デリゲートハーベスト(委任ハーベスト)

デリゲートハーベストはスーパーノードと呼ばれる特別なノードにハーベストを委任します。

 

そして報酬の一部を受取るハーベストの方法となります。

 

スーパーノード

スーパーノードとはNEM(ネム)のブロックチェーンをすべて保管している

ノードですがこれを満たすためには様々な条件があります。

 

スーパーノードになるための条件

・高速なインターネット通信が可能

・常にインターネット接続されている状態

・300万XEM以上を保有しなければならない

・高速な計算処理能力がある

などの厳しい条件が必要となってきます。

 

ネームスペース・モザイクとは

 

NEM(ネム)にはモザイク(mosaic)と呼ばれる独自のトークンを発行する

機能があり、このモザイクを発行するために必要なのがネームスペースです。

 

ネームスペースはネムのネットワークに作られるドメインみたいなものであり、

そのドメインの中で使えるトークンがモザイクです。

 

NEM(ネム)を使用する個人や企業はネームスペースを手に入れて、

それぞれのモザイクを発行して様々なサービスに使うことが出来ると今後期待されている機能の一つです。

 

送金時にはメッセージを入れなければ送金できない

 

またNEM(ネム)の特徴としてメッセージがあります。

 

ビットコインなどの他の通貨にもメッセージはあるのですが、

NEM(ネム)では取引所への送金の際にメッセージを必ずつけなければ送金することが出来ません。

 

その理由としてはどのアカウントにNEM(ネム)を送金するのかを識別する必要があるからです。

 

このメッセージをつけることによって取引所のアドレスの中の

メッセージで指定されたアカウントに入金が反映することが出来るのです。

 

ではNEM(ネム)の今後はどうなっていくのでしょうか?

 

NEM(ネム)の今後

 

NEM(ネム)にはこれから実装されるカタパルトという機能があります。

 

NEM(ネム)のカタパルトとは

 

カタパルトとはNEM(ネム)の機能を大型アップデートする

プロジェクトである機能でありZaifを運営するテックビューロ社と、

NEM(ネム)の開発チームが共同開発したmijinというプライベート

ブロックチェーンシステムを元にNEM(ネム)を改良して作ったプロジェクトです。

 

カタパルトが実装されるとどうなるのか?

NEM(ネム)にカタパルトが実装されることによって処理速度が大幅に上昇します。

 

実際にカタパルトが導入されたときの処理スピードは

1秒当たり4000件ほどのトランザクションスピードとなっており、

リップルの取引スピードよりも速くなるといわれています。

 

なのでデータ容量が大きすぎてビットコインやイーサリアムで起こっている

送金詰まりや送金の遅延などのスケーラビリティーの問題も解決することが出来ます。

 

今後アポスティーユが広まっていく可能性がある

 

またNEM(ネム)にはアポスティーユ(Apostille)という機能が実装されています。

 

アポスティーユとは公証というもので、

土地の所有権や自動車の所有権、契約書やメールなどのタイムスタンプの記録や、

売り上げデータなどの監査が必要となるデータの記録となります。

 

このアポスティーユ(Apostille)を用いることによって、

第三者機関を櫃登用としない公証が可能となっているのです。

 

NEM(ネム)を購入するならどこがお得

 

NEM(ネム)を購入するなら間違いなくZaifからNEM(ネム)を購入するのがおすすめです。

 

ZaifでNEM(ネム)を購入するのにおすすめする理由

・NEM(ネム)の積立投資が出来る

・NEM(ネム)の手数料が国内で最安値である

などの理由があります。

 

NEM(ネム)をお勧めする理由は手数料の圧倒的な安さです。

 

ZaifでNEM(ネム)を購入すると手数料はなんと0.1%だけしかからなくほとんど手数料がかからないのが現状です。

 

なのでNEM(ネム)をこうするなら必ず、

Zaifのアカウントを作成して口座を開設しておきましょう。

 

まとめ

 

これまでNEM(ネム)の特徴や将来性について話してきました。

 

NEM(ネム)にはPoIという独自のコンセンサスアルゴリズムや、

ハーベストなどがあり、何よりも沢山のファンにNEM(ネム)は支えられています。

 

また今後、アポスティーユの実装やカタパルトなどの大型アップデートなどもあり、

今後もNEM(ネム)が普及していくのがとても楽しみです。

 

今後NEM(ネム)は長期的にわたって延びていく通貨だと確信していますので、

まだNEM(ネまだを購入していないのならば早めにNEM(ネム)を購入しておくことをお勧めします。

関連記事

  1. DASH(ダッシュ)とは?特徴や今後の将来性を徹底解説

  2. 仮想通貨イオス(EOS)の特徴や今後の可能性は?

  3. 仮想通貨リップル(XRP)2018年はどこまで上がる?2018年のリッ…

  4. ハードウォレットで仮想通貨を管理する!レジャーナノ(Ledger Na…

  5. 仮想通貨TRIG(トリガー)の今後と将来性は?

  6. 仮想通貨クアンタムの特徴や将来性、購入方法

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

タグ一覧

bitFlyerのメリット bitFlyerの口コミ bitFlyer評価 DMM Bitcoin 評判 DMM Bitcoinのデメリット DMM Bitcoinのメリット DMM Bitcoinの口コミ GMOコイン Zaifのデメリット Zaifのメリット Zaifの口コミ Zaifの評判 アルトコインが安く買えるビットバンク イーサリアのチャート イーサリアムお得取引所 イーサリアムのチャートから今後を分析 イーサリアムの今後 イーサリアム安く買える取引所 イーサリアム手数料が安い イーサリアム手数料安く買うならここ ビットコインFX ビットバンクとビットバンクトレードの違い ビットバンクの口コミ ビットバンクの評判 ビットバンクトレードの口コミ ビットバンクトレードの評判 ビットバンク株式会社 リップルおすすめ取引所 リップルお得に購入する方法 リップル安いビットバンク リップル手数料安い取引所 仮想通貨いくらから 仮想通貨の今後 仮想通貨を購入するタイミング 仮想通貨を購入する判断材料 仮想通貨今後おすすめ銘柄 仮想通貨初心者いくらから 仮想通貨初心者が登録する取引所 仮想通貨初心者必見 仮想通貨取引所 仮想通貨取引所Zaif 仮想通貨取引所のビットバンクの評価 仮想通貨取引所のビットバンクトレードは 仮想通貨取引所を初心者 仮想通貨取引所を初心者がおすすめ
PAGE TOP