Uncategorized

仮想通貨リップル(XRP)2018年はどこまで上がる?2018年のリップルの今後の将来性を予想


2018年に入り、ようやく低迷期であった長いトンネルを超えて、

上昇を見せている仮想通貨市場。

 

その中でも一時期は50円台を記録していたのにもかかわらず、

現在は100円まで復活しているリップルが注目されています。

 

リップルは仮想通貨のダークホースとも呼ばれ、

世界的投資家にも原稿や大手企業にも注目されている

仮想通貨の1つです。

 

今回はそんなリップルとはどんな通貨なのか、

早速紹介していきます。

 

リップル(XRP)とはどんな通貨なのか?

 

 

リップルはブロックチェーン技術と銀行の送金システムの

パイプ役のような役割をしており、国際送金を円滑に

効率よく送金するための国際送金システムです。

 

これはビットコインやイーサリアムと違い、

シリコンバレーにあるリップル社が管理主体となって、

運営しており、管理しています。

 

なのでリップルには

 

・仮想通貨

・送金システム

・企業

 

の3つの事をリップルと呼んでいるんですね。

 

ではリップルはどのような特徴があるのでしょうか?

 

リップルの特徴

 

リップルは正式に言えばブロックチェーンではありません。

 

ですがブロックチェーン技術を用いており、

分散型台帳システムの決済プロトコルによって

運用されています。

 

リップルの特徴

・分散型台帳システム

・PoC(プルーフオブコンセンサス)を取り入れている

・ブリッジ通貨

 

というのが大きな特徴です。

 

分散型台帳システム

 

 

分散型台帳システムの規格をになっているのが、

ILPです。

 

ILPで使用されているXRP Ledgerに使われている通貨が

仮想通貨のXRPであり、分散型台帳システムを取り入れているので、

メガバンクなどの様々な銀行と提携を結んでいるわけです。

 

分散型台帳システムにすることによって、

各国の様々な銀行を分散型台帳システムに取り入れることによって、

データの不正はなくなり、口座の情報を書き換えられたり、

不正に送金されたりという事が事実上なくなります。

 

このようにしてリップルは国際送金の分野で

革命を起こそうとしており、近い未来海外の友達や

家族への送金が本当にメールのように手軽に安く簡単に

出来るようになる可能性があるのです。

 

PoC(プルーフオブコンセンサス)を取り入れている

 

リップルとビットコインの違いとして

PoWをビットコインが採用しているものに対して

リップルはPoCを採用しています。

 

この違いはPoCの場合、承認者を事前に決めて

承認を行います。

 

承認者の事をバリデータと呼ぶのですが、

バリデーターの人たちで多数決で信頼できる取引かどうか

決めて承認していきます。

 

ブリッジ通貨

 

3つ目の特徴としてブリッジ通貨の役割があります。

 

ブリッジ通貨とは「違う通貨のパイプ役をする通貨」の事であり、

日本円と米ドルという通貨は通貨単位や相場が異なります。

 

これを送金しようと思ったら

銀行で両替をして様々な機関に通す必要があります。

 

ですが仮想通貨のリップル(XRP)を経由すれば

一瞬にして両替をすることが出来て世界中へどこでも

スピーディーに早期にすることが出来るのです。

 

リップルの仕組み

 

リップルの仕組みはILPで根幹のシステムでできています。

 

なのでILPの仕組みを理解することが出来れば、

リップルの仕組みを簡単に理解することが出来ます。

 

ILPは異なる銀行、国での決済や

異なる通貨間での決済を解決するためのシステムであり、

従来のシステムよりもスピーディーでかつ低コストで

送金をすることが出来ます。

 

 

今後ILPが世界に浸透していくと世界のネットショップや

WEBサービスを利用するのに手数料が安くなり料金も

革命的な料金でショッピングすることが出来たり、

サービスを利用することが出来るかもしれません。

 

そういった可能性も沢山あるので、

リップルは2018年に高騰する通貨だと言われている

コインの1つです。

 

では他にリップルが2018年に高騰すると予想される

要因を見ていきましょう。

 

リップルが2018年に高騰すると予想できる要因

 

リップルは2017年に驚異的な30000%というROI(投資利益率)を

達成し、仮想通貨市場で一躍話題となりました。

 

そんなリップルは今年の2018年も高騰すると言われています。

 

2018年にリップルの価格が高騰すると言われる要因

1.リップルと銀行提携のニュースでリップルの国際送金システムが実用化

2.リップルを利用した投資ファンドの開始

3.SBIがリップルを利用し個人間送金用マネータップの利用を開始

 

というのが2018年にリップルが高騰すると言われている理由です。

 

リップルと銀行提携のニュースでリップルの国際送金システムが実用化

 

リップルを利用した送金サービスの商用化の開発が既に進んでおり、

様々な国でリップルを使用したXRapidのテストを実行して

成功しています。

 

IDTやMecuryFXもリップル技術を利用すると宣言しており、

リップルプロジェクトはどんどん実現されてきています。

 

2018年、もしくはそれ以降にリップルの技術は

実用され大きく送金間の革命が起こることでしょう。

 

リップルを利用した投資ファンドの開始

 

2つめはリップルを利用した投資ファンドサービスの開始です。

 

アリングトン・リップルキャピタルと呼ばれる

ファンド会社は世界で最大のヘッジファンドの1つであり、

通貨単位はリップル(XRP)で表示されます。

 

またリップル社は仮想通貨業界で最古の投資ファンドである

Blockchain Capitalに対してXRPを使用して26.5億円の出資を行う事を

発表しており、今後もリップル社はブロックチェーン関連の

スタートアップやビジネスを支援していくための他の

ベンチャーキャピタルファンドにも出資ていく予定です。

 

今後リップルを使ってブロックチェーン技術と

仮想通貨企業に投資する予定もあり、それが実用化されれば

大きく送金システムが円滑になります。

 

SBIがリップルを利用し個人間送金用マネータップの利用を開始

 

そして最近注目されたのが日本銀行コンソーシアムが

銀行コンソーシアムの顧客が24時間いつでも即座に

送金を行えるようにリップルのブロックチェーン技術を利用した

画期的なスマートフォンアプリであるマネータップをリリースした点です。

 

マネータップを使えば銀行コンソーシアムの顧客は

即座に国内送金を行うことが出来て、送金に必要なのも

銀行口座、電話番号、QRコードのみであり、手軽に手数料やすく

円滑に送金をすることが出来ます。

 

ビットコインを超える可能性があるリップルの今後の可能性

 

2018年の末にはリップルの価格は200円~500円になると言われており、

ビットコインの価格を予想を的中させたウェブボットの予想では

2018年の5月頃にリップルの価格が上昇すると予想しており、

かなり期待値が高い通貨がリップルです。

 

今のプロジェクトの進み方だと

今後2018年の年末には200円~500円ほどの

価格になる事が十分に考えられ、今のうちに投資をしておくのが

ベストでしょう。

 

そして様々な銀行や金融機関とリップルが提携し、

2020年にはリップルの価格は1000円以上になると予想されています。

 

なので今のうちにドルコスト平均法でリップルに積立投資をしながら

リスクを抑えて毎月一定額の金額を投資していくようにしていきましょう。

関連記事

  1. モバイルウォレットでスマホを使って仮想通貨を管理する方法!お勧めのモバ…

  2. 仮想通貨イオス(EOS)の特徴や今後の可能性は?

  3. 仮想通貨取引所の仕組みや選び方について徹底解説

  4. 仮想通貨市場が暴落した理由を考察!仮想通貨の今後の可能性は?

  5. 仮想通貨がオワコンって本当?仮想通貨の市場規模の低下から本質を考えて見…

  6. 高騰しているIOTAという仮想通貨とは?特徴や今後の将来性を徹底解説

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

タグ一覧

bitFlyerのメリット bitFlyerの口コミ bitFlyer評価 DMM Bitcoin 評判 DMM Bitcoinのデメリット DMM Bitcoinのメリット DMM Bitcoinの口コミ GMOコイン Zaifのデメリット Zaifのメリット Zaifの口コミ Zaifの評判 アルトコインが安く買えるビットバンク イーサリアのチャート イーサリアムお得取引所 イーサリアムのチャートから今後を分析 イーサリアムの今後 イーサリアム安く買える取引所 イーサリアム手数料が安い イーサリアム手数料安く買うならここ ビットコインFX ビットバンクとビットバンクトレードの違い ビットバンクの口コミ ビットバンクの評判 ビットバンクトレードの口コミ ビットバンクトレードの評判 ビットバンク株式会社 リップルおすすめ取引所 リップルお得に購入する方法 リップル安いビットバンク リップル手数料安い取引所 仮想通貨いくらから 仮想通貨の今後 仮想通貨を購入するタイミング 仮想通貨を購入する判断材料 仮想通貨今後おすすめ銘柄 仮想通貨初心者いくらから 仮想通貨初心者が登録する取引所 仮想通貨初心者必見 仮想通貨取引所 仮想通貨取引所Zaif 仮想通貨取引所のビットバンクの評価 仮想通貨取引所のビットバンクトレードは 仮想通貨取引所を初心者 仮想通貨取引所を初心者がおすすめ
PAGE TOP