仮想通貨一覧

リップルのIOUを世界一わかりやすく解説


最近仮想通貨で高騰が続いているリップル(XRP)。

 

リップルはビットコインのブロックチェーンとは異なり、

独自の「XRP Ledger」という仕組みの台帳を使っています。

 

これはビットコインのような決済システムではなくて、

Ripple独自のシステムが作りあげたリップルネットワークで

使用されるのが仮想通貨リップル(XRP)です。

 

そしてそのリップルネットワークの最大の特徴が

「IOU」と呼ばれるものです。

 

ではそのIOUとはいったい何なのでしょうか?

 

IOUとは

 

 

リップルネットワークが使っているIOUとは

I owe you(アイオーユー)の略であり、

債務者が債権者に対して発行する非公式の借用証明書のことを言います。

 

これは銀行のシステムにとても似ています。

 

分かりやすく例えるとAさんが自分の銀行口座に

1万円を入金した場合、残高には1万円が表示されます。

 

この時に行われているのは入金された1万円が実際に

銀行の金庫に貯蔵されています。

 

この時1万円が通帳に表示されると思いますが、

これは1万円ではなくて1万円をいつでもATMや銀行から

引き出せますよ。という借用証明です。

 

これをリップルネットワークは取り入れているのです。

 

そしてIOUの発行を行ったり、

IOUの換金を行う人や企業をゲートウェイと呼びます。

 

そもそもリップルはビットコインのように非中央集権ではなくて、

会社によって管理されています。

 

IOUを持っていればゲートウェイからいつでも

お金を引き出すことが出来るということですね。

 

IOUの使用例は仮想通貨リップル(XRP)

 

ではどのようにしてIOUは使用されているのでしょうか?

 

この時にIOUの役目として使われるのが

仮想通貨のリップル(XRP)です。

 

リップルネットワークのシステムでXRPを売ったり買ったりしたときに、

ブロックチェーンとして直接売買されたわけではなくて、

IOUに残高が書き換えられて決済されます。

 

先ほども話したようにリップルは

ブロックチェーンを使っていません。

 

IOUを利用することによってゲートウェイにより

残高が記載されます。

 

IOUはいちいちトランザクションをブロックチェーンごとに

記入する必要がないので決済スピードが他の仮想通貨よりも

圧倒的に早くなっているのです。

 

IOUのメリット

 

ではIOUのメリットとはいったい何なのでしょうか?

 

それは取引の手間を削減できることです。

 

取引の手間を削減できる

 

ビットコインやイーサリアムといった仮想通貨は

ブロックチェーン上にトランザクションを記入して

それをもとにマイニングを行います。

 

マイニングを行うことによって手数料や時間がかかり、

送金するときに手数料や時間がかかってしまうことがあるのですね。

 

ですが先ほども話しましたがIOUを使うことによって、

手数料を安く抑えることが出来てさらに圧倒的時間を

短縮することが可能なのです。

 

銀行にお金を預けるのはIOUを持つという事と同じ

 

 

リップルは銀行のシステムと似ていることがあり、

銀行にお金を預けるということはIOUを持つことと全く一緒です。

 

中央集権取引所に仮想通貨を送ればあなたのアカウントには

仮想通貨の残高がIOUとして残ります。

 

なのでその仮想通貨を引き出したいときは、

中央集権取引所にログインして仮想通貨を引き出すための

命令を出せばよいのです。

 

IOUのリスク

 

IOUのリスクとはゲートウェイがしっかりと

預けたお金を払いだしてくれるかがというリスクがあります。

 

もしよくわからない企業がゲートウェイの場合、

そこにリップル(XRP)に変えたとしてもお金を持ち逃げされる

可能性も十分に考えられますよね。

 

なのでリップルは銀行や金融サービスを扱っている

企業と提携をしているわけなんですね。

 

メガバンクだったらリップルとしてお金を預けていても

安心ですよね。

 

そしてリップルは銀行と提携するたびに

ドンドン価値も上がっていくと予想されます。

 

まとめ

 

リップルのIOUを理解できれば

どうしてリップルが手数料安く、送金スピードが速いのか、

なぜ銀行と提携しようとしているのか、ブリッジ通貨とは

どんな役割があるのか全て理解できると思います。

 

こういった根本的なことを理解して

仮想通貨投資をするとなぜ今値上がりしているのかが

よく理解できますし、仮想通貨投資をするのが楽しくなります。

 

なので仮想通貨の根本的なシステムもしっかりと理解して

仮想通貨投資をしていきましょう。

関連記事

  1. リップル(XRP)のレバレッジ取引が出来る国内、海外取引所を手数料や評…

  2. リップル

    リップルのチャートから今後の将来性を徹底考察

  3. リップル(XRP)とは!?リップルの特徴や今後を考察

  4. 多くの人がリップルをホールドするべきという理由とおすすめの保管方法を紹…

  5. リップルの仕組み、Ripple、XRP、ブリッジ通貨とは

  6. リップルとSBIの関係とは?共同会社SBI Ripple Asiaの事…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

タグ一覧

bitFlyerのメリット bitFlyerの口コミ bitFlyer評価 DMM Bitcoin 評判 DMM Bitcoinのデメリット DMM Bitcoinのメリット DMM Bitcoinの口コミ GMOコイン Zaifのデメリット Zaifのメリット Zaifの口コミ Zaifの評判 アルトコインが安く買えるビットバンク イーサリアのチャート イーサリアムお得取引所 イーサリアムのチャートから今後を分析 イーサリアムの今後 イーサリアム安く買える取引所 イーサリアム手数料が安い イーサリアム手数料安く買うならここ ビットコインFX ビットバンクとビットバンクトレードの違い ビットバンクの口コミ ビットバンクの評判 ビットバンクトレードの口コミ ビットバンクトレードの評判 ビットバンク株式会社 リップルおすすめ取引所 リップルお得に購入する方法 リップル安いビットバンク リップル手数料安い取引所 仮想通貨いくらから 仮想通貨の今後 仮想通貨を購入するタイミング 仮想通貨を購入する判断材料 仮想通貨今後おすすめ銘柄 仮想通貨初心者いくらから 仮想通貨初心者が登録する取引所 仮想通貨初心者必見 仮想通貨取引所 仮想通貨取引所Zaif 仮想通貨取引所のビットバンクの評価 仮想通貨取引所のビットバンクトレードは 仮想通貨取引所を初心者 仮想通貨取引所を初心者がおすすめ
PAGE TOP